妊娠5週目

妊娠5週目(5w)ママの症状

妊娠5週目は本来訪れる生理が遅れて、一週間目という時期です。5週目までにすでに熱っぽかったり、だるく、眠気があったり、むかつき、胸の張りなどの症状があった人に加え、本格的に自覚症状がある人が増えます。

>>妊娠初期の胸の張り|原因と痛みや痒みを感じる時の対処法

食べたいものの変化

今までと食の趣味がガラリと変って、急に酸味のあるものが好きになったり、今まで食べられなかったものが美味しく感じられたりと言うことがあります。

つわり

また本格的に「つわり」の症状が出始めるのもこの時期です。つわりは人によって程度の差がありますが、食べ物が食べられなくなったり、においに敏感になったり、吐き気があって妊婦にとっては不快なものです。しかし、基本的に妊娠12週目くらいには、ほとんどの人の症状が治まりますので、工夫しながら何とか乗り切りましょう。

また体内のホルモンバランスが変わるために、イライラしたり情緒不安定になりやすくなります。

妊娠5週目(5w)の胎児の成長と様子

赤ちゃんの大きさは2ミリほどになり、赤ちゃんの入る袋である胎嚢(たいのう)が出来ます。産婦人科の超音波検査ではっきりした姿が確認できませんが、胎嚢が確認できれば子宮外妊娠ではないということが分かりますので安心できます。

5週目に入るとおたまじゃくしのように手が身体から生え始め、目、耳、心臓、血管といった身体の重要な器官が形成されます。

妊娠5週目(5w)の日常生活での注意点

妊娠の症状である「つわり」は全く自覚のない人もいますが、人によっては非常に辛いものです。食べ物を見るとムカムカしたり、ちょっとした匂いに吐き気を催すので思うように食事が取れなくて、妊娠中にも関わらず、げっそりやせてしまうという人も少なくありません。

食べることができないので、身体もフラフラして寝込んでしまう人もいますが、この時期は赤ちゃんの発育にとっても重要な時期です。無理する必要はありませんが、何とか小まめに栄養を摂るよう心がけましょう。栄養が偏ったとしても、食べることができるものを探して食べたり、口当たりの良いものなど工夫してみましょう。

まだまだ葉酸が必要な時期です。食べ物から栄養が摂れない場合は、同時にサプリメントで補いましょう。

>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

また、情緒も不安定になっているので、ちょっとしたことで落ち込んだり、涙が出たりしますが、色々思いつめないで、適度にリラックスして、ゆったりした気分で過ごすことが大切です。

>>マタニティブルーの予防や不安の解消法