簡単な育児日記のご紹介

育児日記をつけるメリットと記入しておきたいこと




待ちに待ったわが子の誕生で、母である自分にしかできない子どもの記録を残してやりたい。

大きくなって赤ちゃんだった自分を振り返った時、「あー自分はこんなに愛されていたんだ・・・」という実感が持てる証を残してあげたいと思いませんか?

そこで、今回は

・簡単な記録の作り方を知りたい!
・初めてできたこと、体重の変化を残したい!
・ストレスだらけの毎日、私の育児方法間違ってない?

といった方へ、育児日記をつけることのメリットと簡単な育児日記のつけ方をご紹介します。

日記なんて書いたこともない、長く続いたことがないという人もそんなに肩ひじ張らないで気持ちを楽にして今日から始めてみませんか?

スポンサードリンク

育児日記を書くメリット

わが子の成長の記録が残る

早い人は妊娠中から病院でもらうエコーの写真や妊婦時代の写真などを貼って、わが子の誕生の記録から育児記録までを残すという人もいますが、出遅れた人でも思いついた日から赤ちゃんのちょっとした記録をつけるだけで立派な成長の記録になります。

毎日書ける人は毎日書けば細やかな成長記録になりますが、毎日でなくても時間に余裕があるときに少しずつ付けるだけで充分な成長記録になります。

育児日記を付けることによって赤ちゃんの変化を敏感に感じ、毎日の記録では小さな成長かもしれませんが、何ヶ月か前と比較してみると大きく成長したことに気がつくこともあります。

生後何日で座った、歩くようになった、ママというようになった・・・と確かな成長の記録を残すことができるので将来の子どもへのプレゼントにもなりますが、日々苦労しているママの心の支えにもなります。

人生のなかで赤ちゃんの時代というのはあっという間に過ぎ去ってしまいます。後から見てしっかり思い出せるような記録が残っていると親子の信頼も強くなることは間違いありません。

赤ちゃんの健康管理ができる

育児日記のつけ方も人それぞれですが、毎日のおしっこ、ウンチの回数や状態、熱、体重、機嫌の善し悪し、病歴、おっぱいの回数や時間、睡眠の状態などをしっかり記録していると赤ちゃんの体調の変化にママ自身が敏感になりますし、もし体調が悪くて病院に行ったときもお医者さんに詳しく最近の体調の変化などを伝えることができます。

特に、今まで育児を経験していないママは赤ちゃんの体調にいつも不安を抱えています。

体重があまり増えない、おっぱいを飲まない、便秘気味・・・と言うような、周りからすればちょっとした問題でも、赤ちゃんと二人きりで過ごしているママにとっては大問題で一人で悩んでいる人も多いのですが、つけている育児日記を先輩ママや助産師さんなどに見せるとほとんどの場合、的確なアドバイスをもらえます。

病院に行った方が良いこともありますし、それほど気にする必要がないことも育児日記にきちんと体調の変化を記録しているからこそ他人がきちんとアドバイスできるのです。

色々な赤ちゃんの体調に対する不安を解消するためにも是非育児日記を役立ててみましょう。

ママのストレスをぶつけることができる

日記には人に言えない悩みや思いを素直に書くことができます。

1日を赤ちゃんと過ごしているママは、下手をすると一日中大人と接することもなく過ごすことが多く、自分の気持ちを聞いてもらうことができないことによるストレスを多く抱えている人が多くいます。

そういうことが積もり積もって育児ノイローゼや育児うつにつながっていくのです。意思疎通のなかなかできない赤ちゃんや、言うことを聞かない幼児に対してイライラすることは良くありますが、ほとんどは誰か第三者にただ聞いてもらうだけでストレスが解消されるのです。

ママ友にはなかなか話せないことや旦那さんに言ってもよく分かってくれないことなどを育児日記にぶつけて正直に書いてみると自然と心が楽になります。

なかなか解決しないことでも気持ちを外に向かって発散するだけで大きな効果があるのです。嬉しい気持ちだけでなく、苦しい気持ち、悲しい気持ちも思い切って育児日記に書いてみましょう。

人に見られるのが嫌な場合は、自分だけの日記に書いてみるとよいでしょう。

デコレーションして楽しむ

様々なタイプの育児日記があります。

体調の情報とちょっとした変化だけを記している人もいますが、中には育児日記に色々なイラストを書いたり、デコレーションしたり、写真を貼ったりしてかわいく楽しい育児日記にしているという人もいます。

カラフルにデコレーションしたり、イラストを描くことを楽しむことができれば、育児日記も十分な癒しツールになります。赤ちゃんがちょっとお昼寝した隙にカラフルなペンで遊び心をもって楽しんでみてはいかがでしょうか?

育児日記に記しておくと役に立つこと

普通の日記と違って、育児日記は赤ちゃんの成長の記録、体調の記録などをメインとした日記であることが多いのですが、具体的にどんなことを記録していくと役に立つ育児日記になるのでしょうか?

授乳回数と時間

新生児の場合、1日で何回授乳していますか?

1回の授乳時間はどれくらいですか?

授乳と授乳の間隔は何時間くらいですか?

ということを病院や助産師、保健士さんなどに聞かれます。このような質問に的確に答えるためにはできるだけ毎日の授乳の様子などを記録していないとなかなか答えることできません。

あまり神経質になる必要はありませんが、机の上などに育児日記を常に記録しやすいように開いておき、授乳し終わるたびに記録するとよいでしょう。1~2歳くらいになると離乳食もしっかり食べるようになりますので、授乳の記録もアバウトでいいのですが、新生児の時は可能であればきちんと記録した方がよいでしょう。

排泄の回数、状態、時間

おしっこやウンチがキチンと出ているかということは非常に重要です。

おしっこの場合は紙おむつを変えるタイミングによって何回したということがはっきり分かりませんが、出たか出ていないかということは確認できます。

ウンチは出た時間や回数、状態は分かりやすいのできちんと記録しておきましょう。毎日着けていると赤ちゃんの1日の排泄のサイクルが見えてきますし、便秘などをしていても早期に気づくことができます。

ウンチの固い、柔らかいという状態や色なども詳しく記録していくと体調の変化が分かりますので役にたちます。

体温

赤ちゃんや幼児の体温は体調が悪いと一気に上がったりするのでいつも気にかけておく必要があります。

また、大人の体温と違いますし、外気の気温によって大きく左右されるということもあります。毎日一定時間に体温を測って記録することによって、その赤ちゃんの平熱が分かりますので体調が悪い時などは早期に異変に気づくことができます。

また、赤ちゃんのいる室温の調節にも役立ちますので是非記録しましょう。

睡眠時間

最初は寝てばかりの赤ちゃんも次第に生活のリズムがついてきて、規則的に眠るようになります。

まだまだ新生児の場合は1回の睡眠時間も短いので記録も大変ですが、毎日記録することによって生活時間の規則性、乱れなどを察知できます。

規則正しい生活を送っていると体調も崩れにくくなりますし、機嫌が良い時間が長く続きます。授乳時間などとともに、1日の時間を帯状や円状で表してみるとぱっと見て時間のサイクルが分かるので便利です。

体調や機嫌の善し悪し

赤ちゃんや子どもは元気がないとき、体調が悪い時はすぐにぐったりしたり、機嫌がいつもよりも悪くなっていつもより泣いたりするので分かりやすいです。

育児日記において日々の体調の様子を記録しておくと、赤ちゃんが泣いていても、だいたいどうして泣いているのかということがママには分かるようになってきます。

いつもと違って長時間泣いたり、ぐずったりするとやはり何か赤ちゃんの具合が悪いのかもしれません。

また、咳をしたり、鼻水がでたり、発疹が出たりという記録をしているといざというときにも、焦ることなくお医者さんに的確な情報を伝えることができるので非常に安心です。

病院の記録

赤ちゃんは体調を崩しやすいのでよく病院に行きます。

病院ではいろいろな処置がされたり、お薬を出されたりしますので、その記録を書いたり、予防接種の種類や日、予防接種の副反応の有無などを記録すると以後に受ける予防接種のときの参考になります。

母子手帳にも予防接種の記録はありますが、育児日記に体調の記録とまとめておくとよいでしょう。

離乳食の記録

生後半年ほどたつと、離乳食を始めると言うお母さんも多いのではないでしょうか?離乳食を初めて与えるときなどは非常にママも緊張しますし、何をどれだけ食べたか、何回食べたか、好き嫌いなどの反応、味付けはどうしたか、何ヶ月ごろ食べたかということを記録することによって離乳食を進めていく上で大きな参考資料になります。

メニューの偏りなどは将来の偏食にもつながりますので、赤ちゃんの健康を考えるママには非常に重要な記録になります。あまり細かいことは嫌いというママは初めて食べた食品と日付くらいを記録しておくと食品によるアレルギーなどが出た場合の参考になりますので記録しておきましょう。

成長の記録

赤ちゃんを育てていて最大の楽しみは、その赤ちゃんの成長が分かったときです。

育児日記を記録していくと、昨日まで全然できなかったことが今日できたということもわかりますし、どのような過程を経てできるようになったのか、何時ごろできるようになったのかという記録が残ります。

初めて笑った日、初めてハイハイした日、初めて歩いた日、初めて食べ物を食べた日、初めてしゃべった日・・・赤ちゃんの成長には大切な大切な思い出がいっぱいあるのです。

初めて歩いた日にママやパパが思ったことを記録に残しておくと、子どもが大人になってみた時に大きな感動をもたらすことは間違いありません。

自分が子どもを持って初めて、その育児の大変さやありがたさが分かるのです。初めて出来た日の横にそっと、嬉しい気持ちを残しておきましょう。

どんなノートを使う?

育児日記も様々なタイプのものがあります。

ママのテンションが上がるかわいいものや、自分の日記や家計簿と一緒につけることができるもの、写真を貼るスペースがあるもの、その時期に沿った育児アドバイスが記されているものなど好みによって色々選ぶことができます。

子どもが大きくなってから見せてあげたいですし、ママの好きなノートを使うのがいいでしょう。普通の大学ノートや真っ白いノートでも使い方によって素敵な思い出のノートになります。自由選択の多いノートならば、より自分らしい仕上がりになること間違いなしです。

面倒な人はできるだけ簡単にすることが大切

赤ちゃんの育児をしているとなかなか時間的にも余裕がありません。少しでも時間があれば眠りたい人、家事をしたい人もいるでしょう。

そういった中で育児日記を続けるためにもできるだけ簡単なノートにすることが大切です。コメントなどを書くのが面倒だという人は特に書く必要はありません。

字を使わなくてもマークを自分で決めて授乳や排泄の時間や回数を表すことができれば全く問題ありません。できるだけ簡単にすることが育児日記を長く続ける秘訣です。

プレッシャーにならないようにしましょう

育児日記をきっちり、丁寧に、事細かく毎日つけているという人はいます。

しかし、そういったことが苦手なママも当然います。育児日記をきっちりつけていることが良いママの条件ではありません。

逆に育児日記をつけていなくてもとてもステキなママはたくさんいるのです。真面目な人ほど育児日記を真剣に捕らえて、きっちりと記録しようとします。

もちろんそれは非常に良い事ですが、育児日記をしっかりつけることが育児の目的ではないので、疲れた時や書く気になれない日はお休みしていいのです。

1週間でも1ヵ月でもできないならば書かなくても問題ありません。

また書く気になったら書けばいいのです。育児日記をつけなくても赤ちゃんは立派に育ちますし、ちょっとくらい間隔があいてても将来子どもは愛情を感じることができます。

育児日記という道具によるプレッシャーを抱えることはありません。ママが楽しく、赤ちゃんと向き合うための育児日記になることが一番大切なのです。気軽に育児日記を始めてみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる