妊娠34週目

妊娠34週目(34w)ママの症状

出産に向けて骨盤が開き気味になっています。そこへ重い体重がかかってくるので骨盤の辺りが痛くなったり、歩けなくなるという人もいます。腰痛、肩こりなどの辛い症状もありますが、マッサージなどして乗り切りましょう。

出産の為に恥骨付近や膣がゆるみますのでおりものの量が増えますが、出来るだけ清潔に保つようにして不快感を回避しましょう。お腹がどんどん風船のように大きくなりますので、妊娠線が一気に出来る場合もあります。今まで気にしていなかったという人もある日気づいたら妊娠線があったというようなことにならないためにも、お腹の皮膚にクリームなど塗って保湿しておきましょう。

>>妊娠線予防と対策|クリーム選びのコツとスキンケアの仕方

夜中に突然こむらがえりに襲われるという人は、カルシウムなどを意識的に摂取するようにするとこむらがえり防止になります。足がむくむという人は水分や塩分摂取をきちんと管理し、運動を心がけ、ストレスを溜めないようにゆったりとした生活をしましょう。

>>妊娠中に足がつる原因と対処法

妊娠34週目(34w)の胎児の成長と様子

37週目以降の出産でないと生産期ではないので早産という扱いになりますが、34週目あたりになるとほぼ新生児と同じような発育状態にあります。少し小さめの赤ちゃんにはなりますが、特に問題なく成長できる時期に入っています。

超音波検査などで胎児の体重などを言われますが、超音波検査の結果には誤差があるので、生まれてみたら予想よりもかなり大きかった、小さかったということもよくあります。交感神経、副交感神経なども発達してきて人間としての機能も増します。頭は恥骨にしっかり入っている状態で安定しているので胎動はさほどありませんが、非常に多く動いたり、全く動かないなどは主治医を受診しましょう。

妊娠34週目(34w)の日常生活での注意点

お腹がパンパンになっている状態で、起き上がるのも辛いという人もいます。無理なことは控えて回りに手伝ってもらうようにしましょう。ただ、休んでばかりで運動していないと筋力が落ちたり、体力が落ちたりして難産になってしまうリスクが増えます。大変でしょうが程度にウォーキング程度の運動はしましょう。体重管理も後ひと息です。

かなり赤ちゃんがお腹の下の方に下がってきている人はどんどん食欲が湧きますが、食べすぎることのないようにしましょう。この時期に破水して出産する人も多くいます。そういった突然の症状にびっくりしますが、出来るだけ落ち着いて病院に行くなど冷静な判断が出来るように日頃からシュミレーションしておきましょう。

>>初出産に挑むママの基礎知識「おしるし」と「陣痛」