バースプランの書き方と内容

バースプランの書き方と内容について!理想の出産を叶えよう




最近耳にすることの多い「バースプラン」。出産のための産院や病院を調べていて知った方や、病院から提出を求められて知った方もいるかもしれません。このバースプラン、海外では比較的ポピュラーなものらしいのですが、日本では近年流行り出したものです。

バースプランを作成すると、医師や助産師さんに希望が伝わりやすく、理想の出産に近づけることができます。

また出産への心構えや意識も高まり、落ち着いてお産に臨むことができます。

そこで今回は、

・バースプランって何?
・バースプランには何をどうやって書けばいいの?
・バースプランはいつ考えればいいの?

といった方に、バーズプランやその書き方、内容について詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

バースプランとは?

バースプランとは

バースプランとはその名の通り「出産計画」のことです。バースプランを作成することで、お産の直前から退院するまでの妊娠期間中の過ごし方や要望を、医師や助産師さんと共有することができます。

なぜバースプランを作成するの?

バースプランがあれば、妊婦さんの考え方や傾向も見えてくるので、医師や助産師さんとの理解もお互いに深まります

また、バースプランを作成することで、出産までの過程にどのような出来事が起こるのか、何が必要になるのか、分娩スタイルや産後の処置などもさまざまであると事前に知ることで、お産に備えて心構えができます。

大切な出産体験で後悔をすることがないようにしたいですし、妊婦さんの希望に沿った出産で、赤ちゃんにも大人になったときの記念として残してあげるのも素敵です。

バースプランを立てる前の注意

バースプランの注意

では、バーズプランを考えるときの注意点について見ていきましょう。

1、安全を第一に考える

出産は一生の間に何度も経験できるものではありません。ですので、その出産の機会を大切にするためにも、納得できる出産ができるようバースプランを考えます。

現代ではさまざまな分娩スタイルがありますし、立ち合い出産をはじめ、出産の記念写真や産声を録音したりと、赤ちゃん誕生の瞬間を記録に残す方法もいろいろできるようになりました。

妊娠期間中はつわりや体調の変化でつらいこともありますが、赤ちゃんが産まれてくることで楽しい想像もたくさんできます。バースプランを立てる工程はいろいろな想像も加わって、きっと楽しい作業となります。

そこで計画を立てる前にお伝えしたいのが、妊婦さんと赤ちゃんの安全についてです。どんなに楽しい計画でも、妊婦さんと赤ちゃんに危険が及ぶような計画では果たされません

どんな方法を希望していても、まずは妊婦さんと赤ちゃんの安全を第一に、バースプランを考えてみてください。

2、希望しないことも記載する

バースプランを作成するときは、「したいこと」「したくないこと」の両方を記載します。希望する内容を箇条書きにするだけでは、医師や助産師さんには「なぜそうしたいのか」もしくは「そうしたくないのか」の背景が伝わりません。

どのような考えの元に希望しているのか、もしくは希望していないのかがきちんと書かれていれば、病院側との相談がよりスムーズになりますし、妊婦さんの想いが伝われば、希望に沿った代替案を出してくれることもあるかもしれません。

できあがったバースプランは、必ず担当医師や助産師さんと話し合い、共通認識で出産に臨めるようにすることが大切です。

バースプランで希望しないことの例

妊婦さんが立会い出産を希望していないとしても「立会いは嫌だ」ということを病院側のスタッフが知らなければ、陣痛中や分娩中に立会いを希望した家族や親族を入室させてしまう可能性があります。

義両親や実両親など、陣痛室や分娩室に立会われるとストレスを感じる方がいるのであれば、その旨記載しておきます。事前に病院側へ伝えておくことでお産に集中することができます。

バースプランの書き方は?

バースプランの書き方

では、バースプランにはどのようなことを記載するのでしょうか。どのように書けばいいのか、具体的に記載する内容をみていきましょう。

1、分娩スタイル

現代ではさまざまな分娩スタイルがあります。どのスタイルが自分に合っているかの希望や、可能施設かどうかなどを擦り合わせながら書いていきましょう。

実際には妊婦さんと赤ちゃんの状態によって難しいこともありますので、担当医師と必ず相談します。

赤ちゃんを取り上げる種類:経膣分娩 帝王切開
分娩時の姿勢による種類:普通分娩 座位分娩 フリースタイル分娩 水中分娩
呼吸法による種類:ラマーズ法 ソフロロジー
分娩する場所による種類:自宅出産 LDR
その他の分娩(薬などの使用)無痛分娩・和痛分娩 誘発分娩 アロマセラピーの利用

2、入院・分娩時の処置について

入院中や分娩時の処置については、剃毛・浣腸・会陰切開の有無が気になるのではないでしょうか。

剃毛とは?

分娩する際に外陰部の毛髪を剃ることです。全て剃るわけではなく、外陰部の下半分だけ剃ることが多くなっています。外陰部を清潔に保つことと会陰切開したときや自然裂傷での出産後の縫合をしやすくするために行う処置です。

浣腸とは?

排便を促すために肛門から薬を入れる治療です。分娩時に浣腸をするのには、妊婦さんがいきんだときに便が出てしまうと、産まれてきた赤ちゃんが汚れてしまいますし、細菌に感染する恐れもあります。

そのため、分娩時は便が出ないように浣腸で予防します。浣腸を行うと赤ちゃんが産道を通りやすくなるという働きもあります。

会陰切開とは?

分娩時に会陰という膣の入り口をハサミで切ることです。会陰が伸びきってしまって赤ちゃんの頭が通らないと、会陰が裂けてしまい大量出血する可能性があるからです。

自然裂傷で傷口が肛門まで達してしまうのを防ぐためにも、会陰が限界まで伸びきったところで切開します。

近年では、会陰切開しない病院も数えるほどですが増えては来ています。しかし、お産が長引いていたり、赤ちゃんや妊婦さんの命に関わるときは希望を出していても、現場の判断で処置を行うこともあります。

3、立会い出産はできるか

最近では、立会い出産を希望する妊婦さんも受け入れる産院や病院も増えてきましたが、安全や衛生面から受け付けていない病院もあります。

また、立会い出産は両親学級の参加が条件など、立会いは可能だけど、実はそのための条件をクリアしていなかったというケースもあります。

病院側で撮影を行ってくれないこともありますので、記録を残したい場合には旦那様や家族の方に立会ってもらうしかないこともあります。病院選びの際に注意したい項目です。

4、カンガルーケアの有無

カンガルーケアというのは、産まれた直後の赤ちゃんを、お母さんの胸元で直接抱っこして母子が対面しながらスキンシップを行うことです。

元は新生児室に入院が必要な赤ちゃんと、お母さんのために始まったスキンシップ方法ですが、現代では一般的な分娩のときにも行われます。

お腹の袋に赤ちゃん入れたまま育てることで有名なカンガルーにその姿が似ていることが由来になっています。

5、入院する部屋

出産後は特に異常がなければ数日で退院しますが、その期間は病院で入院することになります。

数日のことでも、出産という大仕事の後で神経を休ませたいという方は個室がよいかもしれませんし、同じ時期に出産したお母さんとお話ししたければ大部屋が希望かもしれません。

母子同室が可能な場合もあります。最近では高いサービスの病院も増えてきたので、出産予算に合わせてどのような病室を希望するのかも考えてみましょう。

6、授乳指導について

病院によって指導方法や丁寧さが異なることもあります。初産の妊婦さんは初めての授乳で戸惑うこともたくさんあるでしょう。どのような指導が受けられるのか事前に確かめてみましょう。

7、沐浴指導について

沐浴は新生児の赤ちゃんをベビーバスで洗ってあげることです。赤ちゃんはまだ大人と同じように入浴できないので、沐浴から始めます。

沐浴についても産後の入院中に指導してもらえると安心です。できればお母さんが実際に練習しながら指導してもらえるとよりわかりやすいですが、やはり産院や病院によって指導方法や内容が異なりますので、どのような指導になるかを事前に確認しておきましょう。

授乳指導などと合わせて「どのような指導が受けられますか?」と聞けば良いです。

その他

他にも麻酔の有無や、分娩台の種類など書く内容はたくさんあります。出産にまつわることすべてに対して希望を挙げるのは難しいですし、細かく項目を出しすぎるのも疲れてしまうので、出産にあたって「こうしたい」と強い希望があるものから考えていきましょう。

またすべての産院で対応できるわけでもありません。できる限り希望が通りそうな病院を選ぶのも重要です。

バースプランを段階ごとに書いてみる

段階ごとに書く

どのような内容を書けばいいのかわかってきても、病院で決まったフォーマットがない場合にはなかなか取り掛かりにくいものかもしれません。そんなときは段階ごとにわけて書いてみましょう。

1、分娩前
2、陣痛中
3、産まれた直後
4、産後

まずはこの4つの段階にわけていきます。次に1〜4のそれぞれの段階ではどのような出来事があるかを書き出していきます。

1、分娩前

・分娩場所
(病院や産院の陣痛室・分娩室、LDR、畳の病室、助産師さんに自宅へ来てもらうなど)
・分娩方法
(計画分娩、無痛分娩、和痛分娩、水中分娩、フリースタイルなど)

2、陣痛中

・部屋の環境
(アロマでリラックスしたい、好きな音楽をかけてもらう、照明は少し暗くしてほしいなど)
・お産の進め方
(足湯やお風呂に入りたい、腰周りを温めたい、靴下を履いておきたいなど)
・処置
(導尿、浣腸、陣痛促進剤、人工破膜、会陰切開の有無について)
・旦那様の関わり方
(立会い出産を希望、産まれる直前のみ立会い、旦那様にマッサージをしてほしいなど)
・旦那様以外の家族について
(立会いを希望、入室してほしくない、部屋の前で待機していてほしいなど)
・医療スタッフの関わり方
(進み具合を細かく教えてほしい、呼吸法をリードしてほしい、立会いの家族にマッサージ法を教えてほしい)

3、産まれた直後

・スキンシップ
(カンガルーケアをしたい、最初に誰が抱っこするのかなど)
・記録
(胎盤がついたままの写真、家族写真、ビデオを撮ってほしい、産声を録音してほしいなど)

4、産後

・部屋
(母子同室を希望、自分が落ち着くまで赤ちゃんは新生児室)
・面会者
(上の子も入室させてほしい、義実家や親戚など頻繁な面会があった時の対応について)

このように段階ごとにわけて書き出していくと、出産の流れができ上がります。そこで起こる出来事に対して、希望や要望を挙げていきましょう。もちろん希望しないことやなぜそう思うのかなども記載すると、担当医師との相談がより密に深いものになります。

バースプランを作成するタイミングは?

作成するタイミング

病院で用紙を用意してくれる場合には、妊娠後期の28週頃に用紙を受け取り、正期産となる37週頃までには提出するように指示されることが多くなっています。

一般的な提出時期なので、産院や病院によって異なります。妊娠がわかったときから少しずつ作成してももちろん良いですが、妊娠後期であれば出産時期が近づき、具体的な希望も出てきやすいです。

妊娠初期に比べるとシミュレーションもしやすくなります。ただ、最近ではいろいろな分娩スタイルがあるので、事前にいろいろと情報を集めておきましょう。

バースプランは病院に必ず確認を

病院に確認
最近では、産婦人科や産院からあらかじめバースプランの提出を求められることもあります。提出を求める病院では、バースプランの用紙も病院で用意していることが多いです。

しかし、バースプランに対応していない病院もあります。プランについて病院から尋ねられなくても、希望のプランがあればこちらから確認するようにしてみましょう。自宅でのお産を希望する場合など、出産スタイルによっては病院で対応できないこともあります。

その際には、病院の選び方から考えなくてはいけなくなることもあります。まずは出産施設や病院を選び、その施設でできる内容を記載していきましょう。

施設でできることできないことは、ホームページなどに記載されていることもあるので、参考にしながら計画を立ててみましょう。

ただし、ホームページが更新されておらず情報が古い可能性もあるので、立てた計画については必ず医師や病院に確認を取ることをおすすめします。

バースプランは夫婦で話し合って

夫婦で話し合う
バースプランは、妊婦さんが一生に数回しかない出産を納得のいくようにするための計画書ですが、出産をそばで支えてくれる旦那様や家族の方とも相談して、できれば一緒に内容を決めていきましょう。

「男性は苦手だと聞くから・・・」といって立会い出産はしないと病院側に伝えたら、赤ちゃんが産まれた後から「実は立会いたかった」と言われることがあるかもしれません。ですので、旦那様の要望もぜひ取り入れてあげてください

一緒に計画することで、出産に向けての気持ちが高まりますし、「皆で頑張ろう」という良い空気感の中でお産ができます。家族皆が幸せな出産を計画してくださいね。

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

実は、そんなあなたにピッタリなのが「リクナビNEXTグッドポイント診断

転職や仕事探しに成功した約8割もの人が利用する人気の求人サイトで、まずは、あなたの強みを把握しましょう!診断後にスカウト登録をしておくだけで、思いがけない企業からあなたにオファーが届くことも

多くの先輩ママが「リクナビNEXT」で理想の仕事探しに成功しています。あなたも一歩踏み出してみませんか?

あなたの強みを発見しよう!→リクナビNEXTグッドポイント診断

妊娠中でもOK!1日も早く仕事を見つけたいあなたは→リクルートエージェント

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる