妊娠4ヶ月

妊娠4ヶ月に入ってくると、今まで妊娠に気づいていなかった人も生理が非常に遅れているので妊娠に気づきます。お腹の赤ちゃんの心拍も確認できるようになると、主治医から母子手帳を役所でもらってくるようにと指示が出され、ママになる喜びを改めて感じるころです。

妊娠4ヶ月目になると今までつわりで苦しんでいた人も、ようやくピークを超えだんだん体調が良くなってきます。気分も晴れやかになって食欲もついつい出る頃ですが、体重の増加はこの頃から気をつけておかないと後で大変なことになってしまいます。つわりが落ち着いたら、体重管理にも十分注意していきましょう。

>>妊娠中の無理なダイエットは禁物!妊娠中の体重管理のコツ

また、妊娠4ヶ月はお腹の張りや、むくみといった症状に悩む方が増えてきます。以下の記事を参考にしましょう。

妊娠4ヶ月になるとお腹もすこしずつ大きくなり始めます。この時期に妊娠線ができてしまうこともあるため、なるべく早い段階で、妊娠線の予防をはじめる必要があります。妊娠線は一度できると、簡単には消えませんので、面倒でもしっかりとケアをしましょう。

お腹の中の赤ちゃんもどんどん人間の赤ちゃんの形に近づいてくる時期になります。妊娠5ヶ月の最初の戌の日には安産祈願が控えているので、この時期から準備しておきましょう。安定期に入り、旅行や里帰りを検討している方は、以下の記事も参考にしておきましょう。

つわりも落ち着きはじめ、あと1ヶ月で安定期ということもあり、少し心にゆとりを持てる時期ではありますが、気を抜かず、規則正しい生活を送れるよう意識して過ごしましょう。妊娠4ヶ月の各週のママの症状や、日常生活の過ごし方、赤ちゃんの成長の様子は以下のページからご覧下さい。