お食い初めメニュー

はじめてのお食い初め|歯固め石や料理、器などの疑問を解決




古くは、平安時代から行われていると言う「お食い初め」ですが、生後100日を迎えた赤ちゃんに、「一生食べ物に困ることがないよう」初めて食べ物を食べさせる真似を行う儀式のことを言います。

他にも、初めて魚を食べさえることから「真魚(まな)初め」、初めて箸を使うことから「箸揃え」「箸祝い」等とも呼ばれています。100日を祝うことから「百日(ももか)の祝い」等と呼ぶ地域もあり、「歯固め」と呼んでいる場所もあります。

今回は、そんな「お食い初め」について、お食い初めの慣しや、お食い初めにまつわる、食器や料理、歯固めについて詳しくご紹介しています。

スポンサードリンク

お食い初めはいつするもの?

生まれた日から計算して、生後100日目に行うのが一般的となっています。地域によっては生後110日目、生後120日目に行う所もありますが、最近ではピッタリその日に行うことも少なくなってきました。

おおよそ3ヶ月から4か月頃を目安に、赤ちゃんの体調を見ながら、良い日を選んで行う方法に変わってきています。

お母さんやお父さん、おばあちゃん、おじいちゃん等の集まれる日曜日などを選ぶ方も増えてきています。

お食い初めとは?

生後100日頃は、離乳食を始める時期にも当たるため、我が子の成長を祝い、一生食べ物に困らないよう願う儀式を「お食い初め」と呼んでいます。

親族を招き、一番長寿であるおじいちゃんやおばあちゃんが、赤ちゃんを膝に乗せて食べ物を食べさせる真似をします

地域によってお膳の内容は異なりますが、御頭付の鯛などで祝うのが定番となっています。

西洋では古くから、富と幸せを意味し、一生食べ物に困らないよう銀のスプーンを赤ちゃんにプレゼントする習慣がありますが、これとお食い初めを一緒にして赤ちゃんの成長を祝うなど、各家庭で「お食い初め」のスタイルも様々に変化してきています。

お食い初めに必要な食器(漆器)

塗りの施された高足の膳に漆器を揃えて行うのが正式とされています。

性別によって色も異なり、男の子の場合、内側も外側も赤い漆器で祝います。女の子の場合はその側が黒く内側の赤いものを使用します。本来母方の祖父母がこの食器すべてを送るとされていますが、今ではあまりこだわらず嫁ぎ先で用意したり、夫婦で買いそろえることも多くなってきています

漆器は高価で、管理が難しいため、今ではレンタルする家庭も多くなってきています。

せっかく孫にプレゼントするならと、普段から使用できる離乳食用の食器一式を送り、代用するケースも増えてきています。

お食い初めの献立は?

基本的に一汁三菜と鯛の尾頭付きでお祝いします。詳しく見ていきましょう。

・地方によって異なることもあるが、鯛などの尾頭付きの魚
・すまし汁(鯛や鯉、蛤など)
・煮物(おめでたいと言われている昆布を用いたり、旬の筍等の煮物)
・つぼ椀(酢の物や香の物として、季節の物や郷土の名産を用いるのが一般的)
・赤飯(または、季節によっては豆ごはんや栗ご飯、白飯も可)

上記の5種類の物を器に盛り、お食い初めの膳となります。

さらに丈夫な歯が生えるよう歯固めの小石や長生きの象徴として高坏に梅干しを盛った勝栗を用意することもあります。

正式には二の膳まであり、紅白の餅を5つほど用意します。

お食い初めの歯固め石

お食い初めの頃はちょうど、歯が生えだす時期でもあります。そのため丈夫な歯が生えてくるよう「歯固め」の儀式も合わせて行います。歯固めで使われる石を「歯固めの石」「歯固め石」と呼んでいます。

歯固めの儀の意味するところとは?

昔から歯が丈夫なことは長寿の象徴とされてきました。年齢の「齢」と言う漢字にも「歯」という文字が使われているように、良く物を噛めると言うことは、年齢を重ねることができる、つまり長生きできると考えられていました。

歯固めの儀を執り行うことは、丈夫な歯で長生きしてほしいと言う意味が込められています。

歯固めの石の用意は?

一般的に2つ3つほど適度な小石を使用します。個数などは地域によって決まりがある場合もあります。神社でお宮参りをした時に、歯固めの石をいただくこともありますが、そうでない場合、歯固めの石を用意しなくてはなりません。

主に3つの入手方法があります。

まず一つ目は、住んでいる地域の守り神である氏神様から、境内にある石を借りてきます。お食い初めに使用した後の石は元の場所に返し、お礼参拝しましょう。

二つ目は河原などから小石を拾ってくる方法です。汚れなどを十分に洗い流し、お食い初めに使用します。

三つ目は、ネットなどで購入すると言う方法です。河原などが近くにない時は購入すれば、お食い初めに使用できる適度な石を手に入れる事が出来ます。500円程度の値段で売られていますので、活用してみましょう。

お食い初めの行い方

長寿にあやかると言う意味合いから、親族の中で最も年長の人「養い親」が赤ちゃんを膝に乗せ、食べさせる真似をします。

男の子なら男性が行うのが一般的でおじいちゃんに頼む方が多くなっており、女の子なら女性が「養い親」とされていますので、おばあちゃんにお願いしましょう。

食べる順番は赤飯から始め、飯→汁物→飯→魚→飯→汁物の順で食べさせる真似を3回繰り返し行います。

色々なお膳が用意されている場合には、魚で1回目が終わった後に、魚の順番に他のおかずを持ってきて、飯→汁物→飯→他のお膳→飯→汁物と繰り返し、すべてのお膳が食べ終わるまで、食べさせる真似を繰り返します。最後に歯固めの儀式を行います。

歯固めの儀式の行い方

歯固めの石に箸をチョンと当ててから、石のように強い丈夫な歯が生えますようにとの願いを込めて、赤ちゃんの口に箸を運びます。石を直接食べさせる真似は誤飲の危険性があるため、避けた方が良いでしょう。

使用した石は氏神様にお返しするなど地域によって違っていますが、小石を半紙に包みへその緒と一緒に保管しておく所もあります。

お食い初めのお膳と一緒に保管しておく家庭もあるようです。お食い初めの記念として取っておくのも良いかもしれません。

お食い初めの後の残ったお膳は食べていいの?

赤ちゃんが食べる真似を終えたお膳は、お祝いに集まった皆で頂きます。せっかくのご馳走ですから、赤ちゃんには側で眺めていてもらって、すべて綺麗にいただきましょう。

自宅でお祝いをする場合には、飯や煮物、酢の物などを多めに作っておき、お祝いに駆けつけてくれた方とお食事会をしても良いでしょう。鯛の尾頭付きなどは高価ですので、人数分用意するのではなく、身を崩していただくか、鯛めしなどにして皆さんに振る舞っても良いでしょう。

赤ちゃんのみのお膳を用意した場合は、家族で食事として頂くことも多いようです。儀式に使うお膳には神の力が宿ると言われていますので、せっかくですから家族皆で少しずつ頂くと良いでしょう。

お食い初めは自宅で行う?外食?

お食い初めは、一昔前までは自宅で行うのが一般的でしたが、最近では料亭などで行うお母さん達も増えてきています。

料亭では、近年お食い初め専用のプランが用意されています。ホテル内の料亭から、フランチャイズ系列の和食の店まで予算に応じて選べるようになっています。お食い初め膳の値段は店によって異なりますが、おおよそ2500円から4000円程となっており、大人、数人分の食事とセットになっているプランなどがあります。

他にも名前の入ったお箸や歯固め石のプレゼントが付いていたり、記念の写真がセットになっているプラン等店舗によって様々なプランと内容が用意されています。

赤ちゃんの世話に追われていて、人手がなく、お食い初めの準備が大変な場合は、利用してみるのも良いでしょう。

自宅派には、お食い初めセットが便利

やはり自宅でお食い初めをしたいと思ってはいるものの、準備や料理の買い出しが大変というママもいることでしょう。

最近ではインナーネットなどでも、お食い初めに必要な食器一式や祝箸、歯固めの石がすべて揃った初膳セットが販売されています。もちろん販売店によって内容は若干違っていますが、キャラクターの入った塗の食器セットなど可愛らしいものも販売されています。

お祝いなのでせっかくだから、神社で分けていただきたいと言うママもいます。神社によっては、お宮参りの時にお食い初めセットを頂くこともあるようです。もうすでにお宮参りを済ませてしまっている場合でも、改めて祝い膳セットを購入できる神社もあります。直接お近くの神社に、問い合わせてみると良いでしょう。

また、食材込みで丸ごと注文しお食い初めが祝える、祝い膳セットも販売されています。正月のおせち等を販売している店舗で取り扱っていますので、活用してみるのも良いかもしれません。京都老舗の物やお膳のみレンタルと言う店舗もあるようです。予算と内容にあったものがあれば、セット販売を利用してみるのも簡単で便利です。自宅に居ながら取り寄せられるものが多くなっていますので、気になるようでしたら一度検討してみると良いでしょう。

>>料亭の味を自宅で楽しむ。

お食い初め後の食器はどうしたら良い?

お食い初めは、赤ちゃんの成長を祝う大切な行事なので、塗の新しい食器を購入しようと考えるお母さんも多いようですが、「一度きりしか使う機会のない食器は、その後どうしたら良いの?」と言う声もよく耳にします。

昔は、このお食い初めで使った食器を初節句やお正月にも使用していました。せっかく購入した塗りの食器ですから、活躍の場を増やしてあげると良いでしょう。兄弟で同じものを使って、お食い初めをしていると言うご家庭も少なくありません。

赤ちゃんが成長し、親となってお子さんを出産するまで大切に保存しておくママもいます。代々大切にお食い初めの食器を使用するのも、素敵ですね。

中には処分したいと考えることもあると思います。処分を考えるのであれば、神社などに奉納するのがベストと言えるでしょう。

お食い初めのお返しは?

お食い初めは御祝い事ですので、実家をはじめ、お祝いをいただくこともあると思います。実家から頂いた祝い膳の食器などでしたら、基本お返しは必要ありません。ただし、お礼としてお食い初めの時にお食事に招待したり、赤ちゃんの写真をプレゼントしている方が多いようです。気持ちとしてのお返しをすると良いでしょう。

お食い初めに招待できない遠方などの方から、お祝いをいただいた場合にも心ばかりのお手紙や菓子折りなどを送っておくと良いでしょう。

一生に一度のお食い初めですから、両親や親族で我が子の成長を願い、楽しく祝ってあげましょう。

関連記事
>>初めてでも安心!お宮参りの準備と当日の流れ
>>

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
産後育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる