出生届を忘れずに!出生届の書き方や提出するまでの流れと注意点

出生届を忘れずに!出生届の書き方や提出するまでの流れと注意点




赤ちゃんが産まれてママもパパも家族みんなが大喜び!ですが、生まれただけではまだパパとママの「子」として法律上は認められていません。

待望の赤ちゃんが生まれたら、まずは「出生届」を提出しなければならないのです。

人生の中で出生届を提出することは何度もありませんから、わからないことだらけかもしれませんね。

出生届は役所に提出する文書のため、書き方も難しく、手続きも面倒ですが、赤ちゃんがパパとママの子どもだと認めてもらい、赤ちゃんが社会の一員となったことを証明する大切な届けです。

そこで今回は、

・出生届ってどこでもらうの?
・出生届ってどう書いてどこに提出すればいいの?

といった方に、出生届の提出方法や記入方法に関して詳しくご説明します。生まれてきた赤ちゃんの立派な「両親」になるためにも、出生届がスムーズに提出できるよう学んでいきましょう。

関連記事
>>出生届や給付金など、押さえておきたい出産後の8つの手続き
>>赤ちゃんのマイナンバーはいつ決まる?個人カードの申請方法
>>出産する前に知っておきたい!出産手当金と傷病手当金の手続き

スポンサードリンク

出生届を提出するということは?

出生届を提出するということは

出生届とは、正式名を「出生届書(しゅっしょうとどけしょ)」といい、赤ちゃんが生まれたことを公的に証明するとても大事な文書です。

法務省の地方支分部局である、法務局の戸籍課が管轄する行政機関への書類で、提出して受理されることで両親の戸籍に正式に入籍されます。

出生届を提出して受理されると、住民票の登録、予防接種などの補助、児童手当の給付、マイナンバーなどの番号をもらうことができます

また、出生届を出したときに、新生児用の紙おむつ・絵本・苗木・マスコットキャラクターをプリントしたガーゼハンカチなどの記念品をもらえる自治体もあります。

出生届の用紙がもらえる場所は?

出生届の用紙がもらえる場所は

出生届の記入用紙がもらえる場所は、赤ちゃんが生まれた病院や産婦人科、市役所や区役所・町村役場の戸籍課です。

出生届には、病院や産婦人科に記入してもらう「出生証明書欄」というのがありますので、入院中に記入してから渡してもらえる病院や産婦人科のほうが手間がかからず早いです。

出生届は提出期限が短いこともあり、出産をした病院にあらかじめ用意してあることも多いので確認しておきましょう。

市役所や区役所・町村役場の戸籍課で出生届の用紙をもらった場合は、「出生証明書欄」に病院や産婦人科で記入してもらう必要があります。

退院してから慌てなくていいよう、入院する前に入手しておいて、入院中に記入してもらうようにしましょう。

また、ホームページから印刷できる市区町村も多いので、もらいに行くのがむずかしい場合は利用してください。

出生届を提出するときに必要なものは?

出生届を提出するときに必要なものは

では、出生届を提出する際に必要なものについてご紹介します。

出生届と出生証明書

出生届と出生証明書とは一体になっています。出生証明書は、出生届の右半分に赤ちゃんが生まれた病院などの医師や助産師が記入して、署名押印がしてあるものです。

出生証明書に間違いがないか提出する前にしっかり確認して、もしあったら出生証明書に記入した医師や助産師に訂正してもらって下さい。

届出人(パパかママ)の印鑑

シャチハタ以外の朱肉を使う認印ならOKです。訂正や修正などにも使いますので、出生届を記入した時に押印した印鑑にしましょう。

母子健康手帳

母子健康手帳の中にある「出生届出済証明」という欄に、出生届が受理されたことを記してもらいます

ですから時間外に提出すると、母子健康手帳に証明印を押してもらえないため、後日あらためて役所に行かなければなりません。

身分証明書

届け出をする人の本人確認のために必要となります。免許証やパスポート、健康保険証などを持参しましょう。

国民健康保険証(加入者のみ)と手当の振込先の預金通帳

児童(こども)手当・乳幼児医療助成制度・出産一時金の申請のために必要となります。また、生まれた子の養育者が外国籍の人の場合には「外国人登録証」も用意して行きましょう。

出生届の書き方

出生届の書き方

では、出生届の書き方を詳しくご説明していきます。出生届という文字の右横は受付をした役所が記入する欄ですので記入しないでください。

届出日

出生届を実際に提出する日付を記入します。出生届をいつ提出したかということであって、届出日が誕生日になるわけではありません。

届出先・宛名

届出を行う市区町村名を書きます。あらかじめ「長殿」と記載してありますので、市役所なら「○○市長殿」、区役所の場合は「○○区長殿」と記入しましょう。

出生証明書

出生届の右側の部分は、病院や産婦人科が記入する「出生証明書」の欄です。ここに記載されている日付と時間が赤ちゃんの誕生日の証明となるので、この欄にパパやママが記入することは一切ありません

子の氏名

戸籍に登録される子どもの名前になります。

楷書ではっきりとフルネームで、正しく書きましょう。もし書き間違えたりすると簡単に訂正することはできず、家庭裁判などでの手続きが必要になってしまいます。

代理人に届出をしてもらう場合などは特に注意して、必ず充分な確認をしてください。

また、名前の読み方は戸籍に記載されませんが、住民票の事務手続きの処理で必要となります。ひらがなで、読みやすい字で記入しましょう。

子どもの名前に利用できる文字は、常用漢字・人名用漢字・ひらがな・カタカナ(変体かなは不可)と制限されています。

みんなで一生懸命考えた名前がちゃんと受理してもらえるか、事前に確認しておきましょう。

嫡出子・嫡出でない子

「嫡出子」とは、法律上の婚姻関係がある相手との間に生まれた子どものことです。

法律上で正式に夫婦と認められている間の赤ちゃん、または夫婦が離婚して300日以内に生まれた赤ちゃんは「嫡出子」となります。

また、実際には違っていても、今の自分の夫を父親にしておきたい場合などは「嫡出子」にチェックします。

「嫡出でない子(非嫡出子)」とは、法律上の婚姻関係がない相手との間に生まれた子どものことです。

交際していても入籍をしていない・父親が誰かわからない・内縁関係・愛人との間にできた赤ちゃんなどの場合は「嫡出でない子」にチェックします。

父母との続き柄

「父母との続き柄」の欄内の右側に男か女かチェックを入れる箇所があります。

嫡出子の場合は、男女どちらかのチェックとともに、何番目の子どもかを記入します。たとえば、長男や長女なら「長」と書き込んだあとに男女どちらかにチェックを入れます。

二番目の場合は、次男や次女とは書かず「二男」「二女」と記入しましょう。

ちなみに、嫡出でない子(非嫡出子)の場合は、男女どちらかのチェックのみの記入となります。

生まれたとき

出生届の右側にある「出生証明書」に「生まれたとき」という項目がありますので、その年月日と時間をそのまま記入してください。

生まれたところ

この欄に、自宅の住所を書いてはいけません。生まれたところというのは、赤ちゃんがどこで生まれたか、ということです。

ですから、こちらも同じく「出生証明書」の「生まれたところ」に書いてある住所をそのまま書き写してください。

ですが、もしも助産師さんに来てもらって自宅や実家で赤ちゃんを産んだら、その場合は自宅か実家の住所を記入します。

住所(住民登録をするところ)

「生まれたところ」と「生まれた子の住所」は間違いやすいのですが、「生まれたところ」は生まれた場所で、「生まれた子の住所」は生活する場所だと考えてください。

この欄には、子どもの住民登録をする市区町村の住所を記入しましょう。一般的には、パパとママが住民登録している住所になります。

世帯主の氏名

世帯主がパパならパパの名前を、ママならママの名前を書き込みます

おじいちゃんやおばあちゃんが世帯主になっている場合などは、パパやママではなく世帯主あたる人の名前を記入してください。住民票を見れば、誰が世帯主なのかが記載されています。

世帯主との続き柄

パパかママが世帯主ならば、世帯主との続き柄は「子」になります。何番目の子どもであっても「子」と記入します。

おじいちゃんやおばあちゃんが世帯主の場合は「孫」と書いてください。

父母の氏名・生年月日

嫡出子の場合には、パパとママの名前と生年月日、そして赤ちゃんが生まれた時点での年齢を書き込みます。

非嫡出子の場合は、戸籍法に基づいてママの欄だけ記入してください。パパの欄は空欄になりますが、パパが赤ちゃんを認知することでパパの欄も記載されることになります。

なお、パパだけでの提出はできず受理もされません。婚姻外の出生届は、ママにしかできません

本籍

嫡出子の場合は、出生時のパパとママの本籍地と戸籍の一番最初に記載されている戸籍筆頭者の名前を書きます。

非嫡出子の場合は、出生時のママの本籍地と戸籍の一番最初に記載されている戸籍筆頭者の名前を書きます。住民票の住所が本籍ではない場合が多いので、確認してから記入しましょう。

また、非嫡出子で、ママが戸籍の筆頭者ではないときは新しい戸籍が作られます。「その他」の欄に希望する本籍地を記入してください。なお、外国人の場合は国籍だけを書いて下さい。

同居を始めたとき

ここには、結婚式を挙げたとき・婚姻届を出したとき・同居を始めたとき、この中で一番早い年月を記入します。

統計上の集計としての記載で特別な意味はありませんので、あまり真剣に悩まなくても大丈夫です。

子が生まれたときの世帯のおもな仕事

農業か自営かなど、6つの項目の中から該当するものを選んでチェックを入れます。

父母の職業

この欄は、国勢調査のある年の4月1日から翌年の3月31日までに赤ちゃんが生まれた場合のみ記入する必要があります。

国勢調査は5年ごとに実施されますので、次回は2020年(平成32年)です。2020年の4月1日から2021年の3月31日までに赤ちゃんが生まれたパパとママは、職業の書き方について自治体に問い合わせてから記入してください。

届出人

届出人とは、子どもの出生届を届け出る義務のある両親のことを指します。つまり、パパとママのことです。

ですから、パパかママのどちらかが、自分で住所と本籍を記入して署名・捺印します。シングルマザーならママが届出人になります。

そして、届出人本人が記入して署名・捺印したものであれば、実際に役所に提出するのは誰でもかまいません。

たとえば、里帰り出産でママが実家で出産した場合、ママが届出人となって記入・署名・捺印した出生届なら、おばあちゃんやおじいちゃんが役所に提出してもいいということです。

連絡先

書類に書き間違いなどの不備があった場合に、職員の方が電話して問い合わせするために必要な欄です。届出人本人の連絡先を記入しましょう。

時間外での提出などのとき、書類は次回の営業日に処理されます。書き漏れなどの不備が見つかったら、後日その連絡先の電話番号に連絡が入ります。

出生届の提出先

出生届の提出先

出生届は、一般的には、届出人であるパパかママが住んでいる場所の役所に届け出ることが多いです。

ですが、赤ちゃんが生まれた病院の市区町村の役所でも、パパとママの本籍地の役所でも、旅行中で滞在している地域の役所(縁もゆかりもない地域)でも、つまり日本中どこの役所でも提出することができます

ただ、児童手当や乳幼児医療費助成金の申請などが必要となりますので、できればパパやママの住民票がある市町村に提出した方がのちのち便利です。

なお、本籍地以外の役所に提出する場合は、本籍地の役所での保管に1通、提出先の役所での保管に1通と、2通の出生届を用意しなければならないこともあります。

1通でいいのか2通必要なのか、事前に確認をしておいて下さい。

出生届の提出期限

出生届の提出期限

出生届の提出期限は、国内の場合は出産日を含めて14日以内、国外で出生の場合は3ヶ月以内となっています。14日目や3ヶ月目が市区町村役場の休日で休みだった場合は、提出期限はその翌日までです。

出生届は24時間365日いつでも受け付けていますので、たとえ休日でも夜間でも、年末年始でも提出することはできます。

ただ、その場合に職員がいなければ、通用口にいる警備員や守衛さんなどに預かってもらうことになります。そして受付時間が始まってから担当職員が受付処理を行うことになります。

ですから、母子健康手帳の中にある「出生届出済証明」という欄に、出生届が受理されたという証明印を押してもらえないため、後日あらためて役所に出向く必要があります。

提出期限の14日を過ぎた場合の罰則

戸籍法第135条に、「正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、5万円以下の過料に処する」とあります。

もちろん、出生届の提出期限を過ぎても出生届の受理はしてもらえます。しかし、正当な理由なく提出期限に間に合わなかった場合には、簡易裁判所から5万円以下の過料(罰金)を言い渡されることもあります

また、事故や天災など、届出人の責任とはいえない理由から14日の期限が過ぎてしまった場合は、警察や病院で「届出遅延理由書」を発行してもらって期限内に出生届と合わせて提出すれば大丈夫です。

出生届の期限が過ぎても名前が決まらなかった場合

出生届の期限が過ぎても名前が決まらなかった場合

赤ちゃんの名前がどうしても決まらない、一つに絞れない、このままでは出生届の期限が過ぎてしまう。その場合は、赤ちゃんの名前を記入する欄を、保留または空欄のまま提出することができます。

そして、のちに名前が決まった時点ですぐに「追完届(ついかんとどけ)」という書類を提出して手続きをすることになります。

ただし、追完届で手続きをすると戸籍に痕跡が残り、将来的に子どもがその事実を知ることになります。

ですからパパとママは頑張って、なんとか出生届の期限である14日以内までに、可愛い我が子にふさわしい良い名前を考えてあげましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • ライン@登録で500円OFF!
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる