妊娠17週目

妊娠17週目(17w)ママの症状

大きくなった赤ちゃんの手足が子宮の壁につくようになると、胎動を感じ始める人がいます。初めはよく分からない胎動もだんだん自分の動きではなくお腹の中で動いている動きだと分かるようになります。特に痩せていて脂肪の少ないお母さんは胎動を感じやすい傾向があります。しかし、個人差がありますので胎動が感じられないからと焦る必要はありません。

また、赤ちゃんが大きくなるに連れて、お母さんの心臓は忙しくなります。普段の1.5から2倍負担がお母さんの心臓にはかかりますので、疲れたら適度に休憩するようにしましょう。むくみの症状が出る人も多いので、塩分、水分などの調節には気をつけましょう。

妊娠17週目(17w)の胎児の成長と様子

お腹の中の赤ちゃんは身長11〜12センチ、体重が100グラムから140グラムほどになっています。体重が増えていくと皮膚、骨、筋肉などの体つきがしっかりしてきます。

脳の発達と共に耳も聞こえているので、いつも聞こえるお母さんの声が記憶され認識できるようになります。お父さんの声は低いので、この頃の赤ちゃんの耳には聞こえていません。

起きている時は相変わらず手足を盛んに動かしたり、指を吸っておっぱいを飲む練習などを繰り返しています。激しく動くとお母さんに胎動として伝わる時もあります。褐色脂肪という脂肪が身体について自分で体温の調節が出来るようになってきますが、お母さんは特にお腹周りや下半身を冷やしてはいけません

寒くない日でも、マタニティ用のお腹まで覆えるレギンスなどを履いて、赤ちゃんが寒がらないように配慮してあげましょう。

>>ココマミーのマタニティレギンスがおすすめです。

妊娠17週目(17w)の日常生活での注意点

体重管理が上手く行かず、どんどん体重が増えてしまっている人は要注意です。出来るだけ早急に食事内容を見直す必要があります。特に家でゆっくり過ごしている人は、ついついおやつなど食べ過ぎていませんか。ついつい面倒で外出せず家にこもっていませんか。

それを見直すためにも、食事管理と体重変化の記録をつけることをおすすめします。食事内容や体重計測結果を目で見て確認するだけで無駄な食べ物の摂取は防げますし、体重増加の危険が少なくなります。できれば、便の回数なども記録するとより効果的です。妊娠を経験して便秘になったことで痔を発症する人は多くいます。骨盤の中の血液が通常よりも増えてきますし、血流も多くなるのでどうしても妊婦さんは痔になりやすくなります。

食生活を見直して食物繊維を多くとったり、ヨーグルトなどを食べたりして便を柔らかくして痔の予防、緩和に繋げましょう。