臨月になったらバイトは

臨月になったらバイトは辞める?妊婦さんのアルバイトについて




出産予定日まで残り一ヶ月に迫った「産み月」を指す臨月は、念願の赤ちゃんと対面できる嬉しさ反面、お腹もこれまで以上に大きくなり、身体を動かすのも苦労します。

妊娠前まで普通にしていた掃除や洗濯など家事にも支障がでてくるほどです。

そのため、仕事をしている妊婦さんは、お腹の赤ちゃんのことや体調の急変も考えて産休に入る区切りの月にもなっています。

しかし、これが正社員などの仕事ではなく、バイトをしている妊婦さんの場合はどうなのでしょうか。

そこで今回は、

・臨月でもバイトはできる?
・先輩ママはどんなバイトをしていたの?
・臨月にバイトをするときの注意点とは?

といった方に、妊婦さんのアルバイトについて、臨月になったらどうするのか、先輩ママはどうだったのかなどについて詳しくご紹介します。

Kirala Kirala

バイトを控える妊婦さんは多い

バイトを控える

仕事だけでなくバイトをしている妊婦さんも、臨月を機にバイトを控える人は多くなっています。

やはり、お腹が大きく重くなってくることで足下が見えにくくなり、身体を動かしにくくなってしまうというのもありますし、だるさや足の付け根に痛みを感じるなど、臨月は不調を感じやすくなるためです。

動くのが億劫になってしまう妊婦さんも珍しくありません。また、出産予定日も目前ですから、お腹の赤ちゃんのことを考えて、安静を心掛ける妊婦さんも少なくありません。

退職を促されることも

妊婦さんに働く意欲があっても、働く職場によっては企業側から退職を促されることもあります。

最近は妊娠しても働く女性は多く、企業側の理解も広まりつつあるのですが、臨月に入ると、出産予定日がわかっているとはいえ、いつ何があるかわかりません。

突然、休みが必要になる場合もあります。企業側としても、何かあった時に責任が取れないので、臨月が近付くと何かある前に退職を促されるケースも少なからずあります。

臨月は安静にするべきなの?

臨月は安静にするべき、というイメージがありますが、身体を動かすことも大切です。

激しい運動はNGですが、適度な運動を心掛けることで精神的な気分転換、出産に向けた体調管理や、子宮口を開きやすくするなど、安産効果も期待できます。

そのため、身体を安静にするために絶対アルバイトをしてはいけないとは言い切れません。

実際、家でじっとしているよりはと、業務内容や勤務時間を考えて、臨月に入ってもバイトを続けている妊婦さんも少なくありません。

先輩妊婦さん達はどんなバイトをしてた?

どんなバイトをしてた

臨月に入ってもバイトをする妊婦さんもいますが、実際のところ、どんなアルバイトをしていたのでしょうか?

また、勤務時間やバイトとなればシフトもどうしていたのか気になるところです。先輩ママさんの体験談を参考に、臨月の妊婦さんが働いていたアルバイトを大まかにまとめると、以下の通りになります。

ただし、先輩ママ達ができたからといって、すべての妊婦さんが働いても安全なバイトというわけではありません。1つの参考意見として、心に留めておきましょう。

飲食店

臨月を迎えても出産予定日の2週間くらい前まで、日にちにして約10日前まで、ファミレスや全国展開する飲食店で働いていた先輩ママさんはたくさんいます。

飲食店となると、立ち仕事になってしまうので休憩時間以外は座ることすらできませんが、臨月を迎えても、ギリギリまで周囲と変わらず通常業務をこなしていたとのこと。

中には忙しい時間帯に入っていたというママも。とはいえ、臨月は個人差はありますが心身の不調に陥りやすい時期でもあるので、続けるにしても周囲の協力が必要不可欠になってきます。

介護職

介護職、訪問介護のバイトをしていたという先輩ママもいます。さすがに、臨月は今まで以上にお腹も大きく、重くなってくるので、妊婦さんは自分で身体を動かすのも一苦労です。

介護職ともなれば、高齢者の介助が仕事のうちですから、力仕事も避けて通ることはできません。

そのため、臨月までは通常通り働いていたというママでも、臨月に入った後は、入浴介助など力が必要になってくるお仕事からは外してもらったり、周囲の協力も得ながら続けていたとのことです。

また、介護職とは異なりますが看護師のパートをしていたというママもいて、勤務時間は相談の上、出産(帝王切開手術予定日)の1週間前まで働いていたという先輩ママもいます。

デスクワーク

妊婦さんにとって心強いアルバイトであるデスクワークは、臨月に入ってからも続けていたという声は多くあります。

やはり、座ってお仕事ができる分、立ち仕事に比べると続けるのは楽になります。中には、正社員として事務員をしていたというママもいます。

実際、デスクワーク系のバイトの単価は安くなってしまうものの、在宅ワークのように自宅でできるアルバイトもあるので、臨月に入ってからも予定日の2週間前くらいまで続ける妊婦さんもいます。

携帯ショップ

参考にさせて頂いた先輩ママの声で意外と多かったのが、このアルバイトです。携帯ショップでの販売員をしていた人が多くいました。

理由としては、未経験でもできる、自給が高いなどが挙げられます。しかし、勤務時間はハードなものがほとんどで、平均8~9時間勤務は当たり前のようです。

バイト先によりますが、残業があるケースも。接客もするので、話すのが得意な妊婦さんであれば良い気分転換になるかもしれませんが、臨月という大切な時期であることを考えると、バイトをする際にはママ自身も体調に気を付ける必要があります。

接客業

ケーキ屋さんをはじめ、コンビニやクリーニング店など、接客業を掛け持ちしていた先輩ママもいました。

接客業は立ち仕事が基本なため、身体がきつかったという声も多くありましたが、その反面、楽しかったという意見もあります。

人手が少なくてやめられなかった、という声もあるとはいえ臨月に入っても、出産予定日の2週間前、ギリギリの人だと周囲の理解もありきで、裏方に回るなどして1週間前までアルバイトを続けていた人も多くいます。

臨月まで働いて良かったこと

働いて良かったこと

上記のまとめからもわかるように、臨月に入ってもバイトを続けた妊婦さんの多くは出産予定日の1~2週間前までと、結構ギリギリまでバイトをしていたことがわかります。

臨月に入ると立っていることも辛くなりますし、お腹の中の赤ちゃんのことを考えるとデメリットの方が強いイメージがありますが、臨月に入ってもアルバイトをすることにはメリットもいくつか挙げることができます。

臨月にアルバイトをするメリットは以下の通り。もちろん、臨月に働かなくていいのであれば、それに越したことはありません。

体調が優れないのであれば、無理をせず、出産までの体力作りにあてて下さい。

バイトで気がまぎれる

待望の赤ちゃんといよいよ対面できる、という嬉しさだけでなく、臨月の時期は妊婦さんの気持ちも落ち込みがちです。

初産の方だと、初めての出産を目の前にして陣痛の恐怖心や無事に出産ができるのかという不安、産後の育児を想像してブルーになってしまったりと、考え出したらキリがないさまざまな理由で、塞ぎ込んでしまいます。

特に、1人でいる時間が長い人ほど陥ってしまいがちです。臨月にバイトをするメリットとして、そういった負のループに嵌らずに済むというのが挙げられます。

バイトをしている間は、目の前の仕事や忙しさから、そういったことを考えている暇がほとんどないので、妊婦さんも気がまぎれるのがメリットといえます。

規則正しい生活を送れる

バイトの内容にもよりますが、バイトは在宅ワークや日雇いを除くと、シフト制で入る場合が多いので、規則正しい生活を送れるというメリットもあります。

臨月を含め、妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、規則正しい生活を送ることが望ましいといわれています。

そのため、生活の中にバイトが組み込まれていると、勤務時間に合わせて行動することになるので、自然と規則正しい生活を送ることができるのです。

また、人によりけりですが、通勤が軽い運動になって良かったという意見もあります。

臨月に入ってもバイトをしていた方が安産?

バイトをしていた方が安産

出産予定日の10日前くらいまでバイトをしていた先輩ママさんの体験談を読んでいると、超安産、スピード出産だったという話をよく見ます。

臨月に入ってもアルバイトをすることは、通勤も含め適度な運動になりますし、規則正しい生活になるので、出産時に良い効果をもたらしているのかもしれません。

しかし、だからといって妊婦さんすべてが「臨月に入ってもバイトをしていれば安産」になるというわけではありません。

妊婦さんによってはバイトを続けたことで体調が悪化してしまったり、最悪の場合、赤ちゃんに影響が出てしまう可能性もありますので、安産になるから、という理由で無理にバイトをするのは控えましょう。

座る仕事なら大丈夫?

では、事務職や在宅ワークなど座る仕事であれば、出産予定日ギリギリまで続けていても安全かといえば、そういうわけでもありません。

確かに、立ち仕事に比べれば座って仕事ができるので、妊婦さんの身体への負担も少なく、また在宅ワークであれば、自宅でできるので妊婦さん向きのアルバイトであるのは事実なのですが、バイトであることに変わりはないので、続ける際には注意が必要になります。

臨月に入ってからもデスクワークを続ける妊婦さんも少なくないですが、長い時間座っていることで逆に運動不足になってしまったり、腰の痛みが出てしまう人もいます。

デスクワークだから安心、と過信しないように気を付けましょう。

バイト時に必ず持っておきたい2点

持っおきたい2点

出産予定日まで時間があるし、と思っていても油断は禁物です。臨月はいわば、赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくない月です。

そのため、体調が良くてもバイトへ行く際には、母子手帳、携帯電話の2点は必ず持ち歩くようにしましょう。

母子手帳には、自分の名前だけでなく、妊娠の週数や通院している産婦人科名が記載されているので、万が一、何かあった時でも早急に対応、適切な処置を受けることができます。

すぐに家族に連絡ができるように、家族の連絡先も忘れずに記入するようにして下さい。

携帯電話は、通勤途中に何かあった時、周囲に人がいない状況でも連絡をしたい時に役立ちます。

臨月にバイトをする際の注意

バイトをする際の注意

とはいえ、臨月に入ってからのアルバイトはおすすめできるものではありません。

何もせずに自宅でじっとしているのは辛いというようであれば、散歩や妊娠中のママでもできる軽い運動、趣味に打ち込むなど代わりになるものはいくらでもあります。

それでもバイトを続けたいのであれば、家族やバイト先の協力はもちろんのこと、妊婦さん自身も自分の身体のことを把握し、以下の注意事項を意識することが大切です。

臨月のアルバイトをする上で注意したいことは以下の通りです。自分だけの身体ではないことをくれぐれも忘れないで下さい。

足下に注意する

妊娠中は、お腹が大きくなることで身体の重心がズレ、転倒しやすい状態です。特に、臨月ともなればお腹の大きさもピークに達し、足下が見えにくくなってくるので、妊婦さん自身も足下には気を付けて歩く必要があります。

飲食店ともなると、立ち仕事な上に、職場環境によっては水や油で床が滑りやすいので注意が必要です。

また、飲食店を含め立ち仕事は人にもぶつかりやすいです。転倒してしまうと、妊婦さんが筋を痛めてしまったり、最悪、お腹の赤ちゃんにも影響が出る恐れがあります。

周囲の人のフォローはもちろんですが、妊婦さんも足下や周囲には気を配るようにして下さい。

気負わないこと

バイトをする上でもっとも注意して欲しいのがストレスです。ストレスは、妊婦さんの心身に悪影響を与えるだけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうことがあります。

「働かなくちゃ」と気負ってしまうのもストレスの元です。臨月を過ぎてもバイトを続ける理由はさまざまですが、無理をしないように自分でも注意するようにして下さい。

アルバイトが気分転換になっている妊婦さんであれば良いのですが、働くことでストレスを感じてしまうようであれば、生まれてくる赤ちゃんのためにも身体を優先してバイトを辞めることも大切です。

バイトを続けるかは医師とよく相談を!

医師とよく相談を

臨月までバイトを続けるか続けないかについては、医師によっても意見が分かれます。

しかし、どちらにしても臨月に入っても出産予定日近くまで働く意思がある場合には、自己判断せず、かかりつけの医師に相談をすることが大切です。

また、続けることになったとしても無理をせず、体調を優先するようにしましょう。正解はありませんが、母子ともに元気に出産予定日を迎えられることを祈っています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる