妊婦さんにおすすめ在宅ワーク

妊婦さんにおすすめ在宅ワーク!データ入力ってどんな仕事?



☆ココマガだけのお得なキャンペーン開催中☆
cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

妊婦さんになっても仕事をしたい!だけど、仕事に出るというのは身体に負担がかかるかも知れないし無理かもしれない・・・と思っている妊婦さんが多いものです。

特に今まで仕事をしていたのに、妊娠をしたことによって仕事をやめてしまったという人は、何か仕事をしたい、働いて稼ぎたい!と考える人もいるでしょう。

仕事をしたいけれど、外で働くのはちょっと無理だと考えている人でも、在宅ワークならば妊婦さんでも充分できます。

在宅ワークというのもいろいろありますが、パソコンでちょっとした入力ができるという人にはデータ入力という仕事がピッタリです。

そこで今回は、

・データ入力は妊婦さんでもできるの?
・データ入力の仕事のメリットやデメリットが知りたい!
・在宅ワークはどうやって探せばいいの?

といった方に、妊婦さんにおすすめの在宅ワークの中でも、データ入力のお仕事について、どのようなものなのか詳しくご紹介します。

妊婦さんでもできるデータ入力とは?

データ入力とは

妊婦さんが家でできる在宅ワークにはいろいろなものがあります。

最近ではスマホがあればできる仕事までありますが、もし家にインターネットの環境が整っていて、パソコンがあるならば在宅ワークの幅がぐんと広がりますし、妊婦さんでも充分対応できる在宅ワークの仕事がたくさんあります。

在宅ワークの中でも、データを入力するという仕事は、単純にデータを入力するものから、ホームページなどを作成するといった知識や技術がないとできないものもあります。

本当に単純にデータをパソコンで入力するだけの仕事は、入力さえできれば問題なくこなせる仕事ですので、パソコンに文字を打ち込むだけのスキルさえあれば誰でもできます

このような仕事は「未経験可」や「特殊技能不要」であることがほとんどです。また、データの入力ではなく、録音された音声などを聞きながら文字を起こすというタイプの打ち込みもありますし、記事作成というデータ入力も多くあります。

記事作成というのは、いろいろなテーマごとに記事をまとめて文章を作成するというものです。

文章を書くのはちょっと苦手という人でも、自分の好きなジャンルのテーマならば知識があるので文章を書きやすくなります。

あらかじめ、自分の得意分野を登録しておくと、そのテーマに近い分野の記事作成の仕事を依頼されることもあります。

文章を作成することに自信がない場合は、元になる文章の意味を変えずに言い方を変えたり、言葉を変えながら書き換えを行う、リライトという作業もあります。

パワーポイントやエクセルなどを使えるスキルを持っていると、企業から資料作成の依頼を受けることもできます。

妊婦さんがデータ入力の仕事をするメリット

今までの仕事でパソコンを使っていたという人は、妊婦さんであろうがまったく問題なく、即日始められる仕事です。

妊娠初期などは悪阻などの体調の変化で、なかなかパソコンを見る気力さえないという人もいますが、体調の良いときや妊娠中期からの安定期に入ってくると、時間や体力に余裕が出てくるので働きたいなと考える妊婦さんも多くなってきます。

しかし、妊婦さんが働くというのは予想以上に大変なこともたくさんあります。例えば、妊婦さんは頻繁に妊婦検診などで通院する必要があります。

通院すると半日ほどの時間を費やすことになり、会社や店舗などで働く仕事であると、お休みをいただいて通院することになります。

一方、在宅でデータ入力の仕事をしていると、いつ仕事をするか、どれくらい仕事をするかということを自分の都合に合わせて行うことができるので、他人に迷惑をかけることがありません。

また、通勤する必要がないというのも妊婦さんにとっては大きなメリットです。

家で入力したデータを、会社にパソコンから送信するだけで通勤の必要がありませんし、もし人と打ち合わせをする場合でも、電話やメールなどで行う会社が多くなります。

単純なデータ入力である場合は、データを打ち込むだけの仕事でちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますので、妊婦さんには非常にメリットがあり、人気も高まっています。

妊婦さんがデータ入力の仕事をするデメリット

妊婦さんがデータ入力をする場合、もし昼間に会社などに勤務してデータ入力を副業として行う場合などは、いくら単純作業のデータ入力でも、肉体的な負担が大きくなります。

また、納期がありノルマがある仕事などは、精神的な負担も大きくなるので、本業とするのか副業として仕事するのかによっても負担が違ってきます。

妊婦さんは肉体的にも精神的にも、あまり負担をかけずにゆとりのある生活を送る方が胎教にもいいので、仕事のために自分を必要以上に追いこむことのないように注意が必要です。

また、初心者であれば単価も安い単純なデータ入力である場合が多いので、長時間労働しても収入になかなか繋がらないことも多々あります。

単純な作業が好きだという人はデータ入力の仕事は向いていますが、過度に長時間労働してしまうので家にこもりきりになります。

妊婦さんは体調の悪いときは仕方がありませんが、体調のいいときは家から出て、太陽の光の下で散歩などして軽く体を動かした方がいいのですが、データ入力をしていると、つい長時間仕事にのめり込んでしまったり、いつでも自分の隙間時間に作業ができるので、昼夜を問わずに仕事をしてしまう場合があるので注意しましょう。

特に、旦那さんと二人で生活していて、旦那さんの帰りが遅いような人などは、日中は誰とも接触せずに家で長時間仕事をしてしまうこともあるので、自宅での作業であってもある程度時間を決めて仕事することが大切です。

また、デスクワークなので妊娠後期の妊婦さんは、ずっと座っていることで腰痛になったりする危険もあります。

適度に休憩をとって、仕事の量や時間を自分でコントロールする必要があります。

データ入力って本当に誰でもできる?

データ入力

データ入力といっても、単純に数字を入力するものから、知識を必要とするものまで幅広くあります。

知識が必要なものは、どの程度自分にスキルがあるのかということを申し出たり、事前にスキルチェックを行って採用を決める会社もあります。

データ入力で一番必要なことは、単純作業でも根気よく正確に入力できるというスキルです。仕事としてデータ入力するわけですから、正確に仕事をこなすことは最低限必要です。

単純なデータ入力であればあるほど、大量のデータを処理することができないと、まとまった報酬を得ることができません。

正確に早く大量にデータ入力できる人がこの仕事には向いています。逆にパソコン操作のスキルはあっても、飽きっぽい人、集中できない人、単純作業が嫌いな人などは妊婦さんであってもデータ入力の仕事は不向きであるといえます。

妊婦さんは妊娠期間独特の精神不安定の状態に陥る人も多いので、単純作業で長時間集中してデータ入力を行う仕事ができないという人もいますが、ほとんどの人は妊娠していない人と同様にデータ入力の仕事ができます。

最初はなかなか能率も上がらず、神経を使って辛いなと感じる人もいるかもしれませんが、慣れてくるとコツも分かりますし、作業効率も上がってきますので、予想以上に収入を得ることができるかもしれません。

どれくらい稼ぐことができるの?

どれくらい稼ぐ

妊娠すると、これからの子育てや教育費に一体どれぐらいのお金がかかるのかな?と心配している人も多いでしょう。

今まで仕事をしていたのに、妊娠をしたことで仕事を辞めてしまったという人などは、急に収入が減るのですから不安になってきます。

赤ちゃんが生まれると、しばらくは本当に大変で仕事をする場合ではないという状態になるので、妊娠期間中にできるだけ無理せずに働いて貯蓄するというのは理想的です。

妊婦さんが在宅ワークでデータ入力を行った場合、大体どれほどの収入を得ることができるのでしょうか。

これは人それぞれで一概にいうことができません。非常に高いパソコンのスキルがあって、特殊なデータ入力ができる人もいれば、単純に得意先のデータやアンケートの結果を入力するだけの人もいます。

また、同じようなデータ入力の仕事でも、会社によって単価が違いますので、良い条件の会社の仕事を請け負うのと、条件の悪い会社の仕事を請け負うのとでは収入が違ってきます。

しかし、普通の単純なデータ入力をする場合は、時給に換算すると800円以下である場合が多いと思っておきましょう。

入力する量が多ければ時給は上がりますし、仕事時間を増やせば収入も多くなります。1日数千円の人から数万円も稼ぐ人がいますので、かなり収入に幅があります。

会社や店舗のパートで働く仕事も、地域によってかなり時給に差がありますが、時給800円以下のパートが多い地域であると、在宅ワークでデータ入力していても、スーパーで働いても同じ時間働くならばあまり差がないと考えられます。

都会ではパートでも時給が1000円を超える仕事も珍しくありませんので、在宅ワークでデータ入力をする方が給料は低くなると考えられます。

しかし、妊婦さんである場合、体調に合わせて仕事をしたい、通勤はしたくない、時給は特別高くなくてもよいという人も多いので、外に出て働く仕事よりも在宅ワークでデータ入力をするというのも一つの方法です。

在宅ワークはどうやって始めたらいいの?

どうやって始める

在宅ワークでデータ入力するという仕事は、最近では非常にメジャーになってきています。

そのため、ネット上で「在宅ワーク」「データ入力」などと検索してみると、在宅ワークを仲介してくれるような会社がたくさん見つかります。

まったくの初心者で、データ入力も初めてという人は、まずこのような仲介会社のサイトから自分にあった興味のあるデータ入力の仕事を始めてみましょう。

初めての場合は、単純なデータ入力で無理のない仕事を選んで、まずは一度チャレンジしてみましょう。

いくつか仕事をこなしていくと、自分の向き不向きの仕事も分かってきます。単純なデータ入力といっても、得意な分野やそうでない分野というものはあります。

データ入力をいろいろしていると、単価が高いと感じるものも、低いと感じるものもあることが分かります。

一つの仲介サイトからだけでなく2~3の仲介サイトなどに登録して、仕事を自分の都合に合わせてすると良いでしょう。

また、仕事振りが気に入ってもらえたり、認められると自分から仕事を探さなくても、仕事を紹介してもらえたり、少しずつスキルと高めていくこともできます。

妊婦さんが新しい仕事にチャレンジすることは大変かもしれませんが、自宅で行う在宅ワークならば、無理なく初心者でもできる仕事が見つかります。

悪徳な仲介サイトもあるので注意が必要

自分自身が企業の仕事を探すのは大変ですので、企業と個人とを結ぶ在宅ワークの仲介サイトがたくさんあり、ほとんどの人がこのようなサイトに登録して、自分に適した仕事を選んで行っているのが現状です。

自宅にパソコンやインターネット環境さえあれば初期投資はいらないはずですが、中には悪徳な仲介サイトもあり、いろいろな手数料や不当な登録料を取っている仲介サイトもあります。

また、仕事に対する対価から一定の手数料を差し引く会社もあります。もちろんそのことに同意して仕事を受けることは問題ありませんが、手数料などを差し引かない仲介サイトもありますので、自分でしっかり仕事を選んで受けることが大切です。

妊婦さんであっても甘えは禁物

在宅ワークであっても単純なデータ入力作業であっても、仕事で受けているからには責任をもって仕事することが大切です。

体調が突然悪くなる場合もありますが、妊婦さんであるからといって納期が遅れたり、入力ミスが多いというのでは信頼関係が成り立ちませんし、仕事になりません。

自分の体調や妊娠週数をしっかり考慮して仕事を受けることが、今後の仕事にも影響しますので非常に重要です。

仕事を受ける場合は、どれぐらい作業をすればできるのか、納期に間に合うのか、体調に無理はないのかということをしっかり考えて行うようにしましょう。

もし、万が一にも体調が悪くなって、納期までに納入できないという事態になってしまった場合は、できるだけ迷惑がかからないように、早めに事情を会社に説明することが大切です。

妊婦さんであっても仕事は仕事です。しっかり責任感や誠意をもって取り組む必要があります。

まとめ

まとめ

自宅にパソコンがあって、インターネットの環境が整っている妊婦さんには是非在宅ワークのデータ入力の仕事をおすすめします。

パソコンに文字を打ち込むことができれば、誰でも無理なくデータ入力の仕事ができますので、通勤時間がかかる会社での仕事や、通院で休みをとりづらいという妊婦さんにはピッタリの仕事です。

初心者の人は、企業とデータ入力をしたいという人をつなげる、仲介サイトから自分にあった仕事を見つけてトライしてみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる