頭の変型

赤ちゃんの頭がへこんでる?頭のへこみや変型の原因と対処法




赤ちゃんの頭を見てみると、おでこの上部分がへこんでいたり、泣いた時にへこみ部分が波打ったりしています。初めてへこみを目にした時は誰でも驚くもので、病気?それともケガ?と心配になってしまうお母さんも少なくありません。

頭のへこみは、ペコペコという感じで動いたり、たまに波打つような動きをみせたりします。実はこれらは赤ちゃんなら誰にでもあるもので、赤ちゃんにとっては痛くもかゆくもありません。もちろん外傷で変形したわけでもありませんので、基本的には安心してください。

とはいっても、なぜ頭が凹んでいるのか?赤ちゃんの頭は柔らかいので頭の変型に繋がるのではないか?と思う方もいらっしゃるでしょう。ここでは、赤ちゃんの頭のへこみの原因や、へこみはいつごろ無くなるのか。また、頭の変型の原因と予防法についてご紹介します。

スポンサードリンク

頭のへこみについて

ここでは、赤ちゃんの頭のへこみについて詳しくご紹介します。

赤ちゃんの頭の凹んでいるのはなぜ?

そもそも、人間の頭蓋骨は、前頭骨、頭頂骨、後頭骨などの骨が組み合わさることで球形になっています。大人はしっかりと骨同士がくっついているので、へこんだ部分などはみられません。しかし赤ちゃんの場合、骨が丈夫にできあがっていないので、骨の間に骨化していない組織が存在しています。これがいわゆるへこみ部分です。

赤ちゃんの頭で凹んでいる場所

髪の生え際から少し上あたりに、ひし形の柔らかい部分があります。ほかにもいくつかの場所があるのですが、どれも軽く触ってみると、ぷよぷよとした手触りです。ここが頭蓋骨の未完成部分であり、へこみの正体です。

頭の前には「大泉門」

このひし形のすき間は、大泉門と呼ばれます。完成した骨で覆われていないため、周囲からくぼんで見えたり、柔らかくなっているのです。よく観察してみると、心拍に合わせて脈打っていることがわかりますが、泣くことや腹圧をかけることでも前に出たり中に引っ込んだりします。また、寝ている時にも脈に合わせて波打っているのですが、自然な反応であり骨の成長とともになくなるので問題はありません。

大泉門が赤ちゃんにある理由

なぜ赤ちゃんにだけ大泉門が存在しているのかというと、出産の時赤ちゃんは母親の産道を通りますが、産道では頭がまず圧迫されます。変形したまま外に出るとゆがみの原因にもなりますが、そのゆがみを吸収するための役割が大泉門にはあります。また、頭蓋骨が成長する時に脳も同時に大きくなりますが、骨の間にゆとりを持たせておくことで、中身も徐々に大きくなっていけるのです。

また、「骨にすき間がある」=「そこに何もない」わけではありません。大泉門付近を触るとぷよぷよしているので、脳に影響がないかどうか心配になるのですが、脳自体は筋膜という組織で覆われています。赤ちゃんの頭を洗う時は手のひらを使ってやさしく洗い、ブラシをかける時もやさしい力で髪をとかしてあげましょう。

頭の後ろには「小泉門」

大泉門からさらにさらに頭頂部、そして後頭部にかけて触ってみると、後頭部付近に小さいへこみがみられます。大泉門よりもサイズが小さいことが特徴ですが、この部分は「小泉門」と呼ばれています。ここも骨と骨のすき間になりますが、産まれたあとすぐに小泉門に触れる場合、赤ちゃんの健康状態を詳しくチェックする必要があります。もしも心配な場合は医師に確認しておくと安心です。

頭のへこみはいつなくなる?

大泉門、小泉門などのへこみは生後1歳半~2歳の間に閉鎖し、なくなると言われています。しかし具体的な時期は個人差があり、早くに閉鎖してしまう子もいれば、そうでない子もいます。新生児から2歳までというと長い期間のようにも思えますし、頭を守らなくてはと不安になってしまいますが、気づけば消失している部分ですから、それほど心配しすぎる必要はありません。

赤ちゃんの頭を守ってあげよう

日常生活でできることは、赤ちゃんの頭を強く扱わないように注意することです。まず、頭を洗う時やブラシをかける時は力を入れないようにしましょう。寝返りをうったり、ハイハイをするようになると、ものにぶつかったり上からものが降ってくるなどして頭にぶつかる可能性があるので注意しましょう。

産まれてから数ヶ月間はどの赤ちゃんもへこみ部分を持っていますが、早産などで産まれた赤ちゃんは骨を作る材料が足りず、骨化がスムーズに進まない場合もあります。成長の時期は人によってまちまちですから、へこみがいつまでたっても治らない場合は病院の先生に相談してください。

大きく膨張している場合

赤ちゃんの頭の骨は成長途中ですから、トラブルが起きるケースもあります。ほとんどみられない症状ですが、大泉門がへこむのとは逆に腫れてくるケースがあります。これは「髄膜炎」(ずいまくえん)と呼ばれる病気の可能性があり、脳圧が上がることで腫れが生じています。

嘔吐や下痢をともなって大泉門がへこんだ場合は脱水症になっていると考えられます。いずれにしても嘔吐や下痢はトラブルを知らせる体の不調ですから、すぐに病院を受診するようにしてください。

赤ちゃんの頭の変形

ここからは、赤ちゃんの頭の変型について詳しくご紹介します。

頭の変型の原因

大泉門や小泉門は誰にでもある自然な部位ですが、頭がへこむ原因はほかにもあります。赤ちゃんの頭蓋骨は大人に比べて非常に薄く、柔らかい組織です。したがって、毎日の習慣やクセ、ちょっとした衝撃でもへこんでしまう可能性があります。成長するにしたがって強固な骨となるのですが、新生児から乳児のうちは非常にデリケートな場所と考えましょう。

向き癖に気を付けよう

柔らかいだけでなく厚みもないので、いわゆる「向きグセ」と呼ばれるクセや、寝る時、座る時のクセが影響し、頭が変形してしまう場合があります。特に生後6ヶ月検診後の赤ちゃんは頭部の変形が著しい場合があり、後頭部が全体的に凹んでいたり、斜めに骨がゆがんでしまっている赤ちゃんもみられます。

いくら頭が柔らかいからといって、いびつな形に変形してしまうのは困ります。

しかしこれは毎日の寝かせ方や姿勢、位置によって変わるものなので、こまめに注意しておく必要があります。ずっと仰向けにしたり、横向けが多いと頭の一部が変形して、そのまま大きくなってしまうトラブルが考えられます。脳の成長に合わせて頭も日々成長していると考え、生後6~8ヶ月の間は特に注意しなければなりません。

頭の変型の種類

頭が変形するトラブルとしてもっとも多いのは、後頭部が平らになる「ぜっぺき」と呼ばれる形です。次に多いのは、赤ちゃん自身の「向きグセ」によって頭の左右どちらかの面が平らになってしまうケースが挙げられます。きれいな頭に整えるには、向きグセをお父さんやお母さんが理解し、偏った方向にばかり寝ないようにしてあげて、さらに同じ姿勢を長時間とらせないようにすることです。赤ちゃんが気持ちよく寝ているからといって同じ姿勢で寝かしっぱなしにせず、たまに抱っこしたり体勢を変えるなどして工夫してみましょう。

寝返りがうてるようになったら、できる限り左右どちらにも動かしてあげましょう。自由度の高い姿勢を取れれば、頭が極端に変形されずにすみます。また、生後6ヶ月までなら頭が変形してしまっても「向きぐせ防止クッション」などを使ってきれいな形に修正することもできます。それ以降の期間でも、まったく治せないというわけではないので、頭の変形が気になった時は病院に相談することをおすすめします。

アマゾンで人気のベビーピロー

赤ちゃんの成長はとても早く、お母さんやお父さんが気づかないうちに頭の形が決まってしまいます。今のうちから向きグセを直し、「頭はデリケートな部分」だということをよく知ったうえで、育児に取り組んでみてください。次第に頭の形がかたまってきて、頭がい骨も強く丈夫になってくると、頭のへこみや変形の問題はひと段落ついたと考えて良いでしょう。

photo credit: James via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる