男性の妊活

男性にも妊活を!男性の協力で妊娠率を上げていこう!




妊活は今や夫婦で行うことが主流となりつつあります。しかし、いまだにどこか他人事な男性は少なくありません。

妊活へのイメージや、男女の意識の差もあって気付けば「頑張っているのは私だけ?!」と悩む女性がほとんどなのが現状で、今でも妊活の悩みに夫が非協力的と答える奥さんも多くいます。

しかし、この男性の積極的ではない態度は、妊活への知識があるのとないのとでは、大きく変わる可能性があります。ぜひ、この記事を一緒に読んで、旦那さんの妊活への意識を変えてみましょう。

スポンサードリンク

不妊の原因は男性にもある

妊活が本来、夫婦一緒にするべきである理由は、今や不妊の原因が女性に限られたことではないからです。

一時は、妊娠できない原因は女性にばかり目を向けられていましたが、最近では医療も進歩し、不妊の原因の41%が女性にあるのに対し、男性にある場合は24%だとわかっています。

これだけだと、まだ女性が多いように感じますが男女共に原因がある場合は24%あり、総合的に男性にも48%は原因があると考えられるのです。

結果からわかるように、妊娠するためには女性だけが妊活をしていては不完全です。将来の妊娠へ向けて前向きに活動をしていくには、男性も妊娠への正しい知識を身に付けていくことが薦められているのです。

男性も意識しておくべきこと

妊活になると女性がせっせと活動をしていることが多くなると思いますが、男性にもいくつか意識を向けて欲しいことがあります。

パートナーである奥さんがいろいろと話をすることも多いですが、女性は自分の体のことで手一杯でもありますし、相手の体を把握するにも限界があります。

男性にしてみても女性にいわれ続けるのは、ちょっとうるさく感じてしまうものです。夫婦円満に妊活をすすめるためにも、手始めに簡単なことから意識を変えてもらうといいでしょう。

生活は健康的に

不規則な生活習慣が与える不妊への影響は、1つ1つの要因は小さいながら積み重ねで大きくなっていく恐れがあります。

ストレス、コンビニの利用やファストフードによる食生活の乱れ、睡眠、運動の不足、喫煙・飲酒これら全てが男性の生殖機能に影響を与えるといわれています。

いくつか例を挙げると、睡眠不足は男性ホルモンの乱れ、そして性欲が減退する可能性があります。睡眠中は成長ホルモンが分泌されるようにホルモンが大きく関わっている時間帯ですから、その時間が少なくなることはホルモン関係全ての乱れに繋がります。

また、平日が仕事だとどうしても休日は家でお休みになりがちで、運動をすることが少ないと思いますが、運動不足は精子の量に影響を与えるので、注意が必要です。

妊活を始めると女性が夫の食事の栄養バランスを気にしたり、喫煙・飲酒に口煩くなることも多いですが、それも男性の体を気遣ってのことです。全てを実行してもらうのは難しいですが、1つずつでも良いので意識してもらうと改善を図りやすいでしょう。

精子にもタイムリミットがある

「女性は年齢を気にしなくてはいけないから大変だね」という言葉を男性の口から聞くことがありますが、男性も年齢にはタイムリミットがあります。

ヨーロッパの論文で発表された研究結果では、パートナーの男性が20代で女性が妊娠に至る期間が平均6.0~7.0ヶ月かかっています。

しかし、男性が30~34歳、35~39歳と徐々に年齢が上がっていくと、平均10.1もしくは10.2ヶ月と3~4ヶ月長くかかることがわかっているのです。

女性の年齢関係なしで行われた研究なので、たとえ女性が若くても結果は変わらないことがわかります。よく35歳から女性は卵子が老化し始めるといわれますが、男性にも同じことがいえます。

精子の質は30代に入ると少しずつ低下していっているとも考えられています。もちろん年齢の影響には個人差がありますし、女性に比べると老化傾向も緩やかなようですが、40代になると老化のスピードが加速するので年齢を意識してもらうことは大切です。

男性の協力で妊娠率がアップ

夫が妊活に協力してくれることは、女性にとって何よりの喜びでもあります。また、なんといっても妊娠する確率が飛躍的にアップすることも、嬉しいことです。

男性に女性から協力を仰ぐことは難しいことではありますが、愛し合って一緒になった二人ですから、相手の気持ちを尊重しながらお願いしてみれば、必ずOKしてもらえるはずです。

男性が協力してくれる意志を示してくれたら、女性も感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。パートナーが喜ぶことでなお一層、男性も妊活していく大きな意欲を持ってくれるはずです。

不妊検査を受診してもらいましょう

女性の発言から妊活を始めた割合が80%という結果があるほど女性に比べて男性は妊活に消極的です。その中でも、不妊治療の前に行われる検査を躊躇ってしまう人もいます。

男性を対象に行ったアンケート調査では不妊治療への取り組みをすることに関しては、大賛成より「どちらかといえば賛成」な人が多くを占めています。

男性は、精液検査への抵抗や自分に原因があったら責任が重大であることへの不安があります。しかし、不妊には男性も48%原因があるとわかっていますから、男性も検査をしてもらえると女性だけで検査を受けるより不妊の原因が特定しやすくなります。

夫婦どちらも赴任検査をすることで不妊治療の方針もしっかりしたものになるのです。初診から2人揃って診察を受ける方がいいです。2人で話しながら検査を受ける必要性を意識してもらうことが大切です。

不妊治療は夫婦の協力が必須です。お互いのためにもじっくり時間をかけ、協力を仰いでみましょう。

精液検査をする

不妊検査をしてもらう男性側の協力が得られたら、さっそく病院へ行きましょう。検査の項目は乳がん検査など女性だけが受ける内容があるように、男性にも精液検査を受けてもらうことになります。

この検査によって、精液と精子の状態、つまり精子の質を調べることができるのです。妊活をしている男性のほぼ100%が受けている検査となっています。

精液検査の大まかな流れとして、採精をするための個室へ移動して、採精用のカップに男性自身で射精した精液をカップへ採液し提出します。そして、後日来院して検査結果の説明を受けます。

病院によっては自宅で採精する方法を選べる場合もあります。その場合は採取する時間などを確認し病院の指示に従って、採精し持っていきましょう。女性が代わりに病院へ持参できますので夫が何かと忙しい方にはお薦めの方法です。

精液検査で分かること

精液の量、その精液の中に含まれる精子の数、運動率、精子の形状をチェックします。精子の形状に関しては奇形も見られるようですが、正常な形状をした精子がどれくらいあるのかを確認します。

チェックするときは専門医による目視の確認と共に顕微鏡といった検査機器を用いて細かく調べられます。この検査では、精子の状態だけでなく白血球の数なども確認します。

精液検査で乏精子症や無精子症など男性不妊の原因になる病気だけでなく、体の疾患が発見される場合もあり本人では気づくことのできない異常が発見できる場合もあります。

男性専門のクリニックも設立されていますし、精液検査をする際の設備が整っている病院も多くあります。精液検査であれば産婦人科だけでなく泌尿器科でも受診できます。精液採取を自宅で行う方法を選べる病院もあります。

二人でよく相談しパートナーの男性にとって最適な検査方法と場所を選択しましょう。

男性用妊活サプリの活用

妊活中にサプリメントを活用するのは、珍しいことではなくなりつつあります。食事で栄養を摂ることもできますが、必要なことでも、どうしても毎日栄養を考えながら食事するのは疲れてしまいます。

また、1日に必要な摂取量が決まっている栄養もあり、量を気にしながら食べるのは、男性の場合、特に食材だけでは難しい場合もあります。

その点、サプリメントは飲むだけなので摂取するのが簡単ですし、量をきっちり測ることができます。赤ちゃんの健康も左右される理由から女性は妊活サプリメントの服用を始めるのですが、男性にも服用してもらうことで精子の質が良くなります。

平日は仕事もしていて忙しい男性にとって、効率よく栄養が摂れるサプリメントは食べ物よりも取り組みやすいといえます。

男性用妊活サプリメントを選ぶなら

男性の妊活にも必要な栄養素といえば、葉酸やマカ、亜鉛などが有力です。葉酸は染色異常が軽減され赤ちゃんの健康も左右するとても重要な成分です。マカは栄養成分が高く精力増強の効果があり、元気な精子を増やす作用があります。亜鉛には生殖能力の高い精子を作り、しかも大量に生産する働きがあります。

市販のサプリメントにもこれらの成分が含まれているものも多くありますが、葉酸サプリメントとなると、女性向けのものがほとんどです。また、マカや亜鉛のサプリメントとなると、どちらかというと精力増強などに比重を置いたものがほとんどです。

これらの中には精力剤など副作用の影響が考えられるものもあり、男性の妊活には適していないものも存在します。

そのため、せっかく妊活に協力的なご主人にサプリメントを飲んでもらうのであれば、男性の妊活用に作られたサプリメントを選ぶことが重要です。

男性用妊活サプリ「マイシード」

マイシードは、男性の妊活に焦点をあてて作られたサプリメントです。亜鉛、コエンザイムや、ソイポリア、マカといった、男性の妊活に欠かせない成分が含まれています。

放射能や残留農薬の検査もきちんと行われているだけなく、精力剤ではないため副作用の心配もありませんので安心して飲むことができます。

今や不妊の約半数が男性にも原因があることが判明しています。お値段は少々張りますが、男性の精子の量と質は、妊娠するためには非常に大切な要素なため、これらを少しでも改善していくことで、妊娠への期待も高まります。

公式サイト>>マイシード-亜鉛配合-for Men

妊活中の女性には、葉酸サプリメントが大きな役割を果たします。葉酸サプリの選び方については、以下の記事を参考にしましょう。
>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

精巣を冷やそう

女性の場合、妊活では体を冷やすのは良くないといわれますが、男性は逆に生殖機能を温めるのが良くないといわれています。その理由としては、精子が熱に弱いからです。

つまり、質の良い精子を作るためには、精巣をなるべく冷やしておくことが大事になります。男性器は女性と異なり露出しているのは冷やしやすいからなのです。

体の仕組みから熱を避けるようにしていることがわかりますが、体の機能に頼りっぱなしではいけません。妊活するのですから、精巣を温めないために次のようなことに気を付けてもらうといいでしょう。

電子機器の扱い

仕事の関係で、連絡手段で、男性が移動中にノートパソコンやスマートフォンを使用することも多いはずです。しかし、妊活中に使用するときは位置に注意を払ってもらいましょう。

ノートパソコンの場合はコンパクトで軽い分、特に外出中は膝に乗せて使うことがあると思いますが、これは精巣を温めてしまう原因になります。

パソコン類は使っていると裏面が熱くなっていきますし、側面は熱を逃がそうと排熱処理が行われています。また、すぐに連絡がきても良いようにスマートフォンなど携帯電話類をポケットに入れているのも良くありません。

パソコンほどではありませんが放熱処理が行われていますし、電磁波の影響で精子に悪影響があるといわれています。使わないのはさすがに無理ですが、良い精子を保つためにも、電子機器の扱いには気を付けてもらうことが大切です。

トランクスをはこう

履く物に好みはあるかと思いますが、妊活をするからにはトランクスをで3きるだけ履いてもらいましょう。

中には、ブリーフを愛用している男性もいますが、ブリーフは股間をきっちり覆っているため、トランクスに比べて蒸れやすく、夏や温かくした部屋にいるとブリーフの中は温度が高くなってしまいます。

トランクスであれば、ゆったりした形状になっていますし、風通しも良いので温度が高くなってしまう心配が少ないです。履き心地もありますか、週に何回かはトランクスの日を作ってもらうことから始めましょう。

長風呂に注意

入浴は、ストレス解消や血行を良くしてくれるため、体にとっても必要な習慣です。男性の中にも、お風呂好きの方もたくさんいると思います。

女性でも1日の疲れを癒すために、つい長風呂をしてしまうことがあります。しかし男性の場合は、精巣を温めないためにお風呂に浸かる時間にも留意しましょう。

同じ理由でサウナも控えた方がいいでしょう。お風呂自体が禁止ではないので、妊活中は普段の入浴より気持ち早めに切り上げることをオススメします。

まとめ

妊活に夫婦の協力は重要です。最近は、妊活への知識も広がり男性でも妊活を理解してくれる人は多くなりつつありますが、それでも男性にしてみれば未知の領域であることも事実です。

妊活のいろはを教えるにしても、本人に調べさせるにしても急に全てを実行することはできません。

せかしても男性もストレスを感じてしまいますので、焦らず1つずつトライしてもらい、できることを少しずつ増やしていってもらうといいでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる