アメリカ出産

海外出産|日本人がアメリカで出産する費用やメリット




日本人にはまだあまり馴染みのない「海外出産」。文字通り海外で出産をすることですが、なぜよりによって海外にまで出向いて出産をするのでしょうか?

旦那さんやそれ以外のご家族が海外に在住しており、自分自身も移住している場合(もしくはこれから移住予定)などは頷けますが、それ以外のメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

そこで今回は、

・アメリカでの出産費用は?
・アメリカでの海外出産について知りたい!

といった方に、アメリカでの海外出産の出産費用や、そのメリットとデメリット。中でも、日本人に特に人気のハワイでの出産の魅力とは何なのか?日本での出産と異なる点もあわせてご紹介します。

スポンサードリンク

アメリカでの出産費用について

アメリカでは、出産費用をカバーできる保険に加入していない場合、基本的に自己負担が原則です。日本円で、100万円以上はかかるといわれています。

アメリカでは、通常分娩の場合、8,000ドルから10,000ドル、帝王切開で15,000ドルから20,000ドルほどかかります。入院などの日数によっては、さらに入院費が追加されることになり、平均1日当たり1,000ドルから3,000ドルが必要です。他にも医師費用や新生児入院費等が加算されることになります。

この出産費用は病院によって差がありますが、近年保険に加入していない人向けに、妊娠から、または出産・入院がすべてセットとなったパッケージプランが設けられ始めています。

出産前、退院前に現金で全額支払うのが条件となっており、3割から5割ほど割引してもらえるプランです。病院によっては分割払いを受け入れてくれるところもありますので、詳しくは病院側に直接問い合わせてみましょう。

ちなみに日本で健康保険に加入している場合には、出産一時金として39万円は通常通り請求することができます。出産した翌日から2年の申請期限がありますので、注意しましょう。

アメリカで出産するメリット

では、アメリカで出産するメリットについてみていきましょう。

アメリカ国籍を取得できる

まず、産まれた赤ちゃん自身がアメリカ国籍を取得できます。国籍を取得するということはアメリカの国民になるということで、アメリカの発行するパスポートも所持することができます。

赤ちゃんの将来を選ばせてあげられる

子供がアメリカ国籍を取得できるため、ビザがいらずに長期滞在ができたり、18歳まで公立学校で無料教育が受けられたり、大学も同じく公立なら留学生以上に学費を下げてもらえるなど、とにかく学びやすい環境が整います。

さらに、アメリカの保護のもとでさまざまなサービスが受けられ、アメリカでの就職にも有利に働きます。

赤ちゃんが大きくなってから日本とアメリカの両方で進路を考えるようになった場合、「どちらも選べる」ということは非常に魅力的な選択肢になるでしょう。

将来的には両親もアメリカ国籍が取れる

アメリカ国籍を取得した子供がいれば、将来的に子供を保証人として、その両親も永住権を取得できる可能性が高くなります。

アメリカで出産するデメリット

では、アメリカで出産するデメリットとはどういうものなのか見ていきましょう。

滞在費の問題

アメリカで産むと決めたはいいけれど、出産がいつになるかわからない場合は約1ヶ月前から滞在するよう準備しなくてはなりません。予定日の3日前など、急を要するスケジュールは赤ちゃんと母体のためにも絶対に避けましょう。

また産後は赤ちゃんの鼓膜に影響を与える関係から、航空会社にもよりますがすぐに飛行機には乗せてもらえない場合もあります。早ければ生後7日から乗れる航空会社もありますが、余裕をもって帰国する方がよいでしょう。

産後もある程度の期間をアメリカで過ごすと考え、約3ヶ月程度の滞在費と医療費、生活費を見込んでおきましょう。

医療費が高くつく

多くの人に知られていることですが、アメリカは医療費が非常に高くつくことで有名です。日本のように健診から産後まできめ細かい補助がないので、入院代や帝王切開など万が一の処置も含め、全てが全額自己負担になります。

保険も対象外なので、アメリカで出産する際はリスクを十分に考える必要があります。

ハワイで出産する魅力

アメリカ本土に限らず、芸能人などでもハワイで出産する方が増えてきています。ハワイならではのメリットも少し見ていきましょう。

非常に快適な環境

日本とは違い常夏の穏やかな空気感が素晴らしいハワイ。そこで産前産後を過ごすことは、妊婦にとって最高のリラックスになります。

妊娠中はちょっとした環境の変化にも敏感で、お腹の赤ちゃんのためにも…と精神的にもデリケートになっていますが、温暖な気候のハワイでのんびりと過ごすことができるので、空と海を眺めながらの毎日は日本以上にストレスフリーな生活になるはずです。

本来なら難産になっていたはずが、ハワイの温暖な気候で体が楽になり、循環も良くなって母子ともに健康ですという経験談もあるほどです。

医療レベルが高い

ハワイ島・オアフ島は自然に恵まれつつも医療水準の非常に高い島です。単なるリゾート地ではなく、アメリカ海軍の第7艦隊の母港でもあるため、万が一の緊急時に最新の医療設備を揃えている島でもあるのです。

この抜群の医療体制は、他の南国の島ではまず見られることはありません。

日本の医療水準も非常に高いことが特徴ですが、外国に来て適切な処置が受けられるか不安なお母さんにとっては、ハワイやオアフは安心してお産に臨める土地といえます。

日本人が住みやすい地域

明治時代から移民を多数受け入れているハワイ。現在も移住者は多く、ハワイ全体の人口の3分の1が日本人や日系人で構成されています。

そのため日本語が通じるお店も多く、病院やその他のサービスでも日本語でのやり取りができます。

特に日本人観光客の多いワイキキでは、普段の買い物から食事まですべて日本語だけで済ませることもできますし、テレビ番組にも日本の放送が入るので、ホームシックに陥る心配もありません。

もしもハワイ以外の地域で出産するとなったら、生活に使う言語はすべて現地語ですし、満足できるサービスは受けられないでしょう。しかしハワイでは、日本人的な感覚を残したままお産までの期間を過ごすことができるのです。

日本語で診察を行う日系人医師もいるので、英語を極力使いたくないお母さんにも大変おすすめです。

アメリカ出産の豆知識

出産時の常識も日本とは異なる点もあるのでご紹介します。

無痛分娩が一般的

日本では、まだまだ浸透されていない無痛分娩ですが、アメリカではもはや常識とも言っていい位、無痛分娩が主流となっています。合理的な考えのアメリカだけあって、経験しなくてもいい痛みは取り除くという意識の上に成り立っている分娩法です。

アメリカでは硬膜外無痛分娩というものが一般的となっています。陣痛は脳に信号が送られることで発生するものですが、その信号を事前に遮断してしまうというものです。心配される赤ちゃんへの影響は少なく、たとえ麻酔をしたとしても生理痛ほどの痛みは感じるといわれています。

LDR出産が常識

無痛分娩と同じく、日本にまだ知られていないLDR出産。英語でLabor(陣痛)、Delivery(出産)そしてRecovery(回復)の頭文字をとった出産法ですが、日本では陣痛室、分娩室が分かれているのが一般的です。

それをすべて同一の部屋で行えるタイプの出産のことをいいます。日本では40万円から100万円と費用が高くなるため、多くの産科や妊婦さんにまだ少数しか受け入れられていません。

アクティブバース出産法や上の子がおられる家庭で一緒に出産に挑みたい方にとっては向いている最適な出産スタイルです。

帝王切開になる確率が高い

アメリカ出産を覚悟すると同時に、心しておいてほしいのが帝王切開の確率の高さです。

日本と同じく、胎児の逆子や回旋異常、高齢出産、妊婦の体重によって選択されますが、アメリカは訴訟国家でもあるため、いざという時のことを考え日本よりも多い確率で帝王切開処置をとることがあります。

今では多くの帝王切開事例がありますが、だからといっていつでも安全という保証はありませんし、産まれた後の授乳やカンガルーケアなどを重視している方にとっては、アメリカでの出産自体考え直す必要があります。

退院までの期間

アメリカといえば退院までの期間が短いことでも知られていますが、その期間は通常分娩で1泊2日から2泊3日、帝王切開でも3泊4日ほどです。当然退院までの期間を延ばすこともできますが、費用はそれなりに必要となります。

退院後も新生児を連れて2日後、1週間後と検診が行われるため、足を運ばなくてはなりません。

また、退院までの期間が短いため、沐浴や授乳など日本のように優しい指導はありませんので、初めて出産をする方にとっては心しておく必要があります。

事前に産後の身の回りのことや育児のことも考えておく必要があります。旦那さんや応援者などの協力も得ておく必要があるかもしれません。

アメリカでの出産するためには

アメリカで出産する場合、費用の他に色々な下準備が必要になってきます。

まずは病院の予約です。日本と違いアメリカではお母さんと赤ちゃんのために、産婦人科と小児科の双方の予約が必要になります。

また、分娩を担当してくれるドクターの指定も必要になってきます。病院を決める際の情報は、ネットなどを利用して調べることも可能ですが、やはり評判などは現地の方の意見を参考にするのがベストです。

アメリカに知人などがいない場合は、現地コーディネーター等をうまく活用してみまいいでしょう。

他にも、出産前、産後の滞在先手配、飛行機の予約、検診の記録(英語版の母子手帳)等の用意も必要になってきます。渡米する準備などは、早い時期から余裕をもって進めておくことをお勧めします。

photo credit: the bridge via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる