妊活 お茶

お茶を飲んで妊娠力アップ!?妊活におススメのお茶とは?




栄養バランスの取れた食事、適度な運動に規則正しい睡眠など、妊活中は生活習慣にも気を遣うようになります。不妊治療など病院で体の状態を把握しつつ、妊娠へ向けて通院している人もいるかもしれません。

このように妊活は幅広く、活動内容も多いのが特徴ですが、今特に関心を集めているのが、お茶です。元々、妊活では飲み物も気にする傾向でしたが、その中でもお茶は妊活時におススメのものが多くあります。「このお茶を飲んだら妊娠できた!」という口コミもあるくらいです。

そこで今回は、

・妊活におススメのお茶を知りたい
・妊活中に飲むお茶の効能や注意点を知りたい

といった方に、妊活におススメのお茶について、その効能や注意点も含め、いくつかご紹介します。

関連記事
>>スーパーフードで妊娠力アップ!妊活中に食べたいスーパーフードとは?
>>妊活のための食事!食生活を変えて授かりやすい体を作ろう
>>妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選7種!

スポンサードリンク

妊活にお茶を取り入れるメリット

種類によりますが、お茶を飲むメリットとしてまず挙げられるのは体を温める効果です。妊活中は体を冷やすこと、特に女性の場合は下腹部を冷やすことで子宮を直接冷やしてしまったり、血流が悪くなることで生殖機能に十分な女性ホルモンなどが送られなくなったりしますので、温かい飲み物の1つであるお茶は効果的です。

お茶は日本で長く飲まれてきた飲み物ですから、季節問わず日常的に飲まれるます。何よりお茶の葉という植物由来のものなので体に良い成分が多く、安心して飲めるというメリットがあります。

また、お茶を飲むとほっと一息つくことができます。緊張がほどけるようなリラックス効果も期待できるので、妊活中のストレス発散の1つの方法としても良いといえるのです。

妊活中のお茶選びの注意点

メリットがたくさんあるお茶ですが、中には摂取を控えた方がいい種類もあります。

紅茶やコーヒーに比べれば少ない方だといわれていますが、玉露のようにカフェインが豊富に含まれているお茶や、緑茶やウーロン茶のようにタンニンが多く含まれているお茶だと、鉄分の吸収を悪くしてしまうので、妊活中は避けた方がいいです。

また、妊活に良いとされているハーブティーの中にも、種類によっては妊活の妨げになってしまう成分を含んでいるお茶もあります。

このような注意点から、妊活中にお茶を飲むならノンカフェインで妊娠を妨げる成分のない種類を選んでください。

関連記事>>妊娠超初期からコーヒーに注意!妊婦にカフェインが及ぼす影響

妊活におススメのお茶とは?

妊活中におススメできるお茶は次の通りです。植物由来のお茶は体に良くても、一般的にいわれているというだけであって、人によっては合わないこともあります。

飲んでみて体調が悪くなってしまうようなら、すぐに飲むのを止めましょう。味の好みもありますので、ここで紹介しているお茶を参考に、日常的に飲めるお茶を見つけましょう。

ゆず茶

ゆず茶とは、柚子の葉を使うのではなく果実を細かく切って、砂糖で煮たものをお湯で薄めた飲み物です。

韓国の伝統茶でもあり、ぱっと見はジャムのようにも見えます。実際にジャムとして使って食べることもできます。

砂糖の他にハチミツを入れることもあって、飲むとほのかに甘みのある甘酸っぱい味がします。葉を使用していないので、ノンカフェインで安心です。

葉酸がたっぷり!

柚子には妊活に必要なビタミンの一種、葉酸がたっぷり含まれています。特に必要になってくるのは妊娠初期で、胎児の神経管閉塞障害など胎児の先天性奇形を予防し、細胞分裂をサポートしてくれるのです。

妊活中にも欠かせない成分で、一日に必要な量を摂取しておくことで、子宮内膜の細胞生成を助け貧血の予防をしてくれますし、男性にとっても精子の生成や染色体異常を軽減してくれるといわれています。

葉酸は体では作られない栄養素なので食材だけで摂りにくい場合にはゆず茶をぜひ活用したいところです。ただし、ゆず茶にはハチミツや砂糖がかなり使用されているため、1杯でも70~90kcalはある高カロリーな飲み物です。

カロリーが低めの柚子茶を購入するにしても飲み過ぎは控えたいところです。また、ゆず茶は自宅で作ることもでき、作り方によっては市販の物よりカロリーを抑えることもできるので、気になる人は調べてみて下さい。

また、食事とお茶だけで葉酸を充分に摂取するのは難しいことが多いので、葉酸を確実に摂取できるよう栄養補助食品、サプリメントをうまく活用しましょう。

詳しくは、葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングでご紹介しています。

食材や飲み物で摂取できる葉酸の量はそれほど多くないので、過剰摂取になることはありませんが、葉酸を摂り過ぎると吐き気やむくみ、肌に痒みなどのアレルギー反応が出ることもあります。摂取量には気を付けましょう。

レモンより勝るビタミンC

ゆずは、レモンにも勝るビタミンCを持っています。柑橘類でもトップクラスに入るほどで、レモンと比べると1.5倍も含まれています。

ビタミンCは妊活において、増えすぎた活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用を持つことから、妊活中のストレスから卵子と精子を守ってくれるビタミンともいわれています。

ストレスを感じても活性酸素は発生してしまうので、それによって卵子と精子も傷付けてしまうのです。ビタミンCを摂っておくことで卵子と精子を守ることができ、老化防止にもなります。

卵子と精子が元気であれば妊娠に繋がる可能性も高くなってくるので、手軽にビタミンCが摂れるゆず茶はおススメなのです。また抗酸化作用からホルモンの生成もサポートしてくれるといわれています。

また、ゆず茶はビタミンCの他にも鉄分やミネラルといった、体に必要な栄養素も含まれています。そして、飲めば新陳代謝を高めてくれるので体を温めてくれる効果もあります。

ハチミツも入っていることが多いので、ビタミンCと共に風邪の予防効果もあるといわれています。妊活中は体だけでなく、精神的にもリラックスできるのが一番。

ゆずの柑橘系統の香りにはリラックス効果もあるので、ゆっくりしたい時にゆず茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

たんぽぽ茶

たんぽぽの葉や根を使ったもので、たんぽぽコーヒーの名前で知っている人が多いかもしれません。コーヒーとも呼ばれるのは、たんぽぽの根などを乾燥させて焙煎したものがコーヒーのような風味になることからきています。

ちょっと薄いコーヒーの味わいを楽しめる、ハーブティーに近いもので、ノンカフェインでもあるため、コーヒーが好きな人が妊活中にコーヒーの代わりとして飲むこともあるようです。

冷え性、むくみの改善

たんぽぽ茶にはビタミンなど、妊活にも良い栄養素が含まれていますが、中でも鉄分やカリウムを豊富に含んでおり、毛細血管を拡張させる作用があります。

そのため、たんぽぽ茶を飲むと血行が良くなり、体も温まるので冷え性の改善に役立ちます。この効果から母乳の出が良くなるとして、産後に飲んでおきたいお茶として紹介されることもあります。

また、体全体の血流が良くなることから、むくみを解消することもでき、むくみにくい体を作ることができます。たんぽぽ茶を飲むことで新陳代謝が上がるといわれていますから、体重管理で悩んでいる人にはダイエットも兼ねて飲んでも良いでしょう。

妊娠効果がある!?

血行促進効果も妊活では重要な要素ですが、たんぽぽ茶が妊活でおススメされる理由は妊娠効果を持っていることです。

たんぽぽ茶に含まれる成分の中には、タンポポショウキT-1エキスと呼ばれる成分が葉の部分を中心に含まれており、その成分が女性の脳下垂体や視床下部に働きかけることで、女性ホルモンの分泌を促し、卵子の成長などをサポートしてくれます。

ホルモンのバランスも整えてくれるので、生理不順などに悩んでいる人にも生理を規則正しくしてくれる可能性がありおススメです。また、この成分には精子を熟成・活性化させるという働きもあるので男性にも効果があります。

たんぽぽ茶による妊娠効果にはデータ結果も出ており、不妊治療をしていた方の妊娠率が20%増加したといわれています。妊活は夫婦一緒に行うものなので、ティー・ブレイクする時に夫婦で飲んでも良さそうです。

このタンポポショウキT-1エキスはたんぽぽの葉から少量しか採れず、同じたんぽぽ茶でも製品によって配合度が異なるので、購入する際にはよくチェックして下さい。

カリウムも含むたんぽぽ茶は高い利尿作用も持っています。これはむくみが気になる人には大変嬉しい効果ですが、そのためにトイレが近くなってしまうことがあります。

外出する時や日中は、仕事をしている人は飲むタイミングに気を付けた方がいいでしょう。また、血圧を下げる効果もあるので低血圧の人は飲み過ぎないように注意する必要があります。

ルイボスティー

ルイボスとは南アフリカ共和国にある山脈の一帯のみに自生する低木で、この葉を乾燥させたものがルイボスティーとして利用されます。

口当たりも良く飲みやすいだけでなくノンカフェイン、そしてお医者さんもおススメするくらい体に優しいお茶として有名で、妊活だけでなく妊娠中や産後でも注目され、赤ちゃんや幼児も安心して飲むことができるお茶です。

妊活のサポート役

ルイボスティーは妊活のサポート役に適したお茶です。私たちの生命活動を支えるのに必要なミネラルなどの栄養素も多く含まれており、その中の1つである亜鉛の効果からホルモン分泌の改善など、生殖機能の働きを助けてくれます。

女性であれば、女性ホルモンのバランスを正常にしますし、亜鉛は男性にも欠かせない成分で、精子の動きを活発にするなどの効果があります。黄体形成ホルモンの分泌もスムーズにしてくれるので、子宮をふかふかにしてくれるともいわれているのです。

カリウム、マンガンの働きによって卵子を活発にたり生殖機能を維持させ、精子の数を増やす効果もあります。

精子の動きを活発化するマンガンですが、取り過ぎると精子無力症など精液の質を悪化させ男性不妊の確率を上げる恐れがあります。ルイボスティーを2~3杯飲むくらいであれば問題ありませんが、過剰摂取には気を付けましょう。

抗酸化作用が高い

SOD酵素とは強力な抗酸化作用を持つ酵素の1つです。スーパー・オキサイド・ディスムターゼといい、ルイボスティーにはこの酵素が多く含まれているのです。

また、フラボノイドも同じような作用を持っているため、たんぽぽ茶のように活性酸素の除去力が高く、ホルモンを活性化させて卵子の質を高めてくれるなど、妊娠しやすい体に整えてくれます。

その抗酸化作用から健康維持にも、アンチエイジングにも効果的です。毎日飲み続けることで、個人差はあるものの早ければ1週間程度で効果があるといわれています。

ルイボスティーには副作用がないといわれていますが、過剰摂取をすると便秘になってしまったり、その逆にお腹がゆるくなってしまうこともあります。クセもなく飲みやすいお茶でもあるので自分でも飲む量には気を付けたいものです。

ルイボスティーにはブレンドになっている製品もあります。ブレンドの場合、妊活中は避けた方が良いハーブがブレンドされている可能性があるので、きちんと成分表を見るなど注意しましょう。

麦茶

日本で馴染みのある麦茶も、実はノンカフェインで妊活におススメの飲み物です。どちらかというと、冷やして飲む夏の定番というイメージが強いですが、妊活中なので温かくして飲みましょう。

血流を良くする

麦茶が夏に好んで飲まれるのは、原料の大麦に体を冷やす効果があるといわれているからです。そう考えると体を冷やしてしまいそうなイメージがありますが、麦茶には血液をサラサラにし、血流を良くする成分ピラジンが含まれているので冷え性に良い効果を発揮してくれます。

また、血圧を下げる作用のあるGABAという成分から体温を下げる効果があるので、夏バテの予防にもなるようです。ただし、飲むことで体を冷やしてしまうことに変わりはないので、妊活中は温かくして飲むか常温にするなどして飲み過ぎないように注意しましょう。

低コストなのに妊活に良い!

麦茶にはカルシウムやカリウム、鉄分などのミネラルや亜鉛など栄養素が摂れるお茶です。さらに、お茶でありながら食物繊維も含んでいるので、調理すれば食べても良いお茶といわれています。

妊活におススメなお茶の類にもれず、抗酸化作用もあるので卵子の質を高めてくれることが期待されます。

他のお茶と比べると突出した特徴はないかもしれませんが、安いお値段で妊活に良い効果を得ることができる、何かとお金のかかる妊活では低コストのお茶といえるのです。

麦茶と似たようなもので、ハト麦茶というものがあります。これもノンカフェインなのですが、麦茶と違い子宮収縮作用があるのでおススメできません。また、ホルモン分泌も抑制してしまうので、少量では問題ないものの妊活中は間違えないようにしたいですね。

安心して飲める妊活ティー

妊活に効果的なさまざまなお茶を紹介してきましたが、

・どれも効果がありそうだけど、どれを選んだらよいかわからない
・あれもこれも試すのは時間も手間もかかりそう
・手っ取り早く効果的に妊活を始めたい
・できれば早く授かりたい!

といった悩みもでてきます。

そこで、なるべく手軽で安全に、低コストで、できれば短期間で効果を実感したいというときにおすすめなのが、妊活に有効な成分をブレンドしたお茶です。

妊活に効くハーブばかりを厳選して作られた妊活ティーを飲むことで、さまざまな有効成分をまとめて摂ることができます。

おすすめの妊活ブレンドティーはこちら>>はじめよう!ハーブティーで授かり習慣

ゆったりとしたティータイムを過ごしながら、妊活を楽しんでみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる