チャイルドシート

安全なチャイルドシートの選び方!子供の成長に合わせよう!




赤ちゃんと楽しい車でのお出かけですが、万が一の事故に備えて、チャイルドシートの着用が義務付けられています。

たくさんの種類のチャイルドシートが販売されている中で、私たちは選ぶ際に、何か注意することなどはあるのでしょうか。

そこで今回は、

・生まれたばかりの赤ちゃんにも必要なの?
・子供が成長したら買い換えた方がいいの?
・安全な商品の目印ってある?

といった方に、お子さんと楽しく車でお出かけするために、また、生まれたばかりの首のすわってない赤ちゃんも安心して乗せられる、安全で成長に応じたチャイルドシートについて、詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

チャイルドシートの使用は義務

2000年4月より、6才未満のお子さんを車に乗せる際には、チャイルドシートの使用が義務付けられるようになりました。

もちろん、赤ちゃんやお子さんの安全を考える際には、必要不可欠のものではありますが、数多くの種類も販売されていますので、年齢や体型などによっても、選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

しかし、赤ちゃんの安全を守るために使用するチャイルドシートであっても、適切に使用している方は、全体の約6割近くと、まだまだ低い数値が報告されています。

実際に、チャイルドシートを使用している時と、未使用の時とでは、死亡重症率は使用者の約2.1倍にもなるとの結果も出ていますが、全体の使用率は、まだまだ低い状態だといえます。

いくらチャイルドシートを持っていても

チャイルドシートは、適正に使用しなければ、とっさの事故の時にも効果を発揮してくれません。せっかくチャイルドシートを持っていても、適正に使用していなければ、意味を成さないのです。

衝突実験を見てみても、きちんと使用していない場合には、赤ちゃんが車外に飛び出してしまうことさえあるのです。チャイルドシートは、病院から退院する新生児の赤ちゃんであっても、使用しなければならないことになっています。

何物にも代えがたい赤ちゃんの安全のためにも、早めの準備が必要です。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートにはいくつかの種類がありますが、大きく分けると、「乳児期用」「幼児期用」「学童期用」の3つに分けられます。お子さんの月齢や、身長体重など、成長に合わせて選びましょう。

乳児期用

身長70cm以下、体重13kg未満くらい。新生児からの使用が可能です。首がまだ座っていない状態なので、横に寝かすことができるタイプです。

車のシートによっては、うしろ向きにも使用することができる“シートタイプ”と、横向きに寝かせて使用できる“ベッドタイプ”があります。

幼児期用

身長65~100cm、体重9~18kgくらい。自分1人でも座ることのできる1~4才くらいに適しています。

前向きに座るシートとして使用できます。チャイルドシート自体は車のシートベルトで固定し、お子さんはチャイルドシートに付いているベルトで固定するものです。

学童期用(ジュニアシート)

身長135cm以下、体重15~36kgくらい。シートベルトをそのまま使用するのには、まだまだ座高が低く危険なため、座席を上げて背の高さを補う目的の補助シートです。

チャイルドシートの選び方

カー用品や育児用品売り場など、さまざまな所で数多くの種類のチャイルドシートが販売されています。あまりにもたくさんの種類が販売されているために、購入する際の選び方には迷ってしまうことでしょう。

デザイン性は気になるところでしょうが、チャイルドシートの使用目的である「安全性」を1番に考えて選びたいものです。安全基準をクリアした製品には「Eマーク」が添付されています。

また、Eマークの近くにはチャイルドシートの種類を見分ける表示もありますので、チェックしてみましょう。

※ Eマークとは→安全基準をクリアした製品の証です。

安全基準をクリアしたチャイルドシートの種類

UNIVERSAL…汎用

SEMI UNIVERSAL…準汎用

RESTRICTED…限定

SPECIFIC VEHICLE…特定車両用

装置を認可した国の番号

Eの横に記されている数字によって認可した国が分かります。

例:日本E43、ドイツE1、イタリアE3 など。

また、2012年6月30日以前に製造されたチャイルドシートには、旧基準「自マーク(自)」が記されているものもあります。

チャイルドシートを使用する際にとくに注意したいこと

いくら安全基準に適合したチャイルドシートであっても、お子さんの身長や体型に合ったものでなければ、安全は守ることができません。また、車のシートに取り付ける際にも、使用方法をよく守り、きちんと取り付けるようにしましょう。

さらに、せっかくきちんと取り付けられたチャイルドシートであっても、シートベルトをきちんとしめていないと、体がすり抜けてしまったり腹部や首などを圧迫してしまったりと、危険な状態になってしまいかねません。

1度装着した後でも、定期的に緩みなどがないかなどのチェックも行いましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる