新生児の足

出産予定日より「早い出産」と「遅い出産」




出産予定日が近づいてくると、赤ちゃんがいつ産まれてくるのか、無事に産まれてくれるだろうか等、誰でもあれやこれやと心配になるものです。

特に出産予定日当日は、朝から気持ちも落ち着かず、何人目であったとしても何だかソワソワしてしまうものです。赤ちゃんは、出産予定日当日に産まれることばかりではありませんので、出産予定日よりも早い出産、そして、遅い出産についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

関連記事
>>安産出産するための5つの条件
>>陣痛シュミレーションで出産に備えよう
>>ギネス出産|世界の凄い出産記録!

スポンサードリンク

出産予定日の計算方法は?

出産予定日の計算方法は

出産までの期間は、昔から良く「十月十日(とつきとおか)」と言われますが、実際には、いくつかの出産予定日の見極め方法があります。一般的な出産予定日は、最終月経から数えて、280日目(40週)のことです。これは、WHOが定めた基準で、「最後の生理が始まった日を妊娠0週0日として、280日目の妊娠40週0日を出産予定日とする」によるものです。

しかし、この出産予定日は、生理の周期が28日の方を基準にして割り出していますので、生理の間隔が長い方や、生理不順の方はこれに当てはまりません。また、一般的に使用される「ネーゲレ計算法」では、

①出産予定の月=最終月経のあった月-3(3が引けない場合には、9を足す。)
②出産予定の日=最終月経のあった初日+7

で、「①月②日」として出産予定日を算出することができます。

他にもある出産予定日の見極め方

妊婦健診が始まると、超音波検診(エコー)では、お腹の赤ちゃんの様子を見たり、大きさを計測したりすることが出来るようになります。

妊娠8週~11週目になると、赤ちゃんの頭からお尻までの大きさであるCRL(頭臀長:とうでんちょう)の個体差が少なくなってきますので、CRLを計り、先に予測した出産予定日を修正することもあります。ちなみに、妊娠9週目頃のCRLは、一般的に約20~30mmになります。

出産予定日はあくまでも予定

>出産予定日はあくまでも予定

一般的には、初産の場合には出産予定日よりも遅くなることが多く、2人目以降の経産婦の場合には、出産予定日よりも早まることが多くなっています。実際に出産した方の妊娠週数を見てみると、

もっとも多いのは、妊娠37週~39週目
次に、妊娠40週目
次に、妊娠41週目
その次に、妊娠41週目以降

の順で多くなっています。

つまり、出産予定日よりも前に赤ちゃんが産まれている人の方が多いということなのです。実際には、出産予定日通りに出産している人は想像以上に少なく、15~20人に1人いるかいないか位の割合になるとも言われています。逆に、もっとも多い、妊娠37週~39週目での出産は、約50%とも言われています。

なぜ予定日に出産する人が少ないのでしょうか?そもそも、出産予定日の算出方法自体に問題があるのかもしれません。出産予定日は、きちんと毎月決まったペースで生理が起こり、28日周期の方を基準として判定されています。そのため、生理不順の方や、生理周期が長い方等の場合には例外となってしまい、出産予定日が異なってきてしまうことになるのです。

きちんと28日周期で生理が来る方ばかりではありませんので、出産予定日に赤ちゃんが産まれない方が多いのも頷けるでしょう。

予定日よりも早い?遅い?男女に違いはあるのか?

予定日よりも早い?遅い?男女に違いはあるのか

「男の子は予定日よりも早く産まれる」や、「女の子はお母さんのお腹の中でゆっくり過ごす」等と言われることがありますが、これらには、全くの根拠はないようです。

男の子や女の子の区別なく、多くの赤ちゃんが出産予定日よりも前に産まれていることからも分かるように、妊婦健診で出産予定日が分かった場合、いつ赤ちゃんが産まれても良いように、入院や赤ちゃんを迎えるための準備や、心の準備をしておくことが必要になってきます。

備えあれば憂いなしなのです。準備がきちんと整っているのといないのとでは、いざという時の心構えも違ってきます。

早く生まれても遅く生まれても大丈夫?

早く生まれても遅く生まれても大丈夫

赤ちゃんが産まれるためには、お腹の中の赤ちゃんも生まれるための準備が整っていなければなりません。それでは、いつからいつまでに産まれれば安心なのでしょうか。

正期産

通常出産に一番適している期間のお産を「正期産」と言いますが、出産予定日の3週間前から2週間後までが、正規の出産期間の範囲(正期産)とされています。日数でいうと案外長く35日間にもなり、妊娠37週0日から41週6日までの期間に出産することとされています。

過産期と早産

その一方、妊娠42週以降の時期を「過産期」と言います。また、妊娠22週0日から36週6日までの間に赤ちゃんが産まれることを「早産」と言います。以前は、早産の赤ちゃんは出生時の体重も少なく、身体の機能的にも整った状態で産まれてくることが少ないため、感染症にかかりやすく、なかなか成長出来ないことも多くなっていました。

また、多胎児の場合や羊水量によっても、早産になる可能性が高くなっています。しかし、早い時期に産まれた赤ちゃんであっても、医学や医療技術の進歩のおかげで、出生体重が500g以下であっても、元気に育てるようになってきました。

妊娠中とちょっとでも違ったお腹の張りや痛み等違和感がある場合には、妊娠時期にかかわらず、かかりつけ医の診断を受けるようにしましょう。

関連記事>>妊娠中にお腹が張る時の対処法とお腹の張りやすいタイミング

早産の原因

早産の原因

妊娠22週から妊娠37週未満で出産することを「早産」といいます。また、早産以前の妊娠22週までの場合には、「流産」とされます。流産の場合には、赤ちゃんの側に染色体の異常等の、何らかの問題があることが多いのですが、早産には、母体側にもいくつか考えられる要因があります。

主な母体側の早産の原因

・妊娠高血圧症候群
・子宮頸管無力症や子宮奇形、子宮筋腫等子宮に異常がある
・糖尿病や心臓病、腎臓病等の持病がある
・前置胎盤
・高齢出産
・喫煙やストレス、疲労等

赤ちゃんの側の早産の原因

・羊水過多や羊水過少
・双子以上の多胎児妊娠
・胎児が機能不全状態である

等が考えられます。早産の場合には、多かれ少なかれ新生児集中治療室(新生児ICU)での治療が必要になってきます。赤ちゃんにとっても、お母さんのお腹の中で必要な期間成長できることが、一番望ましいことです。

持病等心配されるものをお持ちの方は、主治医と密に相談する必要があります。また、妊娠期間中のストレスや冷え、喫煙は避け、出来る限りゆったりとした気持ちで過ごすよう心がけましょう。

関連記事>>妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響

予定日を過ぎてもなかなか生まれない場合

予定日を過ぎてもなかなか生まれない場合

一方、予定日を過ぎてもなかなか産まれてこない場合には、また、別の意味での注意が必要になってきます。

こまめな検診

出産予定日よりも遅れて出産を迎える場合、ほとんどの場合には何の問題もありませんが、妊婦検診の回数も出産予定日前までとは異なり、マメに行われるようになってきます。

いつ陣痛がきても問題のない時期ですので、小まめな検診が必要になる訳です。出産予定日よりも2週間以上過ぎても何の出産に向けた兆候がない場合には、出産を促すような処置を行うこともあります。在胎週数が長引いた場合には、特に注意が必要になってきます。

お腹の中で赤ちゃんが成長し過ぎるのも危険

子宮や胎盤等は、妊娠38週目頃に最も機能が充実し、41週を過ぎた頃からは、胎盤の力も徐々に衰えてしまい、赤ちゃんへも影響してきます。また、妊娠42週を過ぎた頃には、赤ちゃんがお腹の中で成長し過ぎてしまい、難産になったり帝王切開が必要になったりすることもありますし、ごく稀ではありますが、お腹の赤ちゃんが危険な状態になってしまうこともあります。出産のリスクがさらに高まってしまうのです。

妊娠後期は、お腹も重く体調も心配ですし、病院に出掛けるのも一苦労ではありますが、医師の指示通りに検診を受けるよう心がけましょう。

出産予定日を過ぎた検査では何をするの?

出産予定日を過ぎた検査では何をするの

出産予定日を過ぎても赤ちゃんが産まれない場合には、妊婦健診の回数を増やし、超音波検査(エコー)等を使用し、赤ちゃんの発育の状態や胎盤の機能、羊水量等を詳しく検査していきます。

羊水量が、赤ちゃんが発育するに十分な量満たされているということは、赤ちゃんの排尿機能が正常であることを意味し、赤ちゃんの腎臓の機能も確認することができます。また、胎盤はお母さんと赤ちゃんをつなぎ、栄養等を送る大切な役割をしています。胎盤の機能低下の有無も検査します。

その他にも、赤ちゃんの心拍数や血流を調べる検査も行われます。もちろん、母子ともに何の異常も認められない場合は、自然に陣痛が起きるのを待つ場合もありますが、陣痛促進剤を使用する場合や、帝王切開による出産を行うこともあります。いずれにしても、お腹の赤ちゃんの安全が一番大切ですので、医師の指示に従いましょう。

出産予定日を過ぎたら

出産予定日を過ぎたら

出産予定日を過ぎたら、体調の変化に注意し医師の指示に従いながら、ゆったりと過ごすようにしましょう。赤ちゃんが、お母さんのお腹の中にいられる期間も、あと残り僅かです。幸せな時を、存分に楽しみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる