赤ちゃんとおでかけ

赤ちゃんとおでかけ!ディズニーランドは生後何ヶ月から楽しめる?




子育てに忙しいママもたまには日常の忙しさを忘れ、時には大好きなディズニーランドで、赤ちゃんとの特別な時間を過ごしたいものです。

そんなディズニーランドでは、生後何カ月の赤ちゃんから一緒に楽しむことができるのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションやディズニーランドならではのサービス、一緒に出かける際に知っておくと便利なことなどを紹介します。

スポンサードリンク

生後何ヶ月から一緒に行けるの?

ディズニーランドの小人のチケットは、4歳からとされており、3才以下のお子様は無料で利用できます。

そして、生後何ヶ月までは、入園できないといった制限はありません。

しかし、いくらディズニーランドに至れり尽くせりの施設やサービスが整っているとはいえ、新生児や乳幼児の赤ちゃんが長時間滞在するのには、やはり負担がないとはいえません。

ママの体調はもちろん、赤ちゃんの体調に十分注意をしましょう。

当然、ママや赤ちゃんにもしものことが起こっても、全て自己責任です。いくら制限がないとはいえ、無理がないよう計画しましょう。

関連記事
>>新生児を連れてのおでかけ|外出の準備と注意点

天候や気温、赤ちゃんの体調などをみながら、適度な滞在時間で無理なく楽しむことがおすすめです。

とっても便利な「ベビーセンター」

赤ちゃんとのお出かけは、こまごました荷物は多くなりますし、おむつの交換や授乳、体調の変化などにも気を使うものです。

そんな時に便利なのが「ベビーセンター」です。

ディズニーランドには、赤ちゃんの食事やおむつの交換、授乳にも心配のないようにベビーセンターがあります。

ベビーセンターは、ワールドバザール「トゥモローランドのモンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク”」横と、トゥーンタウン「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」横です。

ベビーセンター内には、水道水を1度煮沸した上で70℃以上に調整したお湯の提供もありますし、電子レンジ対応の容器に入れて持ち込んだ水を、電子レンジで温めることもできるようになっています。

また、カーテンで区切られた授乳スペースもありますし、粉ミルクや紙おむつ、ベビーフードの販売もしていますので、足りなくなったおむつの補充などにも大変重宝します。

急な雨には、ベビーカー用のレインカバーも販売しています。

まだまだありますこんなサービス

ほかにも、おむつの交換台は、女性用のレストルームと、一部の男性用のレストルームにも設置されていますので、おむつの交換時には、わざわざベビーセンターに足を運ばなくても大丈夫です。

さすがに、乳幼児を迷子にさせるママはいないと思いますが、「迷子センター」では、迷子シールも配布していますので、自分で動き回れるお子さまには事前に迷子シールを貼っておくこともおすすめです。

パーク内では、B型のベビーカーの貸し出しや、スプーンやお皿の用意もあります。

着替えもたくさん用意していくママが多いと思いますが、お漏らしをしてしまったり、たくさん汗をかいたりした時にも、パーク内のお店には、赤ちゃん用の洋服や防寒具、帽子靴なども販売していますので、とっさの時にも重宝します。

さすが、夢の国、いたれりつくせり。

赤ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションは?

おすわりができるようになると、アトラクションも利用できるものが増えてきます。

公式HPには、「ベビー&キッズが楽しめるアトラクション・ショー」が紹介されています。中には、おすわりのできない赤ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションも数多くあります。

>>公式:ベビー&キッズが楽しめるアトラクション・ショー

また、大きな音の出るものや暗やみを通るか否かなど、それぞれの条件に合わせて細かく検索ができるようになっていますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

赤ちゃんを抱っこしたままでも利用できるアトラクションは?

ショーやパレードでしたら、ママのお膝の上でも、音楽に合わせて一緒に動きながら楽しむことができます。

ディズニーランドは、3歳未満でも楽しめるアトラクションもたくさん用意されていますので、赤ちゃんと一緒に家族で楽しむことも可能です。

また、アドベンチャーランドの「ポリネシアンテラス・レストラン」は、キャラクターがテーブルまで来て写真撮影もできますので、安心してゆったりと満喫できるはずです。

天候に左右されないアトラクションの中にも、「カントリーベア・シアター」や「イッツ・ア・スモールワールド」のように、楽しい音楽と共に、赤ちゃんが一緒に楽しめるものもあります。

トゥーンタウンは赤ちゃんにもっともおすすめで、ゆっくり座って楽しめるスペースもあります。また、ベビーセンターも近くにありますので、急に困った時にもすぐに対応可能です。

それでも、乳幼児を連れている場合は、アトラクションに並ぶ前に、そのアトラクションのスタッフの方に、「抱っこして乗れますか?」「膝の上に乗せて乗れますか?」と一声確認することをおすすめします。

関連記事
>>赤ちゃんとのお出かけ必需品と抱っこ紐とベビーカーの使い分け
>>妊娠中にディズニーランドに行く時の楽しみ方と注意点

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる