赤ちゃん ファンデーション

赤ちゃんに優しいファンデーションの選び方


赤ちゃんがいても綺麗にしていたいと思うお母さんは多いと思いますが、化粧品の成分は赤ちゃんにとって良いものばかりではありません。

抱っこなどで、お母さんの顔付近に近づくことの多い赤ちゃんのためにも、安全で安心なものを使いたいと思っているお母さんもいるではないでしょうか。

そんなお母さんのために今回は、赤ちゃんがいても安全に使えるファンデーションについて詳しく紹介させていただきます。

産後は、赤ちゃんのお世話で大変ですので、ママ自身の美容は後回しにしてしまいがちですが、シミになってしまうと簡単には消えません。赤ちゃんにも優しい成分の商品を選んで、時間の許す限りママ自身の美容にも気をつけていきましょう。

ファンデーションは赤ちゃんが食べたら危険?

赤ちゃんにとって、食べても全く問題ないというファンデーションは存在しません。ファンデーションはそもそも肌に付けるために開発されており、食べてしまうということは想定していません。

しかし、肌に付けているファンデーションを舐めた程度では、ほとんどの場合害があることはありません。少量ということもあり、赤ちゃんにとって影響がある場合は少ないと言えるでしょう。

ですが、食べてしまった場合、大量に呑み込んでしまった場合、異常が出る危険性も考えられます。出来るだけ吐かせてあげた後で、様子を見て、異常がある場合には病院で診察してもらいましょう。

肌同士が触れ合った場合、赤ちゃんへの影響は?

ファンデーションを付けていても、頬ずりした程度では特に問題はありませんが、気になるようでしたら清潔なガーゼなどで拭いてあげるようにしましょう。

ですが、赤ちゃんによっては、かぶれる症状が現れることもあります。そうした場合まず最初に考えられるのが、アレルギー反応です。化粧品の成分にはアレルギーの原因物質と言われている環境物質が含まれていることもあり、そうした物質のせいで過剰な反応を見せることがあります。

赤ちゃんがもし、ファンデーションと触れたことで腫れや赤み、湿疹、かぶれなどの症状があらわれたなら、直ちにファンデーションの使用をやめて、製品に記載されている成分表を持参の上、かかりつけの小児科で診察してもらいましょう。

意外と知らない化粧品の危険成分

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、クエン酸、ビタミンC、Q10等、最近のファンデーションや化粧品には実に様々な成分が含まれています。肌に良いとされる成分が含まれている一方、赤ちゃんにだけでなく、お母さんにとっても、肌にとっても良くない成分が実に多くの製品に含まれているのです。

最近では、こうした物質を排除するための研究が日々行われていますが、それでもまだファンデーションなどの化粧品には多くの有害と呼ばれる成分が含まれていることがあり、お母さんが使用して、万が一赤ちゃんの口にしたり、または肌にふれたりした場合、なにも影響がないとは言い切れません。

出来る事なら危険と言われる成分が含まれていないファンデーションや化粧品を使用したいものです。

危険と指摘されている成分

まずは、どういった成分が危険と言われているのか見ていくことにしましょう。ファンデーションのパッケージ成分表をチェックしてみましょう。以下の成分が入っていないかじっくり見て下さい。

ホルムアルデヒド

多くの化粧品に含まれている成分で、目や鼻、のどなどに違和感を感じるようになるばかりか、肌を乾燥させてしまうのがホルムアルデヒドと言う物質です。ホルムアルデヒドを頻繁に、継続して使用し続けるとやがて、喘息(ぜんそく)や癌(がん)を引き起こす危険な物質です。

パラベン

近年ではパラベンフリーと記載されている化粧品が増えてきていますが、化粧品の中でも目立って警戒されている成分です。米国食品医薬品局(FDA)の調べでは、約25,000種もの化粧品に使われていることが分かっており、人体への影響は低いとされていますが、化粧品を使用し続けるとパラベンが体内に蓄積されてしまう可能性が高く、乳がんを招くことが懸念されています。

フタル酸エステル

一般的に使用している化粧品にも使用されている成分ですが、環境ホルモンを含んだ物質であることが分かっています。はっきりした解明はされてはいませんが、この環境物質であるフタル酸エステルは赤ちゃんのおしゃぶりや哺乳瓶の乳首などにも使用されていることがありますので
注意が必要です。

フレグランス(フラグランス)・香料

化粧品の販売では、香料について細かい表記の規定がないため、フタル酸エステルが含まれていてもフレグランス(フラグランス)と表記している場合があります。フレグランス(フラグランス)と表記されている化粧品には注意が必要かもしれません。

アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS)

乳化剤、界面活性剤としても使用されている成分で、せっけんや洗剤などにも含まれる成分です。強い皮脂除去成分であるため、乾燥などを引き起こし、催奇形性も疑われる環境ホルモンを含んだ成分です。

ソプロピルメチルフェノール・イソプロピルメチルエーテル

防腐剤や酸化防止剤として使用されており、皮膚への刺激が強いことから湿疹等を作ることがあります。中毒となることもあり、発がん性、環境ホルモンが懸念されています。

ウロカニン酸エチル

紫外線吸収剤として使用されている成分で、免疫力を弱めてしまう他、アレルギーを引き起こし、皮膚がんも疑われています。

エストラジオール・エチニルエストラジオール・エストロン

化粧品では配合濃度が規制されているが、ニキビ予防や口紅に使用されていることもあり、重度の副作用や発がん性が懸念されている成分です。

エチレングリコール脂肪酸エステル

化粧品でも光沢を出すためや乳化剤などとして使用されており、免疫力を下げてしまう性質があります。環境ホルモンを含むと疑われています。

エポキシエステル-2

増粘剤として用いられている成分で、強い環境ホルモンがう阿多が割れている物質です。

オキシベンゾン(ジヒドロキシベンゾンフェノン)

紫外線吸収剤や防腐剤、変質防止剤として利用されている成分で、アレルギーを起こす引き金となり、皮膚に吸収されると毒性が高く、急性致死の危険性があります。

加水分解エラスチン

保湿剤として化粧品などにも利用されており、牛の頭部から抽出されるため、狂牛病等の影響も懸念されています。

ほんの一部を紹介しただけでも上記のようにたくさんあります。これらの物質が含まれている場合、赤ちゃんにとって悪い影響を及ぼしかねません。ただちに赤ちゃんにとって安全な製品に変える必要があります。では、どのようにファンデーションや化粧品を選んでいけばよいのでしょうか?

無添加表記には注意が必要

化粧品には約3,000種類もの成分が使用されていますが、その中で特に高度な有害性が認められている物だけに、表示指定成分が定められています。ですが、この表示指定成分に定められていない成分の中には有害化学物質(石油合成成分)も含まれており、すぐに体調に異変をきたすものでないため、特に表記する義務はありません。

そのため、表記指定成分が含まれておらず、有害化学物質(石油合成成分)が含まれている場合でも無添加として販売されています。102種類ほど表記指定成分がありますが、他の2898種類の化学物質に関しては何の取り決めもないのです。

無添加といった表記だけではなく、その化粧品やファンデーションに含まれている成分をしっかりチェックする必要があります。

赤ちゃんにも優しいファンデーションの選び方

赤ちゃんに安全と言える化粧品は少なく、選ぶのが難しいという現状もありますが、その中でも安心して使うことのできる化粧品はやはり、オーガニックを使用した化粧品と言えます。

オーガニック認証団体等の認証を受けた確かなオーガニック化粧品の方がなお安心と言えるでしょう。また、動物由来のものよりも、植物由来の方が、病原等の心配がないため比較的安心です

また、敏感肌にも使えるファンデーションなどは有害な物質をできる限り排除している製品が多いので比較的安心して使用することができると言えるでしょう。

ファンデーション選びの4つのポイント

リキッドよりも固形(プレスト)タイプを選ぼう

リキッドタイプよりは、赤ちゃんが舐めたり触ったりすることを考えてパウダーファンデーションを選ぶと良いでしょう。その中でもしっかり、しかも触って落ちづらい固形タイプが良いでしょう。

化粧をするときにでも粉の舞い散りによる赤ちゃんへの影響を軽減することもできます。

無香料のファンデーションを選ぼう

日本製よりも海外製の製品に多い香料ですが、ファンデーションの表記には香料に対し細かな規定がありません。有害な物質を含んでいる可能性も高いため、出来る事なら避けた方が良いでしょう。

クレンジング不要のタイプが最適

赤ちゃんに万が一ついてしまった場合でも、簡単に落とすことのできるクレンジングフリーのファンデーションを選ぶと良いでしょう。

ですが、せっけんなどで落とせるタイプのものはカバー力の落ちる可能性が高くなります。赤ちゃんにとって優しいものですので、その点は理解した上で使用しましょう。

ほとんどの製品はクレンジングが必要なタイプです。せっけんで落とすことのできる、または落とす必要のないタイプと言うだけで、かなり製品は絞られてきてしまうと思いますが、より安心した製品をとお考えならクレンジング不要のものを選んでみると良いでしょう。

逆発想!ファンデいらずな化粧品を選ぶ

ファンデーションは、石油由来の成分が入っていたり、防腐剤やシリコンが含まれているものがほとんどです。

そこで、視点を変えて、ファンデいらずなオーガニック化粧品を使うのもおすすめです。

赤ちゃんが食べても問題ないファンデーションはありませんが、触れて安心なものはたくさん販売されています。お母さんにとっても良いファンデーションと言えますので、最適なものを選んでみましょう。

おすすめのファンデーション

赤ちゃんへの影響が気になる、産後のママにおすすめのファンデーションやファンデーション機能をもった化粧品をご紹介します。

HANAオーガニック ウェアルーUV

HANAオーガニックのウェアルーUVは、天然100%のオーガニック乳液です。ファンデーションを使わなくても素肌にきらめきを与えてくれる一品です。

産後ママはホルモンバランスの影響もあり肌のダメージも受けやすいので、紫外線対策は欠かせませんが、これ一本で、

・ダメージケア
・日焼け止め
・化粧下地
・薄付きファンデーション

の4役を担ってくれます。

天然100%の乳液が、ファンデなしでも光をコントロールして、お肌に透明感と血色をプラスし、毛穴も目立たなくしてくれます。

カバー力自体は、一般的なファンデーションに比べるとどうしても弱くなりますが、赤ちゃんと肌が触れ合って全く心配がいらないのは大きなポイントです。

また、長時間の使用でも白浮きもしないのも、忙しい産後ママにおすすめです。

今なら、某有名コスメサイトでも堂々の1位を獲得しているトライアルセットが、お得な値段でご購入できます。

公式ページ>>>>HANAオーガニック|7日間トライアル

レイチェルワイン ミネラルメイクアップ

油分を含んでいない、クレンジング不要のファンデーションです。ミネラル成分を多く含み、肌トラブルを起こす成分も含まれていないことから、赤ちゃんのお肌への影響も最小限に抑えられます。

クレンジング不要タイプとは思えないカバー力で、毛穴を抑えてくれ、崩れにくいのが特徴です。

ただ、パウダータイプのため、赤ちゃんのそばでファンデーションを塗るのには注意が必要となりますが、香料や防腐剤、合成界面活性剤も使用されていませんので、まだまだ抱っこが必要な赤ちゃんのいるママにおすすめしたい商品です。

公式ページ>>レイチェルワイン 「ミネラルメイクアップ トライアルセット」

セパルフェ ザ・ブライトアップBBクリーム

ケミカルフリーのBBクリーム&パウダーで、多くの有名芸能人も愛用していることもあり、今注目のBBクリームです。植物性のオイルを使用しており、赤ちゃんにも比較的安全な商品です。

伸びも良く、ヒアルロン酸や植物由来のエキスを含み、しっかりとママのお肌も守ってくれます。

こちらも、リキッドタイプのため、赤ちゃんの手の届かないところに置くなどの配慮が必要となりますが、香料や防腐剤など、気になる成分も入っていないため、赤ちゃんがいても安心して使える商品です。

公式ページ>>つければつけるほど美肌になれるノンケミBB

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる