妊娠36週目

妊娠36週目(36w)ママの症状

臨月に入ってくると今までお腹が胃を圧迫しているせいで食欲が出なかったり、まとまった量を食べることができなかったお母さんも赤ちゃんが下に下がってきて胃のあたりがすっきり空くので食欲がてくる人が多くいます。また、横隔膜も圧迫されなくなるので動悸や息切れなどから少し開放されます。

出産が近づくと体内の水分量が増えますので今まで以上にむくみに悩まされることが多いのですが、マッサージを心がけたり、足枕などで足の位置を上げるなどの工夫をしてむくみ対策をしましょう。

>>超簡単!妊娠中のむくみ解消法

病院での定期健診は36週から週に一回ペースになります。病院でも出産が安全に行われるように、超音波検査や骨盤を調べたり、子宮口の開き具合をチェックしたりします。早い人は子宮口が段々ゆるんで開いてきます。子宮口が広がっていき、お腹が張り出すとそのまま出産につながってもおかしくありません。

医師の指示に従って行動することが大切ですが、運動不足解消にと無理をすると、思ったより体に負担がかかってしまうこともあるので、軽めの運動を心がけましょう。

妊娠36週目(36w)の胎児の成長と様子

赤ちゃんの体重は2000グラムから2900グラム、身長は48センチほどになり、皮膚や筋肉もしっかり付いているので新生児と同じようになっています。内臓の機能も充分整っていますし、肺呼吸も出産後自力で出来ます。体温調節も自分できるので正産期には少し早いですがいつ生まれてもほぼ問題ありません。

赤ちゃんの頭はより深くがっちりとお母さんの骨盤にはまっています。背中を丸めていますが、窮屈になった子宮の中では手足を大きく動かすゆとりがないのでおとなしくしています。赤ちゃんの身体の大きさは個人差が大きく4000グラム近くある子もいればもっと少ない子もいます。

しかし、4000グラムを超えてくる大きな赤ちゃんはお母さんが小柄な体型であれば生まれてくるときに肩が引っかかって難産になることもあるので、正産期を迎える前に陣痛促進剤などを使って産んでしまう場合もあります。いずれも医師とよく相談して判断しましょう。

妊娠36週目(36w)の日常生活での注意点

太りすぎると難産になるので注意が必要ですが、出産に向けてカロリーを少し多めにとっても大丈夫です。臨月の妊婦さんは、日常生活を送ることそのものに相当量の体力を使うのでカロリー消費も多くなります。しかし、暴飲暴食は胎児が巨大児になるので気をつけなければいけません。

胃が圧迫されていてあまり食欲がない人も一日2000キロカロリーを目処に摂取しましょう。運動ですが、36週目を超えてくると早産を引き起こす可能性があるので安静してウォーキングなどの運動は控えるようにしましょう。出産には体力と気力が必要です。

臨月に入ったら充分休息をとって、楽な姿勢でゆったり過ごしましょう。いつ出産になっても良いように「心」はもちろん「身体」の準備が必要です。

>>陣痛シュミレーションで出産に備えよう