帝王切開は痛い

帝王切開は痛い?術後の痛みってどんな痛み?痛みの期間と対処法




帝王切開は通常のお産と違い、麻酔をかけて出産します。

事前に帝王切開が決まっている場合には陣痛と無縁ですが、出産時ぎりぎりに帝王切開を選択せざるをえない場合は、麻酔がきくまで陣痛の痛みは当然なくなりません。

自然分娩での陣痛も痛いのは想像しているママですが、帝王切開と医師にいわれた一番の不安は痛みです。

そこで今回は、

・帝王切開をするときの麻酔は痛いの?
・帝王切開の手術中麻酔がきれない?
・帝王切開後の痛みを自分で緩和することはできるの?

といった方に、帝王切開時の痛みや術後の痛み、痛みの期間などについて詳しくご説明します。



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

産後ダイエットには酵素がおすすめ!今おすすめの酵素ドリンクはこちら!
>>ミネラル酵素ドリンク

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

帝王切開になるケースは大きく2つ

帝王切開になるケース

最近では出産を迎える前に赤ちゃんの様子やママの状態を詳しく確認できるようになってきたため、あらかじめ医師の指導のもと帝王切開という手段で出産する方法を選ぶことがあります。

まずは、多児妊娠や逆子、高齢出産などのケースです。そして、予定にはなかったけれどもママと赤ちゃんのどちらかに問題が起き、お産の途中や出産直前に手術を開始するケースがあります。この場合、本人や家族の同意を得て帝王切開することになります。



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

思うように体重が減らない?そんなときは酵素を試してみよう!
>>ミネラル酵素ドリンク

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

帝王切開で考えられる痛みってどんなものがあるの?

考えられる痛み

通常出産で考えられる痛みは、陣痛が主な痛みです。

帝王切開でも緊急手術となる場合、通常出産と同じく、陣痛の痛みを経験します。その上で麻酔をかけて出産となりますので、麻酔が効くと同時に痛みは遠のくことになります。

ですが、一般的な手術と同じように術後の痛みはあります。主な4つの痛みを簡潔にまとめてみました。それぞれの痛みについて見ていくことにしましょう。

麻酔の痛みは?

帝王切開では、お腹と子宮を切開しますので、当然麻酔をします。麻酔には局所麻酔と全身麻酔がありますが、帝王切開の場合は通常、局所麻酔を使われることがほとんどです。

急を要する出血や胎児仮死などの場合、全身麻酔を選択するケースもありますが、多くは局所麻酔となっておりますので、今回は局所麻酔のケースを説明していきます。

局所麻酔の場合、薬が効いたからといって何も感じないという訳ではありません。お腹の中を触られている感覚もあり、生まれた赤ちゃんの産声も聞くことができます

点滴を入れているとそこに麻酔を投与する場合もありますが、注射の針が刺さるときに少しですが痛みを感じることになります。しかし、麻酔はすぐに効いてきますので、強い痛みを感じることはありません。

約5分ほどで感覚が麻痺してきますので、完全に麻酔が効いたことを確認したうえで手術が行われます。注射に対する痛みは個人によって感じ方が異なりますが、我慢できないほどの痛みではありません。

麻酔の針を刺すときの痛みは、予防接種や血液検査などで注射を必要とする場合と同様の痛みです。本当に瞬間的なものですので、特別心配することはありません。



ミネラル酵素ドリンク

手術中の痛みは?

帝王切開では大半が局所麻酔による処置ということもあり、眠っている状態とは異なります。そのため、もしかして手術の途中で痛みを感じるのではないかと心配もあるでしょう。

ですが、お腹を触られるなどの感覚はあるものの、手術中の痛みを感じることはまずありません。赤ちゃんを取り出しているのも分かり、胎盤を取り除いてから傷口を縫合している間も、もちろん感覚があり、ママによっては気持ち悪いなどの意見もよく聞きます。

ただし局所麻酔の場合、体への影響やリスクは少ないですが、薬の効果が弱いことも稀にあります。もちろん医師や看護婦が何度か確認をしたうえで手術を進めていきますが、自分の感覚として痛みなどを感じる場合には、遠慮せずに伝えることが大切です。

麻酔を増やしたり痛み止めを投与するなど、適切な処置をとることで痛むことなく手術を終えることができますので、我慢することなく伝えて大丈夫です。

通常分娩の予定が何らかの問題があり、帝王切開を選択することもありますが、はじめ陣痛があった場合の緊急処置としての帝王切開で、手術中に痛みを感じることは少ないです。通常1時間程度で手術は終わりますが、赤ちゃんやママの状態によっては、手術時間も長引くこともありますので、途中で痛みを感じるようなときは看護師や医師に伝えましょう。

術後の痛みは?

帝王切開で一番長いこと我慢する必要があるのが手術後の痛みです。お腹と子宮を切開して子供を取り出すわけですから、麻酔が切れることで痛みを感じることになります。

また、帝王切開の傷は、大きく切開する場所も広範囲にわたるため、痛みもその分強いものになると考えられます。手術直後であれば麻酔の効果が完全になくなっていないので、痛みを感じることはありません。

しかし、その後時間が経過し麻酔の効果がまったなくなると、お腹の痛みが襲ってきます。もちろん個人差があり、そんなに痛みを感じなかったり強く痛みを感じたりまちまちですが、大きな痛みを感じた場合には、必ず医師や看護師に伝えましょう。

薬の投与などで痛みを回避できますので、我慢する必要はありません。また、術後は麻酔による影響も多少なりとも感じることがあります。麻酔による術後の症状としては頭痛や吐き気などです。少しでも気持ち悪い場合には医師に相談しましょう。

ですがほとんどの場合、時間の経過とともに症状は落ち着いていきます。特に心配する必要はありませんので、退院まで安静を保つよう心がけましょう。

手術後心配するとしたら

医療の進歩により、帝王切開手術も安全に行われるようになりました。ですが、手術ですから合併症などがまったくないわけではありません。考えられる合併症としては、縫合不全による出血や感染症、血栓症、術後の癒着が原因となる腸閉塞などです。

適切な処置をすれば大きな問題になることはまずありませんので、体調や気分的に違和感を覚えるような場合には必ず医師や看護師に伝えましょう。

帝王切開後の傷口よりも後陣痛のほうが痛い?

帝王切開は、陣痛を経験することなく手術を行う方もいますので、後陣痛を辛いと感じる方も多くいます。また、自然分娩と異なり、赤ちゃんを取り出した後、胎盤などを無理やり取り除くため痛みが強くあらわれることが予想されます。

この後陣痛は通常分娩でも辛い痛みのひとつですが、子どもが育っていた子宮が元の状態に戻るための大切な痛みです。

痛みの感じ方は個人差があり、ひどい方では鎮痛剤なしでは我慢できないほどといいますので、辛い場合には医師に相談しましょう。

手術の仕方で痛みも異なる

帝王切開の場合、麻酔も全身麻酔のケースと局所麻酔のケースがあり、その後の回復具合も異なります。また、最近では傷跡が目立たないよう、横にメスを入れるケースと従来のような縦にメスを入れることがあり、その方法によって伴う痛みも違います。

一般に全身麻酔のほうが体への負担も大きく、その分リスクによる痛みが増えます。また、従来通りの縦にメスを入れる方法よりも、傷口を目立たないようにする横に切開したほうが、合併症や癒着などのリスクが増えるため、痛みを強く感じることが多いです。

このような帝王切開の手術方法は、病院によってやそのときの母体や胎児の状態によって選択が異なります。

痛みを少なくしたい、リスクを減らしたい、傷を目立たなくしたい、赤ちゃんお安全を第一に考えたいなど、ママによって重視する点も違ってきますので、痛みなど不安に感じる場合には担当の医師に事前に相談してみましょう。

抜糸の痛みは?

帝王切開では、切開した傷を縫合する必要があります。そのためその糸を取り除く抜糸が行われます。

最近では、傷が治る頃に自然に糸が溶けるものを使用することも多いですが、場合によっては溶けないタイプの糸を使用することもあり、ホッチキスのようなもので縫合し、その後抜糸をすることもあります。

治ってきている傷口から糸を抜くのは痛そうに感じますが、大半のママは痛くなかったといいます。もちろん多少の痛みを感じる方もいますが、引っ張られる感覚を痛みと感じたり、糸を抜くためのピンセットなどが当たって痛かったと感じることがほとんどです。



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

忙しいママでも酵素でお手軽ダイエット!手軽に痩せ体質を手に入れる!
>>人気朝食ブランドの【ミネラル酵素ドリンク】

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

帝王切開の痛みはいつからいつまで?

痛みはいつまで

帝王切開による痛みは術後が大半を占めます。そのため、やっと出産を終え、ホッとした頃に痛みと向かい合う必要があります。しかし、出産に痛みはつきもの。通常分娩でも、陣痛として産むまでに長い時間痛みに耐え、その後の後陣痛にも耐えなければなりません。

帝王切開同様、産後の痛みも伴いますが、どんな出産方法であれ痛みは辛いものです。痛みに向かい合うためにも、ある程度の期間を把握しておくと安心です。次は痛みの期間について見ていきます。

帝王切開の痛みはいつ始まる?

麻酔が切れることで第一弾の痛みを感じますが、麻酔の効果が切れる時間については個人差があります。そのため、正確にどのくらいで痛みを感じるかは人によって異なります。

通常手術後2時間から3時間すると痛みを感じます。また、傷口の痛みよりも辛いといわれる後陣痛も、個人差があるものの術後数日後から痛みを感じることが多いです。

授乳によりホルモンが分泌されることでも子宮の収縮が進むため、これもまた個人によって異なりますので、後陣痛の痛みが始まる時期については、数日経ってからと考えておきましょう。また、初産の方よりも経産婦の方の方が痛みを強く感じる傾向が高いとされています。

傷の痛みはいつまで続く?

帝王切開で切開した傷は、おおよそ1週間ほどで落ち着きます。はじめは痛みが強く鎮痛剤を使っていても、この頃まで必要という方は少なく、後陣痛に関しても、我慢できない強い痛みは3日間ぐらいです。

段々と痛みが弱くなっていき、退院を迎えるころには生理痛のような痛みも治まります。退院後完全に子宮が元のような状態に戻るためには約二ケ月ほどかかるので、完全に痛みがなくなる訳ではありませんが、生活に支障をきたすような痛みは入院期間中だけです。



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

産後ダイエットには酵素ドリンク?酵素サプリ?どっちがいいの?
>>産後におすすめの酵素ダイエットの基礎知識と酵素の選び方

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

痛みがなくならないのであれば・・・

帝王切開の手術後はさまざまな痛みを感じます。もちろん薬の投与などで和らげることもできますが、医師や看護師に処置をしてもらってもまだ痛みを感じる場合には我慢は禁物です。

慢性的な腹痛などは、術後癒着(腸閉塞)している可能性があり、子宮筋腫の壊死(えし)や虫垂炎などが原因となって痛みを感じているケースもあります。退院する際の検診や退院後にまだ痛みが続く場合には、早めに医師や看護師に伝えましょう。

痛みを少しでも減らすために

痛みを減らす

傷の痛みや後陣痛が落ち着くまで我慢するばかりではなく、ちょっとした工夫で痛みも半減できるのでみてみましょう。

傷の痛みを減らすためには?

痛みを抑える方法は薬しかないかといえばそうではありません。ベッドでの過ごし方などを工夫することで痛みを逃がすことは十分可能です。第一は、お腹をあまり動かさないようにすることです。

やはり切開している腹部や子宮部分に力がかかったり、大きく周りの筋肉が動かすと痛みを感じることも増えます。立ち上がったり、座ったりする際にはおなか部分に負担をかけずに、できるだけ足や手の力を使って生活します。

また、寝ていても体重のかかり具合によって痛みますので、腹部に負担のかからない自分ならではの姿勢を見つけるのも必要です。

後陣痛を減らすためには?

後陣痛の痛みは子宮収縮により伴う痛みです。そのため、子宮収縮がスムーズに行われるよう体を動かした方が、痛みも早くなくなります。帝王切開は、血液が固まる血栓症などを回避するためにも動くよう指導されます。

傷が痛むからと動かないのではなく、できる限り体を動かしてみましょう。はじめはベッドの上で、ゴロゴロと体勢を変えたり足を動かす程度で大丈夫です。

また、徐々に動けるようになったらトイレまで一人でいったり、赤ちゃんを見に新生児室まで歩いてみましょう。

子宮収縮を促し、痛みを早くなくせるようママも努力してみてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産

目次
をみる
関連記事
をみる