12549865_s

大島美幸さんなど、芸能人が実践した妊活とは?芸能人の妊活の成功例




赤ちゃんが欲しいと思う夫婦なら、取り組むかもしれないのが妊活です。妊活は今や、一般人だけでなく芸能人もしていることです。記憶に新しいのは森三中の大島美幸さんです。大島さんが妊活宣言をしたことで、妊活を初めて知った人も多いのではないでしょうか?

実は公に発表していなくも妊活に取り組んでいた芸能人は多く、ブログで自らも妊活をしていたことを公開する芸能人もいます。その内容は生活改善から不妊治療までさまざまですが、ここでは、そんな妊活に取り組んできた芸能人と、実践した妊活について紹介したいと思います。

めでたく赤ちゃんを授かることができた嬉しい報告がほとんどなので、妊活に良いイメージが持てない、本当に赤ちゃんを授かれるのか不安な人も一見の価値があります。

そこで今回は、

・これから妊活をする予定なので妊活の実践例を知りたい
・芸能人の妊活が知りたい
・妊活中だけど妊娠できるか不安である

といった方に、芸能人の妊活の実践例について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

妊活に取り組む夫婦の割合

メディアで特集したり、芸能人が妊活をしていたことを公開するなど、妊活の認知度は見聞きしたことがあるだけでも63%に上ります。

この結果は、トレンド総研が行った意識調査において子供が欲しいと思う25~44歳の女性500人を対象に行われているので半分以上の女性が妊活について何かしらの方法で聞いたことがある、知っていることになるのです。

30代後半になると70%の女性が知っているようですから、妊娠・出産では高齢にさしかかる年代は特に注目をしていることがわかります。しかし、そこから実践したいと思っている人は49%と半分以下、その中で何かしらの形で妊活を実践している人は30%と更に低くなります。

女性でこの割合なので、夫婦になるともっと下がることが考えられます。

妊活に躊躇してしまう理由

すぐに赤ちゃんが欲しいと思わない女性も多いですが37、38歳頃から妊娠率が一気に下がることを考えると、妊娠しやすい体を準備していく妊活は早め早めにしておく必要があります。

妊活の認知度の割合からも、その重要性を理解している女性は多いようですが、いざ取り組むとなると躊躇してしまう人がほとんどです。妊活への基礎知識が少ないことや、仕事と両立している女性となると会社のバックアップが不十分の場合も多く、妊活との両立が難しいとの話もあります。

経済的に余裕がない場合もあります。こうした事情を踏まえ、日本生殖医学会と呼ばれる生殖医療の中心的な立場にある学会も妊活ならぬ卵活のガイドライン、不妊の定義を、妊活を早めに意識させるように改正を行っています。

病院やクリニックなどでも妊活や不妊治療についてセミナーを開催しているところもあります。

芸能人の妊活をきっかけに

しかし、そうした取り組みを医療側で行っていても自分で学ばないことには、妊活に関する情報は入ってきません。最近では、妊活を特集した媒体も多くで情報は手に入りやすくなっているものの、自分で探そうとしなければ妊活の情報が手に入らないことが、後回しにしてしまう原因になっている側面もあります。

そう考えると、芸能人のブログや書籍による妊活の公開は、比較的導入しやすく、何より同じ妊活に取り組む人にとって芸能人の体験記は励みになっています。

また、芸能人が実践する妊活は一般人ができない特別なものではありませんから、妊活を後回しにしてしまう前に1つのきっかけとして芸能人の実践した妊活を参考にしましょう。芸能人が実践した妊活は、次の通りです。芸能人の妊活を通して自分でも妊活を実践してみましょう。

大島美幸

妊活といえばこの人、森三中の大島美幸さんです。ブログでの公開などではなく、妊活を宣言したことは有名な話で、一時期はニュースでも取り上げられたほどです。

仕事もお休みして妊活に専念し、旦那様である鈴木おさむ氏と夫婦二人三脚でしていたことも話題になりました。妊活への理解を世に広めた芸能人の1人といえるでしょう。

約10ヶ月の妊活を経て、2015年6月22日には待望の第一子を出産しました。現在はママとして育児に奮闘中です。大島さんは出産の後に妊活本も発売しています。

大島さんが行った妊活について詳しくご紹介していきます。

不妊治療から

大島さんは子宮筋腫が不妊の主な原因だったこともあり、子宮筋腫の治療から開始。不妊治療は治療を開始する前に、一般的な健康診断から、血液検査(尿検査の場合も)などによる女性ホルモン分泌量の測定や頸管粘液検査など不妊検査の項目を行います。

子宮筋腫については、子宮筋腫ってどんな病気?子宮筋腫と不妊症の関係や治療法で、詳しくご紹介しています。

体の健康状態の確認と不妊の原因を特定することを兼ねた検査をしますので大島さんも子宮筋腫の治療を始める前にこの検査から入っていると思われます。

この治療の後、不妊治療のステップアップ方式に則ってタイミング療法から取り組み、その次の人工授精までチャレンジし、晴れて妊娠へ繋がったようです。

関連記事
>>タイミング法で妊娠確率アップ!?基礎知識と成功率を上げる方法

人工授精での夫婦の取り組み

人工授精は大島さん夫婦のように排卵日近くに性生活をしているにも関わらず妊娠に至らない場合や、無精子症など男性側に不妊症の原因がある場合に用いられる方法です。

関連記事
>>不妊治療っていくらかかるの?不妊治療にかかる費用と治療費を抑えるコツ

予め旦那さんの精子を採取しておき、それを子宮膣へ人工的に注入するやり方になります。少し人工の手助けが入ってくるので、夫婦のスキンシップがなくなってしまうデメリットがあるのですが、大島さん夫婦は人工授精を行う日にはいつも以上に夫婦でイチャイチャしたり、2人の時間を大切にしていたようです。

人工授精は個人によって差はあるものの妊娠できる確率は全体的にみても5~10%と低いので様子を見ながら5~10回くらいは行うのが普通です。治療の度に夫婦の時間を作っていたかと思うと仲の良さがうかがえると共に、妊活には夫のサポートが大切なことを再確認できるエピソードです。

鈴木おさむ氏のサポート

妊活は夫婦の協力が必要不可欠ですが、夫のサポートが得られないことも珍しくはありません。昔に比べれば男性にも妊活への理解は深まりつつあるものの、女性以上に不妊治療への抵抗意識は高いものがあります。

不妊の検査を夫婦一緒に受けていると、不妊原因の特定率が上がると同時に治療の方針にも正確性が出てくるのですが、この検査の時点で躊躇してしまう男性がほとんどです。

男性の不妊検査の項目には精子検査があるのですが、産婦人科のように女性の多い病院で検査をする苦痛や、精液を採取することなど、男性ならではの抵抗感があることが挙げられます。

しかし、大島さんの夫である鈴木おさむ氏は、奥さんが妊活をするにあたって一緒に検査も受け、積極的に参加していたようです。夫の理解を得ることも妊活をする上で大切なポイントですから、夫婦で妊活についてはよく話し合っておくことも必要です。

精子検査の仕方や思ったことなどについては鈴木氏のオフィシャルブログにて公にしているので、妊活にあまり良いイメージがわかない男性には読んでもらうといいでしょう。

藤本美貴

元モーニング娘にして、歌手でタレント、そして「ミキティ~」でお馴染みの品川庄司:庄司智春氏の奥様です。2009年に結婚、2012年に長男を出産し、2015年8月1日には第二子を出産しています。

これだけを読むと妊活とは縁遠いように感じますが、第二子妊活中はなかなか妊娠へ繋がらず、落ち込む日々の連続だったようです。オフィシャルブログでも妊活神社へ行くなど妊活の取り組みを読みとることができます。

妊活神社へ

残念ながら、藤本さんが実際、どんな取り組みをしていたのかはあまりわかっていません。しかし、オフィシャルブログで第二子を望む様子を記していたり、妊活宣言はしています。

唯一分かるのは、長男の虎之助君と北海道の妊活神社なる場所へお参りにいったことです。

子宝のご利益

ブログには訪ねた神社の名前は公表していませんが、芸能ニュースなどで安産・育児に後利益のある西野神社であることがわかっています。神頼み?と思ってしまう方もいるかと思いますが、妊活神社改め子宝神社へお参りするのも妊活の1つです。

子宝神社は、その名の通り参拝することで子供を授かることができるジンクスのある神社のことで、この西野神社だけでなく全国各地にこうした神社は存在します。あくまで口コミ、噂になってしまいますが、神社へ行くことで無事に子宝に恵まれたとの声も多く、子宝神社をランキングしてまとめたものやツアーまであるほどです。

子宝スポットへ行くことで長引く妊活に疲れてしまった心身の息抜きにもなりますし、リラックスできてストレスも緩和されるので、妊娠しやすい状態になるとも考えられていますから、神様を信じる信じないかはともかく、夫婦で気分転換がてらお参りに行ってみるのもいいでしょう。

関連記事
>>子宝神社・子宝スポットにはご利益があった!科学的根拠と参拝のマナー

庄司智春氏のサポート

藤本さんも夫の庄司智春氏が協力的だったようです。妊活中は「虎之助を寝かせたあとは夫婦の時間」と題してブログにツーショット写真を載せるなど、2人の時間を必ず作っていたことがわかります。

妊活中は、結果にすぐ結びつかないことが珍しくありませんが、落ち込む時があっても旦那さんが励ましてくれたことを、藤本さんは本当にありがたかったと妊娠中に語っています。

妊活中、一番の相談相手は夫だとの調査報告もありますから、世の旦那さんにも関係ないと思わせずに、夫婦の時間を作るなどできることから妊活に関わっていかせましょう。

山田優

人気俳優:小栗旬氏の奥様にして、ファッションモデル、女優など多方面で活躍する山田優さんは1年間妊活をしていました。過去に1度、流産も経験していて、それからは夫婦二人三脚での妊活でした。

出産日は公表していませんが、2014年9月には無事、第一子を出産しています。

有名産婦人科へ通院

藤本美貴さんと同じく、妊活でどんなことをしたかは明確には公表していませんが、有名婦人科医院に通院していたようです。東尾理子さんや矢部浩之・青木裕子夫妻も利用していた山王病院だったのではないかといわれています。

セキュリティ万全の芸能人御用達の病院でもあるため、セレブ産婦人科ともいわれていますが、不妊治療の病院としても有名です。山王病院のように、妊活における不妊治療に力を入れている有名病院はいくつかあります。

病院との相性もありますが、そういった有名な病院で妊娠できた口コミも多く人気が高いところでは予約をとるのにも苦労する病院もあります。

不妊治療を始めると通院する機会も多くなってきますから、自分の条件に合った病院を選ぶことが重要です。

関連記事
>>芸能人も選ぶセレブ出産!ブランド産院御三家の魅力

妊娠しやすい体へ整える

妊活=不妊治療するイメージもあるかと思いますが、妊娠しやすい体に整えていくために、生活改善や妊娠力を上げるサプリメントを飲用するような活動も妊活の1つです。

妊活におすすめのサプリメントはこちらの記事でご紹介しています。
>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

山田さんは友人の西山茉希さんから、通院する病院を紹介してもらったようですが、最初は自分でできる妊活から始めていました。食事の改善や適度な運動、規則正しい睡眠などの生活習慣の見直しはしていました。

それでは妊娠に至らなかったため、病院の通院を決めたところはあるようですが、体を整えておくことは妊活でとても大事なことです。

病院との相性が合わず一旦治療を止め、生活習慣の見直しや気分転換もするようになったら妊娠できた例もありますから、山田さんのように自分でもできるところから妊活に取り組んでみましょう。

まとめ

ここで紹介したのは3人ですが、妊活をしていた芸能人はまだいます。ダイヤモンドユカイさんのように男性不妊を告白した人もいます。妊活を実践したことで、妊娠していますが、必ずしも同じことをしたからといって妊娠が早まるわけではありません。

女優の矢沢心さんの場合はサプリメントを飲む妊活もしていましたが、サプリメントが体質的に合わない場合もありますので注意が必要です。芸能人の実践した妊活を参考に、自分に合った妊活を実践しましょう。

関連記事
>>まだまだ認知度の低い男性の不妊症「男性不妊」とは?
>>男性にも妊活を!男性の協力で妊娠率を上げていこう!
>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる