妊婦さんに人気のお仕事

妊婦さんに人気のお仕事って何?在宅ワークの魅力について!



☆ココマガだけのお得なキャンペーン開催中☆
cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

女性の社会進出が若い世代を中心に進んでいること、景気の先行き不安なども影響して、妊娠しても働きたい、暇な時間を無駄にせずにしっかり稼いで家族の将来のために貯蓄したい、という考えを持つ妊婦さんが増えてきました。

妊娠生活を安心して送りながら、自分のペースで働くことができる仕事をしたいと考える妊婦さんに人気のお仕事に「在宅ワーク」というものがあります。

そこで今回は、

・在宅ワークとは?
・どうして妊婦さんに人気があるの?

といった方に、妊婦さんに人気の在宅ワークというものには、どのような魅力があるのか詳しくご紹介します。

在宅ワークってどんなもの?

在宅ワークってどんなもの

在宅ワークと聞いて、どのような仕事を思いつきますか?家で仕事をするといっても、何をするのか良く分からないという人も多いでしょう。

昔は家で働くというと、「内職」といって、何かを製造している作業所などから、家で簡単にできる手作業や部品の組み立てや、衣類の縫製などを主婦が請け負うような仕事でした。

特別な技術がいらない簡単な作業を行う仕事もありますので、家で時間を作って大量の作業を行い、できた成果物を納品して収入を得るというものです。

現在国内でも昔からの内職というものは存在していますので、家で内職の仕事をして収入を得ているという人はいます。

このような「内職」と現在の「在宅ワーク」というものはまったく別の種類の職種です。家で行う作業という点では、内職も在宅ワークも同じですが、一般的に現在の在宅ワークというものは、パソコンやスマートフォンなどの電子機器を使って行うものです。

軽作業という点では同じですが、内職が手作業で何かを作るものとすれば、在宅ワークは文字やイラスト、デザイン、システムなどのデータを作って、そのデータを納品するというものです。

データを作成する仕事がほとんどですので、材料などがほとんど必要のない仕事です。インターネットからの情報があふれている世の中ですので、いわゆるIT業界の下請けのような作業を在宅ワークが担っているのです。

妊婦さんが感じる在宅ワークの魅力

在宅ワークの魅力

では、妊婦さんが在宅ワークに魅力を感じるのはどのような点なのかを見ていくことにしましょう。

暇な時間を活用できる

妊婦さんで専業主婦という人は、1日の内で暇な時間が意外と多いものです。

特に旦那さんと二人暮らしで、旦那さんの帰宅時間が遅い、夕飯はほぼ要らないという人などは、朝に旦那さんを仕事に送り出した後に家の家事をさっとこなせば、後は夜まで自由時間となります。

子供がいても、学校や幼稚園に送り出してしまえば、帰ってくるまでは自由時間です。幼稚園に行かないような子供でも、お昼寝をしている間などは暇だと感じることもあるでしょう。

家庭の事情によっては1日の大半が自由時間だという人も多く、「何をしたら良いか分からない・・」と暇を持て余してしまう人もいます。

妊娠期間を有意義に過ごすことは大切です。今まで仕事で忙しかったという人は、思い存分暇な時間を謳歌するのも良いでしょう。

気の合う女友達とお茶したり、ランチしたり、ショッピングしたりというのもストレス発散になりますので、妊婦さんには必要です。

趣味の時間を持ったり、時間をゆっくり過ごしたり、気分を開放することは非常に重要ですので、そのようなことに時間を使うことは良いことですが、もし暇な時間を持て余して、逆にストレスを溜め込んでいるならば、その時間を在宅ワークに費やしてはいかがでしょうか。

もちろん、無駄な浪費をせずにしっかり働いてお金を貯めたいという人は、時間を有効活用するためにも暇な時間を在宅ワークにあてる気持ちで仕事に打ち込むのも良い方法です。

一人一人、妊娠期間の時間をどのように過ごすかは自由ですが、自分に無理の無いように時間を仕事にあてるというのは有意義な方法です。

通勤しなくていい

妊婦さんが仕事をする時に、気になるのが「通勤」です。

職場が家のすぐ近所であるならば、自分も家族も妊娠しているからといって特に心配はありませんが、家と職場が遠かったり、満員の電車やバスに乗る必要があったり、乗り換えが多かったりすると、通勤自体がストレスになって、仕事の内容以前に妊婦さんには向かない仕事になります。

デスクワークで妊婦さんの体に負担にならない仕事であっても、通勤時間が長かったり、混雑する時間帯や路線に乗車する必要があったりすると、仕事に行くことが難しくなります。

妊娠初期の悪阻の頃は、体調も突然悪くなったりしますが、そんなときに座ることもできない、簡単に降りることもできない、席を替わってもらうこともできないような通勤電車に乗ることは、非常に過酷なものです。

お腹が目立たない頃などは、優先座席の前に立っていても多くの人が気づいてはくれませんし、お腹が大きくなると混雑する交通機関を利用することで、転倒したりするリスクもあります。

このようなことを考えると、妊婦さんが仕事をするにあたっては、通勤時間がないほど良い仕事であるということになります。

その点、在宅ワークというものは家で行うことができますので、通勤時間はゼロですし、もちろん通勤のストレスもゼロです。

妊婦さん本人も、家族の人も通勤しないで済む仕事は安心できます。安心してできる仕事という面でも、在宅ワークは妊婦さんに人気が非常に高くなっています。

力仕事や立ち仕事をしなくていい

現代では女性でも力仕事がありますし、店員さんなどは長時間立ちっぱなしということも多くあります。

妊婦さんは重い荷物を持ったり、上げ下ろしすることはお腹に非常に負担をかけます。重い荷物を持つとお腹にグッと力が入ります。

それが原因で妊婦さんはお腹が張ってしまうことがあります。妊婦さんのお腹はできるだけ柔らかい状態であることが大切です。

妊娠後期になってお腹が大きくなっていたとしても、表面の皮膚は柔らかいという状態がお腹の赤ちゃんにとっては居心地の良い状態なのです。

お腹が張ると、お腹が硬くなって皮膚がピンと強く張る状態になります。そして、お腹の中で子宮が収縮しているということです。

出産の時にお腹が張るのは、子宮が強く収縮しているので正常ですが、出産時期でもないにも関わらずお腹が張るということは、生まれる時期ではないのに子宮が強く収縮している、つまり、流産や早産のリスクが高まってい場合があります。

このような理由から、妊婦さんは重いものを持つことはあまり良くないとされています。また、重いものを妊娠後期などに持つと、出産に向けて骨盤が緩んでいるので脱臼したり、腰痛が悪化する危険があります。

重いものを持たなくても、長時間立っていることの多い仕事も妊婦さんの脚の浮腫みの原因にもなりますので注意が必要です。

また、動きがあっても椅子から立ったり、座ったりという動作が多い仕事も、大きなお腹をした妊婦さんには負担です。

妊婦さんの仕事ではやはり重いものを持たない、立ち仕事でないというような条件が必要です。

在宅ワークは、座ったままできる仕事なので、お腹の大きな妊婦さんでも体に負担があまりかからないのが魅力です。

体調が悪い日は自分の判断で休める

妊娠初期の悪阻の時期などは、一日中気分の悪い人もいれば、食べ物を食べたあとが調子が悪かったり、お腹が空くと吐き気がする人、お昼の数時間がたまらなく眠気が強くなる人など、悪阻の症状や程度が人によって違います。

毎日ずっと調子が悪いという人は仕事などできませんが、体調に波のある人などは体調が良い日は仕事ができます。

また、昨日まで体調が良くてもちょっと出血があったり、気になる体調があると妊婦検診でもないのに急遽病院に駆け込むということもあります。

このようにいつ体調が崩れるか、不安要素が出てくるのか分からないという妊婦さんは思い切って外で仕事をするということがなかなかできません。

雇用する側も、そのような妊婦さんの突然の体調の変化で辞職されたり、欠勤されたりすることが不安要素でなかなか採用できないのが実状です。

予測できない体調を抱えながら仕事をするためには、体調の悪い日は突然でも仕事を休むことができる在宅ワークというのは、妊婦さんにはありがたい仕事です。

体調の悪い日は仕事を全面的に休んで、また体調が良い日に集中して仕事をすることができるのが在宅ワークです。

妊婦さんが在宅ワークの仕事を受ける場合でも配慮しなければいけないのは、しっかり仕事の品質を保ちながら納期をちゃんと守るということです。

妊娠しているので納期が遅れるということは考えられませんし、取り引き先に迷惑がかかります。

このようなことがないように、自分が妊娠していること、自分の今の体調などをしっかり考慮した上で仕事を受けることが大切です。

仕事の単価が高い仕事は量が多かったり、短時間に仕上げる必要がある仕事である場合が多いのですが、無理をしないとできないような仕事は、たとえ高収入でも妊婦さんは引き受けるべきではありません。

体調が悪くなったとしても日程を自分で調整し、納期に間に合うという自信が持てる仕事を選んで受けることも重要です。

服装を選ばなくていい

外でアルバイトやパートなどをする場合、服装に規制がある仕事先はたくさんあります。店員などは制服がありますし、デスクワークでも制服着用の企業もあります。

各企業でも、妊婦さんが着るマタニティー制服があることもあります。制服がない企業でも外で働くということは、ある程度服装の規正があります。

妊娠中期を過ぎてくるとお腹が大きくなってきますので、今までの服装ではお腹が窮屈だと感じたり、体が思うように動かせないということも出てきます。

妊婦さんが外で働くということは、今まで気にならなかった服装の機能面にも気を使うこともあります。

このような点で考えると、在宅ワークは自宅で一人で行う仕事なので、服装も自分の好きな服装でできます

妊婦さんの服装は見た目も大切ですが、楽であることも重要です。温度調節も自由自在ですので、妊婦さんが在宅ワークをすると服装の面でも楽で快適です。

仕事をする体勢は自由

在宅ワークは自宅で一人でできるので、服装が自由なことと同じように、仕事をする体勢も自由です。

妊婦さんは普通の人が苦痛に感じない体勢が苦手だったり、じっと同じ姿勢をしていると体がしびれてきたり、お尻や腰が痛くなったり、脚が浮腫んできたりします。

そのため、妊婦さん個人が楽な体勢で、人目を気にしないで仕事ができる在宅ワークというのは魅力があります。

座ってパソコンを打つのが苦しくなれば、高さを変えて立って打つこともできますし、デスクワークが疲れれば、座卓で仕事をしても良いのです。

姿勢が自由というのは、妊婦さんにとってはありがたい状況です。

人間関係にストレスを感じる必要がない

仕事を辞めたいと感じる理由の一つに「人間関係のもつれ」というものがあります。

仕事の内容は気に入っていても、上司や同僚との人間関係が上手くいっていないと、精神的に非常に大きなストレスになります。

妊娠中はホルモンバランスが通常と異なるために、少しのことで不安になったり、イライラしたり、悩んでしまいます。

精神的なストレスがかかりやすくなっている妊婦さんは、できるだけ精神的にストレスフリーの状態を作ることが大切です。

職場では周りの人に迷惑をかけないように、どう思われているか、きつく叱られたというようなことで気を使いますし、ストレスが大きくかかります。

このような人間関係のストレスから妊婦さんが開放するためにも、在宅で仕事をするということは適しています。

仕事の内容でクレームが付くことがあっても、人間関係に気を使うことは極力少なくなりますので、在宅ワークは気疲れしやすい妊婦さんに人気があります。

スキルアップできる

パソコンを使っての在宅ワークというものは、パソコンスキルの有無で収入に差が出てきます。

普通のデータ入力の仕事よりも、高いスキルを必要とする案件の方が単価が高くなります。スキルさえあれば、妊娠していても自宅で仕事をするだけで、外でアルバイトをするよりもたくさんお金を稼ぐことができる可能性があります。

そのためにも、パソコンなどの特化したスキルを得ることが大切になってきます。高度なスキルは習得するためには努力が必要ですが、向上心のある妊婦さんなどは、今後の仕事につなげるためにもスキルアップを目指しながら仕事をしています。

時間にもゆとりのある妊婦さんだからこそ、スキルアップも目指せる在宅ワークは人気があるのです。

まとめ

まとめ

妊婦さんは、妊娠している体で外で仕事をしようとすると、いろいろな面で弊害が生じます。このような妊婦さんが仕事をする条件に適している面を持ち合わせているのが、在宅ワークです。

妊婦さんに人気の在宅ワーク。在宅ワークに魅力を感じた妊婦さんは、積極的に在宅ワークにチャレンジしてみましょう。

cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる