気になる出産方法!自然分娩ってどんなもの?特徴とその流れ

気になる出産方法!自然分娩ってどんなもの?特徴とその流れ




妊娠期間を無事に過ごし、出産の日が近付いてくると、出産や産後の準備に追われ始めますが、出産のスタイルや方法など、何かと気になってくるものです。

そこで今回は、

・出産の方法って選べるの?
・自然分娩の流れを教えてほしい!
・自然分娩を希望しても、途中から変わることはあるの?

といった方に、出産の方法やその特徴、また、どのような出産を“自然分娩”というのかなど、ここでは特に自然分娩について詳しくご説明します。

関連記事
>>あなたはどう産む?さまざまな分娩方法と分娩スタイル
>>フリースタイル出産とは?フリースタイル出産のすべて
>>妊娠したら早めに決めたい!失敗しない産院の選び方

スポンサードリンク

出産にはいくつかの方法があります

出産にはいくつかの方法があります

出産の方法には自然分娩の他にも、帝王切開術や無痛分娩、水中出産などがあります。

どの方法を選ぶかは、ママやおなかの赤ちゃんの健康状態によっても、異なりますが、どのような出産を希望するか、ママご自身で、選択することができます。

どの出産方法を選んだにせよ、ママご自身が望む出産方法で、自分らしく安心して出産に臨めることが大切です。産院によっては、できない出産方法もありますので、事前に調べておく必要があります。

また、いくら出産の方法を希望していても、ママご自身やおなかの赤ちゃんの健康状態によっては、希望通りにならないこともありますので、覚悟しておくことも大切です。

産院を選ぶ際のポイントは

妊娠が分かった場合には、出産までお世話になるかかりつけの産院を、探さなければなりません。出産の方法に希望がある場合には、希望の出産方法ができるところを探す必要があります。

事前に希望に合うかどうか調べておきましょう。その他にも、産院を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

・安心して通院し、信頼できる病院であるかどうか
・妊娠中や出産時に、万が一緊急事態が発生した場合の、バックアップ体制がしっかりと整っているかどうか
・通院の利便性は大丈夫か
・出産に対しての方針や体制が、共感できるところかどうか
・妊娠時期や出産後に、どこまでの受診を受け入れてくれるかどうか

などが、選ぶ際のポイントになってくるでしょう。特に初めてのお産の場合には、日に日に大きくなってくるおなかを抱え、心配事や不安なことも多くなってくるものです。

きちんとしたフォローの体制が整っていて、安心して通院できるところを選びましょう。

参考記事>>妊娠したら早めに決めたい!失敗しない産院の選び方

自然分娩とは

“自然分娩”という言葉を耳にしますが、自然分娩とはどのような出産なのでしょう。自然分娩にはいくつかの説があります。なかでも、イギリスの産科医であるGディック=リード氏によって、1933年に自然分娩が提唱されています。

その中では、昔から分娩は、人間の持つ自然の力を利用した自然現象で、子宮や産道の肉体的な痛み以外には、苦痛が伴うものではないという考え方に基づいたものを指しています。

日本においても出産は、自然の成り行きに任せて、家族に見守られながら自宅で行なうことがほとんどでした。近年では産婦人科など、医療機関での出産を選択する方がほとんどになってきています。

そのお陰で、以前は周産期死亡率が高かった日本でも、医療技術の進歩でその割合も低下しています。

今では、自然に陣痛の起こるのを待った上で、自然に起こる陣痛に応じた、医療の介入しない経膣分娩のことを、一般的に“自然分娩”と呼んでいます。

特に、麻酔や陣痛誘発剤などの医薬品を使用せず、また、帝王切開や鉗子分娩、吸引分娩などの医療処置を行なわない、自然の成り行きに任せた経膣分娩のことを、“自然分娩”といいます。

しかし、一方では産院によっては、鉗子や吸引、陣痛促進剤などを使用した場合の出産であっても、産道を通った出産であれば“自然分娩”としているところもあります。

明確な線引きはなされていないのが現状ですが、一般的に見ると、医療介入のない自然の分娩のことを指しています。

自然分娩はどのように進んでいくの?

自然分娩はどのように進んでいくの

一般的に自然分娩とされるお産の流れを見てみましょう。

妊娠が分かった時点から出産までをよく“十月十日(とつきとおか)”といいますが、約10か月の妊娠期間が無事に終わりを迎える頃、“おしるし”や“陣痛”から出産が始まります。

おしるしの後に、陣痛を感じるよりも先に破水が起こってしまう方や、陣痛を感じ始めた後に破水する方など人それぞれになりますが、どちらにしても、出産まであと僅かな期間であることを示しています。

おなかの赤ちゃんは出産に向けた準備が整っていますので、ママの心の準備も必要になってきます。さらに細かく見てみましょう。

おしるしから始まる出産の場合

出産が近付いてくると、子宮口のふたの役割をしていた粘液栓が剥がれ、子宮頚管の粘液と合わさって排出されます。その際、出血を伴うこともあります。これを“おしるし”といいます。

おしるしは、赤ちゃんが出産の準備を始め、子宮口の近くまで下がっているために起こるもので、出産の兆候の1つです。おしるしは、少量の出血を伴うことが多く、ピンクがかった粘液です。

おしるしが始まると、早くて2~3日以内、遅くても1週間くらいの間には出産が始まります

おしるしがあってから、おなかの痛みを伴う陣痛が始まるまでには個人差がありますが、かかりつけ医の指示に従って、出産の準備や心構えを行ないましょう。

関連記事
>>初出産に挑むママの基礎知識「おしるし」と「陣痛」

陣痛から始まる出産の場合

陣痛は、出産のために子宮を収縮させながら、赤ちゃんを子宮外に押し出す準備に伴う痛みです。始めのうちは、不規則な痛みから始まりますが、徐々に規則的な感覚で痛みが押し寄せるようになります。

始めのうちの不規則な陣痛のことを“前駆陣痛”といいますが、前駆陣痛は人によって感じ方も異なり、生理痛のような痛みの方や、おなかが張った時のような痛み程度の方もいます。

前駆陣痛が始まった方でも、すぐに本格的な陣痛に移行する方や、1週間程度、前駆陣痛が続く方など人それぞれです。

関連記事
>>陣痛シミュレーションで出産に備えよう
>>陣痛の痛みを和らげる10のコツ!陣痛の痛みの逃し方

定期的な陣痛

不規則な間隔の前駆陣痛の後に、定期的な間隔で訪れる陣痛(有効陣痛)が始まってくると、出産まであと僅かになります。陣痛の間隔が短くなればなる程、おなかの痛みも強く感じてきます。

陣痛が始まると、生理痛のような痛みが一定の間隔で感じるようになります。陣痛は出産の兆候ですので、痛みと痛みの間隔の時間を計るようにしましょう。

初産の場合には、陣痛と陣痛の間が分間隔になった頃から、出産までに約半日位掛かる方が多いです。最終的な出産や入院の準備を整えるのは、この時が最終段階になります。慌てずに、しっかりと準備を行ないましょう。

陣痛の間隔が短くなったら、ご主人やご家族への連絡も慌てないで忘れずに。また、出産後まで食事が摂れなくなります。出産には体力を要しますので、消化の良い軽い食事を済ませておきましょう。

入院の準備として、破水をしていないなら、シャワーを浴びて体を清潔にしておいたり、お化粧を落としておくことをおススメします。

また、マニキュアをしている場合には、健康状態を見る上でも、産まれて間もない赤ちゃんに触れる意味からも、きれいに落としておきましょう。

陣痛の痛みも強く間隔が短くなった

陣痛の痛みが徐々に強くなり、間隔も短くなって来たら出産も間近です。陣痛の起こった時間と痛みを感じた長さ、陣痛と陣痛の間隔をメモしておきましょう。

かかりつけ医の指示にもよりますが、約10分間隔になってきたら病院に連絡をします。また、一般的に経産婦の方は、出産までの進行が速いことが多いので、15分間隔になった頃には、産院への連絡をしましょう。

連絡する際には、陣痛の時間のメモが役に立ちますので、産院に行くまで持っているようにすると、陣痛の始まりも分かり便利です。

病院からの指示があったら産院へ向かいますが、出産までにはまだ時間がありますので、焦ることなくゆったりとした気持ちで行動し、移動の際には徒歩かタクシーを利用しましょう。

陣痛タクシーを事前に申請(登録)しておくと便利です。陣痛タクシーのサービス内容と全国の陣痛タクシーの記事にてご紹介していますので、検討してみてください。

万が一すでに破水してしまっている場合には、病院の指示に従って、タクシーなどを利用して移動してください。

いよいよ出産

いよいよ出産

いよいよ、待ちに待った我が子との対面の時間が迫ってきました。出産に対する心配や恐怖心は、誰にでもあるものですが、待望の赤ちゃんに会えるまでには、もうわずかな時間になっています。

出産はママにとっては真剣勝負ですが、おなかの赤ちゃんも同じように、一生懸命頑張っています。小さな赤ちゃんのことを思えば、出産の不安や怖さも軽くなることでしょう。

分娩は大きく分けると3つの時期に分けることができます。それぞれの時期に分けて見てみましょう。

分娩第1期、準備期

陣痛の痛みはそれほど激しくないものの、間隔が10分弱になり、1回の収縮時間も20秒~30秒程度になってきます。この頃になると、子宮口も0~3cm位開き始めます。

出産までにはまだまだ時間がありますので、陣痛と陣痛の痛みの間には、出来るだけリラックスして過ごし、病院への連絡は早めに行い、指示に従います。軽食や睡眠が取れるようでしたら、取っておきましょう。

赤ちゃんの様子

赤ちゃんは横向きになって、骨産道に進み骨盤内に入り始めています。その後回旋を続けながら、ママの背中の方向に顔が向くように体を回転させます。

分娩第1期、進行期

陣痛の間隔が5~6分位になり、痛みが徐々に強く感じられるようになってきます。腰の痛みを感じる方も多くなります。呼吸を整えたり、マッサージなどをして過ごしましょう。

分娩第1期、移行期

陣痛の間隔が2~5分程度になります。この頃になると、子宮口も7cm位開いてきます。分娩監視装置をつけて子宮の収縮の様子と、おなかの赤ちゃんの心音の確認を同時に行ないます。

子宮口が全開になるまでには、まだ時間がかかりますので、痛みを上手に逃しながら、分娩の進行を待ちます。産院によっては、トイレやシャワーを浴びるように指示されます。

また、出産に備えた衛生面から、浣腸や剃毛を行なわれることもあります。病院のスタッフがまめに様子を診に来ますので、不安な点などは尋ねて解消しておきましょう。呼吸法もおさらいしておくと安心です。

分娩第2期、娩出期

陣痛の間隔がさらに1~2分と短くなり、痛みも強く感じてきます。1回収縮時間60~90秒が長く感じるようになり、この頃になると、子宮口も9~10cm大にまで開きます。

おなかも絶えず痛むようになります。内診を行ない、子宮口の開き具合や、柔軟性のチェック、また、赤ちゃんの下がり具合も確認します。赤ちゃんの頭が見え隠れする場合もあります。

スタッフの方の指示に合わせて、深呼吸を行うようにしましょう。頭が出てきた場合には、必要に応じて、会陰切開や導尿を行ないます。

赤ちゃんの様子に合わせて、いきんだり休んだりを繰り返し、分娩がスムーズに進行するように助けてあげましょう。

赤ちゃんの様子

産道に合わせて、頭の向きを添わせるようになります。陣痛に合わせて、早い時期から頭が見え隠れすることもあります。頭が出てくると、体の向きを変えながら、肩、胴体、足の順に出てきます。

無事に産まれた赤ちゃんは、顔や手足の汚れをふき取り、口などに溜まった羊水を吸引して取り除きます。

分娩第3期、後産期

赤ちゃんの健康状態を確認した後、へその緒が切られ分娩が終了します。出産後には、“後陣痛”といわれるように、胎盤が子宮壁から剥がれる際の痛みを伴います。

病院によっても異なりますが、ママの健康状態をチェックしながら、出血や脈、血圧の測定を行ないます。赤ちゃんは身体計測や沐浴をしてもらいます。

自然分娩だけが良いお産ではありません

自然分娩だけが良いお産ではありません

自然分娩を望んでいても、妊娠期や出産時には、思いも寄らぬことが起こったり、ママやおなかの赤ちゃんの状態によっては、緊急で帝王切開術を行うなど、何らかの対応が必要な場合も多くあります。

また、妊娠期間は順調に過ごしてきたものの、分娩の日にちを限定しなければならない事情のある方や、痛みに耐え得るかどうか心配で、無痛分娩を選択する方など、出産の方法は人それぞれです。

急に赤ちゃんとママの健康を優先した結果、希望していたものとは異なった出産方法になってしまう場合もあります。しかし、いずれの出産方法にせよ、どの出産方法が正しくて、どれが悪いとかといったものではありません。

最優先されるべきものは、ママが健康で、おなかの赤ちゃんが無事に産まれてきてくれることです。かかりつけの医師を信頼し、どの出産方法になったにせよ、安心して出産できるところを選んでおくことが大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる