子供の絵

働くママ必見「病児保育」と「病児・病後児保育利用料金助成金」




子供がいながら、働いているお母さんにとって、最大の問題は子供が病気にかかった時です。熱や病気を患っていると保育園では預かってもらう事が出来ず、会社を休んで子供の看病をしなくてはなりません。

インフルエンザなど長期にわたって看病が必要なケースもあり、働くお母さんにとっては悩みの1つとも言えるでしょう。

そんな時に助けとなってくれるのが「病児保育」「病後児保育」です。いざという時に、役立つ「病児保育」「病後児保育」について、紹介していきましょう。

スポンサードリンク

働くお母さんの抱える子育ての問題点

働いているお母さんにとって、子供の病気は大きな問題です。普段なら、保育園に預けることができても、37.5度程度の熱があると保育園では預かってもらう事が出来ません。

まだ小さな子供は、たかが風邪でも3日〜4日熱を出すことも珍しい事ではなく、外せない会議やアポイント、打ち合わせなどがある場合は特に困ってしまいます。夫婦共働きの家庭では、有給休暇等を利用して、交互に休むことも可能ですが、それでも足りないという声を多く聞きます。

また、最近では「看護休暇」と言う制度も設けられていますが、これもわずか年5日ほどです。水疱瘡やインフルエンザなどにかかった場合は1週間ほど保育園に行けないこともあり、休みはそれだけでなくなってしまいます。

祖母などに預けたくても、遠くに住んでいるケースだと頼ることもできず、夫婦にとって深刻な問題と言えるでしょう。子供が二人、三人といる場合は、尚問題は増える一方です。一人が病気になると兄弟でうつし合うことも多く、会社への迷惑を考えて、仕事を辞めると言う選択を考えざるを得ない方も少なくありません。

そんな時のために、是非覚えておきたいのが「病児保育」「病後児保育」です。「病児保育」と「病後児保育」について一緒に見ていきましょう。

「病児保育」「病後児保育」とは?

「病児保育」とは子供が病気なのに、会社を休む事が出来ないお父さん、お母さんに変わって子供の面倒を見てくれる施設です。「病後児保育」とは病気自体は治ったものの、まだ完全に保育園に通う状態でない子供を預かる施設を指しています。

基本的には「病後児」を対象として始まった事業で厚生省から「乳幼児健康支援一時預かり事業」として補助金付で運営されています。この病後児保育施設は「病院に併設」「乳児院に併設」「保育園に併設」「単独」の4タイプが現在ありますが、中でも多くあるのが小児科に併設されている、病院併設の病後児保育施設です。

医師や看護師が、病気の子供、病気後の子供を見てくれるため、親にとっても安心できる施設として、人気があります。

病院に併設されている病児保育施設

公立の病院、個人経営の病院、診療所などに併設されている病児保育施設がありますが、利用する前に、事前に登録が必要な施設が多くなっています。

全国病児保育協議会で病児保育施設一覧が掲載されています。自宅などに近い施設を検索できるようになっていますので、一度探しておくと安心です。保育時間や定休日、預かって頂ける時間などそれぞれの病院で決まりがありますので、自宅もしくは勤務先近くの施設に詳しくは問い合わせてみましょう。

全国病児保育協議会

大まかな概要などは各病院等のホームページで確認できる場合もありますので、参考にしてみると良いでしょう。

保育園に併設されている病児保育施設

保育園に併設されている病児保育施設は、各自治体のホームページなどに紹介されています。保育に精通した方が子供を見ていてくれ、また通っている保育園に併設されている場合もあり、便利に利用できます。

家庭の収入に応じ、減額や免除などのサービスを受ける事が出来るのも利点と言えるでしょう。

病児保育施設利用料金

利用料金は各施設によって異なりますが、平均1日2,000円と言ったところが一般的となっています。半日保育はその半額の1,000円と設定されている所もあり、ニーズに合わせた保育に対応しています。

自治体などで運営されている病児保育施設などでは納税額などによって、免除もしくは減額されることもありますので、自治体ホームページなどで確認してみると良いでしょう。

また、年会費、月会費などを設けて、当日朝の連絡でも100%の預かりを実施している施設もあります。料金や利用頻度などを検討して病児保育施設を選んでみると良いでしょう。

病児保育施設の問題点

近年では病児保育施設も増えつつありますが、運営には多額の費用が掛かり、季節などによって利用人数も変化することから、運営が難しいと言う欠点があります。運営費用を他で賄う必要があるのです。

そうした面からまだまだ、必要な子供の人数に対し、施設の数が少ないと言う現状があります。

また、病児保育施設は、一般の保育園のように多くの子供を預かることが出来ません。せいぜい一施設当たり、5人程度と言う所がほとんどです。特定の病気が流行した場合、受け入れてもらえないことも考えられます。

そのため、いざという時に備え複数の施設への登録が必要と言えます

万が一に備えて病気の我が子を連れ回さずに、仕事にも差し支えることもない様最低でも2つ程度の病児保育施設に登録しておくことをおすすめします。

ベビーシッターも検討しよう

病児、病後児を保育してくれるのは病児保育施設、病後児保育施設だけではありません。自宅で世話をしてもらえるベビーシッターサービスも利用できます。

NPO法人などが運営しているもので、会員登録さえすれば、当日の朝などにも自宅に駆けつけてくれる、預ける手間が必要ない事から、働くお母さん達からの注目を集めています。

こうしたベビーシッター派遣業では、事前に説明会などを開いている所もありますので、興味があれば一度参加してみると良いでしょう。

大切な子どもを預けるのですから、詳しい話を聞いておくことも大切なことと言えるでしょう。

ベビーシッターの利用で助成金が受け取れる?

病児・病後児保育利用料金助成金とは、子供が病気やけがで保育施設に登園できず、親が仕事に行かなくてはならない状況でご自宅にベビーシッター等を手配お願いした場合に、1時間幾らと設定された金額を助成してくれるものです。

実施している渋谷区を例にとって紹介すると、1時間1000円程の助成を受けることができます。上限は一日に付き10時間まで、1か月1児童に付き50,000円となっています。

入会金や登録料などは助成の対象となっていませんが、申請書と共に受診証明書、べビーシッター利用の領収書を提出することで指定口座にその後振り込まれるシステムとなっています。

区内在住で東京都の認可保育園、保育所、届け出のある認可外保育園に通う子供が条件となっていて、助成が受けることのできる公益社団法人全国保育サービス協会等の指定された事業者に制限されています。

各地方自治体などにより、助成の対象年齢や保育施設、利用可能なベビーシッター事業所、助成金等も違ってきますので、実施しているかなど詳しくは、お住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

まとめ

働くお母さんにとって、子供が病気の時、預ける施設があることは大変安心できることですが、病気で大変なのはお母さんばかりではありません。

当事者である子供は、慣れない施設に預けられて不安もあるでしょうし、病気のため心細いはずです。こんな時こそお母さんやお父さんに居てほしいと思っていることでしょう。

子供の調子や、仕事等の都合等にもよりますが、出来るだけ早く帰宅してあげて、家で一緒にいてあげる時間を増やし、子供の様子をしっかり観察してあげましょう。

関連記事
>>仕事と育児を両立する9つのコツ!産後の職場復帰もこれで安心
>>まずは冷静に。赤ちゃんが発熱したときの対処法
>>赤ちゃんの咳は風邪だけじゃない!乳児喘息(ぜんそく)の見分け方と対策

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる