妊娠20週目

妊娠20週目(20w)ママの症状

お母さんの子宮はこの頃までグレープフルーツより少し大きいくらいの大きさでしたが、今からは一週間で1センチほどと、急激に大きくなり始めます。また、その中の羊水の量もどんどん増えており、赤ちゃんも大きくなるのでその重みで腰痛が起こったり、足がつるという症状がある人がいます。

>>妊娠中に足がつる原因と対処法

これは出産準備の為に骨盤がゆるんできているということも原因ですが、腰痛があまりひどい場合は子宮筋腫や卵巣のう胞性腫瘍など他の病気の症状であることもあるので主治医の先生に相談してみましょう。

>>妊娠中の腰痛に悩むママ必見!腰痛の原因と11の対処法

また、出産に向けて授乳の準備が整ったことで、より一層乳房が大きくなったり、おっぱいが分泌される人がいます。これは徐々に乳腺が発達してくるために起こるのですが、お風呂などに入って血流が良いときに乳頭を刺激してみると白くにごった分泌物がでることで確認出来たりします。また、心身ともに安定しているのでついつい体重制限に甘くなって一気に体重が増えてしまうという人もいますので気を抜かないようにしましょう。

>>妊娠中の無理なダイエットは禁物!妊娠中の体重管理のコツ

妊娠20週目(20w)の胎児の成長と様子

妊娠20週になるとお腹の赤ちゃんの身長は20センチから23センチ、体重は250グラムから350グラムほどになります。姿がしっかり人間らしくなり、子宮の中でたっぷり溜まった羊水のプールのなかで長くなった手足を元気に動かしているのでお母さんにははっきり胎動が分かるようになってきます。

また、睡眠のサイクルもできてくるので、寝ているときと起きているときが分かるというお母さんもいます。耳が発達しているので外界で大きな音がなったりするとびっくりして起きることもあります。脳や神経系がより発達するので指先の感覚など触覚が感じられますし、思考力記憶力も増します。お腹の中でもお母さんたちの声は聞いていますので、ストレスを感じさせないように注意しましょう。

一方、横隔膜などはまだ未発達で、呼吸リズムが不規則になりがちです。しゃっくりを盛んにしますが特に心配はいりません。赤ちゃんの身体には今まで産毛ほどの毛しか生えていませんでしたが、この頃にはちゃんとした人間の髪の毛が生えてきます。

妊娠20週目(20w)の日常生活での注意点

羊水の量が一気に増えるこの時期は水分補給をマメにしましょう。羊水の中には赤ちゃんの尿が排出されたりしますが、3時間ごとに古い羊水から新しい羊水に交換されるので清潔なものです。しかし、お母さんの身体ではこの羊水をろ過するために負担がかかってきます。特にタバコは血流を悪くするので妊婦には良くありません。赤ちゃんの低体重にもつながりますので家族の人にも協力してもらって、なるべくタバコの煙りも吸わないように気をつけましょう。

>>妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響

心臓や腎臓という臓器は妊娠生活で大きな働きをするのですが、生活習慣や食生活を大事にしないと、これらの臓器に負担がかかって高血圧になったり、腎機能が下がります。高齢出産の方や肥満気味の方は妊娠高血圧症候群や妊娠中毒症などを引き起こしやすいので気をつけましょう。

食事を気にしすぎてストレスに感じることは逆効果でもありますので、ほどほどが大切です。カフェイン入りの飲み物などはリラックスのためにも節度を持って飲むのは問題ありません。妊婦さんは肌が敏感になっているので、出来るだけ刺激の少ないシャンプーやボディーソープなどを使用するようにしましょう。

>>妊娠超初期からコーヒーに注意!妊婦にカフェインが及ぼす影響

また、胎児の骨や歯の成長の為に、お母さんは多くのカルシウムを取られ歯が弱くなります。出来るだけカルシウムを取ったり、歯が痛いなど気になることがある場合は早めに歯科を受診しましょう。

>>妊娠中でも歯医者に行くべき?妊婦さんの虫歯予防と治療

また、多くのカルシウムを食事のみから継続して摂取するのは非常に難しいため、葉酸とあわせてサプリメントで摂るようにしましょう。

>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング