新生児の検温

新生児の平熱と知っておきたい検温の仕方




やわらかくて、何となくいつも温かい赤ちゃん。大人の体温に比べてみても、何だか熱っぽく感じてしまい、心配することがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんの平熱は、一体どの位なのでしょうか?
平熱を知るためには、どのようにしたら良いのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの平熱や、検温の仕方、体温計の選び方について詳しくご紹介します。きちんとした検温の仕方をマスターし、実践すれば、赤ちゃんの小さな異変を見逃さない、頼れるママになれるでしょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの平熱って?

赤ちゃんの平熱は、何度くらいになるのでしょうか?一般的には、赤ちゃんの平熱は大人と比べても少し高く、おおよそ36~37.5℃くらいと言われています。つまり、大人にとっては「微熱」だと感じるくらいの体温であっても、新生児の赤ちゃんにとっては、平熱の範囲であると言えるのです。

大人の平熱にも幅があるように、育児書などに書いてある赤ちゃんの平熱の範囲は、あくまでも一般論です。まず、自分の赤ちゃんの平熱を知らなければ、熱が出た時にも気付いてあげることができません。平常時の赤ちゃんの平熱を知っておくことは、健康状態を判断する上でもとても大切です。

赤ちゃんの体温は、1人1人違いますので、自分の赤ちゃんのことを詳しく知っておきましょう。後半で、正しい体温の計り方もご紹介しますので、参考にして下さい。

変わりやすい赤ちゃんの体温

赤ちゃんの体温は、体調だけではなく、環境によっても変化を起こしやすくなっています。そのため、細心の注意が必要です。

例えば、暑い夏場の外出やベビーカーでの移動、チャイルドシートでの移動の場合、大人が感じているよりも熱や気温の影響を受けやすく、体温が上昇してしまうことがあります。また、激しく泣いた後などにも、体温の上昇がみられますので注意が必要です。

それとは逆に、気温や室温の低下、衣服の通気性やかぶっている布団の枚数などでも、容易に体温は変化してしまいます。特に汗をかいた場合には、体温の上昇と低下が急激に起こることがあります。まずは汗をぬぐい、その上で着替えたり、重ね着していたい服を脱いだりして、体温の調節を上手にさせてあげましょう。

平熱を知っておくことは、健康状態を管理する上で必要不可欠ですが、予防接種などの際にも、接種の可・不可を決める際の判断材料の1つにもなります。

赤ちゃんの平熱は、母子手帳などにメモしておくことで、いざという時にも役に立ちます。

体温は毎日欠かさず計ってあげよう

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、まだ、自分で上手に体温調整ができませんので、体温も変動しやすくなっています。しかも、赤ちゃんの取り巻く周囲の環境が、赤ちゃんの体温にも大きく影響してきてしまいます。

そのために、親や周囲の大人の人が、常に赤ちゃんの変化に気をつけてあげなければなりません。もちろん、赤ちゃんは運動をして体温を高めたりすることも出来ませんので、着せている衣服で調節したり、部屋の温度などにも気を配らなければならないのです。

赤ちゃんの平熱を知るためには検温が必要ですが、1度や2度の検温では、判断することができません。できるだけ同じ条件のもとで、1日数回に分けた検温を心がけてみましょう。

新生児の体温の計り方

赤ちゃんの検温は、毎日時間を決めて、できるだけ小まめに行いましょう。

赤ちゃんの検温は、できれば1日に4回は行うようにすると良いでしょう。おすすめの検温の時間帯は、以下の4つのタイミングです。

  • 朝、起床時
  • 昼食前(食事後には体温が高めになることがあります)
  • 夕方(外出から帰宅した直後には、体温が一定していません)
  • 夜、就寝前(寝静まってからは、体温が高めになることもあります)

1日4回の検温を続けることで、赤ちゃんの平均的な熱が分かってきますし、体温の変化も正確に分かるようになるでしょう。

検温のやり方

脇に挟むタイプの体温計は、ベッドに寝かせて、わきの下に体温計をはさみます。その際、赤ちゃんはじっとしていられませんので、より正確に測るためには、わきの下に挟んだ体温計を、腕ごと抑えるようにしましょう。

また、どうしても寝かせたままの検温が難しい場合には、お母さんが座り、ひざの上で赤ちゃんを抱っこし、抱きかかえるように身体ごと抑えて測ってみましょう。

今は脇に挟むタイプの体温計以外にも、様々な体温計があるので、次項で詳しくご紹介します。

赤ちゃんに使いやすい体温計

赤ちゃんの検温に使用する体温計には、いくつかの種類があります。もちろん、一般的に大人も使用する体温計でもかまいません。しかし、なかなかじっとしていられない赤ちゃんの体温を、毎回正確に測ることは、案外難しいものです。

赤ちゃん用品専門店や薬局などの専用コーナーでは、赤ちゃん専用の体温計も数種類販売されています。赤ちゃんに使いやすい体温計は、
・大人が使用するものと比べて全体的に小ぶりのもの
・短時間で計測できるもの
・検温部分が自由に曲がるようになっているもの
・温度表示が見やすいもの
・耳に当てて測るもの
・おでこで計測するもの

など、種類も検温の方法もそれぞれ異なっています。それぞれみていきましょう。

小ぶりの体温計

大人のものよりも小さめの体温計の方が、赤ちゃんの体温を測るのにはなにかと便利です。

短時間で計測できる体温計

計測結果の正確性という点では、ムラがでやすいものが多くみられますが、わずか数秒で計ることができるのは、大きな魅力です。

子供が保育園にいくようになると、毎朝赤ちゃんを預ける際に、体温を報告する必要があるので、忙しいママさんにおすすめです。

先が曲がる体温計

赤ちゃんにフィットしてくれるので、測定中に赤ちゃんが多少動いても、赤ちゃんが痛がることもなく、また、抜けにくいので、先の動かないものにくらべると体温を測りやすいのが特徴です。

温度表示が見やすい体温計

大きな文字で体温を表示してくれるものは、とても見やすく、特に、普段コンタクトレンズを使っている方におすすめです。コンタクトレンズを付ける前や外した後の、起床時や就寝前に、体温を測る必要があるときに重宝します。

耳に当てて測る体温計

耳の穴にセンサー部分を入れると、わずか数秒で体温が計れます。測定結果には、ムラがでやすいですが、熱があるのか?ないのか?を瞬時に判断するのによいでしょう。

おでこで計るタイプと比べると、ややお値段も控えめなものが多いです。

おでこで計る体温計

おでこにさっと触れるだけで、簡単に体温が計れるので、特に忙しい朝の検温がスムーズに行えるのは非常に助かります。ただ、検温の正確性は、脇で挟むものよりはムラがでやすい傾向があるので、きちんと赤ちゃんの平熱を把握した上で利用しましょう。

値段もそれなりにするものが多いので、検温が頻繁に必要な新生児のうちに購入しておくことをおすすめします。

赤ちゃんの検温におすすめの体温計

シチズン・システムズ 電子体温計 CT791SP

シチズン・システムズ 電子体温計 わき専用(予測+実測式) CT791SP体温計の先(棒状の部分)が自由に動くため、動く赤ちゃんでも脇の下にフィットしやすくなっています。体温の表示も大きく、見やすいのが特徴です。約30秒で検温できます。

シチズン 耳式体温計 CTD505

シチズン 耳式体温計 CTD505わずか1秒という超短時間で計測できるのは非常に魅力的です。測定結果に多少のムラがでますが、誤差の範囲内と捉えられる方には十分な体温計と言えるでしょう。

ママタッチ DECO S-701

おでこで測る体温計 ママタッチDECO S-701 皮膚赤外線体温計おでこに1秒触れるだけ体温が測定できます。赤ちゃんが寝ていても、起きていても、いつでもすぐに検温できるので、毎日複数回の検温を楽にこなすことができます。

テルモ 電子体温計 ET-C231P

テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P約20秒でほぼ正確な体温が計れます。メモリー機能もついていて、あれ?今何度だっけ?といったときにも、先ほどの計測結果をすぐに見られるのも嬉しいです。また、暗い部屋でも結果が見られるのも◎。

毎日使いやすいものを選んで使用してみましょう。ただし、計測の仕方によっては、体温に誤差が出てしまうこともあります。脇の下に挟んで計測する場合には、計測前に脇の汗を拭い、しっかりと挟み込んで計測するようにしましょう。計測を繰り返すことで、平熱を常に把握しておくことができるようになってきます。

正確に体温を測るなら水銀式がよいのですが、万一、口に入れたりすることを考えると、絶対におすすめはできません。コンマ数度の誤差を気にするよりも、ご家庭では、そこそこ正確な体温を、こまめに計測してあげることを優先して体温計を選ぶとよいでしょう。

その他に注意しておきたいこと

赤ちゃんの様子はいつもと変わらないか?

いくら一般的に言われている平熱の範囲内であっても、赤ちゃんの様子を常に観察しなければいけません。なぜならば、熱は1つの目安にしか過ぎないからです。赤ちゃんの食欲や顔色、機嫌の良し悪しなどをトータルで観察し判断しましょう。

一般的に言われる平熱の範囲内の体温であっても、赤ちゃんの様子によっては、診察を受けた方が良い場合があります。また、発熱などによって体の水分量が減ってくると、脱水状態になってしまいます。脱水状態の場合、体温は上昇しますので、適宜水分を与えるようにしましょう。

特に、普段平熱が高めな赤ちゃんで、熱性けいれんを起こしたことのある赤ちゃんは、37℃以上になっている場合には、注意して様子を見てあげましょう。

急を要する熱の症状

いつもの平熱に比べ熱が高めな場合、新生児の赤ちゃんでも38℃を超える熱の場合には、注意して様子を見てあげましょう。

・ぐったりした様子で、顔色が悪い。
・食欲がなく、ぐずっていて、いつもよりも機嫌が悪い。
・何度も吐いてしまう。
・呼吸が荒く、苦しそうにしている。
・けいれんや麻痺を起こしている。

などの症状がある場合や様子がおかしいと感じた場合には、専門医の診察を受けるようにしましょう。

関連記事:まずは冷静に。赤ちゃんが発熱したときの対処法

体温の低い赤ちゃん

新生児の赤ちゃんは、汗で冷えてしまったり、気温や環境などから影響を受けることも多く、体温が低くなることも。新生児の赤ちゃんは、体温を調整する機能がまだまだ未発達ですので、近くにいる大人が上手に調整してあげなければいけません。常日頃から毎日の検温を欠かさずに行うことで、平熱を意識し、赤ちゃんを取り巻く環境を整えてあげましょう。室内にいることの多い赤ちゃんには、肌着や肌掛けなどを利用して、温度調整をしてあげましょう。

冷房の風は赤ちゃんには冷え過ぎること多くなりますので、冷やし過ぎには注意しましょう。手足が冷たく感じた時は、冷えすぎのサインです。手袋や靴下などを使用して、保温してあげましょう。

体温が低い「低体温」の赤ちゃんは、様々な病気の原因になるリスクが増えてしまいます。普段から体を温めるよう意識してあげましょう。

体温が低めで気になる赤ちゃんは、1度かかりつけの医師に相談してみると良いでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる