保険適用になる

保険適用になる?妊娠中の切迫早産の入院費用と高額療養費制度




マタニティーライフを楽しく過ごしたい!と思っていても、切迫早産と診断され、ある日突然入院生活になってしまう。これは、まったく珍しいことではありません。

切迫早産は、赤ちゃんが予定日よりも早く産まれてしまったり、最悪の場合は流産という危険もあります。

自宅安静で切迫早産が落ち着く場合もありますが、ママと赤ちゃんの安全を考慮して入院した場合、長期間になると入院費用もかかるので金銭的な面でも心配になります。

そこで今回は、

・切迫早産の入院のお金は自費?
・入院ではどんなことにお金がかかる?
・長期の入院で費用が高額だったらどうすればいい?

といった方に、切迫早産で入院するときの入院費用は医療保険の適応となるのか?高額な金額となってしまった場合の、助成制度や知っていたほうがいいことなどについて詳しくご説明します。

Kirala Kirala

切迫早産とは

切迫早産とは

切迫早産とは、お腹の赤ちゃんが正期産である妊娠37週までに産まれてしまいそうな状態のことをいいます。本来赤ちゃんは、ママのお腹の中でしっかり育ってから産まれます。

胎児の身体の機能などが充分に発達していない状態で産まれてしまうと、出生後に身体的にトラブルがでる場合があるので、できるだけ妊娠37週0日以降に出産するのが理想です。

それ以前に子宮の収縮が定期的に頻繁に起こるようになると、どんどん子宮口が開いて赤ちゃんが出てきてしまったり、破水して出産に至ってしまいます。

赤ちゃんが健康で産まれてくるために、早産にならないように切迫早産と診断された場合は、日常生活に気をつけ専門医の指導をうけ、しっかり治療をする必要があります。

切迫早産になっていないかは妊婦健診の時に医師はチェックしていますが、お腹がキューッと硬くなることが定期的にあったり、その間隔が段々短くなってきたと感じる場合や、下腹部や背中が定期的に痛くなるような場合は注意が必要です。

できるだけ早く担当医師に連絡して医療機関を受診しましょう。特に、初産の妊婦さんの場合は、お腹が張っている状態に気がつかないことがあるので日頃から注意しておきましょう。

切迫早産で入院すると保健適応になる?

切迫早産で入院

切迫早産と一口にいっても、その症状や程度は人それぞれです。自宅で安静にしているだけで症状が治まる人もいれば、薬を服用することで症状が落ち着く人もいます。

しかし、安静や薬だけでは切迫早産の症状が治まらなかったり、より深刻な状況になることが予想される場合は、医師から入院して徹底した安静と点滴などの治療を奨められます。

入院しても数週間で退院できる場合もありますが、出産まで数ヶ月間ずっと入院してベッドの上で過ごすということもあります。妊娠中には切迫早産に限らず、いろいろな健康面でのリスクが伴い妊娠期間に入院することが珍しくありません。

基本的に妊娠に関わる症状で、治療と診断された場合は健康保険が適応されます。医療費の負担割合は例外もありますが、基本は3割負担です。

医療費(治療費、薬代、入院費)

切迫早産で入院して行われる治療はさまざまですが、一番大切なことはお腹の中の赤ちゃんを、できるだけ正期産である妊娠37週目まで、ママのお腹の中で育てられる環境を作ることです。

切迫早産で入院する治療の基本は「安静」です。切迫早産で入院すると常に安静を保つことを要求されますので、入院中はベッドで横になって安静に過ごすことになります。

しかし、本当に赤ちゃんがすぐにでも産まれてしまいそうな状況であると、トイレにも行くことを許されないほどの安静を要求されます。

また、子宮の収縮が収まらない場合は、ウテメリンという子宮収縮抑制剤を点滴されたり、子宮口がどんどん開いて来てしまう場合は、外科的な治療で子宮の入り口を糸で縛って早期の出産を回避する手術を行うときもあります。

人によって治療の内容が違うのでかかる医療費は算出できませんが、3割負担の健康保険が適応された場合でも、おおよそ1日あたり1万円ほどはかかると考えておきましょう。

差額ベッド代

入院するとベッド代というものがかかります。

産婦人科や医療機関によって差がありますが、一般的な産婦人科や総合病院の産科などの大部屋(一つの部屋に複数の入院患者を収容している部屋)であれば健康保険の適応の医療費にそのベッド代が含まれるので、医療費以外にベッド代を支払うことはありません。

しかし、2人部屋であれば一般的には1日当たり5000円ほどの差額ベッド代がかかります。また、個室での入院を希望したり、大部屋が空いていないため個室に入院することになった場合は、1日当たり1万円の差額ベッド代がかかります。

入院する産婦人科などが設備が充実した豪華産院などの場合は、もっと高額な差額ベッド代がかかってきます。高額の個室などは健康保険は適応除外になります。

食費

入院期間中に病棟で出される病院食は、個人の健康状態などを考慮して用意されるものですが、基本的には健康保険除外の費用です。

総合病院などで出される病院食は一般的には一食当たり300円前後ほどになりますので、1日3食として1日当たり1000円程度になることを頭に入れておきましょう。

食費に関しても豪華産院などは、レストランのシェフが担当するような豪華な食事が提供される場合は、より高額な食費がかかることになります。

1日の入院費用は?

1日の入院費用

入院費用はどんな治療をするか、どんな病院のどのような形態の部屋に入院するかによって大きく差が出てきますが、一般的に個室に入院した場合は、1日当たり2万円ほどの入院費がかかりますので2万円×入院日数ということになります。

1週間ほどで退院する人もいれば、37週目まで半年以上も入院する人もいます。数ヶ月入院する人は健康保険が適応された場合でも、数十万円の費用がかかってしまう可能性がありますが、一般的には高額療養費制度を利用して入院費を補填(ほてん)できる場合がほとんどです。

高額療養費制度って何?

高額療養費

入院費用や治療費が保険適用であっても、かなり高額な医療費を支払わなくてはならない場面がいろいろとあります。

高額な医療費を支払えないため治療できないという事態を避けるために設けられた医療保険制度ですが、この制度には差額ベッド代や食費などは全額自己負担になるので含まれません。

1ヵ月単位で、これらの費用を除く医療費が一定の自己負担額を超えた場合に、高額療養費制度が適応されます。切迫早産による入院で高額療養費制度を利用する人は70歳未満ですので、基本的には医療費負担は3割負担です。

1ヵ月の医療費の自己負担額が一定額以上になった場合、所得などを加味した計算方法で5区分に分けられて給付金を受け取ることができます。

また、長期間の入院生活で高額な医療費の出費が続くときなど、この制度は過去1年の間に3回限度額を超え、 高額療養費の対象になれば、4回目から限度額が約半分になります。

高額療養費制度の区分

高額療養費の制度を利用する場合は、その年収によって自己負担限度額を超えた場合のみ適応され、大きく5つの区分に分かれています。

・年収 1,160万円以上の世帯では、1ヵ月の自己負担額が140,100円
・年収 770~1,160万円の世帯では、自己負担額が93,000円
・年収 370~770万円の世帯では、自己負担額が44,000円
・年収 370万円以下の世帯では、自己負担額が44,400円
・被保険者が市区町村民税の非課税者世帯では、自己負担額が24,600円

それぞれの限度額を超える場合、高額療養費制度を利用することができます。

切迫早産の入院によって高額療養費制度を利用する場合は、対象となる世帯であるかを医療機関に問い合わせてみましょう。

高額療養費制度の手続きは?

事後に手続きする場合は、一旦は医療機関などに3割負担での医療費を自費で支払い、その後、1ヶ月の自己負担が限度額を超えた場合は加入する保険の保険者に医療機関で受け取った領収書や保険証、振込口座が分かるものなどを持参して申請します。

国民健康保険の加入者は市区町村によって申請方法が異なりますので、住んでいる地域の国民健康保険担当窓口で確認して申請しましょう。

医療機関での領収証などは必ず必要となりますので、なくさないように大切に保管しておきましょう。

事前に医療費を抑える方法

切迫早産による入院費用は1ヵ月当たり40万円から60万円ほどかかるのが一般的です。このように医療費が高額にかかっても、高額療養費制度を利用すれば後でそれぞれ算出された金額が還付されるので心配する必要がありません。

しかし、一時的にでも高額な医療費を払う余裕がない場合は「限度額適用認定証」の交付を受けておくと、医療機関に支払う医療費が抑えることができます。

限度額適応認定証を健康保険証と一緒に医療機関に提出すれば、一般的に1ヵ月にかかる医療費の限度額が8万円ほどに設定されますので安心です。

手続きする時期は医療費を支払う前でも、支払った後でもかまいません。

事前に手続きする場合、限度額適用認定証は自分が加入している保険者に申請すると交付される認定証なので、勤め先など各自保険証に書かれている保険者を調べ、申請して交付してもらいましょう。申請のために必要な書類は医療機関での領収証、保険証、印鑑などです。

医療費控除制度を利用する

医療費控除制度

高額療養費というのは1ヶ月にかかった医療費がおよそ8万円を超える場合は医療費を支払わないでよいという制度です。

高額医療費の場合の医療費というのは保険適用される医療費が対象となり、生命保険からの給付金は考慮する必要のないものですが、この高額療養費とは別に、医療費控除という制度もあります。

高額療養費ほどの医療費でなくても、医療機関に支払ったお金や交通費、薬代などが一年間に10万円以上の医療費を支払った場合、その一部が還付されるという制度です。

医療費控除では保険などからの給付金や高額療養費で戻ってきた金額を、医療費の合計から差し引いて申告する必要があります。

生命保険の入院給付金

生命保険の入院給付金

切迫早産で入院した場合、医療費は健康保険制度を利用し、基本的には3割負担での支払いになりますが、健康保険ではなく民間の保険会社の生命保険に加入している場合、契約内容によっては入院費に対して給付金が支払われます。

正常分娩で出産した場合は、生命保険から給付金が支払われませんが、切迫早産など妊娠出産に対するトラブルがあったときの特約が付いていると給付金が出ます。

加入する生命保険の入院給付金が1日当たり5,000円の契約になっていれば、5,000×日数分の給付金が支払われます。入院日数による制限もありますが、入院5日以上の条件であれば、5,000円×4日分の金額が差し引かれた額が給付金として支払われます。

もし、1日当たり1万円の給付金が支払われる契約になっていて、差額ベッド代が発生しない入院費であれば、生命保険からの給付金だけで入院費用の全額を賄えるばかりか、入院費よりも多くの給付金を受け取る場合もあります。

生命保険に加入している場合は、これらの制度を利用できないか是非チェックしましょう。生命保険での給付金には税金はかかりません。しかし、医療費控除などの制度を利用する場合は、生命保険からの給付金は差し引いて申告する必要があります。

まとめ

まとめ
切迫早産などで入院すると、赤ちゃんは無事に産まれるのかと、ただでさえ心配や不安でいっぱいになり精神的にも追い詰められます。さらに、1日当たり最低でも1~2万円ほどの医療費がかかるとなると金銭的な面でも心配になります。

安心して赤ちゃんを産むためには、金銭面でも心の負担を軽くする必要は大いにあります。切迫早産で入院や治療をする場合は、健康保険の適応で基本的には3割負担の医療費で済みます。

思いのほか高額な医療費がかかったとしても高額療養費の制度を利用すれば、入院費用が一定額以上かからない仕組みがあります。医療費のことで心配なことがある場合は、医療機関や市区町村の窓口に相談しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる