妊娠29週目

妊娠29週目(29w)ママの症状

この時期は出産に向けて産道が開いてきたり、膣が柔らかくゆるんできます。またホルモンの影響でおりものの量が増えるという症状の人が出てきます。清潔にすることが大切ですので、おりものシートを利用してマメに変えたり、下着を替えたり、蒸れないような素材のものにしましょう。

痒みがあったり、おりものの色が変ってくるとカンジダ膣炎になっていることもあります。これは出産の際に赤ちゃんに感染する危険もあるので早めに治療しておきましょう。

また、胎動が激しいので睡眠不足で辛いという人は、昼間でも眠気があったときに軽く睡眠を取るようにしましょう。この頃まで仕事をしている、特に立ち仕事であるという人はむくみに注意しましょう。水分を小まめにとったり、マッサージや加圧靴下などを履いて血流を良くする事が大切です。

>>超簡単!妊娠中のむくみ解消法

また、産休や育児休暇についても確認しておきましょう。

妊娠29週目の胎児の成長と様子

個人差がありますが、赤ちゃんは身長40センチ、体重は1100グラムから1600グラムほどになります。出産時の身長が50センチほどですのであと少しです。体重は今から倍ほどの重さに成長していくので急速に成長していくのが分かるかと思います。

脳にはシワが出来てきて知能が発達し、喜怒哀楽などの感受性も豊かになります。記憶も出来るので幼い子供が突然お母さんのお腹の中にいた頃の話をはじめるといった現象もうなづけます。子供はしっかり覚えていることもあるのでストレスのある会話などはやめましょう。

妊娠29週目の日常生活での注意点

無理をしてお腹が張っていても、お腹の張りに気が付かないという人は多くいます。特に初めての妊娠の場合は、かなりお腹がキューッと張っているにも関わらず気づかないことがあります。気づかないのでもっと無理をすると、どんどん子宮が収縮してきて切迫早産につながっていきます。お腹の状態を常に意識して、赤ちゃんが元気なのか気にしながら過ごしましょう。

>>妊娠中にお腹が張る時の対処法とお腹の張りやすいタイミング

今の時期に妊娠前よりも10キロ以上増えているという人は体重管理をもう少し引き締めましょう。必要なのはカロリーではなく、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、カルシウム、鉄分などの栄養素です。サプリメントを上手に使いながらしっかりと栄養を摂りましょう。また、季節的に食中毒などの可能性があるときは、特に生ものには注意しましょう。

就寝のときに、お腹が重たかったり、熟睡しているのに胎動があるのでゆっくり眠れないという人は、体勢を楽にしてこまめに睡眠をとりまよう。まとまった睡眠でなくても問題ありません。しかし、昼夜が逆転するような不規則な生活は感心できません。胎児はお母さんの体内リズムも感じています。