新生児のあくびに隠れた病気のサイン!あくびが多い時は要注意

新生児のあくびに隠れた病気のサイン!あくびが多い時は要注意




赤ちゃんがする「あくび」ってかわいいものです。

しかし、かわいいと思って見ていたら、実は病気のサインだった・・・なんてことがあります。まだ言葉で話せない新生児だからこそ、仕草の一つひとつには、その行動をとる理由があります。

そこで今回は、

・あくびはどんな時にでるの?
・新生児のあくびで考えられる病気を教えてほしい!
・新生児のあくびってよくないの?

といった方に、どうして赤ちゃんのあくびに注意が必要なのか、新生児のあくびに隠れた病気のサインを詳しくご説明していきます。

関連記事
>>赤ちゃん(新生児)のしゃっくりの原因としゃっくりの止め方
>>赤ちゃんのかかりやすい病気と観察の注意点

スポンサードリンク

そもそも「あくび」はどうして出るの?

そもそも「あくび」はどうして出るの

あくびが出るのはどんなときでしょう。おそらく大半の方が、「寝不足・睡眠不足」のときと答えます。しかし、大事な会議や仕事中、もしくは誰かと会話しているときにもあくびが出てしまった、という経験はないですか。

あくびは眠いときだけではなく、緊張しているときにも出ます。そして、そんな「どうしてあくびが出るのかわからない」ときこそ、実は要注意なのです。

あくびが出る原因はいくつかあり、場合によっては病気の症状としてあらわれることもあります。大人のあくびにも、病気のサインが潜んでいるかもしれないのです。

あくびが出る原因を知ろう

あくびが出る原因を知ろう

残念ながら、あくびについてはそのメカニズムはまだよくわかっていないことが多いです。あくびが出る原因はいくつか考えられますが、体の不調が原因である場合と、一時的に出るあくびがあります。

眠くて出るあくびは放っておけばとまりますが、体調が悪いと何度も繰り返し、毎日のようにあくびが出ることがあります。まずはあくびが出るシチュエーションをみていきましょう。

眠いとき/退屈なとき

睡眠不足で眠たいとき、もしくはその状況を退屈だと感じているときは、脳の働きが著しく低下するため、その働きを促すためにあくびが出ます。

また、眠いときや退屈なときは基本的に脳の血行が良くないため、あくびをすることで酸素をたくさん取り入れ、脳内の血流を良くしています。

さらに、口を大きく開けることで、顔の筋肉が刺激されます。この刺激は大脳に伝わり、瞬間的ではありますが、意識を張り詰めることができるということです。

新生児にはおそらく「退屈」と感じるほどの感情の分化はないので、赤ちゃんのあくびは、このパターンは当てはまりません。

緊張しているとき

あくびは、気持ちが緩んでいるときだけでなく、逆に緊張しているときにも出ます。この理由は、緊張をほぐすために脳から送られた信号があくびとして発生するのです。

人が緊張状態のときには、交感神経(自律神経のひとつで、緊張・活動・ストレス状態にあるときに働く神経)が優位になっています。

つまり、その緊張状態から少しでも開放されるために、副交感神経(これも自律神経のひとつで、休んでいる・リラッス状態に働く神経)の方にバランスが傾くために、あくびが出ます。

また、精神的に緊張しているときは、肩や胸など身体的にも筋肉が緊張状態になります。胸周りの筋肉が萎縮するため、呼吸が浅くなり酸素をしっかり吸えなくなるので、血行をよくするために出るあくびともいえます。

度合いによりますが、緊張してあくびが出る場合には、極度の緊張状態です。ですので、赤ちゃんのあくびにも、この緊張状態である可能性はあります。

脳が疲労しているとき

脳疲労により、鈍った脳の働きを活性化させるためのあくびもあります。頭を使ったり、長時間ストレスがたまったりすると、アンモニアが発生して脳に蓄積されます。

アンモニアは体に有毒なものなので、脳の疲れによってこれ以上アンモニアが増えないようにするため、脳の働きが一時的に弱まります。

働きが弱まった脳を活性化させるために、あくびが出るのです。緊張もストレスの一種なので、緊張状態であるともいえます。

脳の温度調節

脳内はたいへん体温が上がりやすいため、呼吸により外の空気を脳に取り入れ、温度を下げるようとします。その呼吸法のひとつとして、あくび出ることがあります。

外温が関わりますので、脳が温度調節をしやすい空気の冷たい冬の方が、夏よりあくび出る確率が上がります。

人からうつるあくび

あくびしている人を見て、あくびが出てしまった経験はないでしょうか。この現象が科学的にも実証されていて、人間だけではなく動物でも同じ現象が起こります。

あくびがうつるのは、自分のあくびによって、他人にもあくびを誘発しているからです。これには感情移入が関係していて、単純な考え方になりますが、あくびをしている人を見ると反射的に「眠い」と脳は捉えます。

その考えに至るまでには「あくびを見る→睡眠不足→眠い」という思考が働いていますが、脳はこれまでの経験からあくびを見ると、その回路が働き一瞬で「眠い」に到達します。

そして、「眠い→あくび」と、そのサインを送り実際にあくびが出てしまうのです。これは、脳の錯覚ではなくあくびをした相手へ「感情移入」していることが原因です。

つまり、感情移入ができるほど、その人への関心と共感性があれば、小さな子どもでも、動物でさえも、もらいあくびをしてしまうのです。

脳には感情移入をつかさどる部分があり、その脳位が反応することで、反射的にあくびが出るのです。この感情移入は、他人よりも知り合いや家族など、親しい人ほど高い確率であくびがうつるとされています。

病気のときに出るあくび

最初にも触れましたが、あくびは病気の症状として出ることもあります。眠いときや脳の温度調節など、本来あくびは自然に出るものです。

しかし、不自然にあくびを繰り返す「生あくび」の場合はもしかしたら病気の症状としてあらわれている可能性もあります。

大人であれば、睡眠障害、低酸素血症、脳梗塞、狭心症、自律神経失調症、更年期障害などの病気が可能性として挙げられますが、子供が生あくびをしている場合には、どんな病気が隠れているのでしょうか。

子供の生あくびには要注意

子供の場合は、自分の症状を伝えるのが難しいので、ママが観察してあげる必要があります。生あくびが増えたな、と思ったら気をつけなければいけないのは「自家中毒」です。

自家中毒とは、元気だった子供が「急に嘔吐して、また元気になる」というのを数日おきに繰り返す病気です。数日間何度も吐き続けたと思ったらケロッと治ってしまい、数日後にまた何度も嘔吐を繰り返します。

自家中毒には、体内で脂肪を分解して糖を作る際に、副産物として生成されるケトン体という物質が関係していますが、このケトン体が血液中で増加しすぎると、一種の中毒症状を起こして吐き気をもよおしてしまうのです。

代謝機能が未熟な子供が発症しやすく、主に2~10歳くらいの子供に発症する病気です。何度も嘔吐を繰り返すことから「周期性嘔吐症」や、その仕組みから「アセトン血性嘔吐症(ケトン血性嘔吐症)」とも呼ばれます。

生あくびは、自家中毒の症状と一緒に起こる場合があり、あくびの際に吐き気や嘔吐、頭痛などの症状が出ます。子供が頻繁にあくびをするようであれば、体調不良を訴えなくても、ママから声をかけたり、医師へ相談しましょう。

自家中毒は赤ちゃんよりも少しお兄さん、お姉さんになった年頃の子供が発生する病気なので、新生児の場合ではまずないでしょう。

新生児のあくびにはこんな病気が

新生児のあくびにはこんな病気が

自家中毒の場合でもありますが、小さい子が生あくびをするときというのは、吐き気などで「気持ちが悪いとき」「体調が悪いとき」です。また、胃腸が弱っているというときもあります。

そういったときは食欲もないので、総合的に判断して気付いてあげられるようにしましょう。また、無理に食べさせると逆効果なので、その前に医師に相談するのが一番です。そして、一番見逃してはいけないのが、「舌癒着症」です。

舌癒着症とは何か?

正式名称は「先天性舌癒着症・喉頭蓋・喉頭偏位症」といいますが、どちらの言葉も、広く世間に広まっているものではありません。

癒着症という名前のとおり、通常ならば離れているべき(くっついていてはいけない)ポイントで、舌とその他の粘膜が癒着している状態の病変を指します。

舌の下面には、舌小帯という薄いひだ状の構造がありますが、舌癒着症は、先天的に舌のつけ根が前に位置するので、舌の後ろにある喉頭蓋・喉頭が前上方に引っ張られ曲がっています。

具体的な特徴としては、舌と下顎への「付き方」の不具合によって、舌が正常とはいえない状態になっているのです。舌癒着症では、舌の付着部位が正常よりも前方向に寄っています。つまり、舌全体が普通よりも前に偏っているというわけです。

舌癒着症の原因とは

舌癒着症は、母体の中で体を形成されている時、つまり胎生期の成長過程において、口腔内の舌と粘膜が分離不全を起こすことが原因といわれており、先天的な病気です。

しかし、親からの遺伝が起因するものなのか等、はっきりとしたことは未だにわかっていないのが現状です。後天的なものとしては、生まれてからの舌の成長過程に問題があるからと考えられています。

また、舌から唇の外傷や手術によって癒着を起こす、後天的なものもあります。

舌癒着症による影響

舌癒着症による影響

舌癒着症の赤ちゃんには、どのようなことに影響が出てくるのかいくつかあげてみましょう。

呼吸についての症状

舌癒着症の赤ちゃんは、鼻と咽頭をつなぐ器官が癒着した舌で塞がれてしまうので、自然と口呼吸が多くなりがちです。口呼吸が多くなると、寝ている時にイビキをかきやすくなったり、無呼吸になることもあります。

舌は、その付け根で「喉頭」という気管の入り口部分と繋がっています。舌全体が前方に偏位(位置が偏る)することで、その奥の喉頭の位置も移動します。気道は、空気の通り道で、「喉頭」はその通り道の入り口部分である大切な器官です。

その部位から正常からズレることで、呼吸がしにくくなってしまったり、睡眠時の無意識下での呼吸が浅くなるため、舌癒着症では、この呼吸に関する症状が最も重要となります。

舌癒着症から生じるこの呼吸障害によって、赤ちゃんの生活リズムに乱れが生じるということは、その後の発達に少なからず影響が出てきます。

呼吸がしづらいことで、浅い睡眠が続くとただでさえエネルギー消費の激しい乳児にとっては、かなり大きな負担になります。

深く眠れないと大人でも辛いですが、夜間の浅い眠りによって、夜に何度も目を覚ましてしまったり、昼間に眠気がおそってきたりと、幼児期にかけても大きな影響が生じてしまいます。

授乳障害が起こる

舌癒着症は、先天的な病気なので、生まれたばかりの赤ちゃんの授乳期などに症状が重く出ます。

授乳する場合、正常な飲み方は、「舌を前に突き出して乳首を包みこみ、乳輪部を咬むことで反射を起こさせ、口腔内にあふれ出てきた乳を咀嚼(そしゃく)して飲む」のが通常です。

乳幼児は大人とは違い、呼吸をしながらものを飲み込むことができます。

しかし、舌癒着症の赤ちゃんは、舌全体が前についているため、舌を前に出そうとすると鼻と咽頭がずれてしまい、息ができなくなるので、授乳も浅くなりがちで、すぐにむせたり、よく吐いてしまうような症状が出ます。

母乳を飲んでいるうちにハァハァと苦しくなったり、舌の動かし方が悪く、母乳は出ているのに赤ちゃんが自力でおっぱいを出せなくなることもあります。

場合によっては、ママに乳腺炎などの授乳トラブルが起きたりといったことも珍しくない疾患です。

発語に影響する

舌癒着症は「発音の発達」にも大きな影響を与えることが知られています。舌の位置が偏っている舌癒着症では、程度の差はありますが、少なからず「発音のしにくさ・話しづらさ」を伴います。

これが顕著に見られた場合、舌癒着症を生まれ持った赤ちゃんには「言葉の遅れ」が確認されるケースが存在します。

また、直接的な関係性はまだはっきりしてませんが、舌癒着症を生まれ持った子供は、落ち着きがない性格だったり、怒りっぽい性格が多い等、何かしらの影響をうけているとされています。

舌癒着症の症状

では、舌癒着症の可能性がある新生児や乳幼児の赤ちゃんには、どういった症状が出るのでしょう。

外見の症状

外見の症状として以下のような場合が挙げられます。

・頭蓋:いびつ・上から見て三角・後頭部が絶壁
・毛髪: 抜けやすい・薄い・立っている・ぴったりと頭にくっついている
・顔:こめかみ陥没・眉毛が薄い・目の周りがはれぼったい・頬部が下膨れ・眉間にしわが寄っている
・口腔:舌背が白く角化している・鳴き声が濁っている・声が低く太い
・喉: 声帯ポリープや黄疸がある・咽頭軟化症
・皮膚:チアノーゼ・大理石の様な模様・冷たい・唇の色が悪い・顔色が悪い・額が黒っぽい・黄疸が蔓延
・胸部:胸部陥凹・腹部が膨らんでいる・おならが多い
・手:冷たい・指を伸ばしたまま、または小指を立てる・指が細い・動きが少ない・物を握ってもすぐに落とす
・足:冷たい・足指が反っている・指が細く足が薄い・立たせてもあまり跳ねない・股関節が硬い・あまり動かさない

生活やコミュニケーションにおける症状

生活やコミュニケーションでは以下のような症状がみられます。

・生活:不活発でコミュニケーションがとれにくい・抱き癖・鼻閉様呼吸音・あくびが多い・視線が合わない
・哺乳:寝てしまう・むせる・よく吐く・空気をよく飲込む・母親の乳房に障害を与える・母乳が出なくなる
・睡眠:寝つきが悪い・置くとすぐ目を覚ます・眠りが浅い・鼾をかく・呼吸音が荒い・睡眠中無呼吸・指やおっぱいなどをしゃぶりながらでないと寝ない
・泣き:頻回に泣く・泣き声が息むようで苦しげ・長泣きする・苦しそう・弱々しい・理由なく泣く
・その他:硬い鼻くそがたまる・筋の異常緊張・抱きにくい・脈拍が多い・しゃべり始めが遅い

他にも、あまり寝ない、寝ても直ぐ起きてしまう、音に敏感に反応する、体が硬い、顔色が悪い、髪が立っている、いびきをかく、睡眠時無呼吸、アトピー性皮膚炎など、多種多様な症状を持っている場合があります。

また、この舌癒着症は、乳幼児の突然死の原因としてあげられることもあるため、授乳がうまくいかないなどの症状が強く出た場合には、早期に医療機関で対処することが非常に大切です。

まとめ

まとめ

もし大事な赤ちゃんに舌癒着症が見つかった場合、その治療は手術によって、呼吸を改善することになります。

手術後には、「哺乳がよくなった」「よく眠るようになった」などのメリットはありますが、その一方で、新生児のような生まれたばかりの赤ちゃんにメスを入れることへの抵抗もあるでしょう。

この疾患は、絶対に手術をしなければいけないものではないため、ママが赤ちゃんの疾患を理解した上で、対処することは可能です。

医療の専門家の間でも手術については、小児科医と助産師での意見は分かれます。手術の適否は赤ちゃんによってかなりの個人差があり、仮に手術を受けなくても、成長に影響があまり場合もあります。

手術する、というのは一つの選択肢となるので、呼吸の症状が強いなどの異変を感じた場合には、まずは近隣の医師に相談してみましょう。

その際、病院は、小児科もしくは小児歯科と口腔外科が望ましく、双方で連携を取りながら進めてゆくことが理想的です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる