亜鉛マカざくろ

妊活に効くのはマカ?ざくろ?亜鉛?それぞれの役割とおすすめの妊活サプリ


亜鉛マカざくろは、妊活力を上げる食べ物として人気です。しかし、困ってしまうのがどれも「妊活効果がある」といわれていることです。サプリメントを摂るにしても、いったいどれが妊活に良いの?と思ってしまいます。

そこで今回は、

・亜鉛、マカ、ざくろの効果を知りたい
・どれが妊活に良いのか知りたい
・おすすめの妊活サプリを教えて!

といった方に、それぞれの成分や効能について詳しくご紹介します。また、人気の妊活サプリを調査し、ランキング形式でご紹介していますので、是非妊活サプリ選びの参考にしてください。

亜鉛、マカ、ざくろそれぞれの効果

妊活で、亜鉛にマカ、ざくろが勧められるのはどれも妊娠しやすいように体を整える効果を持っていることが共通点に挙げられます。だからこそ、悩んでしまうわけですが、疑問に思うのは「体を整える効果」とはどんなものだろうということ。

妊活する上でとても嬉しい効果ではありますが、なんだか漠然としています。それぞれ、妊活中に摂取して得られる効果はどんなものなのか詳しく見ていきましょう。

亜鉛

ミネラルの1つである亜鉛は、体を構成するのに必要な栄養素で、必須ミネラルとも呼ばれるくらい体の至るところに存在します。

全身のあらゆる器官に必要なミネラルといわれており、その働きは体の各器官を正常に保ち、たんぱく質の合成や味覚にも関わっています。そんな必要不可欠な栄養素は、性機能にも関わっているため、妊活では男女に欠かせない栄養素です。

1日の亜鉛推奨摂取量は男性で12mg、女性で9mgです。最近の食生活では不足している栄養素であり、吸収率が悪いという特徴もあって、サプリメントを併用して妊活を行う夫婦も多くいます。

女性への効果

性機能にも関わっている亜鉛は、女性が1日に必要な量を摂取できていると女性ホルモンのバランスを整え、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を活発にする働きがあります。

ホルモンのバランスが整えられるわけですから排卵もスムーズに行われ、月経不順や無排卵月経の改善や、子宮内膜の成長といった効果が期待できます

また、抗酸化作用を持っているので、ストレスなどを原因に過剰に発生することで、体に必要な細胞まで傷付けてしまう活性酸素も取り除いてくれますから、卵子の老化を予防し、質の良い卵子を作ってくれます。

男性への効果

男性ホルモンミネラル(セックスミネラル)の別名を持つ亜鉛は、男性にとっても欠かせない栄養素です。女性と同様、摂取することで性機能に働きかけ、男性ホルモンの合成を促進してくれます。

また、男性の体の中で亜鉛の濃度が高くなると精子の数が増え、運動量も活発になるとされています。卵子の質を良くするように、抗酸化作用で精子の質も良くなるといわれており、遺伝子異常のリスクも少なくすることができます。

精子や性機能に関わることから、精子の数が減ってしまっていたり、性欲が低下して勃起不全が起こるなどがあった場合には、亜鉛不足を疑うくらい男性にとって欠かせない栄養素といえます。

胎児の成長にも不可欠

亜鉛は、胎児の成長にも必要な栄養素です。元気に大きく成長する上で、胎児は細胞分裂を繰り返すのですが、これが上手くできないと低身長などの発育障害が起こるリスクが高くなります。

亜鉛を摂取しておくことで、そのリスクも低くなり、何より胎児の発育もサポートしてくれます。

また、亜鉛は脳の神経伝達物質の合成にも役立てられており、亜鉛が不足しているとイライラしやすいといわれています。妊活では、ホルモンバランスに影響するなどの原因でストレスのない生活を求められます。亜鉛を摂ることでストレスの緩和効果が期待できますから、不足しない程度に補給しておきたいですね。

マカ

マカとは「アンデスの女王」や、「アンデスの高麗人参」とも呼ばれる、見た目はカブに似たハーブのことです。ペルー、アンデス山脈で自生する植物で、古くはインカ文明の時代から薬草として使用されてきました。

野菜のように食べられそうですが、現地の人達は基本的にマカを乾燥させ、それを砕いて粉末状にしたものを料理などにかけて食べるようです。日本でも粉末状になったもの、もしくはサプリメントでの購入が主になります。

マカの栄養成分

マカは女王の称号が付くだけあり、栄養成分が豊富です。主成分は炭水化物ですが、たんぱく質や必須アミノ酸、食物繊維、カルシウムや鉄、亜鉛などが含まれるミネラル、ビタミンB群、C、Eといったビタミンなど、体に必要な栄養素をたくさん持っています。

特に鉄分や亜鉛に関しては、他の根菜類に比べ数十倍はあり、その栄養価の高さから滋養強壮、健康をもたらす野菜として古くから大切にされており、健康食品としても人気の高い食材です。

ホルモンバランスを整える

女性ホルモンは、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと、卵胞ホルモンであるエストロゲンの2つに分けることができます。

この2つのバランスはストレスや冷え、睡眠不足など様々な原因から崩れてしまいやすく、このバランスが崩れてしまうと生理不順になったり、子宮内膜が未熟になってしまうなど、妊娠しにくい体になってしまいます。

マカには、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同じ作用を持つ、植物エストロゲンという成分が含まれており、ホルモンバランスが崩れていた場合に、その減少したホルモンの代わりになってバランスを整えてくれます。

リジンという、女性の生殖機能を活性化させ受胎能力を高めてくれる成分も含まれているので、妊娠力のアップも期待できます。

また、マカにはアミノ酸やミネラルも豊富に含まれているので、排卵に関係する下垂体にも働きかけ、ホルモン分泌のサポートもしてくれます。ホルモンバランスが整えられることで、妊娠しやすい体に改善していくことができるのです。

血行を良くする

女性で悩む人の多い冷え症は、妊活でも妊娠しにくくなる原因に挙げられます。

そのため、極力体を冷やさないように、冷房に長時間当たらないようにしたり、冷たい食べ物や飲み物を避けるなど自分でも体を冷やさないよう意識する必要があるのですが、冷え性の原因はそうした外的要因だけでなく、体温調節を司る自律神経の乱れも挙げられます。

通常、自律神経は交感神経と副交感神経が交互に相反する働きをすることでバランスを保ち、体温のコントロールもしていますが、ストレスなどを原因にこのバランスが崩れてしまい、交感神経が働きっぱなしになることで、血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。

マカを摂取しておくと、この自律神経の乱れからくる冷え性にも効果的です。自律神経がバランスを崩す原因はストレスだけでなく、ホルモンバランスの乱れも挙げられていますから、マカによってホルモンバランスを整えると同時に自律神経も調整されます

また、マカには血液の流れを良くするビタミンEも含まれていますので、ビタミンEの力で代謝機能を上げ、冷え性を改善することができます。

精力をアップ!

マカは女性だけでなく、男性も一緒に摂取しておくと良いとされています。先に触れたホルモンバランスを整える効果や、血液の循環を良くする作用は男性にも必要なことで、例えばホルモンバランスが整えられることにより、妊活のプレッシャーやその他精神的な原因による精力減退を改善することができます。

血流を良くする効果で、男性の陰茎動脈の血行も良くしてくれますし、マカには亜鉛やアルギニンといった、生殖機能の維持や精力減退を改善する働きを持つ成分も含まれているので、男性にも改善効果が期待できます。

夫婦一緒に

マカの効能を3つほど挙げましたが、マカで得られる効果は盛りだくさんです。妊活で嬉しい効果はもとより、ミネラルやビタミン類も多く含まれているので、ストレスを緩和し、疲労回復など妊娠しやすい体を作っていく上での体の健康もしっかりサポートしてくれます。

また、亜鉛やアルギニンの効果により精子の数を増加させ、運動率を上げるといった生殖機能のアップも期待できますから、夫婦一緒にとりたい栄養源といえます。

ざくろ

1つの実の中に小さな赤い粒をぎっしり詰め込んだざくろは、酸味と甘みを同時に楽しめる果物です。美容や健康にも良いといわれており、「女性の果実」とも呼ばれています。

その歴史は古く、冥界の果物としてギリシャ神話でも登場するほどです。日本でも果物としてそのまま食されますが、妊活に効果のある成分が種子に含まれていることから、摂取する際には主にジュースにして飲用することが多いです。

ざくろの栄養成分

ざくろの主成分は、ビタミンB1、B2やEなどビタミンが多く含まれていて、その中でもビタミンCの含有量が高いです。そのビタミンCと同様に多く含まれているのがカリウムで、カリウムの他、同じミネラルに当てはまるカルシウムやマグネシウムなども微量ながら含まれています。

しかし、豊富とはいえビタミンCでも100g中10mgくらいしか摂れませんから、果物の中では真ん中より下くらいの含有量です。

むしろ、ざくろが妊活で良いと注目されるのは、タンニンやアントシアニン、エラグ酸などのポリフェノールの量が高いことと、マカと同様に植物エストロゲンが含まれていることが挙げられます。

また、クエン酸やグルタミン酸などのアミノ酸といった、体の疲労回復に良い成分も含まれています。

妊娠しやすい体作りをサポート

ざくろには、植物性エストロゲンと呼ばれる、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同じ分子構造を持ったホルモンが含まれています。

作りが同じなので、エストロゲンと変わらない働きをしてくれますから、ホルモンバランスが崩れた際には、エストロゲンの代わりとなりバランスの調整もしてくれます。

ホルモンバランスが整えられるので、女性であれば排卵の促進、妊娠に備え子宮内膜をしっかりと増殖させ、男性であれば精液など生殖機能の改善に効果的です。

また、ざくろに含まれるポリフェノールには血管の拡張作用がありますから、ざくろを摂取することで血液の循環が促進され、冷え性の改善も期待できます。

ビタミン類も多く含まれていますから、余分なコレステロールも除去され、血液もキレイになるので血流がスムーズになるというのも理由に挙げられます。妊娠しやすい体を作る上で、ざくろのサポート効果は大きな支えになるといえます。

活性酸素を抑制

アントシアニンやエラグ酸など、ポリフェノールの含有量が高いざくろは強い抗酸化作用も持っています。

この作用によって、余分な活性酸素を除去してくれるので、体の健康維持や美容にも良いとされているのですが、活性酸素を取り除いてくれることで卵子や精子の老化防止にも効果的です。

また、先に触れたようにざくろには血行を良くする効果も期待できますから、例えば女性ならざくろを摂取することで、卵巣に血液と共に栄養が行きわたり、抗酸化作用で卵子にとって良い環境が整えられるため、質の良い卵子を作ることができます

ざくろは栄養素以外でも、子宝アイテムとしても有名です。1つの実の中に種をたくさん持っているため、子孫繁栄の象徴とされ古くから子宝祈願のアイテムとされてきました。寝室の北側にざくろの絵を飾ったり、そのままざくろを置物などにして飾るのも良いといわれています。

どれが妊活に良いのか?

効果だけで見てみると、亜鉛も一緒に摂ることができるマカが頭一つ抜けているといえるでしょう。その次に植物性エストロゲンやポリフェノールを含むざくろ、最後に亜鉛といったところです。

亜鉛に関しては、単体でも効果があるのは事実ですが吸収率が悪いこともあり、サプリメントで摂取する際にはビタミンCや葉酸など、何か他の栄養素と組み合わせて摂る方法が効果的です。

しかし、組み合わせて摂取するというのは亜鉛だけの話ではなく、マカでもざくろを配合したサプリメントが販売されていますし、副作用のことも考えると、どれが一番良いとははっきりいえません。

自分に合ったものが一番

例えば、マカであれば体質的に合わないとアレルギー反応を起こしたり、下痢になってしまう人もいますし、ホルモンを整えるはずの効果が一部の人にとってはバランスを崩し、頭痛や不眠などを起こす恐れもあります。

ざくろにしてもマカと同じ天然の食物ですから、大量に摂取すれば震えや発熱などの症状がみられる場合もあります。亜鉛であれば過剰摂取することで、嘔吐や神経障害などが起こる可能性があります。

摂取して体調が優れないようであれば、すぐに使用を中止する必要があります。そう考えてみると、どれが妊活に良いのかというのは、試してみないとわからないといえます。

それぞれの効果と副作用をよく理解し、自分に合いそうなサプリメントを選びましょう。

ココマガおすすめの妊活サプリランキング

ここでは、各サプリメントを調査し、ランキング形式でおすすめの妊活サプリメントをご紹介します。それぞれ詳しくご紹介しているので、サプリメント選びに活用して下さい。

※こちらで掲載されている価格は全て1か月分税込の価格です。また、2016年2月23日現在の情報となります。

No.1

マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』



・毎月1袋お届けコース:定期購入初回特別価格2,980円(2回目以降5,984円)
・毎月2袋お届けコース:定期購入初回特別価格5,960円(2回目以降11,220円)
・通常購入1袋のみ7,480円

マカサプリランキング(エムズワーク調べ)でも堂々第一位の、マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』は、一般マカの数倍の栄養価を誇る、農薬不使用の日本産マカと農薬不使用の希少なアンデス産マカをブレンドし、業界トップクラス1日量800㎎を配合した、妊活サプリメントです。

また、「女性らしさ」と「バランス」に影響を与えるスーパーフルーツであるザクロの種子エキスを配合し、カラダのバランスをサポートしてくれます。

・日本一安心なマカサプリを目指して開発したやさしい『恵み』
・こだわりの超濃密な日本産マカとアンデスの有機マカをブレンド
・奇跡の温果実ザクロでポカポカ巡りを
・一日わずか99円~。続けられるからこそ実感できる

日本産無農薬マカ、ペルー産黒マカ、ザクロ種子エキス、109種の植物発酵エキス、しょうがを主成分とした、月のリズムが気になる方におススメの自然派サプリメントです。

マカやザクロをはじめとした妊活に嬉しい成分がバランスよく配合されており、女性はもちろん夫婦で摂取できること、放射能検査もされており安心して飲めること、さらに商品到着後、万が一商品が合わない場合は返金してもらえる10日間安心返金保証がある点を大きく評価し、1位としました。

公式ページ>>マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』

No.2

妊活サポートサプリメント【kodakara(コダカラ)】

・定期購入初回特別価格2,980円(2回目以降7,980円)
・通常価格17,800円

2015年モンドセレクション受賞、「kodakara(コダカラ)」は、不妊・逆子治療専門道後はり灸接骨院で生まれたサプリメントです。

・妊活中なら必ず摂っておきたい天然葉酸
・天然ミネラルたっぷりのマカ
・カラダを温めてくれるタンポポ

これら三つの妊活に嬉しい成分の他、不妊治療の専門家が厳選した10種の授かり成分をたっぷり配合し、さらに、それらの成分をムダなくカラダに届けるため、有胞子性乳酸菌、ナットウキナーゼ、イソマルトオリゴ糖を吸収サポート成分として配合されています。

冷えが気になる方や、月のリズムが不安定な方にピッタリな妊活サポートサプリメントといえます。

気になるとすれば通常価格、定期購入2回目以降の価格が他のサプリメントより高価な点ですが、妊活から妊娠中も摂っておきたい栄養素として必ずといっていいほど挙げられる、葉酸が配合されているので、別々にサプリメントを摂る必要がなく、他にも多くの栄養素に吸収サポート成分まで配合されていますので、金額に見合ったサプリメントといえます。

公式ページ>>妊活サポートサプリメント【kodakara(コダカラ)】

No.3

初回42%OFF!妊活マカなら「ヤマノのマカ」



・定期便初回限定価格2,980円(2回目以降4,147円)
・通常価格5,184円

2014年モンドセレクション金賞受賞、2015年楽天ランキング(マカ配合ランキング)1位受賞の「ヤマノのマカ」は、JAS有機認定の無添加にこだわった純度100%のマカ加工食品です。

・徹底した品質管理
・JASオーガニック認定
・マカ純度100%
・オリジナル配合
・吸収しやすい超微粒子化

ペルーの中でも特に高品質で知られるマカを使用しており、化学肥料・農薬を一切使用せず、何か月も作り置きすることなく、必要な分量のみ有機認定工場で加工し日本へ送られています。

飲みやすく続けやすい特殊加工されたマカパウダーは、超微粒子のためカラダへの吸収率も高く、初めての方におすすめな粒タイプ、マカの風味が気にならないカプセルタイプ、料理にも使えるパウダータイプの3種類から選べるので、それぞれ好みや使い方によって摂取できます。

また、マカにしか存在しない二次代謝産物マカミドは、アミノ酸などと一緒に体に働きかけてくれて健康の手助けをしてくれますが、中国産や日本産、同じペルー産の他社のマカ製品に比べて、マカミドの種類も量も「ヤマノのマカ」の方が特に多く含まれています。

女性の大事なバランスが整えられ、授かりやすい身体へ期待できる、まさにマカに特化した商品です。

まずは試してみたい方に、15日分のお試しマカ(初回限定1980円)が用意されており、定期便も2回目以降4,147円と、他の商品に比べ低価格なのも試しやすいポイントです。マカ以外の妊活に有効な成分も一緒に摂取する方には不向きですが、高品質のマカを安全に、確実に摂取できる点ではこの「ヤマノのマカ」がおすすめです。

公式ページ>>初回42%OFF!妊活マカなら「ヤマノのマカ」

妊活ドリンクという選択肢も

サプリメントと比べ非常に多くの有効成分を摂取できる、妊活ドリンクも併せて検討してみましょう。

特に特定の栄養素をしっかりと補いたい場合は、サプリメントよりも短期間でしっかりと量を摂取できるため、個人差はありますが、比較的効果を早く感じることができます。

ザクロをしっかり摂るなら

山野草醗酵酵素『若榴da檸檬』

・初回3,810円(2回目以降:5,310円)
・1本500ml(1日20mlで25日分)

累計26万本、2015モンドセレクション受賞。妊活中に必要な国産ザクロや国産レモンを酵素化し、ドリンクにした若榴da檸檬(ザクロdaレモン)。

ドリンクならではの圧倒的な摂取量に加え、低分子に酵素化されているため、短期間で効果を実感しやすい点が、最大のポイントです。

通常、サプリメントでは多くてもトータルで1,000mg/日しか取れない有効成分も、若榴da檸檬なら一日20,000㎎と圧倒的に摂取できます。

さらに、有効成分を発酵熟成させ、酵素にする事で低分子化されているため、吸収率が高まり、サプリメントに比べ効果を実感するまでの期間は圧倒的に短くなるよう工夫されています。

・サプリメントに抵抗のある方
・冷え性を早く改善したい方
・基礎体温を早く安定させたい方

は、この若榴da檸檬を試してみましょう。

公式ページ>>山野草酵酵酵素『若榴da檸檬』

葉酸は必要なのか

妊活は、妊娠するためへの活動ですが、子作りを始めるなら妊娠する約3か月前から、葉酸をしっかりと摂取する必要があります。しかし、実際には、いつ妊娠するかは誰にもわかりません。

主な葉酸の働きとして、胎児の先天性異常のリスクを抑えることが挙げられますが、今すぐ(向こう3か月以上)子作りの予定のない方にとっては、葉酸を特別多く摂る必要はありません。

今すぐ(向こう3か月以内)に妊娠の予定のない方が、マカやザクロ、亜鉛で、冷え性の改善であったり、基礎体温の安定、生理周期の安定など体を整えている段階では、葉酸は摂らなくても問題ないでしょう。

逆に、すでにタイミング法などを取り入れていたり、避妊せずに夫婦生活を送っているなど、いつ子供ができてもおかしくない状態で、「早く授かりたい」という理由から、マカやザクロ、亜鉛を摂っているのであれば、併せて葉酸を摂取する必要があります。

しかし、マカやザクロ、亜鉛をサプリメントで摂りながら、葉酸サプリも摂るとなると、コスト面も非常に高くなってきます。

サプリメントの性質上、ほとんどの場合、高価なものほど高機能であることが多く、両方高価なサプリメントを摂取するのは、費用面で難しい場合もあるかもしれません。

そんな場合は、まずは妊娠することに注力した「マカやザクロ、亜鉛」を高価格帯の商品を選び、葉酸サプリは、比較的安価なものを選ぶといいでしょう。

まずは、妊娠することに注力し、妊娠が発覚した時点で、高品質な葉酸サプリメントへ切り替えるといった方法がおすすめです。

葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングで、詳しく葉酸サプリメントの選び方をご紹介していますが、その中でも月額3,000円以内で購入できる高品質な葉酸サプリメントもいくつかご紹介していますので参考にしてください。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる