発達障害の育児の大変さ

発達障害の特徴と発達障害の育児で気をつけること




自分の子どもに対して、親は生まれる前から大きな夢や希望を抱いています。しかし、実際に生まれ育てていくうちに、他の子どもと比べるつもりはないけれど、言葉や行動、視線、コミュニケーション・・・何かが違うと感じ始め不安になり、調べていくうちに発達障害かもしれないと疑い始めることがあります。

発達障害であることがはっきりするのは3~4歳くらいで、それまでママは不安に耐えながら育児をすることになります。幼児期の発達障害児を育てるのは本当に大変で、ママは毎日毎日泣きたい気持ちでがんばっていることでしょう。

そこで今回は、

・うちの子って周りの子供となんか違う?
・発達障害ってなに?
・いじめられそう・・・
・同じような悩みを持つママと知り合いたい

といった方に、発達障害の症状と、発達障害であることが分かってからの、終わることのない過酷な育児の日々、理解のない人々とのトラブルなど、悩みが絶えることがないママの立場ですが、具体的にどんなことに気をつけて育児すればよいのか考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

発達障害とは

発達障害とは脳のある部分の機能が上手く働かず、言語、感覚、認知などの分野に遅れが生じ、周囲とのコミュニケーション力、想像力、予測力、身体能力などで問題が出てくる病気です。

自閉症、ADHD、学習障害、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、読書障害など障害の種類も様々で、複数の症状が重なることも多く、同じ診断名でも人によって障害の度合いなどが違います。多くの場合は感覚機関、言語、社会性、予測力、記憶機能などに問題を抱えています。

また、発達障害の人は眠りが浅かったり、急に眠気が来る様な睡眠障害や大勢でいると相手の声が聞こえにくくなる聴覚障害などを合併しています。子どもの発達障害の場合、小学校に上がる前に家族がその症状に気づく場合が多いのです。

走りまわったり、高いところに登ったり、じっとしていられない、全く指示が聞けない、人見知りしない言動、反復行動、パニック、かんしゃく、偏食などが特徴で、一般的には社会適応力が低く、周りと常にトラブルを抱えている場合が多いので、本人も家族も生き辛さを感じています。一方、ある分野において特別に優れた能力を発揮することも多く、とても記憶能力が高かったり、興味のあるものに対しての集中力、探求力が秀でている人も多いのです。

どんなトラブルが起きる?

発達障害を抱えている子どもやその疑いのある子供(グレーゾーン)の場合、見た目は普通の子どもですが、学校や地域のコミュニティー、家庭内で様々なトラブルを起こすことがあります。

自閉症

自閉症にも色々ありますが、コミュニケーション障害、対人関係の障害、パターン行動、こだわりが強いというようなことでトラブルを生むことがあります。自閉症の半数以上の人は知的障害があるといわれています。知能障害ではない自閉症は高機能自閉症と呼ばれ、症状が軽い人は自閉症スペクトラムと言われます。

パターン化した行動は出来るのですが、普段と違うことや手順で物事が進まないと急に不安になり、動けなくなってしまったり、周囲の人の対応が余計不安になって大声で奇声をあげたりするので、自閉症であると分かっている人との間でもコミュニケーションがうまく出来ないことも多くあります。良く知っている場所や環境においては落ち着いて活動できるのも特徴です。

アスペルガー症候群

広い意味では自閉症の1つのタイプであると言えます。自閉症のように言葉の遅れはありませんが、コミュニケーション障害、対人関係障害、社会性の不足、パターン化した行動、興味の偏り、不器用であるという特徴があります。コミュニケーション能力が低く、場の空気を読むと言うことが苦手であるので、相手のことを考えずに、一方的に話しまくり嫌気を差されたり、自分勝手であると言われることが多いです。

興味や関心に偏りがありますが、逆に言えばある一分野では専門家も驚くような非常に深い知識を持っていて友達に関心されたりします。鉄道の時刻表を覚えたり、駅名を非常に良く知っていたり、国旗をたくさん覚えていたり、計算能力が異常に早いということなどがその一例です。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)

とにかくじっとしていらない、集中力がなく不注意である、考えるよりも行動が早いというような衝動的な行動が多く、7歳頃までにはその特徴が色濃くでます。しかし、その行動が問題になるのは中学生頃までで大人になるにしたがって症状が軽くなる人が多いのが特徴です。子どものころは先生からは、注意を全く聞いてない、授業中もじっと座っていられない、忘れ物が多いと叱られることが多くなります。

学習障害(LD)

知的発達には遅れがないにも関わらず、聞く、話す、書く、読む、計算する、予想するなどある特定の分野が極端に苦手であるというような特徴があります。全くコミュニケーションなども問題ないにもかかわらず、計算が出来ない、数の概念がよく分からない、字が書けない、読めないというようなことが起こります。先生からは勉強不足であると指摘されたり、親の教育不足だと言われることもあります。

発達障害の育児に気を付けるには

発達障害の子供を育てていると、見た目には特別障害は認められないので、その特徴である奇妙な行動や言動が自分勝手、わがまま、変な子という印象を与え、本人や家族の意志が全く伝わらずに不本意な理解の仕方をされることがあります。本人は普通の感覚で言っていることが全く別の解釈をされて人を大きく傷つけたり、誤解をされることもあるので、本人や家族にしてみれば周りから理解してもらえずに非常に辛い思いをしていることもあります。

発達障害を周囲に話す?話さない?

発達障害であると言う事実を周囲に話すか、話さないか、これには様々な意見があります。子どもが発達障害であることを親、先生、クラスメイト、クラスメイトの父兄などに完全に話している人もいますし、子どもが発達障害であることを家族だけが知っている人、つまり担任の先生にも話していないという人もいます。

発達障害があることを、周囲の理解を得ようと話をするという人もいます。奇妙な言動を繰り返す子どもに対して何らかの診断が下されているということを話をすることは、この変わった行動は発達障害から来る症状で子どもに悪気はないんです!ということを先生や友達に分かってもらって理解をしてもらえ、いくらか問題は少なくなるかもしれません。

特に、友達に危害を加えたり、先生にいつも怒られてばかりという人には話をすることによって得るものも大きいかもしれません。発達障害であっても、学習能力が高いけれども、注意力がないために宿題や忘れ物が多い、運動能力がかなり低い、周りにさほど迷惑をかけないという発達障害の子どもなどは発達障害であると診断があっても、あえて話をせずに生活するという子どももいます。

話をすることによって周囲の理解を必要とする子どもなのか、特に必要のない子どもなのかという判断は親がするしかありませんが、子どもの特性、周囲の状況、周囲の声などを良く判断して理解を得るか得ないかを決めましょう。話をすることによって、大なり小なり色眼鏡で見られる可能性も出てくるので覚悟も必要です。

いじめへの対処

発達障害児の言動は、時に、場の空気を読めなかったり、一般的に理解できないこともありますが、これらの言動は発達障害の特徴であって本人に悪気のないものがほとんどです。

親は何とか子どもを理解しようとしますが、友達などは子どもですので、特に深く考えずに、発達障害児をいじめの対象にしてしまう場合があります。笑われたり、馬鹿にされたり、ひどい言葉を投げつけられたり、叩かれたり、物を隠されたり・・といういじめを日常的に受けていて、幼い時から心に深い傷を負っている発達障害児は多いのです。

毎日のようにいじめられていると自分を肯定できなくなり、人が怖くなったり、うつになったりする発達障害の子どもが出てきます。周りの大人や親の目が常に届くとよいのですが、なかなかそのような状況にない場合などは、日々子どもを良く観察していじめられていないか確認する必要があります。変におどおどしたり、幼稚園や学校に行きたがらなかったり、体に傷があったり、本人がはっきりいじめを訴えなくても兆候がみられたら無理をして学校や幼稚園に行かせる必要はありません。

まず大切なのは発達障害の子どもの心を守ってあげることです。ただでさえ生きづらい世界で苦労している子どもの気持ちを大切にしましょう。ママや家族はいじめにあっているならば非常にショックを受けると思いますが、一番苦しんでいるのは発達障害である子ども自身です。

もしその子どもが傷ついているならば、いつでも親は味方であること、自分を否定することなく大切に思うことを全面的に表して安心させてあげましょう。もしいじめが学校や幼稚園、地域の中で起こっているならば先生や子どもたち、地域の人の理解を求めることも大切です。

子どもを好きになれない?

自分の子どもが発達障害かもしれないと思いながら育児をしてきた人は、ある段階ではっきり発達障害であるという診断が出ると安心する人もいます。

一方、全く発達障害を疑っていなかったにも関わらず、周囲の勧めで検査を受けてみると発達障害であると診断を受けた人などは、我が子の障害に大きなショックを受けることも少なくありません。発達障害であるということが分かった経緯は人それぞれですが、発達障害の子どもを育てるということは非常に多くの苦労をします。

理由が分からず泣き続けたり、視線が合わなかったり、じっとしていられなかったり・・・どうして?何で?私の育て方が悪いの?何で分かってくれないの?何で出来ないの?という、行き場のない怒り、悲しみにぶち当たることは一度や二度ではないはずです。

自分の子どもなのに、理解できない行動や言動に腹が立って発達障害であると分かっていても、「好きになれない!」って思うこともあるかもしれません。もうどうにでもなってしまえというような投げやりな気持ちになったとしても、ママが悪いのではありません。

しかし、発達障害の子どもにも罪はないのです。仮に、「この子のこと嫌い!どうにでもなれ!」という気持ちが一時期あったとしても、それはママがこの子のことをとても大きく愛していることの表れです。愛しているからこそ、理解できないことにイライラして嫌になるのです。一生懸命その子どもと向き合って育てているからこそ、不安になり、我が子に怒りを感じたりするのです。

これは発達障害があるとか、ないとかいう問題だけではありません。障害のない子どもに対しても親は子どもに対して時に嫌いになったりするのです。我が子の存在を認められない自分を否定してはいけません。発達障害の育児と真剣に向き合っているからこそ感じる感情なのです。子どもを好きになれない自分がいたならば、「私は今がんばっているんだな」と感じてください。

相談できる仲間を作ろう!

発達障害の育児の辛さは、本当にそれを体験している人、経験した人にしか分かりません。毎日24時間、365日休みなく発達障害児の育児をしているのですから、気持ちに余裕がなくなって嫌になったり、愚痴を聞いて欲しいと思うのは当然です。

最近では、発達障害児を持つママや家族のためのコミュニティーが色々とあります。実際に会って様々な悩みを相談したり、打ち明けあったりするグループもありますし、インターネット上でのやり取りをするグループもあります。

人間はいつも一生懸命というわけには行きません。疲れる時もありますし、弱音を吐きたいときもあって当然です。自分一人で色々な悩みを抱えていても状況は一向によくなりません。辛いことも同じ立場にいる仲間に聞いてもらうだけで、笑い話になることもあります。自分の殻に閉じこもって悩んでばかりいないで、自分と同じ気持ちでいる仲間を探しましょう。

もし可能であるならば、子どもと少し距離をとるためにも丸一日、数時間でも誰か信頼できる人に子どもを預けてみましょう。発達障害を抱える子どもにとって、一番近くで支えになってあげられるママが毎日笑顔でいることこそが、一番幸せで安心できることなのです。疲れたら、休んで構いません。がんばり過ぎない、自分を時には甘やかすことが大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる