出産前後のママの服装と赤ちゃんの退院時の服装について

出産前後のママの服装と赤ちゃんの退院時の服装について




出産を目前に控え、入院時の生活の準備を始めるママも多いのではないでしょうか?

まだ始めていないママは入院前日、また出産予定日近くで準備を始めると、慌ててしまって入院時に必要な物が入っていなかった、という事態も予想できますので、早め早めに準備を始めましょう。

ただ、そんな時に頭を悩ませるのが出産目前の服装と、出産退院時の服装です。特に出産後、退院となれば今までのように好きな服を着れそうな気がしますよね。

そこで今回は、

・入院中や出産時は何を着ればいいの?
・退院時のママの服装は?
・退院時の赤ちゃんの服装は何を用意すればいいの?

といった方に、出産前後のママは何を着たら良いのか、また退院時の赤ちゃんの服装について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

出産入院時のママの服装

出産入院時のママの服装

出産入院をすると、病院やクリニック、ママの出産方法にもよりますが一般的に普通分娩の場合には4~5日間、帝王切開であれば5~10日間は病院で過ごすことになります。

この時のママの服装は、分娩時に手術着に着替えることもありますが、大半の時間はパジャマを着て過ごすことになります。

つまり、出産入院中の服装としてパジャマを準備しておくと良いといえます。しかし、パジャマといってもデザインは沢山あります。

入院中から出産直前までママはどのようなパジャマを着るのが良いのでしょうか。出産入院から出産の直前までのママの服装は以下の通りです。

マタニティパジャマ

出産入院する時にママが着るマタニティパジャマ、出産を目前に控え、購入を勧められるママも多いのではないでしょうか。

マタニティパジャマというだけあって、通常のパジャマよりも出産前のママに優しい工夫がされているので、出産入院中に持っておくと便利といわれています。

ただし、ワンピースタイプや前開きタイプなど、デザインが数多くあるので、選ぶ際には着た時の長さやパジャマの素材、大きめのポケットが付いているか、ウエスト周りなどを確認しながら選ぶ必要があります。

デザインの種類や選び方などについて詳しくは、産後のパジャマは用意するべき?マタニティパジャマを選ぶならの記事にてご紹介していますので、参考にしてみてください。

持ち合わせのパジャマで合わせる人も

ママの中には、着慣れた物が良いという理由や、マタニティパジャマは使わないということで、持ち合わせのパジャマで済ませてしまうママもいます。

ただし、通常のパジャマは出産入院に対応した工夫がされていませんので、マキシ丈のワンピースを活用したり、トップだけ授乳用Tシャツ、下は手持ちのズボンで合わせた先輩ママもいます。

マタニティパジャマのタイプを参考にウエストに余裕があり、前開きができる衣類を利用してみましょう。

マタニティ服、普段着

出産入院することになる病院やクリニックに、マタニティパジャマといった指定がない場合には、ウエストがゆったりしているパンツやワンピースなど、妊婦さんに嬉しい工夫がされているマタニティ服や、着慣れた普段着を着用するママもいます。

ただし、普段着を持って行く場合には、入院時のことや急に陣痛や破水になってしまうことも考えて、授乳服に近い服装、例えば前開きでゆったりめのシャツや生地の柔らかいズボン、ワンピースなど考えて選ぶようにして下さい。

病院側から指示がある場合も

病院側から指示がある場合も

先にも触れたように、出産入院中の服装は病院側から事前に指定される場合もあります。

前開きのパジャマ、という指定もあれば、マタニティパジャマでなければダメ、という病院もあります。

そのため、出産入院時の服装は準備をする時に、もう1度確認するようにしましょう。

出産を迎える病院やクリニックによっては、ネグリジェタイプのパジャマを貸出してくれるところもあります。

入院準備の時に慌てないように、服装は余裕を持って決めておきましょう。

出産後のママの服装

出産後のママの服装

出産という大仕事を終えた後も、ママにはすることが沢山あります。産後の次の日くらいには、赤ちゃんのために2~3時間おきの授乳。

授乳は自室で行われる病院もありますが、授乳室と呼ばれる場所までママが移動しなければならないこともあります。

また、検診をはじめ、おっぱいのケアに赤ちゃんの沐浴などのお世話指導、調乳指導などが入ってくるのです。

そのため、産後も出産前に引き続き、マタニティパジャマやマタニティ服、前開きができる普段着などを着用している時間が多くなります。

出産前後に使用する服の必要な枚数は?

出産前後に使用する服の必要な枚数は

出産前後に使用する服は、洗い替えのことを考え2、3着は用意しておくようにしましょう。

ママの中には、出産後は体型が元に戻りそうなイメージがあることから、出産前後で服装を変えた方が良いか悩むママもいるようですが、基本的には、出産前に着用していた服装で大丈夫です。

服装にマタニティパジャマやマタニティ服を選んだ場合、産後も使用できるようになっているので便利です。

また出産後は、授乳中に赤ちゃんが吐いてしまったり、悪露で汚してしまったりするなど汚れてしまうことが多くなります。

すぐに着替えられるように3枚位は余裕を持っておくと安心です。

出産退院時の服装

出産退院時の服装

出産時の服装の問題は、出産前後だけではありません。特にママの頭を悩ませるのが出産退院時の服装です。

さすがに退院時までパジャマというわけにはいきません。退院時のママの服装として多いのがワンピースですが、実際にはどうなのでしょうか。

また、どうしても細かい荷物が多くなってしまう女性としては、荷物をあまり増やしたくないというのも本音です。

参考までに挙げると、出産退院時のママの服装は以下の通りになります。

出産入院前と同じ服装

入院時はパジャマのママでも、来院するまでは私服です。

出産入院の時に着てきた服装は、妊娠中の物になるのでサイズが緩そうに思えますが、妊娠により変化した身体はすぐに戻るものではなく、着慣れていて楽という理由から、再利用という形で出産入院の時に着てきた服を、退院時に着て帰るママは多くいます。

また、荷物を少なくしたいという意見もあります。ただし、出産退院の時は、出産から少し時間が経っているとはいえ、身体は疲れやすい状態です。

そのため、入院前の服装を代用する場合には動きやすく、マタニティ服や赤ちゃんに授乳をしやすい服装を入院前から選んでおくことが大切になります。

2ピースタイプ

出産退院時のママの服装にワンピースが多いのは先に触れた通りです。しかし、ワンピースの困ってしまうところが、赤ちゃんに授乳しなければならない時。

授乳口が付いていたり、前開きのタイプであれば問題ないかもしれませんが、通常のワンピースは授乳の際に下から胸まで捲らなければならず、また、赤ちゃんが見えなくなってしまうので授乳が上手くできません。

そのため、退院時はワンピースよりも2ピースの方が良いといわれています。

2ピースの場合でもトップは授乳口付き、もしくは前開きの物、下はゴム製のウエストを締めつけないものを参考に選ぶようにして下さい。

靴は何を履けばいい?

また、服装ではありませんがアイテムとして大きめの靴、もしくはサイズに余裕を持たせたスニーカーを準備しておくと便利です。

理由としては、赤ちゃんを抱っこしているので、バレエシューズなどオシャレな靴は脱ぎにくいというのと、個人差はありますが、産後は足のむくみに悩まされるママが多くいるからです。

そのため、むくみ対策としてサイズを大きめにした靴を用意しておきましょう。

病院から自宅まで距離が近ければ、出産退院の服装はあまり困らないといわれていますが、2~3時間おきに赤ちゃんに授乳することも考えて、服装は赤ちゃんのお世話をしやすい、ママにとって楽な服装を選びましょう。

控えた方が良い服装

控えた方が良い服装

控えた方が良い服装としては、ウエストがきついスカートやパンツ、靴であればハイヒールなどの歩きにくい靴などが挙げられます。

通常のワンピースや普段着でも、ゆったりしたトップであればOKなように思えますが、赤ちゃんの授乳の時間も考えると、ボタン付きなど前開きタイプや授乳口が付いているなど、マタニティ服というわけでもなければ控えた方が良いといえます。

妊娠前のようなオシャレは身体のことや赤ちゃんのことを考えて、もうしばらく控えておきましょう。

家族やパートナーに持ってきてもらう方法も

家族やパートナーに持ってきてもらう方法も

出産入院をする時に、退院時の服装も用意しておくと産後に慌てなくて良いですが、先に触れたように、荷物はなるべく増やしたくないところです。

また、産後も何日かは入院することになります。そのため、ママの中には出産後に家族やパートナーに、退院時の服装を持ってきてもらうケースも多くあります。

ただし、パートナーや家族に頼む場合には出産入院をする時に準備しておくことが大切です。お願いするわけですから、わかりやすいところに置いておきましょう。

出産退院時の赤ちゃんの服装は?

出産退院時の赤ちゃんの服装は

出産退院となると、考えなければならないのはママの服装だけではありません。退院時は赤ちゃんの服装も考えなければならないからです。

赤ちゃんの出産退院時の服装を選ぶ時は、おむつ交換が頻繁であることを考えてドレスタイプを選ぶ、サイズは50~60であることが基本的に外せないポイントですが、そのポイントを踏まえれば、赤ちゃんの退院時の服装ははっきりとは決まっていません。

参考までに挙げると出産退院時の赤ちゃんの服装は以下の通りになります。

おくるみ

赤ちゃんの服装の中で定番の1つがおくるみです。

アフガンやおくるみタオルと呼ばれるもので赤ちゃんをくるむのですが、出産から28日間の時期の赤ちゃんを指す新生児期は、体内を思わせるのか、おくるみに包まれていると赤ちゃんは安心するとされています。

また、新生児の赤ちゃんは首も座っていませんので、ママの好みもありますが抱っこがしやすいというメリットもあります。

夏の暑い時期の赤ちゃんは体温調節が上手くできないので、その時期に退院するようであればおくるみだけで十分ともされています。

ベビードレス

おくるみと同様に、出産退院時の赤ちゃんの服装でイメージされることが多いのがベビードレスです。

生後1ヶ月ほどで行われるお宮参りでも着用する赤ちゃんのドレスなのですが、退院時にも着て、お宮参りでも同じ物を着るというパターンもあります。

小さいうちにしか着られない特別な服装でもありますので、特に初めての赤ちゃんというママは着させてあげたいと思う人が多いかもしれません。

特別な時にしか着られない服装ではあるので、退院の記念に赤ちゃんに着せるというのもアリではないでしょうか。

普段着

とはいえ、ベビードレスになるとデザインによるにしても費用はそれなりにかかります。

そのため、赤ちゃんの出産退院時にこれから着ることになるベビー服を赤ちゃんに着せるママも多くいます。

経済的なことを考えると、1~2回しか着用しない服を購入することに抵抗を感じるという意見もありますが、普段着であればママ自身でコーディネートできるというメリットもあります。

最近のベビー服はデザインも豊富なので、出産退院の時を想像しながら服を選ぶというのも楽しいです。

まとめ

まとめ

女性のオシャレアイテムの1つである服装は、普段何気なく着ていますが、出産前後は機能に重きが置かれます。

とはいえ、出産準備をする時は、入院時と退院時の服装を同時に考えなければいけません。

マタニティ服1つとっても、最近のママの服装は機能性だけでなく可愛らしいデザインも沢山あるので、紹介した服装を参考に楽しんで服を選びましょう。

退院時の赤ちゃんの服装も含め余裕を持って、出産入院の準備を始めたいですね。

また、出産はすっぴんで!出産時や妊婦健診でのメイクやネイルについての記事を参考に、出産時の妊婦さんの身だしなみについてもチェックしておきましょう。

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

実は、そんなあなたにおすすめなのが「リクナビNEXTグッドポイント診断

転職や仕事探しに成功した約8割もの人が利用する人気の求人サイトで、まずは、あなたの強みを把握しましょう!診断後にスカウト登録をしておくだけで、思いがけない企業からあなたにオファーが届くことも

多くの女性が「リクナビNEXT」で理想の仕事探しに成功しています。あなたも一歩踏み出してみませんか?

あなたの強みを発見しよう!→リクナビNEXTグッドポイント診断

相談して転職を考えていきたいあなたは→リクルートエージェント

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる