妊娠27週目

妊娠27週目(27w)ママの症状

日に日に血流が悪くなってくるので足、特に太ももの裏などに静脈瘤が出来てしまうことがあります。自分で見ても分かるので気にする人もいますが、特に胎児に影響するものではありませんので、出来るだけ血流が悪くならないように注意しましょう。

妊娠中期はおりものの量が増えます。神経質になる必要はありませんが、下着を変えたり、通気性の良いものにするなど工夫しておかないとカンジダなどの炎症が起きることがあります。かゆみがあったり、おりものの色や匂いが気になったら主治医に相談しましょう。

妊婦さんらしいふっくらした体型に加え、乳首が黒ずんだり、乳輪が大きくなるなど体がどんどん変化します。今までの自分の身体からは想像出来ないほどの変貌ぶりに気落ちしてしまう人もいますが、これも一つの通過儀礼だと思って気にしないようにしましょう。

妊娠27週目(27w)の胎児の成長と様子

赤ちゃんの体重は800グラムから1300グラムと一キロを超えてくる人の割合も高くなります。体つきがどんどん赤ちゃんらしくふっくら、顔もぽっちゃりしてきます。超音波検査では顔つきなどがはっきり見て分かる場合があります。

以前からまぶたが形成されてきていますが、この頃から完全に上下に開閉するようになる赤ちゃんが多くなり、視覚も発達してきているので光を感じることが出来るようになります。外の世界の明るさ、暗さをうっすら感じるようになるのです。明暗を感じるのでお母さんが外で散歩している時などは太陽の光を感じているかも知れません。

また、お腹の臓器も完成に近づき、脳の発達も目覚しく、記憶や感情まで感じるのですが、まだまだ出産間近の胎児と比べると未熟です。万が一、早産した場合も人工的に保育器などで処置すれば生存確率も上がっていますが、低体重児で生まれるとその後の生育にも影響しますし、何らかの障害を残す場合もあるのでお母さんは早産に気をつけて出来るだけ赤ちゃんをお腹の中でしっかり成長させるようにしましょう。

妊娠27週目(27w)の日常生活での注意点

過度な運動をするとお腹がグーンと定期的に張ったりします。横になったりして休んで収まったという場合は問題ありませんが、どんどん張りが強くなって早産になる人もいますので注意しましょう。

>>妊娠中にお腹が張る時の対処法とお腹の張りやすいタイミング

また、同じ体勢をずっと続けるということは血流が悪くなるのでこまめに血流を促すようにします。車などを利用する際はシートベルトを着用しますが、お腹を締め付けていないか確認しながら使いましょう。休憩の体勢、寝る体勢、座る体勢・・と普通の動作や姿勢にも気を配ることに徐々になれることによって、のこり数ヶ月の妊婦生活を乗り切ることが出来ます。

足首が象のようにむくんでいませんか。塩分の取りすぎや水分不足、運動不足がむくみを招きます。マッサージしたり、足を高く上げるとむくみ軽減になりますので試してみましょう。夜中に突然こむら返りを起こすので睡眠不足になったりしている場合は、カルシウムやミネラルを摂るようにしましょう。

>>超簡単!妊娠中のむくみ解消法

いよいよ、翌週の妊娠28週目からは妊娠後期に入ります。出産予定日までの残り100日弱、お腹の赤ちゃんの成長を見守りながら妊娠生活を楽しみましょう。