右脳教育全脳教育

目指せ天才児!右脳教育と全脳教育の違いと取り組み方




脳の中で右脳はひらめきや創造を、左脳は統合や表現をそれぞれ担っています。

この右脳と左脳、すなわち脳全体をバランスよく育てるのが全能教育です。ひらめき、創造を育てる右脳教育と全脳教育の違いとは何でしょうか?

そこで今回は、

・右脳教育のメリットとデメリットが知りたい
・右脳教育と全脳教育の違いを知りたい
・全脳教育とは何をすればいいのかを知りたい

といった方に、右脳教育と全脳教育について詳しくご紹介していきます。小さいうちから、教育を!とお考えの方必見!

スポンサードリンク

右脳の働き

右脳は感性やイメージに重要な役割を果たします。ひらめきや直感力、想像力に力を発揮するので、右脳が発達していると非常に豊かな想像力や直観力が鍛えられます。

「天才」と呼ばれる人は右脳が発達している人が多く、世界的なアスリートや芸術家にこのタイプが多いとされています。また、記憶の能力が高い人も右脳が発達していることが多いのが特徴です。

左脳の働き

左脳は言語脳、理屈脳といわれることが多く、言語能力や計算能力、分析能力など理論的なことを担う脳です。

論理的な人、言語・数学能力が高い人に左脳が発達している人が多いとされています。

左脳と右脳の違い

例えば、左脳が発達している人、右脳が発達している人に全く同じ会話を聞かせたとします。

右脳が発達している人は、その会話する人の表情や声の調子などを感じながら会話の内容を理解するのに対して、左脳が発達している人は、その会話の文章だけを理解しようとする違いがあります。

感性豊かな人間、想像力がある人間であるためには、右脳が育っていないと困難になることが想像できます。

右脳教育の重要性

生まれてから3歳くらいまでの子どもは右脳が非常に働きます。この右脳が発達する時期に適切に右脳を刺激して能力を伸ばしてあげることが大切です。

3歳くらいまでは、心身ともにものすごい勢いでどんどん物事を吸収して成長していきます。また、その吸収したものが、その後の人格や情緒に大きく関わってきます。

右脳が急速に成長する時期に右脳教育を受けることによって感性が磨かれて、天才的な能力を発揮する子どもがあらわれます。

子どもによってその能力はさまざまで、音楽的才能、芸術的才能、語学の才能、記憶力の才能、集中力、鋭い直観力の才能などが大きく花開きます。

3歳以降になると左脳がどんどん優位になってくるので理屈で物事を考えるようになるので、できるだけ左脳の発達してくる前に右脳教育を行うことが大切です。人間の脳は3歳までに約80パーセントが完成します。

まだまだ小さい子どもですが、右脳が発達する絶好の時期を逃すことなく右脳教育を行うことによって、直感で考え、瞬間的に記憶し、処理する能力が身につきます。

右脳教育とは

3歳ころまでは、まだ言語能力があまり発達していないので、物事を理屈で考えたり、処理することができません。その代わり、直感やひらめき、瞬間記憶の能力は極めて高いです。

この瞬間的な直感力が自然に備わっている時期が右脳教育には適切です。右脳教育を積極的に行うことによって子どもの持つ才能を開花させましょう。

具体的には、芸術的能力、音楽的能力、リズムに合わせて表現する能力、なわとびやスキップなど、みんなと、とことん遊ぶことで右脳が活発に働きます。

お母さんと一緒にお絵かきしたり、音楽を楽しんだり、美しいものをたくさん見たり、絵本をたくさん読んだり、お外でお友達とたくさん遊ぶことが右脳を育てることになります。

右脳が活発に働く幼児期を過ごすと、幼児期から感性も鋭くなりますし、周りからの情報量も増えます。自らすばらしいと感じる情報をより多く吸収することで、成長のスパイラルに入れます。

どんどん色々なことに興味を持ち、自ら進んで積極的に吸収しようとする力を育てます。天才と呼ばれる人や才能があるといわれる人の多くが自ら自分の潜在的な能力を開花させます。

自分の強い意志をもって生きる、力をより発揮しようとすることにつながっていきます。

子どもの頃に適切な右脳教育を受けた人は、才能をどんどん伸ばす力を持つことになるのです。

右脳教育って何をするの?

右脳教育とは無意識のうちに考える能力、ひらめき、直観力、記憶力を育てることです。感性を磨き、情報を吸収する能力、空間理解する能力、夢を現実化するようなイメージ力を磨くことです。

では具体的に右脳教育とは、どのようなことをするのでしょうか。

フラッシュカード

右脳教育をうたう幼児教室などでよく使われるのが、「フラッシュカード」です。高速で子どもにカードを大量に見せて、瞬間的に情報を頭にインプットして右脳を活性化させる方法です。

フラッシュカードには色々あり、ひらがな、かたかな、漢字、ことば、動物の絵、道具の絵、数字、アルファベット、計算式、国旗・・・などあります。子どもに飽きさせないテンポでどんどんインプットしていきます。

子どもは吸収力が早いので見たものを瞬間的に記憶します。フラッシュカードを習慣としている子どもはさまざまな情報を記憶する能力を育みます。

短時間に高速回転でカードを見せられるので、集中力も同時に養えます。

絵本の読み聞かせ

子どもの頃にたくさんの絵本をお母さんが繰り返し読み聞かせることで豊かな言語能力や想像力を身につけることができます。

1日に最低10冊ほどの絵本の読み聞かせが必要といわれています。

積み木やパズル、ブロック、ひも

ゲームなどのおもちゃを与えるのではなく、昔からの積み木やパズル、ブロックなどのおもちゃで遊んで、いろいろなものを想像しながら無心に作った子どもは空間把握能力や想像力が鍛えられます。

組みひもやひもで絵を完成させたりする活動では手先が器用になります。

右脳教育のメリットとデメリット

右脳教育のメリットとして、

  • 直観力、記憶力、集中力、想像力などが鍛えられる
  • バランスのとれた人間性ができるので精神的にも落ち着いている
  • すばらしいアイデアが次々生まれる
  • 絶対音感が備わる
  • 豊かな語学力が身につく
  • 問題解決力があるので自ら進んでいくことができる
  • 物事の処理能力が早くなる

といったことが、挙げられます。しかし、右脳教育にもデメリットもあります。

  • インプット教育が合わない場合は、キレやすい子どもになる場合もある
  • 心の発達がその能力に追いつかずにバランスが悪い人もいる
  • 協調性のない人間になる危険がある
  • いろいろなことを訓練されることで、自主性がなくなる場合がある
  • インプット教育によって独り言などをいうようになる場合がある
  • 色々な教材などを使って右脳教育目的で遊ぶので、本来子ども自身が遊びたい遊びではない
  • カード記憶は実際の体験による記憶ではないので再生されにくい

右脳だけが発達することで、こういった弊害がでてくる可能性があります。

そこで、昨今注目を浴びているのが、全脳教育です。

全能教育とは

右脳や左脳はそれぞれ違った専門的分野を担っていますが、右脳と左脳は独立しているわけではありません。右脳と左脳が有効的に関わっています。

そこで、右脳と左脳、すなわち全脳を意識的に効率よく伸ばそうとするのが全脳教育です

一般的に優秀といわれる人は脳の中のシナプスが多いとされています。シナプスというのは脳全体にあるニューロンとニューロンをつなげるものです。

脳内の神経回路が多くある人ほど、その人の持つ潜在能力を発揮しやすいとされています。人間にはそれぞれ多様な潜在能力が備わっています。

大人になってもその潜在能力のたった5パーセントほどしか実際に生かされていないというデータがあります。その人が本来持っている能力を引き出すためには右脳と左脳の両方が発達し支えあい、助け合うことが大切です。

右脳、左脳にそれぞれ優れた面があります。確かに右脳が発達している人に天才といわれる人が多いのですが、右脳が発達していることは右脳が利き脳であることです。

なぜ右脳が利き脳である人に天才が多いかというと、左脳が利き脳人は、理論脳の左脳の一部しか使えないのに対して、右脳が利き脳の人は、左脳と右脳の両方を同時に使える人が多いことにあります。

右脳が利き脳であると、論理脳の左脳も感性脳の右脳も両方使えることです。天才には右脳が発達している人が多いですが、右脳だけが働いているわけではなく、左脳も同時に使えるのが右脳利きの人なのです。

右脳だけを鍛えるのではなく、同時に左脳の能力も鍛えることに重点をおくのが全能教育です。

全脳教育って何をするの?

全脳教育は右脳も左脳も両方バランスよく育てることによって、内に秘められた潜在能力を最大限に発揮しようというものです。

天才型の右脳を鍛える右脳教育に偏ったものではなく、左脳も同時に育てたり、一人一人の個性や興味、心も大切に育てようとすることです

右脳教育にあるようなフラッシュカードや絵本の読み聞かせ、パズルや積み木などの活動と同時に、全脳教育では、子ども自身が楽しんで取り組める遊びをどんどん行うことが大切です

さまざまな脳を育てる活動だけでなく、人間性を豊かにするためにも心の教育や自己肯定力を子どもに体験させることが大切です。

右脳を育てる右脳教育

フラッシュカードによる大量の情報インプットだけに頼るのではなく、子ども本来の個性や興味を大切にして、その子どもに合った情報を与えることが大切です

興味のないことを大量にインプットしても、後の生活にはあまり役立たないことも多いです。電車が好きならば電車に関連する情報をどんどん与えることで子どもは興味を示しますし、楽しみながら知識を吸収していきます。

特に男の子などに多いのですが、電車や恐竜、虫、戦隊モノなどツボにはまったものがあるならば、子どもの気持ちを大切にして情報を与えていくようにしましょう。

外遊び、お散歩

お部屋の中でばかり遊ばないで、季節を感じたり、天気を感じたり、景色や色彩を感じることのできる外遊びをしましょう。

お母さんと手をつないで近所を散歩するだけでも色々な発見があります。小さな花を見つけたり、虫と出会うのも楽しいです。

荷物は重くなりますが、小さな図鑑などを持っていくと、実際に見たものの名前を確認できるので記憶にも残りやすいですし、子どもは図鑑を眺めることが楽しくなります。

お砂場での遊びも大切です。洋服が汚れたり、手が汚れたりしますが、実際に触って体験することがポイントです。

子どもが飽きるまで一生懸命させてみましょう。

五感を刺激する

右脳を育てるには、五感を刺激することが大切です。絵を描いたり、何かを作ったり、色々な音を聞いたり、臭いを嗅いだり、美味しいものを食べたり・・。身の回りで右脳教育に役立つことはたくさんあります。

感性が豊かであることは人間性を養うためにも大切です。

右脳を刺激するためにも小さいころから良い物にふれ、才能ある人に接し、いろいろなことを見る、体験することを重視しましょう。

褒めて認める

子どもができたことに対して、心から褒めることは大切です。たくさんのことにチャレンジし、成功することによってお母さんに褒められることは、今後、成長してからの自分への自信につながります。

能力は高いにも関わらず、自身がない子どもがいますが、自分を認めてくれる機会が少なかったことが原因しています。

どんなことでも、できたら褒める、認めることはとても重要です

失敗しても受け止めてあげる

子どもでも失敗することが怖くて何事にも消極的になります。

ちょっと無理なことにでも果敢にチャレンジする気持ちがないと人は成長しません。

失敗して大丈夫だよ、受け止めてあげるという姿勢を日頃から感じさせることは大切です。

学びたい時期を待つ

音楽を習うならできるだけ小さい時期がいいとか、語学は6歳までが勝負だというような、それぞれ専門分野における適齢期があります。

小学校に入るまでにはこれ、幼稚園に入るまでにはこれと、子どもの気持ちを無視して知識や技術を押し付けるのはよくありません。

子どもは自ら学ぼうとする時期が必ずやってくるので、親はできるだけ自主性を大切にしてじっと待つことも大切です。

心を大切に

どんなに勉強ができても、運動ができても、自己中心的で全く人を思いやる気持ちがない人は人間的に大きくなれません。

学力ばかりに関心が行きがちですが、心がやさしい、正しい判断ができることを幼いころから重視しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる