6591689_s

双子育児にお悩みのママへ!大変だけど少しでも育児を楽しむヒント




一人の赤ちゃんを育てるのにも、新米ママにとっては非常に大変です。

何で泣いているか分からない赤ちゃん、なかなか眠ってくれない赤ちゃん、突然お熱を出す赤ちゃん・・・と、いつも赤ちゃんに振り回されてばかりのママですが、これが双子育児となればもう想像を絶するような苦労の連発です。

そこで、今回は

・二人同時におっぱいあげた方が良いの?
・おふろはどうやっていれるの?
・双子ちゃんの育児どんなことに気を付ければいいの?

といった方に、忙しい時間の中できるだけリラックスして、気楽で疲れない双子育児になる色々なヒントをご紹介します。

双子育児は、一人の時と比べて苦労は二倍と思うかもしれませんが、実際は二倍どころではありません。なかなか先の見えない双子育児ですが、これらを参考にして、少しでもママの負担を軽くしましょう。

スポンサードリンク

双子の授乳方法

双子ちゃんの授乳は、ひとりづつ行った方がよいのでしょうか?また、双子の授乳にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

授乳は二人同時で時間短縮!

授乳時間は1日で何度もあることです。1回の授乳でも最低30分くらいは時間を取られてしまいます。そんなことを一人一人のタイミングに合わせてやっていたら、双子のママは休む時間がありません。

一人が授乳している間に、もう一人が機嫌よくしているとも限りません。一人一人の個人的なタイミングに丁寧に対応するためには、ママ一人だけでの育児では無理です。

誰かが常に手伝ってくれるという恵まれた環境で双子育児をしている人はいいですが、一人で二人の赤ちゃんの面倒を見るのであれば、ミルク育児であれ、母乳育児であれ授乳のタイミングは一緒にしましょう。

母乳育児の場合

双子ちゃんに母乳を飲ませるときは、ママは両方のおっぱいに一人ずつ飲めるように抱きかかえて同時に飲ませます。出来ればソファーに腰掛けて二人の頭をラグビーボールを小脇にだきかかえるように支えて左右対称に赤ちゃんを寝かせて飲ませましょう。

真横に抱くのは難しいので、小脇に八の字に抱きかかえて支えます。ソファーで授乳すると安全ですが、赤ちゃんやママがリラックスして授乳できるように大小クッションを色々用意して体を支えながら授乳しましょう。二人の飲む量の違いなどがあるので、毎回抱く方向を変えておっぱいの量が左右一緒になるようにしましょう。

ミルク育児の場合

二組のミルクを用意したならば、布団かラックに座らせて、その真ん中にママが座って哺乳瓶を両方の手に持って同時飲ませましょう。その際、赤ちゃんの頭が少し高くなるようにタオルなどで頭の下に支えを入れましょう。

一人に集中できなくても大丈夫!

一人だけに授乳する場合、育児書などでは、ママは赤ちゃんとコミュニケーションを取るために目を合わせて話しかけながら授乳しましょう。二人きりの時間を大切にしましょうと書いています。

しかし、二人同時に授乳しているのですから、当然一人だけに集中してあげることはできません。双子育児の場合、このような一対一でしてあげたいことをなかなかしてやれないというのがママの不安をあおります。

物理的にどうしても無理があるのですから、そこは開き直って出来るだけのことをして良しとしましょう。二人一緒に授乳する時でも、二人に聞こえるように歌を歌ったり、3人で話しているように語りかけながら授乳することで充分です。

一人の赤ちゃんに集中してやりたい時は、パパが休日で家にいるときなど、お手伝いをしてくれる人に一人をお願いして授乳できる時にしてあげるというだけで充分です。目と目を合わせて授乳できなくてもきっと赤ちゃんは分かってくれます。

双子とママの睡眠

まわりより二倍以上の育児、ママは寝る暇もありません。どうのように、忙しい双子ちゃんの育児をしながらゆっくりする時間をつくればいいのでしょう。

生活リズムを揃える

授乳時間を同時にするためにも、生活リズムを整えて、起きている時間、寝ている時間のリズムを揃えましょう。

はじめはなかなか揃わなくても、徐々に合ってきます。そのためにも少し可哀想ですが、同時に起こして、同時に眠らせるようにしましょう。お昼寝でも夜の睡眠でも同時に寝てくれたときは、ママも一緒に睡眠を取るようにします。

色々な家事が残っていても、ママの睡眠を優先しましょう。ママが寝不足で体調を崩すのが一番大変なので、赤ちゃんの体調を考えることも大切ですが、二人を育てているママ自身の体調を崩さないという気持ちを持ちましょう。眠れなくても目をつむって静かに横になるだけでも少しは疲れを取ることができます。

家族に手伝ってもらう

赤ちゃんを寝かしつけることは、なかなかの重労働です。授乳すればすぐに寝てくれる赤ちゃんもいますが、なかなか寝つきが悪い赤ちゃんもいます。また、げっぷも同時にしてくれるわけではありません。一人で二人を同時に寝かしつけるというのは簡単なようでなかなか大変なのです。

そこで、パパや家族の人にできるだけ手伝ってもらって睡眠時間を揃えるようにしましょう。夜泣きなども普通の二倍の手間がかかります。一人で全てを対応しているとママの睡眠時間が確保出来ません。仕事のあるパパに夜中に起きてもらうのも申し訳ありませんが、可能な限り他の大人に対応してもらう時間を作りましょう。

双子のお風呂

手早く入れた方がいいのか自分も一緒に入った方がいいのか分からないもの。双子をお風呂に入れるときは、

・準備は万全に
・ママも一緒に入ると風邪を引く
・パパ(大人)に協力してもらう
・スキンシップがなくても大丈夫

といったことが大切です。それぞれ詳しくご紹介します。

準備は万全に

双子をお風呂に入れるには非常に時間がかかりますので、出来るだけ前後の用意は万全にして入浴しましょう。広いスペースにバスタオルを広げで着替えなどもさっと着せられるように広げて置いておきます。オムツやクリーム、麺棒などお風呂上りグッズもすぐ手に届くところに用意しておきましょう。

ママも一緒に入ると風邪を引く

お風呂用にベビーラックなどが二組あれば、二人を一緒にお風呂に入れて洗ってあげましょう。一人ずつ入れる場合は、浴室の外に一人をスタンバイさせますが、周りに危ないものなどがないことを確認して待たせておきましょう。部屋の温度や浴室の温度は暖かくしておかないと冬などはすぐに風邪を引いてしまいます。

双子ちゃんと一緒にママも入浴するという人もいますが、裸で二人の世話をしながら入るので湯船でゆっくり体を温めることなど出来ません。常にからすの行水のような入浴になりますし、浴室から出てからも、自分は裸で二人の赤ちゃんの着替えなどをすることになりますので、完全に体が冷え切って、風邪を引くリスクが増えます。

双子ちゃんの入浴の時にはママは入浴せずに、赤ちゃんの入浴に専念しましょう。赤ちゃんも出来るだけ早く体を拭いて、寝巻きを着せて、水分を与えてあげることが大切です。1日の疲れをお風呂で癒すためにも、ママは一人になれる時間を見つけてゆっくり体を温めて、気分転換する時間も大切です。

パパ(大人)に協力してもらう

パパに入浴のお手伝いをしてもらうと効率よく赤ちゃんを入浴させることが出来ます。交互にお父さんに入浴させてもらい、ママが出てくる赤ちゃんを受け取ると言うのも良い方法です。逆にママが湯船で入れてあげると言う方法でもいいでしょう。二人以上の大人が協力することで、入浴の大変さが軽減されます。

スキンシップがなくても大丈夫

誰の手伝いもなしに、自分と双子がゆっくりスキンシップをしながらお風呂に入るというのは理想ですが、なかなか出来ることではないでしょう。

一人の赤ちゃんならば抱っこしておもちゃで遊んで・・・と楽しい時間も取れますが、二人を同時に入れるためにはまず、安全であることが大切です。お風呂でゆっくりスキンシップできなくても、普段から楽しく3人で過ごすことが出来ているだけで充分スキンシップが取れていますので安心しましょう。

双子の離乳食

赤ちゃんの体を作る食事ですし、これからの食事にも関わる大切な離乳期です。双子育児の場合どのようなことに気をつけるといいのでしょう。

手を抜けるところは抜く

出来るだけ丁寧に手作りのものを作ってあげたい、色々な種類のものを食べさせてやりたいという気もちは分かりますが、双子のママにはなかなか時間的余裕がありません。

あまり自分を追い詰めることなく、気楽に離乳食を作りましょう。全て手作りである必要はありません。最近の市販の離乳食は品質もいいですし、値段も手ごろなものが多く出回っています。

手作りで作る余裕のあるときはもちろん手作りで用意して、時間的余裕がなかったり、気持ちに余裕がない場合は無理に手作りにこだわる必要はありません。手を抜くというと印象は良くないかもしれませんが、ママが無理をしない程度に便利なものも上手に利用するとよいでしょう

同時に食べさすために、スプーンは1つでいい

二人は自分で食べるようになると、二人分の食事をそれぞれ用意する必要がありますが、口にスプーンを持っていって、ママが食べさせるという段階で、二人分食器やスプーンなど用意する必要はありません。

もちろん丁寧な方法ではありますが、特に二人とも元気で病気でもないのならば、二人分の離乳食を一つの食器に入れてスプーン1つで交互に食べさせてもいいでしょう。厳密に言えば不衛生かもしれませんが、あまり深刻に考えることはありません。気楽であることが一番です。

交互に食べさせる

双子だからといって食べる量が同じということはありません。少食な子もいれば、よく食べる子もいます。ママが一人一人に食べさせた量をある程度把握しておく必要があります。

食べる量に差があるときは、二つのお皿に離乳食を分けた方が食べた量が把握しやすくなります。好き嫌いなどもありますので、ママはその子の食べ具合や食べたものを見ておきましょう。

ぐずりだしたら

一人が泣き出すともう一人も泣き出し、ひっきりなしに鳴き声が聞こえてきて、ママも精神的に追い込まれる場合がでてきます。

新生児の場合

生まれたての赤ちゃんは、オムツを替えても、お腹が満杯でもぐずる場合があります。赤ちゃんは基本的に泣くのがお仕事ですので、おろおろする必要はありません。

一人を抱いてあやしている間、もう一人は泣きっぱなしであっても問題ないので大丈夫です。二人同時に抱いてもよいですが結構疲れます。

一人の赤ちゃんだけをしばらく泣かせてしまっても、また後で抱っこしてやれば問題ありませんし、待たせているうちに泣きつかれて眠ってしまうことも良くあります。物理的に仕方なく、双子のいる家庭では当たり前のことなので、自分を責める必要はありません。

生後半年の赤ちゃんの場合

生後半年くらいになってくると、同時に何時まででも泣き続けるという新生児時代の現象が少なくなります。赤ちゃんたちもそのような生活に慣れてきたのかもしれませんが、新生児の時ほどぐずらなくなりますので安心できる時間も増えるはずです。

オートスイングのベットチェアーを使おう

ふどうしても一人でぐずっているのが可哀想に思えてしまう場合は、オートスイングのベットチェアーを使うといいでしょう。

ひとりはママがあやしてあげて、もう一人はオートスイングのベットチェアーで待機させましょう。ボタン一つで、ゆらゆらとゆりかごが揺れているように動くので、赤ちゃんもなにもないよりは安心してくれますし、そのままスヤスヤと寝付いてくれる場合もあります。

>>コンビ Combi ハイローベットチェアー ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE ココアブラウン (新生児~4歳頃対象) サイレントスウィング機能搭載

たくましく育つと考えよう

双子育児をしている家では一人が放置されるということが否が応でも起こります。いつもママが全面的に対応してくれる赤ちゃんよりも過酷な状況かもしれませんが、考え方によっては子供もたくましく育つことに繋がります。いつも放置してしまっているわけではなく、当然自分が優先されることもあるわけですので、あまり心配する必要はありません。

外出するとき

双子がいるとなかなか外出もおっくうになってしまいますが、どんなことに気を付ければいいのでしょう。

双子用のベビーカーが便利

双子用のベビーカーも多種多様にあります。横並びのもの縦並びのものなど使い易いものを選んで楽しく外出しましょう。

ただし、普通のベビーカーよりも大きいので小回りがあまり効きません。狭い道では注意が必要ですし、エレベーターがないフロアへの行き来はなかなか難しい面があります。一人で交通機関などを使って移動する場合は、通る道や施設の状況を良く調べて移動しましょう。

安全を確保

慣れない外の施設では赤ちゃんを連れて歩くにも二人なので色々な注意が必要です。

特にオムツがえや授乳など家以外の慣れない場所で二人同時に作業するのは難しいのでついつい一人を放置してしまいがちですが、ベビーカーの安全ベルトをしっかり締めておいたり、転落事故などないようにしっかり注意しましょう。一人に気を取られて、もう一人から出来るだけ目を放さないことが大切です。

洗濯

双子だと洗濯の量も単純に二倍になります。新生児の頃は、大人の洗濯と分けて洗ったり、洗剤を使い分けるママも多いですが、ある程度大きくなると大人のものと分けて洗濯すると時間もかかりますので、一緒に洗っても問題ありません。

ただし、大人用の洗剤などにかぶれたりする時もありますので、二人ともが洗剤かぶれなどを起こさないことを確認して洗うようにしましょう。

まとめ

双子を育てているママは、単純に二倍の育児労働をしています。オムツを替えるだけでも1日何回したか分からなくなるほどです。1日の大半が、授乳とオムツ替えに時間をとられるわけですので、自分のご飯など、まともに座って食べられる日が一週間に一日もないと言うこともあることでしょう。

ご飯はゆっくり食べられない、お風呂も慌てて入る、朝まで眠れない・・・・とまるで拷問のようで、育児を楽しめる余裕がありません。そんな状況の中、育児書に書かれてあるお手本のような育児をするなんて所詮無理な話です。がんばらなくていいのです。

赤ちゃんとママが元気で明るく過ごすことが一番です。肩の力を抜いて自分なりの育児を進めていくよう心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる