漢方

妊活に漢方が効果的?妊活に良い漢方と避けるべき漢方




妊娠を目指して夫婦で取り組む妊活は、芸能人をはじめメジャーな活動となりつつあります。そんな妊活は、まだ妊娠を考えていない場合でも取り組んでおいた方が良いといわれ、その活動内容も多種多様です。

漢方もその中の1つ。どちらかといえば身近な漢方は、不妊治療と同じくらい認知度が高い妊活になります。

病院やクリニックの一部では漢方を取り入れ、不妊治療と併用して行っているところもありますが、そんな漢方も全て妊活に良いというわけではありません。

そこで今回は、

・漢方とはどういうもの?
・どうして妊活に漢方が効果的なのか?
・妊活に効果的な漢方や避けた方がいい漢方を知りたい

といった方に、漢方について詳しくご紹介します。種類によって、良い漢方もあれば避けるべき漢方もありますので、注意しながら妊活に上手に取り入れてみましょう。

関連記事
>>妊活に効くのはマカ?ざくろ?亜鉛?それぞれの役割とおすすめの妊活サプリ
>>亜麻仁油が妊活に効く!?驚くべきオメガ3の効果とは?
>>お茶を飲んで妊娠力アップ!?妊活におススメのお茶とは?

スポンサードリンク

漢方とは?

漢方と聞くと、サプリメントなどのようにドラッグストアでも簡単に手に入る健康食品のイメージがありますが、実際は中国から伝わった医学の一種で、動物・植物・鉱物を原料とする、単体でも医薬品になる生薬を“複数”組み合わせた医薬品を指し、サプリメントや健康食品といった類のものではありません。

また、中国から伝わった後に東洋医学を基に独自の発展を遂げているので、名称は漢方であるものの、処方の仕方は中国でいわれている漢方とは異なります。

これは日本だけではなく、国によって処方の仕方や呼び方も違いが見られます。薬局やドラッグストアに行くと、生薬が1種類含まれているだけのものが「漢方薬」と販売されている場合もあるようですが、実際はそれだけでは漢方とは呼べません。

なぜ漢方が妊活で話題に?

長い歴史を持つ漢方ですが、日常に使用する医薬品の1つとしてだけではなく、妊活でも推奨されるようになってきたのは近年のことです。

漢方を利用したら妊娠できた、という話もあるくらいで、個人差はあるものの病院やクリニックの中には漢方治療を取り入れたり、漢方外来を設置する病院も増えてきています。

このように妊活で注目されるようになった理由としては、次のようなメリットがあるからです。

体質の改善

通常の夫婦生活を1年以上送っていながら妊娠できない場合、不妊と定義されていますが、妊娠しにくい、できない原因は挙げ出したらキリがありません。

そのため、不妊治療など医師の指導を受けながら妊娠に繋げていく場合には、事前に健康診断・不妊検査を夫婦で受けて原因究明をしていくわけですが、時には体のどこにも妊娠への妨げになるような問題が見られないことも珍しくはありません。

その場合には体質に問題があると考えるわけですが、目に見えない問題ですので、いざ治療を始めても良い結果に結びつかないことが多いです。

漢方は、すぐに結果が表れるわけではないものの、体質改善の効果があるとされており、こうした不妊の原因がはっきりしない場合に強いといわれています。

直接、原因に働きかけるわけではありませんが、体全体のコンディションを整えてくれる効果が高いので、妊娠しやすい体を作ってくれるわけです。

オーダーメイド

医薬品を処方してもらう場合、すでに薬品として形になっているものを症状に合わせて、用法用量を考えながら処方されるわけですが、漢方はその人に合った漢方薬を1からオーダーメイドで作ることができます。

病院やクリニックによって対応は異なりますし、漢方の種類も多種多様なので、全てがオーダーメイドというわけではありませんが、漢方薬局といった専門の薬局へ行くと、症状や体質などの問診をきちんとしてから、その人に合った生薬を組み合わせてくれます。

実際に、自分の体質にぴったり合った漢方薬は、苦く感じないのに対し、合っていない漢方薬は苦く感じるといった違いもはっきり表れることがわかっています。

体への負担が少ない

前述にもあるように、漢方は動物や植物、鉱物などを原料とする生薬を複数ブレンドする事で作られる、自然の原料でできた医薬品のため、排卵誘発剤など人の手が加わった薬品と比較すると体への負担も少ないといわれています。

つまり、100%安心とは保証できませんが、負担が少ないということは副作用のリスクも低いということになるので、体への負担をあまり心配せずに妊活に専念することができるのです。

妊活に良い漢方

メリットだけみると、漢方が不妊治療など他の治療と併用して行われる理由がよくわかります。自分に合った漢方薬を作ってもらえれば、妊娠しにくい原因になっている体質の改善ができ、妊娠しやすい体に少しずつ整えていくことができるからです。

体への負担も少ないので、日常生活に支障が出る心配がないのも嬉しいところです。しかし、そんな漢方は、植物などの天然の原料で作られていますので、必ずしも安心して服用できるものばかりではありません。

アロマテラピーなどに挙げられるように、妊活のサポートをしてくれるものもあれば、体に良くても妊活では逆効果の漢方も存在します。漢方のメリットから妊活でも併用する人が増えてきていますが、使用前に特徴を知ることから始めましょう。

当帰芍薬散

妊活をしていなくても女性で愛用する人の多い漢方薬の1つで、「とうきしゃくやくさん」と読みます。

血液が体に少ない「血虚(けっきょ)」の場合に用いられる漢方薬でもあり、血が不足している状態の場合に起こる貧血やたちくらみといった、女性ならではの血液関係の症状に効果的です。

また、余分な水分が体に溜まって、上手く排出できない状態を表す「水毒」にも効果があり、この2つの改善効果から、むくみや冷えにも良いとされています。

冷えは妊娠を妨げる原因にも含まれますから、これらが改善されることにより血液の循環が良くなり、生殖機能に栄養がスムーズに行くようになるので、ホルモンバランスを整え、排卵障害などを改善してくれます。

妊娠後も、流産防止などの効果も期待できることから、服用を続ける女性も多く、女性の聖薬とも呼ばれています。

そんな妊娠力を高めてくれる当帰芍薬散ですが、誰でも効果があるわけではないので注意が必要です。特に、胃腸が弱い人は吐き気を催しやすく、また血色が良い人は服用を控えた方が良い漢方薬とされています。どの漢方薬にもいえることですが、服用は医師の指導の元に行って下さい。

加味逍遥散

かみしょうようさん」と呼ばれる、高齢の女性で悩む人の多い更年期障害にも効果のある漢方薬です。

「気滞(きたい)」という、ストレスなどの精神的なことから自律神経が乱れてしまうことで起こる、理由のないイライラや不安感にも効果があり、精神的に不安定な人向けの漢方でもあります。

この効果から、女性だけでなく男性にもよく飲まれる漢方薬でもあり、男性が服用すれば精子の運動率をアップさせるなどの効果が見られます。

また、血液の量を増やす血流改善の作用もあるので、女性が服用すれば子宮や卵巣の働きが活発になり、冷え性の改善もみられます。

自律神経が整えられるので、自然とホルモンバランスも良くなりますから、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれる漢方といえます。妊活では妊娠しにくい原因にストレスも挙げており、なるべくストレスを溜めない生活を求められます。

とはいえ、妊活中はストレスを感じやすい時期でもあるので、ストレスケアとして夫婦で一緒に服用するのも良いかもしれません。

そんな加味逍遥散ですが、妊娠後は流産を引き起こす恐れを持つ成分も含まれているので、妊活でのみ使用するのに限ります。また、体質に合わなかった場合に食欲の減退や吐き気、血圧が上がるなどの副作用が出てしまうこともあるので、服用する際には医師の指導の元、安易に服用しないようにして下さい。

婦宝当帰膠

当帰芍薬散と同じく血虚の状態に効果のある漢方薬で、「ふほうとうきこう」と読みます。当帰と呼ばれる、良質の血液を補ってくれる作用を持つ生薬が全体の7割も含まれており、この漢方薬を服用することで血液の巡りを良くなります。

これだけだと、当帰芍薬散と変わらないような気がしますが、当帰芍薬散は先程挙げた当帰という生薬が1~2割しか配合されていないこともあり、冷え性や生理不順の改善、排卵障害など生殖機能への効果は変わらないものの、その子宮・卵巣環境を良くする体を温める効き目が当帰芍薬散よりも高いとされています。

生薬の配合が異なるというだけであって、妊活に有利というわけではありませんが、効果の高さだけでみれば当帰芍薬散より婦宝当帰膠は良いとされています。

当帰芍薬散に比べ高い効果が期待できる分、副作用にも注意が必要になります。体質にもよりますが、腹痛や下痢、基礎体温が乱れてしまう恐れがあるからです。特に、基礎体温が元々高めの人や、アトピー性皮膚炎持ちの方などは注意が必要で、湿疹が体に見られる場合、婦宝当帰膠の体を温める作用で更に腫れあがってしまう可能性もあります。ですので、服用前には医師によく相談し、調子を崩してしまう場合にはすぐに使用を止めましょう。

八味地黄丸

妊娠しにくい原因は、男性にも48%はあるとされています。そのため、男性に妊活は関係ないとはいえません。

そんな部分もわかってきたこともあり、妊活では男性にも良いとされる活動が紹介されることもありますが、漢方薬にも女性だけでなく男性にも良いとされるものがいくつかあり、八味地黄丸(はちみじおうがん)はその1つになります。

生殖器が弱まっている状態を表す腎虚(じんきょ)に良いとされている漢方薬で、精力の増強や精子の質の向上に効果的です。

この他にも、精子の数を増やし、運動率を上げる効果が期待できます。これは、体温を上げる効果もあることから女性が服用しても効果があるといわれており、卵子を若返らせ、子宮環境を良くしてくれます。

八味地黄丸には、体を温める効果もあります。そのため、体質的に合わなかったりすると服用後に体が熱っぽくなったり、胃もたれ、下痢のような症状が出てしまう場合もあるようです。体に良いとはいえ、無闇に服用はしないようにしましょう。体の調子が悪くなってしまうようであれば、使用を中止して下さいね。

妊活に避けたい漢方

妊娠中に避けておいた方が良い漢方はあるものの、妊活中に服用するのに注意しなければいけない漢方は、はっきりと決まっていません。

しかし、漢方はハーブと同様に、絶対安全とはいえません。妊活に漢方を使用する際には、以下の点に注意をしましょう。

関連記事>>妊娠中のハーブに注意!安心して利用できるハーブとその効果

自分の判断で服用しない

体質改善もでき、妊娠しにくい体を妊娠しやすいように整えてくれる漢方は、ドラッグストアや薬局、今ではインターネットでも販売されています。値段も不妊治療を受けるより費用が安くすむこともあり、自分の判断で購入してしまう場合もあるかもしれません。

しかし、漢方薬も医薬品です。妊活に効果のある漢方薬であったとしても、必ず副作用の恐れはあり、婦宝当帰膠のように体質的に服用は控えた方が良いという人もいます。

体質的に合わなかった場合、アレルギー反応など体に悪影響を及ぼしてしまうことが考えられるので、自己判断で服用するのは大変危険です。

現在では、総合医療として漢方を治療に取り入れる病院も増えてきていますから、妊活に漢方を取り入れようと思っている場合には自分の判断での漢方の服用は控え、1度担当の医師に相談し、医師の指導の元に服用を始めることが大切です。

過剰摂取をしない

「漢方薬を服用するようになって、妊娠に繋がった」といった漢方薬の効果を耳にすることが多いと思いますが、漢方を妊活に取り入れたからといってすぐに妊娠できると約束されるわけではありません。

本来は、体質改善を目的とするものですから地道に服用をしていくことが必要になります。また、効き目がないという理由で服用する量を増やしてしまう人もいるようですが、漢方に即効性がないのは量の問題ではないので無闇に服用するのは危険です。

むしろ、過剰に漢方薬を摂取してしまうことで、体に良くない影響を与えてしまうこともありますので、服用の際には用法用量を守って服用することを心掛けて下さい。

まとめ

これらの様々な効果から妊活でも注目され始めている漢方ですが、漢方を活用したからといって安心というわけではありません。

服用を続けつつ、生活習慣の見直しや禁煙・喫煙をするなど、漢方以外でも体質改善のために、自分の習慣などを見直すことが大切です。漢方の役割を理解し、自分にあった漢方薬で妊娠を目指していきましょう。

参考記事
>>妊活のための体作り!妊娠に必要な生活習慣と栄養素
>>妊活のための食事!食生活を変えて授かりやすい体を作ろう
>>妊娠できない理由は生活習慣にある!妊娠への準備と体作り

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる