妊娠9ヶ月

やっと妊娠9ヶ月。妊娠後期も中盤に入ります。この時期に、赤ちゃんが生まれることも少なくありませんので、出産に向けての準備はもちろん、赤ちゃんをお家に迎え入れるために、寝具やベビーバス、お洋服などの準備をしておきましょう。

おでかけする時は、必ず、保険証と母子手帳を持ち歩くようにしましょう。いざママに陣痛が来たときに、すぐに病院へ出かけられるように、入院準備用品もまとめておくようにしましょう。ご家族やご主人に後から持ってきてもらうものと分けておくと荷物が少なく済みます。

お母さんは、あともう一息のがんばりが必要です。食生活や規則正しい生活をしながら、気持ちを常にリラックスさせて穏やかな生活を送れるように努力しましょう。腰痛、肩こり、恥骨の痛み、お腹の妊娠線、足の静脈瘤のあらわれ、むくみ、痔、頻尿、尿漏れ・・・とママには不快なことや傷みがつきものですが、上手く付き合っていかなければいけません。

母乳の準備もおっぱいの中でどんどん進んでいるので、黄色く粘り気のある初乳がでてくることもありますが問題ありません。赤ちゃんに母乳がたくさん与えられるよう、積極的にマッサージしておきましょう。

また、お腹もますます大きくなってくるので、妊娠線が非常にできやすい時期です。妊娠初期からきちんとお手入れしていた方でも今一度気を引き締めて、毎日のお手入れを丁寧に行うようにしましょう。また、これまで市販のクリームを使っていた方も、この時期からは妊娠線クリームに変えてみてもいいでしょう。

>>2大妊娠線予防クリームの特徴と市販ボディクリームとの違い

一方、赤ちゃんはいつ誕生しても大丈夫なほど人間らしい身体や臓器、脳などになりつつあります。かわいい赤ちゃんにやっと合える日も近くなってきました。幸せで感動的な出産に向けて前向きに過ごしていきましょう。

妊娠9ヶ月のそれぞれの週の過ごし方については、以下のページからご確認下さい。