妊娠33週目

妊娠33週目(33w)ママの症状

妊娠33週目にもなると、お母さんの疲れも溜まってきます。身体のあちらこちらから痛みの症状や不快症状が出ます。自分の体重が妊娠前に比べて10キロ以上増えてくると、足の付け根に傷みを感じやすくなります。骨盤がどんどんゆるんでくるので体重をなかなか支えきれずに出る症状ですので、無理をせず休んだり、専門の接骨院などに相談するのも良いでしょう。

また、出産に向けて妊娠陣痛というものがある人がいます。生理痛のような傷みで本格的な陣痛と比べても弱いものですが、不快であることには間違いありません。しかし、あと数週間後には出産のための本格的な陣痛を経験することになるのですから、徐々に身体を慣らしておくためと前向きに考えて乗り切りましょう。

お腹の大きさと重みが負担になって睡眠不足に悩む人もいます。自由な体位が出来ないので辛いのですが、抱き枕などでお腹を支えるなど工夫して楽な体勢を取りましょう。疲れを蓄積させないためにも昼間にちょっとお昼寝などすると楽になります。赤ちゃんの胎動も回数が減るので心配になる人もいますが、頭が骨盤に入って安定していますし、子宮にも動くゆとりがなくなっているせいです。

あまり神経質になる必要はありませんが、もし全く胎動が感じられない場合は専門医で受診しましょう。

妊娠33週目(33w)の胎児の成長と様子

赤ちゃんの身長は45センチ体重は1600グラムから2300グラムほどですが個人差がありますので、少し赤ちゃんが小さいようでも主治医から何も言われない場合は安心してください。頭が大きく成長して、お母さんの骨盤の中にはさまった感じになり落ち着きます。骨盤にちゃんとはまっていれば出産に向けて安心できます。

もしこの時点でまだ逆子のようなら主治医の先生から出産方法などの説明を受けます。胎児はこの頃ひき続き呼吸など生まれた後の練習を繰り返しています。人間的な面があって、笑ったような表情をしたり、びっくりした時には身体を大きく反応させます。約20分間隔で寝たり起きたりを繰り返しています。

例え、この時期に何らかの理由で出産が早まって赤ちゃんが生まれてきても、臓器など人間としての機能はほぼ完成状態にあるので健康上に問題を抱えることなく成長する場合がほとんどです。出来る事なら、37週目に入るまで出来るだけお母さんのお腹の中で大きくしてあげましょう。

>>出産予定日より「早い出産」と「遅い出産」

妊娠33週目(33w)の日常生活での注意点

体調管理には依然として気を配らなければいけません。食事内容と体重管理、運動不足解消、休息をとって心を落ち着かせるといったことが最大の注意点です。

体重管理は出産間際まで気を抜けません。この時期気を抜いて適当な食生活をすると太りやすくなっている身体なので体重がぐんと増えます。体重計には毎日乗るようにしましょう。この時期になってもつわりがひどい人は気分が滅入っていると思いますが、後少しの辛抱ですのでがんばりましょう。

便秘が苦しい人は主治医に相談して薬を出してもらったり、妊婦でも安心して飲むことの出来る漢方薬を処方してもらうなどして改善に努めましょう。