仕事の服装に迷ったら

妊婦さんに人気のオフィスウェアとは?仕事の服装に迷ったら!




一昔前までは、結婚を機に退社、妊娠したら退社、という流れが当たり前でしたが、現在では結婚しても妊娠しても、仕事を続けようと思う女性は多いです。

特に最近では、働く妊婦さんというのは珍しくないことで、アルバイトや仕事をしている妊婦さんをよく見かけます。

しかし、仕事を続けるにあたり迷うのが仕事着、いわゆるオフィスウェアです。

妊娠すると、最初はともかく徐々にお腹も目立ち始めてくるので普段着ているオフィスウェアでは窮屈になってしまいます。

そこで今回は、

・妊娠前のオフィスウェアじゃだめなの?
・先輩ママはどんなオフィスウェアだった?
・マタニティウェアを購入した方がいいの?

といった方に、働く妊婦さんは、仕事をするにあたりどんな服装で働いているのか詳しくご紹介します。

Kirala Kirala

妊娠前の服装ではダメなの?

妊娠前の服装

妊娠したといっても、妊娠初期の頃はお腹も目立って大きくないので、普段から着ているオフィスウェアでも良いような気がします。

実際、最初の頃は妊娠前から着ているもので済ませてしまう妊婦さんがほとんどです。

しかし、着てみるとわかるのですが、妊娠初期の頃でも胸のあたり、乳腺が発達してくる関係で、人によっては胸回りをきつく感じてしまう妊婦さんもいます。

酷い場合は、身体を締め付けられるような感じになり、具合を悪くしてしまう妊婦さんもいます。

絶対ダメ、というわけではありませんが、着ていて圧迫感を覚えるようであれば、妊娠前の仕事着はなるべく避けたいところです。

妊婦さんにぴったりな服装とは?

ぴったりな服装とは

しかし、妊娠前に着ていたオフィスウェアが着れないとなってくると、また新しく買い揃えなくてはいけません。

妊婦さんの好みももちろん大切ですが、着ていて窮屈になってしまうのは避けたいところですし、だからといってマタニティウェアにしてしまうと、職場から浮いてしまうような不安があります。

そこで、妊婦さんでも着やすいオフィスウェアってあるのでしょうか?妊婦さんが着ていくのにぴったりなオフィスウェアの条件について大まかにまとめてみました。

職場に馴染むデザイン

妊婦さんとはいえ、仕事をするにあたっては職場に馴染むデザインのオフィスウェアを選ぶ必要があります。

マタニティウェアといった妊婦さんが着やすい服装でも、ベージュをはじめ、黒や紺といったフォーマルな色もあるので、オフィスウェアとして選ぶのであれば、これらの色を優先するようにすると、職場でも浮かずに着こなすことができます。

また、職場で制服着用が義務付けられているようであれば、職場にマタニティ用の制服があるかどうか問い合わせるのも1つの方法です。

マタニティ用の制服の貸し出しができるようであれば、オフィスウェアを1から選ぶよりは職場に着ていきやすくなります。

高い靴は禁止!

オフィスウェアだけでなく、服装には合わせる靴も欠かせません。

特にヒールやパンプスを合わせる女性は多いですが、妊婦さんの場合は職場での靴は自由だったり、もしくはヒールを履き慣れていたとしても高い靴は履かないことが大切です。

お腹が大きくなると足下が見えなくなってくるだけでなく、バランスも崩しやすくなってくるので、高い靴は履かない方が良いといわれていますが、これはお腹が目立たない妊娠初期でも同じことがいえるので注意しましょう。

転倒防止のためにも、かかとは高くても3cmまで。また、ヒールではなくパンプスを履くようにして下さいね。

余裕のあるサイズ

妊娠初期は胸回り、お腹が目立ってくると圧迫感が更に増してきます。そのため、妊婦さんがオフィスウェアを選ぶ際の条件として、妊娠前よりもサイズに余裕のある服装が良いとされています。

最初は余ってしまうかもしれませんが、余裕があるデザインの方が後々、体型が変わってきてもカバーすることができるからです。

マタニティウェアから選ぶ場合は、伸縮性がある素材を使用しているものがほとんどなので、余裕のあるサイズを選ぶ必要はありませんが、それ以外から服装を選ぶ場合にはサイズに余裕のある方が、妊婦さんのオフィスウェアにぴったりといえます。

先輩ママさんたちはどうしていた?

先輩ママさんたちはどうしていた

妊婦さんが着やすいオフィスウェアの条件はわかりましたが、実際、妊娠・出産を経験した先輩ママさんたちはどのような服装で仕事をしていたのでしょうか?

先輩ママさんの体験談を参考に紹介していきましょう。

制服の職場で働いていた妊婦さんはやはり、マタニティ用の制服を愛用していたようですが、制服のない職場の場合は、マタニティウェアを着用したり、普段着で対応しているなど、オフィスウェアといっても着こなしは数多くあることがわかります。

仕事着に迷った時には、これらのスタイルを参考に活かしてみましょう。

パンツスタイル

仕事をすることを考えると、動きやすいパンツスタイルで出勤する妊婦さんは多くいます。

ただし、普段着のパンツでは締め付け感があり、お腹周りが苦しくなってくることから、伸縮性があり、圧迫感のないマタニティウェアのパンツを着用している人がほとんど。

とはいえ、マタニティウェアも物によってはお金がかかってしまうので、お腹が目立たない最初の頃は、手持ちのパンツを使用する妊婦さんも少なくありません。

その際にはウエストがゴム仕様のものが着やすいです。職場のオフィスウェアがカジュアルもOKなのであれば、ガウチョパンツも使いやすいですよ。

ワンピースで

ワンピースと聞くと、パンツスタイルに比べオフィスウェアに不向きなような気がしますが、胸やお腹周りの締め付け感がないゆったりした作りをしていることや、お腹が大きくなってきても脱ぎ着をしやすいという理由から、オフィスウェアとして着用する妊婦さんは多くいます。

しかし、そのままワンピースだけ着用するのではなく、その上にジャケットを羽織ってフォーマル感を出したり、職場の制服に近い色を選んで、職場でも浮かないように妊婦さんそれぞれで工夫をしています。

普段着のワンピースを利用できないことはありませんが、仕事着では利用できないデザインであったり、お腹が目立つ頃にはお腹周りが窮屈になってしまうなどの理由から、ワンピースの場合、普段着よりもマタニティウェアを着ている人が多くなっています。

マタニティウェアと普段着の合わせ

先輩ママの中には、マタニティウェアと普段着を合わせてオフィスウェアとして着ていた人もいます。

どんな感じかというと、最初の頃は下着だけマタニティ用で、服装は妊娠前に着ていた仕事着、パンツやワンピースだけマタニティウェアで、上着や羽織る物は妊娠前の仕事着といった合わせ技です。

その合わせ技を駆使して、マタニティウェアはパンツ1本で、上だけ毎日替えて、パンツだけ着回しをして通勤をしていた妊婦さんもいます。

マタニティウェアは必要?

マタニティウェアは必要

先輩ママたちの服装を確認してみると、手持ちの服だけでなく、マタニティウェアを仕事着に使っている人も多いことがわかります。

しかし実際は、先輩ママたちにおこなったあるアンケ―ト結果によると、マタニティウェアを購入したことがある人は、全体の8割以上になりました。

ですが、必要かどうかは意見が真っ二つに分かれてしまいます。買った方が良いという意見としては、やはり身体に負担が少なく楽、快適に着られるということ。

反対意見には、サイズに余裕のあるデザインであればマタニティウェアじゃなくても問題ないというものでした。あると楽だけど、必要かどうかは本人次第といえます。

時期によって変える妊婦さんも

また、仕事をする妊婦さんの中には、時期によってオフィスウェアを変える人もいます。

妊娠初期の頃は、お腹も目立たないのでサイズに余裕を持たせた普段着からオフィスウェアを選び、妊娠中期に入る頃からマタニティ用のオフィスウェアに衣替えをするなどです。

実際、妊婦さんがマタニティウェアを購入するのはお腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月頃が多く、その次に4ヶ月頃に購入する人が多くなっています。

好みや価格と相談することになりますが、オフィスウェアもその時期に着やすいものを選ぶようにするのがおすすめです。

分からない時は専門店へ

とはいえ、初産で仕事を続ける妊婦さんにしてみると、1人でオフィスウェアを選ぶことは最初、迷うことの連続です。

そのため、どうしても思いつかないようであれば、マタニティウェアの専門店に行って、従業員さんに質問してみることをおすすめします。

専門店の従業員さんであれば、マタニティウェアを熟知しており、さまざまな妊婦さんの接客を経験していますので、オフィスウェアに最適な服装についても丁寧に答えてくれるからです。

また、専門店が近くにないという場合には、最近ではマタニティウェアのオンラインショップも増えてきていますので、是非、覗いてみましょう。

妊婦さんにおすすめの着こなしや、選ぶ際の注意点なども記載されていますので、勉強になります。

妊婦さんに人気のオフィスウェアとは?

妊婦さんに人気のオフィスウェア

以上のことを踏まえ、実際に働く妊婦さんに人気のあるオフィスウェアにはどんなものがあるのでしょうか?服装の特徴を見ていきましょう。

大まかな特徴ですが、妊婦さんには人気のスタイルとなっています。仕事で着ていく服装に迷ったら、これらも参考にしてみて下さい。

シンプルと可愛さを組み合わせて

働く妊婦さんとしてもオシャレは大切にしたいところ。だからといって、仕事をするには甘すぎるのはNG、なんていう妊婦さんがコーディネートすることが多い服装になります。

シンプルなものに、ちょっとフェミニンなものを組み合わせることで、派手さも感じられず、きちんとした印象があり、可愛らしいデザインはふわっと緩いものも多いことから、オフィスウェアとしてもGOOD。

妊婦になってもオシャレでありたい、という働く妊婦さんに人気ある服装といえます。

シンプルかつ落ち着きのあるもの

上記の特徴と似たような服装ではありますが、先程のものが「甘さ」がテーマなら、こちらの場合は、シンプルかつ大人なキレイめ系といったところになります。

落ち着きのあるオフィスウェアということで、可愛いイメージのあるワンピースやスカートよりは、パンツ系のスタイルが目立ちます。

上品ですっきりした感じのデザインであれば、ブカッとしていてもだらしなさを感じることはなくなります。妊婦さんのオフィスウェアとして人気のある服装の1つです。

マタニティスーツ

仕事をする妊婦さんの中には、スーツが義務付けられている職場の人もいます。

そんな妊婦さんの場合、妊娠初期の頃などお腹が目立たない時は良いかもしれませんが、出産まで妊娠前から着ていたスーツを着続けるのは、やはり難しいです。

そんな働く妊婦さんに人気のあるオフィスウェアが、マタニティスーツです。見た目はスーツと大差ないデザインが多く、着ていても職場で浮いてしまうことはありません。

妊婦さんが快適に着られるように工夫がされているのも嬉しいところです。

産後も使える服装

オフィスウェアにしても、新しく購入するなら産後も使用できる服装を選ぶ妊婦さんはたくさんいます。

特に、マタニティウェアに関してはデザインによってはコストがかかってしまうことがあるので、オフィスウェアとしても使用できて、冠婚葬祭や子供の入学式でも使用できる服装、産後の授乳服、お宮参りで着用してもおかしくないデザインに人気があります。

マタニティスーツはもちろんのこと、パンツスタイルやワンピースでもフォーマルな色合い、デザインも幅広く使えることから選ぶ妊婦さんがたくさんいます。

まとめ

まとめ

仕事をする妊婦さんに人気のあるオフィスウェアをいくつか紹介しましたが、人気があるからといって、すべての妊婦さんが着やすいというわけではありません。

普段着を工夫すれば、マタニティウェアよりも使いやすいという妊婦さんもいますし、先に触れたように時期に合わせて、マタニティウェアと手持ちの服をオフィスウェアとして使っている人もいます。

妊婦さんそれぞれの好みはもちろんのこと、職場の雰囲気、服装の規定もあるので、それらも総合して自分が着やすいオフィスウェアを選んで下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる