妊娠0週

妊娠0週目(0w)のママの症状

日本において妊娠の何週目という数え方の基本とする日は、妊娠直前の生理の開始日です。(日本やアメリカでは月経後胎齢で数えます)最終生理の開始日を妊娠0週0日目と数えます。よく卵子が受精した日を妊娠第一日目と勘違いしている人が多く、日が合わない・・・と悩んでいる人がいますが、妊娠の週日を数えるのに受精日は関係ありません。ということで、妊娠0週目というのは最終生理の期間中ということになります。

生理期間中なのに妊娠のカウントに入っているのはちょっと意外ですね。しかし、妊娠を意識している人にとっては毎月生理がくるたびにがっかりしていたと思いますが、妊娠したとすれば、しばらくない生理ですので、憂鬱になることなく明るく過ごしましょう。

妊娠0週目(0w)の胎児の成長と様子

妊娠0週は最終生理の期間でありますので、妊娠といっても実質妊娠はしていません。お腹の中に赤ちゃんはまだいません。

将来受精卵となる卵子もまだこのときは卵巣の中にあり成長する前段階ですので着床もまだ先の話です。一つの生命が誕生する一番根本の準備が始まった時期であると考えると非常に感動的で神秘的な時間ですね。妊娠していないのですから、妊娠検査薬を使ってももちろん陽性反応はでません。

妊娠0週というのは生理期間中なので受精卵さえ存在しませんので、例えば市販薬を飲んだ、飲まないということが妊娠に影響することはありませんので安心してください。

妊娠0週目(0w)の日常生活での注意点

妊娠0週目というのは最終生理の開始した週ということになるので妊娠している状態ではありませんが、出産するまでの妊娠週の基準となる週ですので非常に大切です。

生理の開始日は記録しておこう

産婦人科では必ず最終生理の開始日を聞かれ、その日から出産予定日を計算しますので妊娠を意識している人はもちろん、妊娠する可能性のある女性はスケジュール帳などにちゃんとメモして残しておきましょう

予期せずに妊娠した人の中には最終生理開始日が分からず真っ青になる人もいますが、もし分からなくても後で専門の産科の医師が診察すると受精卵の成長などからおおよその受精日等が分かるので安心してください。

基礎体温を付けておこう

また、基礎体温をきちんと付けておくことで、自分では感じられない体の変化、妊娠の兆候にも気づくことができます。詳しくは、基礎体温の計り方と妊娠超初期の基礎体温の変化でご紹介しています。

妊娠の超初期症状については、超妊娠初期を見分ける10の兆候と超妊娠初期の基礎を参考にしましょう。

健康状態に気を使おう

また、妊娠していない状態の妊娠0週目ですが、妊娠を望んでいる人にとっては妊娠していないかもしれない妊娠0週目である日常生活をいい加減に過ごすことは感心できません。母体の健康状態というのは1日で作られるものではありませんので、妊娠している妊娠していないという問題ではなく、日頃から食べ物や飲酒、喫煙、睡眠など妊娠に対応できる健康状態を作っておくことが大切です。

葉酸を摂ろう

特に葉酸は、妊娠の1ヶ月〜2ヶ月前から飲み始めることで、もっとも大きな効果が期待できます。葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングを参考に、ご自身の普段の食生活の栄養バランスを考慮して、ぴったりなサプリメントを摂りましょう。

今できることを楽しもう

妊娠を希望する方にとっては、妊娠0週目というのは、生理の開始日であることから、生理が来てがっかりしているかもしれません。しかし、妊娠すると様々な制限があり、これまで通りあれもこれもできなくなってしまいます。今できることを楽しみながら過ごしましょう。時間は戻らない!妊娠するまでにしておきべき6つのことでは、先輩ママたちが、妊娠するまでにしておけば良かったことについてご紹介しています。