妊娠13週目

妊娠13週目(13w)ママの症状

つわりがひどかった人もほとんどこの時期にはつわりが楽になります。お腹の赤ちゃんの成長も著しく、お腹が急にポンっと出たということが見て分かる人が多くなります。これまでも子宮が腸を圧迫していることが原因で便秘になりがちだった人も、より一層ひどい便秘になることがあります。便秘はひどくなるとつらいものですので、出来るだけ早くに食事療法をするか、主治医の先生に相談してみましょう。

頻尿も引き続きこの時期の妊婦にある症状です。13週に入ると流産の危険がぐんと減り一安心ですが、流産の可能性がなくなったわけではないので気をつけましょう。赤ちゃんが大きくなり、胎盤もどんどん完成形に近づきます。

妊娠中は身体の血液はどんどん増えますが、ほとんどが子宮などに集まってしまうために、めまいがしたり、立ちくらみしたりする人がいます。鉄欠乏性貧血になりやすいので、食事での鉄分補給を心がけしょう。

妊娠13週目(13w)の胎児の成長と様子

この頃は急激に赤ちゃんの大きさが大きくなります。体重が20グラムから40グラムほどです。個人差がありますので、産婦人科でこの大きさに育っていなくても、特に指摘がない場合は問題ありません。

内臓はほぼ完成していますが、まだまだお母さんの助けが必要な時期です。本来は骨髄で人間の血液は作られますが、この時期は脾臓と肝臓を使って血液を作っています。神経系も身体全体に行き届き、骨や筋肉がしっかりしてくるので身体の末端である手足に複雑な動きが出てきます。

手の原始反射である掌握反射ができるようになり、親指を吸うといった出産後の赤ちゃんのようなしぐさをします。手足の指はしっかり分かれていて、爪もきちんと付いています。胎動は感じられませんがお腹の中では生まれた後のために、色々な練習を繰り返し、元気に子宮内を動き回っています。胎盤の完成が近いのですが、まだ完成形とはいえない状態です。

妊娠13週目(13w)の日常生活での注意点

つわりが楽になってくるので食欲増進には注意が必要です。食欲があるからと何も考えずに食べると体重に影響します。しっかり食生活を見直し、体重をあまり増やさないように注意しましょう。

>>妊娠中の無理なダイエットは禁物!妊娠中の体重管理のコツ

血液が子宮に集中するために、妊娠中のお母さんの身体は常に貧血との戦いです。鉄分の多い食品を摂ったり、鉄剤を処方してもらうことも大切です。また、赤ちゃんの発育に影響する葉酸の不足にはアスパラガスやとうもろこしなどの摂取をしたり、サプリメントで栄養を補いましょう。

>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

また、便秘が気になる人は食物繊維を摂るようにします。お腹がどんどん目立ってくる時期ですが、妊娠線を予防するために妊娠線予防のマッサージクリームなどを使って、お風呂上りなどにお腹をマッサージしましょう。ウエストが大きくなって今までの服が窮屈に感じる時は、締め付けの原因になりますので無理をせずゆとりのある服を着るようにすると良いでしょう。