2歳児が夜泣きする原因と対策まとめ

2歳児が夜泣きする原因と対策まとめ




夜泣きというと赤ちゃんのイメージかもしれませんが、実は2歳児の夜泣きというのはそう珍しいことではありません。夜泣きは、2歳や3歳になってもする子もいれば、赤ちゃんの時からしたことがない子もいて、かなり個人差があります。

そこで今回は、

・もう赤ちゃんじゃないのに夜中突然泣き出して、なかなか泣き止まない!
・夜泣きの原因を教えてほしい。
・この夜泣き、もしかして病気?

といった方に、なぜ2歳児が夜泣きをするのか、なにが原因なのか、どうすれば夜泣きをしなくなるのかについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

2歳は、とくに夜泣きをしやすいお年頃

2歳は、とくに夜泣きをしやすいお年頃

「この子が赤ちゃんのときはよく夜泣きして大変だった」というママも多いことでしょう。

夜泣きは赤ちゃんがするもので、夜中に眠い目をこすりながらミルクを飲ませたり、オムツを替えたり、抱っこしてあやしながら寝かしつけたり、というイメージが強くあります。

それなのに、2歳になって運動量も増えて元気いっぱいに遊んでいる我が子が、なぜ夜中にいきなり泣き出したりするんだろう、と不思議に思うことでしょう。

それがまさか「夜泣き」だとは思わず、病気じゃないか、怪我をしてるんじゃないかと心配になるのも無理はありません。

ですが、実は2歳という年齢は、心と体の成長過程がとても不安定で夜泣きをしやすいお年頃でもあるのです。

2歳児ともなれば、自我も芽生えて反抗しだす「イヤイヤ期」「魔の2歳」に突入して、ママでさえ扱いにくくなってくる時期です。

脳や神経が急速に発達している上に行動範囲も広がるため、見るもの聞くものすべてが刺激的です。その刺激による興奮は夜になってもおさまりきらず、夜の眠りも浅くなり夜泣きにつながる場合が多くなります。

そもそも夜泣きとは?

夜泣きとは、昼と夜の区別がつく子どもが、夜になって理由もなく泣き出し、何をしても泣き止まない状態のことをいいます。

そのため、新生児や赤ちゃんも夜中に起きて泣き出す場合でも、おっぱいやミルクをあげれば満腹になって泣き止むのであれば、夜泣きとはいいません。

厳密にいうと夜泣きは、

・寝る前はいつもと同じようにしていて機嫌もよかったのに、夜中になると急に泣き出す
・泣き出す原因がなく何をしても泣き止まない
・部屋の電気を点けたり名前を呼んだりするとハッと目を覚ます

ということが、1日だけでなく何日も同じことが続くことをいいます。

2歳児の夜泣きの原因

2歳児の夜泣きの原因

2歳児の夜泣きの原因として、

・睡眠サイクルができ上がっていない
・感情をコントロールする前頭葉が発達しきっていない
・情緒不安定と親への甘え
・夢と現実をすぐには認識できない
・お昼寝がうまくできていない
・体調不良や不快感からの寝苦しさ

といったことが考えられます。それぞれ詳しくみていきましょう。

睡眠サイクルができ上がっていない

睡眠のサイクルができ上がると「寝る」と「起きる」という脳のスイッチが働くものですが、3歳くらいまではまだそのスイッチがうまく作動しません。

大人は、夜はしっかり熟睡して朝になればスッキリ目覚めることができますが、まだスイッチをうまく作動できない子どもの場合は浅い眠りが長く続くことになり、小さな物音や何かの拍子にすぐ目を覚ましてしまうのです。

そして目が覚めてしまったときに誰もそばにいないと不安になり、ましてや暗い部屋に一人だと恐怖を感じてしまいます。その不安や恐怖から泣き出し、それが夜泣きのきっかけになります。

感情をコントロールする前頭葉が発達しきっていない

感情をコントロールする働きがあるのは「前頭葉」ですが、十分に発達するのは3歳くらいになってからです。2歳ではまだ前頭葉は発達しきっていないので、自分の感情をうまく制御できません

そのため、ママに注意されてもきけなかったり、思い通りにならないと泣き叫んだりと、いわゆる「イヤイヤ期」の状態になってしまいます。

この前頭葉の未発達は夜泣きにも関係しています。不安や恐怖を感じてしまうと、自分で自分の感情をコントロールすることができなくなり、ただ泣くしかない状態になってしまいます。

不安や恐怖という感情は、大人が思うよりずっと子どもには耐え難い状況で、耐え切れずに大声で泣き出してしまうということが考えられます。

何をしても泣き止まない、というのはまだ感情をうまくコントロールできない2歳児には仕方がないことです。くれぐれも「もう!いい加減にして!」などと、苛立ちから怒ったりしないであげてください。

情緒不安定と親への甘え

しっかりしているようでしていない、赤ちゃんと子どもの中間のような2歳児。ママもどう接すればいいのかと考えることがあります。

自我も芽生えて独立心ができてきたかと思えば、赤ちゃん返りのように甘えてくることもある、手伝おうとすると嫌がるくせに、できるはずのことをしてくれとせがむ、どうにも扱いづらいのがこの時期です。

ですがこの時期はママ自身も歩んできました。このアンバランスな時期を通るからこそ成長します。じっくりと向き合ってみましょう。

たとえば、子どもがやりたがることを時間がかかるからとママがしてしまったり、子どもが話しかけても空返事で聞いていない場合があります。

ついカッとなって大きな声できつく叱ってしまったり、ママが子どもの前で暗い顔をしていたり、そんなことが続くと子どもは情緒不安定になってしまいます。そして、ふと夜中に目を覚ましたときに不安になり泣いてしまうのです。

ママやパパに愛されているという確信が欲しくて甘えてくるのです。手を握って、優しく頭を撫でてあげることで子どもの気持ちも落ち着きます。

夢と現実をすぐには認識できない

ベビーカーだけでなく自分で歩くことも多くなる2歳児、見えていた景色も変わり、初めて見るものも増え好奇心いっぱいの時期です。

ママとしては子どもに色々な経験をして欲しいので、今日はあっち、明日はこっちとお散歩に余念がないことも。そんな素晴らしい経験は子どもの成長にとっていい刺激となります。

そして夜になって眠れば楽しい夢を見ることがあります。たまに眠ったまま笑ったり微笑んだりして「いい夢をみてるんだね」とママまで嬉しくなることも多いのではないでしょうか。

ただ、もしも夢をみている最中に目覚めてしまったら、子どもは夢と現実の区別がすぐにはつきません。夢の中の状態からすぐに現実に引き戻されても気持ちがついていけないのです。

すると、今の状況がつかめなくなり不安になります。そういった不安から夜泣きになるのはよくあることですので、抱いてあげたり優しくトントンしてあげたりしてすぐに安心させてあげましょう。

お昼寝がうまくできていない

2歳の子どもにとってお昼寝は、脳が休息する大切な時間です。

毎日が刺激的でさまざまな経験をしている2歳児、その刺激は情報となって、お昼寝の時間に脳が整理してくれます。

つまり、お昼寝をしないと脳は情報を整理しきれなくなり、休憩する時間さえなくなります。すると脳は、興奮状態のまま夜を迎えることになるので、この状態だと、たとえ寝ついても夜中に起きて夜泣きをするのは無理もありません。

逆にお昼寝をしすぎても、夜に眠れなくなったり、眠りが浅くてすぐに目が覚めたりと、夜泣きの原因となってしまいます。また、お昼寝をした時間が遅いのも眠れなくなる要因となります。

夕方にお昼寝をしてしまうと、起きた時間から寝る時間までが短すぎて、回復した子どもの体力を発散させることは難しくなります。眠くないのに無理に寝かしつけても、またすぐに目を覚ましてしまうので注意しましょう。

体調不良や不快感からの寝苦しさ

子どもは体の具合が悪いときにも夜泣きする場合があります。痛みや痒み、暑さや寒さ、病気の前兆など、言葉で伝えるかわりに泣いて知らせることがあります。

子どもと大人では体温が違うので、布団をかけすぎて暑がっていたり、逆に布団を蹴ってしまって寒がっていたり、汗をかいてしまって痒がっていたりすることもあります。また急に熱を出したりして泣くこともありますので注意しましょう。

1~2歳ぐらいの子どもは耳と鼻の病気になることが増えます。中耳炎や副鼻腔炎といった病気には鼻水や発熱の症状がみられます。また激しく夜泣きするようなら腸重積などのお腹の病気も視野に入れて受診してみましょう。

夜泣き以外に考えられる原因

歳児の夜泣き、他に考えられる原因

普通の夜泣きとは違う、その他に考えられる原因を2つご紹介します。どうしても原因不明のときは、注意深く観察してあげましょう。

「夜驚症(やきょうしょう)」が原因かも?

子どもの夜泣きの原因の一つに「夜驚症」という睡眠障害があります。

夜驚症が起きる原因はまだはっきりとわかっていませんが、成長段階で起こるもので成長につれて自然に治まるという説や、怖かった想い出が夜驚症を引き起こすという説などがあります。

また、この夜驚症は両親の育て方や生活環境に関係なく、脳の素質で起きるもので、子どもの3人に1人は夜驚症になっているとされています。

どちらにしても夜驚症にはこれといった特効薬はないので自然に治まるのを辛抱強く待つしかないのですが、毎晩のように夜泣きされるとママも参ってしまいます。

一度、睡眠障害を専門にしている病院などで相談してみるのも良い方法です。どの病院がいいかわからないときは、かかりつけの小児科に専門のクリニックを紹介してもらいましょう。

夜驚症ではないかと判断する要素として、

・眠りについて4時間後くらいに泣き出す
・眠ったまま泣いている
・大きな声で泣いたり騒いだりする
・苦しそうに叫ぶ
・暴れたり蹴ったり転がったりする
・抱っこしようとすると余計に暴れる
・しばらくするとピタリと泣き止んで眠る
・次の日に本人は覚えていない

などがあります。お子さんの夜泣きの症状と比べて参考にしてください。

「成長痛」が原因かも?

子どもの中には「足が痛い」とか、ただ「痛い」と泣きながら夜中に起きてくることもあります。

また泣くだけで何も言わない子どももいます。どこが痛いのか場所がはっきりわかっていていつも同じ場所、さすってあげるとまた眠る、そういうことが頻繁に起きるようであれば「成長痛」も考えてみてください。

成長痛とは子どもが急激に成長するために、成長に体がついていけずにおこる痛みだと一般的には思われています。ですが実はそうではなく、原因がはっきりわからない痛みのことの総称が「成長痛」です。

成長痛はだんだんと治まってくるものですから特に治療をする必要はありませんが、念の為に整形外科を受診してみるほうがいい場合もあります。

受診してみて異常がなければ、マッサージや湿布、ホットタオルで温める・または冷やすなどで痛みを軽減してあげましょう。

またマッサージなどをしてあげるときは優しく声をかけながら行い、子どもが甘えられるような環境を作ってあげてください。

成長痛は親にかまってほしい子どもの無意識のサインという場合もあります。「もう2歳」ではなく「まだ2歳」と思って甘えさせてあげましょう。

2歳児の夜泣きの対策

2歳児の夜泣きの対策

赤ちゃんの頃とはちがい、2歳児の夜泣きは声も動きもパワーアップしていてダイナミックになります。

ですが、2歳児の夜泣きの原因は自然に治まってくるものがほとんどです。睡眠サイクルにしても前頭葉の未発達にしても、成長するにつれてでき上がっていくものです。もう少しの辛抱だと思って頑張ってください。

とはいっても、何もせずにただ嵐が過ぎ去るのをまつ、というのでは毎日が辛すぎます。そこで、いくつかの対策法をお伝えします。

寝る環境づくりと就眠儀式を行おう

子どもの眠りは大人に比べて浅く、ちょっとした物音などですぐに目を覚ましてしまいます。まずはぐっすり眠れる環境を作りましょう。静かな部屋で他から明かりが入らないような暗い部屋であれば、眠りを妨げることもありません。

また、子どもを寝かしつける少し前からテレビを消したり部屋の灯りを落としたりと、眠るための準備を始めてください。テレビの代わりに緩やかな曲を小さい音でかけたり、ママが子守唄を歌ってあげたりするのも効果的です。

そして、眠るときには子どもの好きなオモチャを一つだけ手に持たせてあげるのもおススメです。女の子ならぬいぐるみ、男の子ならミニカーなど、「一緒にネンネして、また明日も遊ぼうね」と言ってあげると安心して眠ってくれます。

そうやって寝る前の流れを作ってあげると、スムーズに眠りについて夜泣きの心配もなくなってきます。

どうしても泣き止まないときは完全に起こしてしまおう

夜泣きの原因には色々ありますが、中には夢と現実の区別がついていない不安からくるものもあります。また、お昼寝のしすぎやお昼寝をしなかったことで眠れないということも考えられます。

そういう場合は、いくら子どもをあやして気持ちを落ち着かせても眠ってはくれません。そのときはいっそ完全に起こしてしまいましょう。

一旦お布団から出して、電気のついた部屋で温かい飲み物を飲ませたり、子どもの好きなビデオを見せたり絵本を読んだりして落ち着かせます。

抱っこしてヨシヨシしていると、子どももそのうちウトウトしはじめますので、それから寝かせるほうが無理に寝かせるよりも効果的です。

夜泣きで苦労していたママの中には、子どもと一緒にドライブに出るという方もいます。車が走り出すとスーッと寝るので、ママのお腹の中にいたころの揺れに似て心地よくなるのでしょう。

質のいいお昼寝をさせよう

子どもが夜にぐっすり眠ってくれるためにはお昼寝が必要不可欠です。しかも質のいいお昼寝でなければなりません。お昼ご飯を食べたあと、午後1時~3時ぐらいの間に寝てもらうのが理想的です。

しかし、体力がついてきた2歳児がそう簡単にママのいう通りにするとは限りません。ましてや「イヤイヤ期」ならなおさらです。その場合は、寝ることを目的とせずに体を休めることから入りましょう。

ママがゴロンと横になって子どもを呼び、一緒にゴロゴロします。横になったまま一緒に絵本を読んだりお話をしたり、小さな音でビデオを見るのもおススメです。

それを毎日していれば、だんだんとお昼寝してくれるようになってきます。たとえ眠らなくても、横になって静かにしていれば体も脳も休むことができます。ママも一緒に体を休めてはいかがでしょうか。

カモミールティーを飲ませてみよう

カモミールには安眠効果があり、ヨーロッパでは夜泣きの赤ちゃんにはカモミールティーというくらい広く愛飲されています。

3倍から5倍程度に水またはお湯で薄めたものを飲ませてあげましょう。

カモミールティーについては、以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

>>赤ちゃんの夜泣きに良いカモミールティーの効果効能まとめ

>>赤ちゃんでも安心して飲めるカモミールティーはこちら

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる