妊娠38週目

妊娠38週目(38w)ママの症状

赤ちゃんの頭に子宮や骨盤が押されている関係で足の付け根が痛くなります。寝ているときも突然こむらがえりを起こしたりしてよく眠れません。また、出産の前にあるおしるしがくる場合が多いのですが、おしるしがなく陣痛が来る場合もありますし、おしるしだと思っていたら単に皮膚が傷ついて出血しただけだったということもあります。

陣痛が来るのを今か今かと構えている状態なのでちょっとした出血に過剰に反応しがちですが、個人差があるのでおしるしを待つということに神経を集中させる必要はありません。また、前駆陣痛も不規則にやってきますし、前駆陣痛と本当の陣痛の区別もはっきり付かないということもあります。本当の陣痛は徐々に規則的になってきますし、痛みも増してきます。陣痛なのか分からないという場合は産院に連絡して指示をもらいましょう。

週に一回になった定期検査では医師は子宮口の開きや赤ちゃんの下がり具合などを確かめます。人によっては数センチ子宮口が開いている状態でも陣痛のない人もいますし、子宮口が硬く全く開いていないのに強い陣痛がある場合もあり様々です。おりものは子宮口を柔らかくしたり、胎児が産道を通りやすくするために多く分泌されます。おりものシートなどを使って清潔にしておきましょう。

妊娠38週目(38w)の胎児の成長と様子

37週を超えるともういつ生まれてもいいという状態です。赤ちゃんの体重は3000グラムから3500グラムほどになりますが、この時期になると赤ちゃんの体重の増加ペースが落ちます。しかし、4000グラムを超えてくると巨大児になり難産になりやすくなりますが、医師から特に問題ないと言われればあまり気にする必要はないです。

赤ちゃんの脂肪が増えないので体重はあまり増えなくなって来ますが、皮膚の色は透明から薄いピンク色に変ってきます。また、今まで羊水の刺激から皮膚を守るために生えていた体毛がどんどん抜けてきます。

>>巨大児出産のリスクとは?原因や予防法と治療が必要なケース

妊娠38週目(38w)の日常生活での注意点

いつ陣痛が来てもおかしくないので、妊婦さんはいつも緊張しています。熟睡できなかったり、食欲がわかないという場合もありますが、出来るだけ休息をとってしっかり栄養を摂りましょう。陣痛が来たあとのシュミレーションを今一度確認しておきましょう。一人のときに陣痛が来てパニックにならないようにしっかり準備しておきましょう。

散歩など一人で外出するときは必ず携帯電話を忘れないようにしましょう。陣痛の痛みがどのようなものかというのは、人それぞれ感じ方が違うので一言では言いあらわせません。非常に痛みに強い人はそんなに痛くなかったと言いますし、痛みに弱い人は今までに経験したことのない痛みと表現する人もいます。

痛みが強くても安産で短時間に生まれる人もいれば、痛みがなかなか来なくて長時間かかる人もいます。あまり強い恐怖心を持たないようにしましょう。必ず乗り越えられます。

>>陣痛シュミレーションで出産に備えよう

これまで妊娠0週からご紹介してきましたが、いよいよ次週は妊娠39週になります。産後のことも考えながら、残り少ないマタニティライフを楽しく過ごしましょう。