妊娠32週目

妊娠32週目(32w)ママの症状

この頃から出産に向けて産道が柔らかくなってきたり、膣がゆるみがちになりおりものの量が増えてきます。おりものの量は増えるのですが、色が変ったり、血液が混じったり、匂いがきつくなったり、痒みが出てきたりする場合は膣炎になっている可能性もありますので産婦人科医に相談しましょう。

出産に向けてはおっぱいの準備がどんどん進められます。この時期から初乳といって黄色の粘りのある分泌液が乳頭から出てくる場合があります。乳腺がどんどん発達してくるので積極的におっぱいマッサージをしておっぱいが出やすくしておきましょう。しかし、お腹の張りやすい人がおっぱいのマッサージをすると出産へと誘導してしまうので、助産師や医師に相談してからマッサージするようにしましょう。

子宮底長が30センチほどになり他の臓器を上へ下へと圧迫しているので、胃が押し上げられている人はなかなか食欲が出ません。一度に多くを食べられないのでこまめに食事するようにしましょう。また血液の量が増えてくるので高血圧になり、むくみがひどくなったり、たんぱく尿が出る人もいます。

疲れやすくもなりますので、適度に横になったりしてゆっくり穏やかに暮らしましょう。子宮の中で赤ちゃんが動くスペースはどんどん狭くなります。羊水も32週をピークに減少傾向にありますので、胎動が以前に比べて少なくなったと感じるかもしれませんが特に心配する必要はありません。

妊娠32週目(32w)の胎児の成長と様子

赤ちゃんの体重は1500グラムから2300グラム、身長は42センチから45センチほどと一気に大きくなります。超音波検査などではしっかり顔つきが分かりますし、お腹の中で色々な表情をしていることも分かります。脳の発達も進んでいるので顔の表情が変ると何か笑っているような、泣いているような、とお母さんは色々な想像を膨らませます。

生まれてくる赤ちゃんには個人差がつきものですので、体重が何百グラム標準より多いとか少ないというのは医師からの指摘がない限り心配要りません。

妊娠32週目(32w)の日常生活での注意点

赤ちゃんがどんどん大きくなるので引き続き栄養を考えた食事を心がけます。体重管理が上手くいっている人も油断すると一気に体重が増えますので注意しましょう。太ると産道に無駄な肉が付き、出産の時に産道を赤ちゃんが通過し辛くなります。

また、出産後のおっぱいの準備も始まっているお母さんの身体にはおっぱいに必要なビタミンKの摂取を意識しましょう。胃が圧迫されてなかなか食事が思うように取れない人も赤ちゃんが下に下がってきたら、楽に食事ができるようになりますので心配はいりません。

まとまった量の食事が出来ない場合は、小分けにして回数を多く食事するようにします。水分補給をしっかりして、適度に運動するということはむくみを予防します。むくみがひどいときは休憩したり、マッサージをしたり、加圧靴下を履いたりしましょう。靴が入らないという場合は無理せずに大きめの靴を用意して履くようにしましょう。

そろそろ本格的に出産に向けて準備をしておきましょう。すでに準備が済んでいる方も、改めて漏れがないか確認しておきましょう。