11959952_s

メリットだけじゃない!心と体にかかる不妊治療のリスクとは?




不妊に悩む夫婦の多くは、不妊治療を考えます。男女ともに35歳を過ぎれば卵子も精子の質も衰えますし、年齢が上がるごとに妊娠・出産のリスクも高まるので、1年くらい経っても赤ちゃんを妊娠できなければ、早めに不妊の検査を受けることが医療の世界でも勧められています。

しかし、自然妊娠を望めないから不妊治療を受ければ良いわけではありません。確かに不妊治療は妊娠への手助けをしてくれる治療法ですが、その中には肉体的にも精神的にもリスクがかかる面も持ち合わせているのです。

そこで今回は、

・将来、不妊治療をするかもしれない
・不妊治療での精神的・肉体的な負担とは?
・不妊治療についてのマイナス面とは?

といった方に、不妊治療のリスクについて詳しくご紹介していきます。

関連記事
>>不妊に悩む夫婦への支援制度とは?特定不妊治療支援事業について
>>排卵日が妊娠しやすいとは限らない?排卵日の基礎知識

スポンサードリンク

不妊治療ってなにをするの?

医療では、「妊娠を希望し、1年間性生活を行っているにもかかわらず妊娠の成立をみない場合」を不妊症と定義しています。

この条件に該当する夫婦は検査する以前に不妊症になるのです。不妊治療では、そんな不妊症で悩む夫婦が妊娠できるように医療でサポートしていく治療法になります。大まかな流れとしては下記のとおりです。

不妊検査

検査は不妊治療をするなら、最初に必ず行うものです。ここで、身体面で妊娠を妨げている原因がないか調べることができます。内容は、一般的な健康診断から医師による問診と、ホルモン検査や精液検査など妊娠の過程で関わりのある生殖機能を中心とした検査も一緒に行うのです。

この検査を受ける際は、時間の都合が合わないことでもない限り、夫婦一緒に検査をすることを勧められます。未だに不妊検査は女性だけが受けるものと思う男性もいますが、不妊の原因は半分くらい男性にもあることが判明しており、女性だけの検査では場合によっては後に不妊治療をしても無駄になってしまう可能性もあるからです。

不妊治療

不妊治療は一般不妊治療と呼ばれどちらかといえば自然妊娠に近い方法が主になる治療法と、一般不妊治療では妊娠ができないと判断された場合や年齢的に治療にあてる時間の余裕がない場合に行う高度生殖医療の2つに分けることができます。

不妊治療は通常であれば一般不妊治療の中のタイミング法から始まり、上手く妊娠へ繋がらないようであれば治療内容を上げていくステップアップ方式で行われていくことになります。

不妊治療のリスク

治療内容だけでみれば、医師のサポート付きで妊娠を目指していけるわけですから、自然妊娠が望めないなら高度生殖医療に取り組むことになります。

しかし、どれだけ体に良いといわれる物にも副作用のリスクが伴うように、治療も素晴らしいことばかりではありません。身体的にも精神的にも夫婦にかかる負担は大きいのです。

注射と薬による副作用

治療を行う上で、身体的にかかるリスクで真っ先に挙げられるのが、治療の過程や薬剤の投与などによる副作用になります。例に挙げるなら、体の状態によるものの不妊治療で必ず活用されるのが排卵誘発剤と呼ばれる、薬の力で卵巣を刺激し良質な卵子の排卵を促す薬剤です。

自然妊娠に近い方法であるタイミング法はこの排卵がポイントになので排卵をしていない状態、もしくは排卵をしていても妊娠しにくいなどの理由によって良質な卵子を自然に望めない場合に、この排卵誘発剤を活用します。

これ以外にも注射や飲み薬などでさまざまな薬剤が使用されるのですが、副作用の可能性はどれにもあって、吐き気や頭痛の症状から不正出血、むくみや倦怠感などといった症状に多かれ少なかれ投与中は悩まされます。

先程挙げた、排卵誘発剤では卵巣が刺激を受けるために下腹部が痛む・腫れるなどの症状が表れる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性も考えられるのです。

症状には個人差があり、程度も変わってきますが治療をしているはずなのに、そういった症状に悩まされるケースは女性を中心に多くあります。

治療中のリスク

妊娠に繋がりやすい結果の裏で無視できないのが、治療中のリスクがいくつも考えられることです。特に高度生殖医療になってくると人工的なサポートが治療過程に入ってきますから、伴うリスクも多くなります。

例えば、高度生殖医療に挙げられる体外受精や顕微授精では必ず卵子と精子の採取が行われるのですが、女性の場合には採卵という方法が取られます。この際に、人によってはチクチクと痛みを感じてしまう場合もあるようです。

そのため、病院などによっては局部麻酔をしてくれることもありますが、麻酔の副作用で気持ち悪くなることも考えられます。また、採卵時には膣内にアタッチメントと呼ばれる筒状のものを挿入します。

それによって、まれに大量出血を起こしたり、感染してしまうこともあるのです。また、採卵が終わっても受精卵を戻す過程も待っていますから、薬剤の投与と同様に女性への負担は相当なものだと考えましょう。

仕事との両立

NPO法人が行ったアンケート調査では不妊治療を受けたと答えた2152人のうち、不妊治療を受けている間は仕事との両立が難しいと感じる人が91.1%、約9割の人がそう感じていたと回答しており、その中の42.3%が働き方を変えざるをえなかったようです。

共働きの夫婦が多くなった現在の特徴ともいえますが、女性にしてみれば深刻な問題。仕事を優先すれば通院もままならず、治療を優先すれば仕事に支障が出るといったことがあるからです。

最近では、不妊への理解も広がりつつあることもあって、仕事と治療を両立することも可能な環境を整えた会社もあるようですが、少ないのが現状です。早退・休みがとりにくい、話しても周りから理解が得られないなど悩む人も多いです。仕事を諦めて治療に専念する人もいますが両立を続ける人も少なくなく、その場合、疲れがたまりやすくなってきます。

関連記事>>妊活で仕事は休むべき?仕事と妊活を両立するためにできること

精神的に不安定になりやすい

生理がくると落ち込む、周りが妊娠していくのに自分だけできない焦りや相談できない不安など、不妊治療では精神的に不安定になりがちです。女性の場合なら、妊娠に繋がらずパートナーに八つ当たりしてしまったり、妊娠できる可能性があると言われるタイムリミットが迫り、いつも余裕がないなど焦りや不安によるものが大きいです。

治療による薬の副作用で気分が落ち込んでしまったり、病院に行く日が苦痛になったり、治療や病院が関係していることもあります。
精神的な面で、男性は特に弱いところがあります。不妊検査1つとっても、自分に原因があったらどうしようと思い詰めてしまったり、奥さんが治療に専念するのがプレッシャーになって勃起障害など生殖機能にまで影響が出る場合や、鬱状態に陥るなどメンタルが肉体にまで影響を及ぼしてしまうこともあります。

どちらかの気持ちが落ち着いていれば良いですが、不妊治療をしていると大半の夫婦が喧嘩にまで発展し最悪の場合、溝になってしまうこともあるようです。

経済面の圧迫

不妊治療を始めてから妊娠に至るまでの期間は平均しても2年から3年です。ある病院では、2年の間に61%妊娠した結果を出しています。長いと思うか短いと思うかは人それぞれですが、妊娠に繋がらない間は長いと思ってしまう場合がほとんどです。

この治療にかかる長さもまた精神的なリスクに繋がる原因になるわけですが、取り組む時間とセットになって付いてくるのがお金の問題です。不妊治療は検査からお金はかかりますが、治療内容のステップを上げると共に保険適用外の治療も出てくるのです。

高度生殖医療が高額なのはそのためですが、治療以外にも薬剤の投与があれば別途金額が加算されるので、より高額になる可能性があります。

治療費の総額費用のアンケートから平均140万はかかることがわかっていて、精神的に経済の圧迫による影響は避けられません。気にしないで治療を受けられるのが一番良いのですが生活もかかっていますから、限界があります。実際、価値観の違いから衝突してしまう夫婦もいます。

参考記事
>>不妊治療っていくらかかるの?不妊治療にかかる費用と治療費を抑えるコツ

生活習慣の見直しによるストレス

不妊治療中は、生活習慣を見直さなくてはいけないこともあります。治療だけでなく、日々の食事で妊娠を手助けしてくれる効果のある栄養を取り入れたり、睡眠や運動を適度にするなど、簡単なことをしていくだけでも体質が改善され、妊娠しやすくなることがわかっているからです。

しかし、突き詰めていくと見直す部分は多く、男性であれば喫煙や飲酒、外食をするときでも食べる物に気にしなければならなくなります。女性は赤ちゃんを体に迎える側のこともあってか敏感ですが、これには男性の協力も必要です。

生活習慣を見直す意味を理解できないまま始めてしまうと、喫煙の習慣があれば控えるだけでもストレスですし、女性にしてみても栄養を考えた食事を毎日考えるのは大変です。赤ちゃんのためとはいえ、生活が制限されますからストレスがかかり、精神的にイライラしてしまったりしてしまう可能性が考えられます。

関連記事>>妊娠できない理由は生活習慣にある!妊娠への準備と体作り

赤ちゃんにもリスクが…

肉体的、精神的なリスクだけでなく、妊娠後や赤ちゃんにもリスクが出てきてしまう場合もあります。妊娠後に考えられるリスクは多胎妊娠です。

最近は少なくなりつつあるものの、不妊治療に分類される高度生殖医療で指摘されるリスクで、妊娠率を向上させる際に受精卵を複数個戻す方法を行った場合に多胎妊娠の確率が高くなります。

多胎妊娠は双子や三つ子のことを言うので双子を望む人には嬉しいのかもしれませんが、単体妊娠に比べ早産や未熟児になるなどのリスクがあり、ママも早めの入院など絶対安静が求められたり母子ともに健康面での不安があります。

そして、顕微授精などに挙げられる人工的に卵子と精子を受精させる過程から、精子を選びとる時に染色体に異常のあるものを選ばないとも限りません。事実、自然妊娠より奇形になる確率が9.5%高まり、障害を持って生まれる可能性もあります。

納得のいく選択を

リスクがあるとわかっていながら不妊治療を勧められる理由は、自然妊娠に比べれば可能性があるからです。ただし、必ず不妊治療を受診しなければいけない決まりはなく、中には検査だけ受けて妊娠を諦めた夫婦もいます。結局は、リスクも含めよく話し合った上で後悔しない選択をすることが必要です。

不妊治療に無視できないリスクがありながら、説明しない病院も残念ながら存在します。しかしそれは、病院やクリニックの問題だけでなく、赤ちゃんが欲しいと思うあまり、治療のリスクを進んで聞かない夫婦の消極的な面も一因に挙げられます。

リスクがない治療は絶対にありません。妊娠へ繋がる1つの方法ではありますが、肉体的・精神的な負担を踏まえた上で、よく考えて判断しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる