赤ちゃんの紫外線予防

赤ちゃんの紫外線対策|日焼け止めの選び方から落とし方まで




「子どもは元気に、外で真っ黒になるまで遊ぼう」と以前は、真っ黒に焼けた子は元気な証拠と褒められ、日光浴は良いものとされてきました。しかし、地球温暖化などの環境問題に目が向けられるようになってきたことで、紫外線等の影響にも少しずつ関心が寄せられ始めました。

紫外線量の増加から、大人だけではなくもちろん赤ちゃんにも、紫外線の対策を行うことが今では当たり前となってきています。ここでは、赤ちゃんの紫外線対策を、あらゆる方向から見てみたいと思います。

スポンサードリンク

紫外線はどんなもの?

太陽光線は、目に見える光(可視光線)と目には見えない光とに大きく分けられますが、目に見えない光はさらに、赤外線と紫外線に分けることが出来ます。赤外線は熱エネルギーに変わり、体を温めてくれる働きがあるのに対し、紫外線の浴び過ぎは、人間にとって病気の一因となることが明らかとなっています。「紫外線」は、大きく3つに分けられ、「A波(UV-A)」と「B波(UV-B)」「C波(UV-C)」からなります。それぞれの特徴を見てみましょう。

紫外線A波(UV-A)

A波は波長の長く、太陽から届く紫外線の約9割を占めています。肌の奥の真皮にまで届き、組織を破壊するために、肌の張りや弾力などを失わせてしまいます。肌を黒くさせるのも、多くはA波です。

紫外線B波(UV-B)

太陽から地上に届くまでに、紫外線B波(UV-B)は大気層(オゾン層)で多くが吸収されるものの、地表にもB波の一部が届いています。紫外線A波(UV-A)に比べ、全体に占める量は少ないものの、肌に与える影響が強く、肌の赤み(サンバーン)などの炎症やシミの原因になるばかりか、肌の表面組織やDNAにまで影響を及ぼすと言われています。

紫外線C波(UV-C)

大気層(オゾン層)で吸収されてしまい、地表までは届かない光線です。

赤ちゃんの紫外線対策は?

紫外線の害は、産まれたばかりの赤ちゃんから大人まで、誰にでも同じように降り注ぎます。大人の女性でしたら、お化粧をしたり、日焼け止めを使ったりすることが習慣となっているので、さほど問題ではありません。しかし、デリケートな赤ちゃんの肌にとって、この紫外線の影響は多大です。

以前は育児書や母子手帳にも、日光浴についての記載が多くありましたが、最近ではその記載さえもなくなりつつあります。お出かけの際には、きちんと赤ちゃんにも紫外線ケアをしてあげる必要があります。

赤ちゃんの日焼け止め選び

ドラッグストアに行くと、1年中たくさんの種類の日焼け止めが販売されています。赤ちゃんには、どういうものを選んだら良いのでしょうか?

赤ちゃん専用の日焼け止めを使おう

赤ちゃんのデリケートな肌には、大人用の日焼け止めではなく、赤ちゃん専用の日焼け止めを使いましょう。外出の目的に合わせSPFやPAの数値を選ぶことはもちろんですが、その他にも気を付けて欲しいことがあります。それは、成分表示の確認です。日焼け止めには、「紫外線散乱剤」や「紫外線吸収剤」を使用しているものがあります。

紫外線吸収剤無配合がおすすめ

その成分自体は、紫外線を肌の表面で反射させたり、肌への吸収を予防したりするものですので、決して悪い成分ではありませんが、赤ちゃんには、「紫外線吸収剤無配合」のものがおすすめです。なぜなら、紫外線吸収剤は、アレルギーになる可能性が指摘されているからです。また、保湿成分が配合されているものや、ノンアルコールで比較的低刺激のもの、無香料、無着色、パラベン無添加など、良く吟味してみることが大切です。

赤ちゃんにおすすめの日焼け止めスプレー

アロベビーは、日焼け止めと虫よけが合わせてできるオーガニックスキンケア用品です。

無添加、無香料、無着色かつ、オーガニックなので、赤ちゃんのお肌にも安心して使うことができます。お湯で簡単に落とせるのも利用しやすいポイントです。

お出かけ前にさっとスプレーするだけで、日焼け止めと虫よけが同時にできるので、夏場にはかかせないアイテムです。

単品:2,250円
2本セット:4,050円
3本セット:5,738円

公式サイトはこちら>>【芸能人愛用者多数】アロベビー 国産オーガニックUV&虫除けミスト

日焼け止めのSPFやPAって何?

SPFについて

皆さんも良く目にする「SPF」や「PA」は、どのような表示なのかご存知ですか。「SPF」は、Sun Protection Factor の略で、しみやそばかす、皮膚がんなどが懸念される紫外線B波(UV-B)を予防する効果があります。SPFの後の数字は、紫外線を防げる時間を表わしています。20分間に日焼け止めを付けていない状態の肌と比べて、日焼けが始まる時間を、どの位抑えられるかという目安となっています。

例えば、SPF30の場合、20分×30=600分で、10時間防げることになります。

PAについて

「PA」は、Protection grade of UVA の略で、紫外線A波を防ぐ効果を表しています。しみや肌の弾力の低下、日焼けによる黒い肌を予防することができます。日焼け止めの表示では、「+(プラス)」の数で表わされていて、その数が多いほど肌への浸透を防ぐことができます。効果の強度によって「++++」から「+」までの4段階に分かれています。

「SPF」「PA」どちらでも言えることですが、単に値が高ければ良いという訳ではなく、必要な値のものを使用することが望ましいく、値が高ければ高いほど、肌への負担も大きくなります。

ましてや、赤ちゃんの柔らかい肌はデリケートですので、適度な値のものを使用すると良いでしょう。通常のお散歩程度でしたら、「SPF10~20、PA +」で十分でしょうし、屋外のレジャーに出かける時には、「SPF20~30、PA ++」位で十分だと言えます。

紫外線予防で重要なのは、赤ちゃんが汗をかいた後などに、小まめに塗り直してあげることです。

紫外線はいつ頃から気をつけたら良いの?

紫外線というと、夏真っ盛りだけ気を付けていれば大丈夫だと誤解している方も多いですが、紫外線は、春からもう本格的に降り注いでいます。春の紫外線量は、想像以上に多いものです。一年中とはいかなくても春暖かくなってきた頃から、紫外線対策をとってあげると良いでしょう

最近の天気予報では、紫外線量を報道しているものも多くなっていますので、参考にしてみましょう。

紫外線ケアの方法

赤ちゃんのデリケートな肌には、極力肌への負担の少ない「赤ちゃんの肌専用の日焼け止め」を使用しましょう。赤ちゃん用の日焼け止めでしたら、どの製品でも特に問題はありませんが、普段日常的に使用するならSPF15~20位のもので十分でしょう。

数値が高いほど効果があるように感じてしまいがちですが、短時間のお買いもの程度の外出に、SPFの高いものを使用すると肌により負担をかけてしまうことになり、赤ちゃんにはあまり良いとは言えません。また、せっかく塗った日焼け止めでも、より効果的に使うためには、塗り方や量、塗る場所にも注意が必要です。

塗り忘れに注意しよう

日焼け止めは、顔や手足、首周りなど、肌が露出しているところに塗ります。忘れがちなのが耳や、耳の裏側です。また、赤ちゃんの手足などのくびれも上手に塗れないことがありますので、皮膚を押さえながら隅々まで塗ってあげましょう。

適量をこまめに塗り直そう

1番大切なことは、日焼け止めの塗る量と塗る間隔です。塗る量が適切でないと、日焼け止めの効果は激減してしまいます。また、2~3時間おきに塗り直すことが望ましいとされています。特に、汗をかきやすい赤ちゃんは、汗によって日焼け止めの効果が落ちてしまいがちですので、小まめな塗り直しが大切です。使用上の注意をよく読み、適切な使用を心がけましょう。

日焼けしてしまったら

また、うっかり日焼けをしてしまった場合には、肌がほてってしまうことも多いものです。濡らしたタオルなどで冷やしてあげると良いでしょう。また、お風呂やシャワーも、いつもよりもぬるめの方が適しています。入浴後には肌も乾燥しやすくなっていますので、その後の保湿も忘れずに行いましょう。

日焼け止めの落とし方

日焼け止めは、赤ちゃんの肌にはとっても負担になります。外出する時には、しっかり塗ってあげることが大切なのですが、それと同様に、外出から帰ったら、日焼け止めはしっかり落としてあげましょう

丁寧に洗い落とそう

赤ちゃん用の日焼け止めで、クレンジング剤を使用しなくても落とすことのできるタイプの日焼け止めでしたら、通常使っているボディーソープでも洗い落とすことができます。しかも、肌への負担も少なめです。くびれの部分や耳にも注意して良く落としましょう。

保湿を忘れずに

そして、日焼け止めを洗い落した後は、水分をきちんと拭き取りしっかり保湿してあげましょう。洗いざらしの素肌は乾燥しやすく、肌トラブルの原因になります。洗浄後良く水分を拭き取った後は、赤ちゃん用のクリームやローションなどで、必ず肌の保湿を行いましょう。

赤ちゃんの肌は敏感ですので、日焼け止めを塗った後に赤みや発疹などの異変があった場合には、使用を中止し、かかりつけ医に相談してみましょう。

紫外線って、害ばかりなの?

ここまで、紫外線の害に着目してきましたが、実は、紫外線には人間に与える良い効能もあるのです。日光浴などで紫外線を浴びることで、体内で「ビタミンD」を生成する働きがあります。

ビタミンDは、カルシウムが骨に沈着する際には欠かせないビタミンで、ビタミンDが不足するとカルシウムが足らなくなり、骨が湾曲してしまう「くる病」にかかってしまうこともあります。くる病の予防には、バランスの摂れた食生活はもちろんですが、適度な日光浴による、体内ビタミンDの生成も欠かせません。その他にも紫外線には、毛細血管などの拡張作用のある「ヒスタミン」や、血管の通りを良くする「キニン」等を作る働きもあります。

とかく紫外線というと、体に良くない事ばかりが取り沙汰されてしまいますが、私たちの体にメリットがあることも忘れてはいけません。親子でのお出かけは、赤ちゃんにとってもママにとっても楽しみな時間です。日焼け止めや帽子などを上手に使用してUVケアを行いつつ、かけがえのない大切な時間を楽しみたいものですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる