ローヤルゼリー

妊活にローヤルゼリーが効く!?ローヤルゼリーの基礎知識




妊活にローヤルゼリーが良いって聞いたことはありませんか?ローヤルゼリーと聞くとまず想像するのが蜂です。蜂というとハチミツや蜜ろうなど、人にとって良い効果をもたらしてくれるものが多いですね。

ローヤルゼリーはそんな蜂の社会においても、超高級品になります。なぜなら女王蜂しか食べることができないものだからです。

その栄養価は高く、飲むローヤルゼリーなど健康食品としても人気があり、栄養ドリンクなどの成分としても配合されています。

そこで今回は、

・ローヤルゼリーの有効成分が知りたい
・ローヤルゼリーがなぜ妊活におすすめなのか知りたい

といった方に、ローヤルゼリーのどのような成分が体にいいのか、妊活に効果的だというのは本当なのか、詳しくみていきましょう。

関連記事
>>妊活に効くのはマカ?ざくろ?亜鉛?それぞれの役割とおすすめの妊活サプリ

スポンサードリンク

ローヤルゼリーの基礎知識

ローヤルゼリーは、蜂の中でも女王蜂だけが食べ続けることを許された食べ物です。ハチミツのように、働き蜂がせっせと花蜜を運んで巣に蓄えたものを熟成させたものではなく、働き蜂が花粉を食べて、体内で合成し分泌したものです。

さらに、ローヤルゼリーを分泌できるのは孵化して数日しか経っていない若い働き蜂しかできず、女王蜂のためだけに作られています。

実際にこれを食べ続けることで、働き蜂の寿命が数カ月なのに対して女王蜂は3~5年と、働き蜂の30~40倍も長生きをします。大きさも2~3倍と個体差まで出てしまう優れた食べ物のため、女王蜂という蜂の王しか食べられない特別な物、ロイヤルからとってローヤルゼリーとなったわけです。

別名で王乳ともいわれ、確かに見た目は乳白色のとろっとした物質になります。風味としては酸味が強く、ハチミツと同じ蜂から作られるわりに甘さは全くありません

ローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーの成分は、約65%が水です。その残りの成分は糖質約15%、アミノ酸・たんぱく質が約13%、脂質約3%となっており、そして、それらに分類されない成分約4%で構成されています。特に注目したい成分がアミノ酸、ビタミン類などで、その詳細は次の通りです。

アミノ酸

たんぱく質と共に約13%ものアミノ酸がローヤルゼリーには含まれていますが、ただのアミノ酸だけではありません。

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸22種類のうち、8種類がアミノ酸の中でも人体で合成することができず、しかし体にとって重要な成分である必須アミノ酸です。

体内で作れない必須アミノ酸は不足すると、筋肉や骨、血液などの合成ができなくなってしまうので、食べ物などで摂取する必要がありますが、ローヤルゼリーはその必須アミノ酸を8種類全て含んでいるので、お手軽にアミノ酸を摂取することができます。

ミネラルが豊富

ローヤルゼリーは体に必要な三大栄養素、炭水化物・脂質・たんぱく質の他、ミネラル類も豊富です。

カルシウムにリン、銅はもちろんのこと、鉄や亜鉛、カリウムなどを代表とするミネラルも必須アミノ酸と同じく、体内では作ることができない栄養素です。

過剰に摂取する必要はありませんが不足すると欠乏症を引き起こし、例えばカルシウムであれば骨粗しょう症、鉄であれば貧血の原因になってしまいます。体全体のバランスを整えるために、ミネラルはとても大切なのです。

現代の食生活では摂りにくい栄養素といわれていますから、ローヤルゼリーはミネラルも補給しやすい栄養食品といえます。

ビタミンがたっぷり

ビタミンは生野菜や果物から多く摂ることができる成分ですが、ローヤルゼリーには10種類ものビタミンが含まれています。

主なビタミンはビタミンB群を中心にしたもので、疲労回復ビタミンとも呼ばれるビタミンB1や、このB1と似たような働きをするB2、さまざまな代謝に働く栄養素であるビタミンB12などが挙げられます。

注目したいのは、食材をもってしても1日の摂取量を体に取り入れることが難しいといわれている葉酸も含まれているところです。

また、この他にもビタミンCや脂肪の代謝に働きかけるイノシトールなど、体にとって良い効果をもたらしてくれるビタミンも含まれており、ローヤルゼリー1つでたっぷりビタミンを摂れることがわかります。

特有成分

特有成分とは、ローヤルゼリーにしか含まれない特別な成分を指します。挙げられる成分としては、含有量でローヤルゼリーの品質にも関わってくるデセン酸(10-ハイドロキシデゼン酸)をはじめ、類パロチン、ビオプテリンなどです。

ローヤルゼリーでしか摂取できないながら体に嬉しい働きかけをしてくれる成分ばかりで、女王蜂しか食することのできないゼリーということを改めて感じます。

ただし未解明な成分も数多く、全ての成分の効能はまだ明らかにされていないため、まだ詳しいことがわかっていない謎の成分もあります。

妊活に効くといわれる理由

成分からもわかるように、ローヤルゼリーは体にとって必要不可欠な栄養素を豊富に持った食品といえます。

さらに、ローヤルゼリーのスゴイところは、健康食品としてだけでなく、医薬品としても認められており、薬局だけでなく病院でも処方されているということです。

そんな一面も持っているローヤルゼリーですが、妊活に効くといわれている理由は何なのか、詳しくみていきましょう。

調整力がスゴイ

妊活には、排卵日を予測して妊娠へと繋げていくタイミング療法があります。タイミング療法は病院で検査を受けた上でそのデータの元、排卵日を予測し担当医師からアドバイスをもらいながら夫婦で妊娠へ繋げていくものですが、この療法は基礎体温を測るなどして自分である程度予測することも可能です。

タイミング療法については、タイミング法で妊娠確率アップ!?基礎知識と成功率を上げる方法にて詳しくご説明しています。

しかし、その際にポイントになってくるのが規則正しく排卵が毎月行われること。ちょっとしたことで不規則になってしまう排卵は、そのままにしておくとタイミング療法だけでなく後々の妊活にも支障が出てしまうからです。

ローヤルゼリーは排卵に良い

排卵は、卵巣が独自に行うものではありません。排卵が行われるまでには脳の視床下部が下垂体を刺激するホルモンを分泌することから始まり、下垂体も刺激を受けて卵巣に卵胞ホルモン、黄体ホルモンという2つの女性ホルモンを分泌することで初めて排卵が行われるのです。

つまり、視床下部と下垂体、卵巣の連携が上手くいっていない場合、規則正しく排卵することはできないということになります。

ここで、妊活中にローヤルゼリーを摂取しておくと、間脳と呼ばれる視床下部と視床で構成された部分に働きかけてくれるので、排卵をするのに重要になるホルモンの調整をしてくれます。排卵機能を整え、妊娠しやすい体に近づけることができるのです。

ストレスの緩和

妊活中は、治療への不安や結果に繋がらない焦り、周囲からのプレッシャーなど、ストレスを感じやすいという点があります。そんな中で、妊娠しにくくなるという理由からストレスフリーな生活を求められるのは至難の業です。

できれば自分なりのストレス発散方法を見つけて欲しいところですが、仕事と両立する方ですと、特にそんな時間があるなら休みたいと思ってしまうかもしれません。

しかし、ストレスは溜めこんでしまうと妊活だけでなく心身にとっても良くないので、溜めこまない、もしくは上手く解消していくことが大切になってきます。

ストレスに効果的な成分が豊富

ローヤルゼリーは、ストレス解消に効果的な成分が豊富に含まれています。例えばビタミンなら、うつ病にも効果的とされるビタミンB群を中心に含まれているので、ビタミンB1による精神の安定、ストレスや怒りを感じた時に働いてしまう交感神経の鎮静化など、神経をストレスから保護してくれます。

ビタミンB6はセロトニンと呼ばれる気持ちの調節に関わる成分の合成に欠かせない栄養素です。B群は総合的に、神経やホルモン関係でのイライラや疲労感を軽くしてくれる働きがあるので、その含有量が多いローヤルゼリーはストレス発生を抑制する効果が期待できます。

また、ビタミンの一種であるパントテン酸も含まれていますが、この成分はストレスに対抗するホルモンを合成するのに必要になり、ローヤルゼリーで補給しておくことでストレス緩和がスムーズになります。

そして、ビタミンだけでなくカルシウムや鉄、そして不足すると情緒不安定に陥りやすい亜鉛もバランス良く含まれていますから、神経を安定した状態にキープしてくれます。

脳へ良い刺激を与える

人はストレスを感じる時、体の中では排卵と深い関係のある視床下部から、下垂体、副腎へ刺激が伝わり影響を受けています。この連携によって、ストレスを感じるのです。

つまり、脳に受ける刺激が悪いものであれば体はストレスを感じますが、その反面、良い刺激を感じればホルモンの分泌が促進されて、免疫力の向上や細胞の活性化といった体に良い影響を与えてくれます。

ローヤルゼリーには、視床下部を含む間脳に良い刺激を与えてくれる成分が含まれています。それが特有成分の1つ、デセン酸(10-ハイドロキシデゼン酸)で、この成分は間脳の働きを促進してくれる働きを持っています。

促進するだけでなく、間脳と繋がっている自律神経の調節も行ってくれますから、自律神経が整えられることでホルモンの働きを正常にし、生理不順などの不妊体質の改善にも繋がります

また、興奮するなどして自律神経が乱れてしまいそうな場合でも、アセチルコリンという成分もローヤルゼリーには含まれていますから、アドレナリンに対抗し、自律神経を乱さないよう正常に保つことができます。

ストレスを感じにくい環境を、ローヤルゼリーは整えてくれるのです。

冷え性の改善

冷えもまた、妊娠しにくい体を作る原因の1つです。女性にとって冷えは大敵、というのはよく聞きます。冷房の利いた部屋に長時間いたり、身体を冷やす飲み物や食べ物を摂るなど原因はいくつかありますが、自律神経の乱れもその1つです。

通常の体温調節は、自律神経である交感神経と副交感神経が関わっているのですが、どちらか一方が働きすぎてしまうだけで冷え性になります。

例えば、交感神経は体温を外に逃がさないよう血管を収縮させる機能を持っていますが、働きすぎれば血の巡りが悪くなり冷え性の原因になりますし、逆に副交感神経は皮膚表面の血管を拡張させ熱を逃がしてくれますが、働きすぎれば熱が放出され過ぎて体が冷えてしまうのです。

交感神経が収縮するのに対して、副交感神経は血管が拡張したままになってしまいますから、血液を循環させる力も弱くなり結果的に、血液が詰まったような状態になります。

血行を良くする

先に触れたように、ローヤルゼリーには自律神経を整えてくれる効果が期待できます。調整してもらえることで、改善の見込みがあるのが冷え性。

ローヤルゼリーに含まれる成分によって、自律神経の中枢である間脳に良い刺激を与えてくれるため、その相乗効果で自律神経を整え、血流を上手くコントロールしてくれます。

また、ストレスに効果的な成分でもあるパントテン酸は、血液中の悪玉コレステロールを除去する働きも持っています。ドロドロ血液の原因でもあるこのコレステロールを取り除いてくれることで、サラサラな血液になり、血行が良くなるといわれています。

さらに、ローヤルゼリーにはアミノ酸、ミネラルやビタミンなどのたくさんの栄養素が含まれています。それらの栄養素によって自律神経が整えられ、冷えが和らぐとも考えられるようです。

以上の理由から、ローヤルゼリーは妊活に効くといわれています。総合してみると、妊娠に直接働きかけるというより、妊娠しやすいように体の機能に働きかけ、向上させる効果があります。また、体に良い成分が豊富に含まれることもあり、妊娠力を上げるため食生活に気を遣う妊活中は、栄養補給をしやすい食品といえるでしょう。

絶対効くという保証はない

ストレスの緩和や冷え性の改善など、妊娠しやすい体作りを目指す妊活では嬉しい効果がたっぷり詰まったローヤルゼリーは、確かに妊活におススメな食品といえます。

しかし、効くといわれていてもその効果が絶対に保障されるわけではありません。効果を実感するためには、地道に活用していく必要がありますし、体質の関係もあるので効果は一定ではありません。

個人差が出てしまうのは否めません。また、仮に効果があったとしても、妊娠に「絶対」繋がるとはいえません。妊娠しやすい体に整えられることは期待できたとしても、ローヤルゼリーが赤ちゃんを授けてくれるわけではないのです。あくまで「こんな効き目がある」という程度に留めておきましょう。

ローヤルゼリーは天然のため、体に優しいイメージがあります。しかし、天然だからこそ要注意です。体質的に合わなかったり、体の調子によってはアレルギー反応が出てしまう場合もあります。

すぐに活用するのではなく、1度少量で試してみることが大切です。万が一、気分が悪くなるようであれば使用を止めて下さい。調子が戻らないようであれば、迷わず病院を受診しましょう。ローヤルゼリーで、健康で妊娠しやすい体に近づけていきたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる