妊娠37週目

妊娠37週目(37w)ママの症状

妊娠37週は正産期に入りますので、もういつ赤ちゃんを産んでも問題ありません。一応予定日はありますが、予定日から2週間以内の範囲で赤ちゃんが生まれることには特に問題ありません。

赤ちゃんとお母さん共に出産に対する準備は出来ていますので人によっては前駆陣痛というものが起きます。前駆陣痛というのはいわば偽の陣痛、陣痛の練習というような捉え方をしておきましょう。本当の陣痛は規則的に段々と傷みが増してくるものなのですが、前駆陣痛は痛みが不規則です。あまり不安がらずにリラックスして過ごしましょう。

いつ陣痛が来てもおかしくないのですが、中には「おしるし」といって陣痛の来る2〜3日前にちょっとした出血を確認する場合があります。これは徐々に出産が近づき胎児を入れていた袋の膜が少し破れて出血するものです。おしるしが出てもすぐに陣痛がやってくるわけではないのですが、もうそろそろ陣痛があるかもしれないと心の準備をしておきましょう。子宮口が徐々に開いてきて、おりものの量が増えます。

また、破水してしまったという場合でも、破水してすぐに分娩というケースはまれです。焦らずに回りの人に協力してもらって病院に連れて行ってもらうか、かかりつけ医に電話をし判断をあおぎましょう。万一、赤ちゃんの頭が出ていたり、出血があるようなら、かかりつけ医に救急車を手配してもらいましょう。

>>初出産に挑むママの基礎知識「おしるし」と「陣痛」

妊娠37週目(37w)の胎児の成長と様子

赤ちゃんの体重は2800グラムから3000グラムほどになります。身長も48センチから50センチほどです。大人でも個人差があるように赤ちゃんにも個人差があります。体重が3000グラムほどあるはずの時期に2000グラムしかないスリムな赤ちゃんもいますが、医師から特に注意を受けてない場合は、問題はありませんので体重の多い少ないということで一喜一憂しないようにしましょう。

逆に4000グラムを超える赤ちゃんの場合は、帝王切開による出産になる可能性が高まります。お腹の中の赤ちゃんは生まれる日を待ちながら、指をしゃぶっておっぱいを飲む練習をしています。また、自分の腸に胎便という便を溜め始めます。胎便は生まれてから真っ黒な便として赤ちゃんから排出されて段々と茶色の便に変化していきます。

妊娠37週目(37w)の日常生活での注意点

正産期に入った妊婦の身体は非常に敏感です。どのタイミングで出産を迎えるかということは自然分娩の場合、予想が付きませんので体調の変化に注意しながらリラックスしてその時を待ちましょう。

緊張と不安で気分が滅入ってしまう人もいますが、すべてのママが同じ経験をし、なんとか乗り越えてきました。出来るだけ平常心で日常を過ごしましょう。お産というものは人それぞれ違うものですが、あまり緊張して家にいると胎教にも悪いので、医師の許可があるならば気候の良い日は近所を散歩してみましょう。

この時期に入ると安産の為にしっかり運動するように言われます。また、運動した後はしっかり休息をとりましょう。出産というものは長時間にわたって体力を使うので睡眠不足や体力不足、栄養不足では対応できません。