妊娠9週目

妊娠9週目(9w)の症状

引き続きつわりがつらい時期ですが、あと少しの我慢です。その反面、赤ちゃんがどんどん大きくなってきて、人によっては少しお腹のふくらみを感じる人や違和感がある人も出てきます。

赤ちゃんがそこにいるという実感があるので、見た目の変化は嬉しいですね。子宮がどんどん大きくなるに伴って、子宮の表面が伸ばされ、下腹部にちょっとした痛みや違和感がある場合があります。また、大きくなっていく子宮に腸や膀胱が圧迫されるので頻尿や便秘、下痢などの症状がある人もいます。

胸の張りも引き続きありますが、人によっては胸がパンパンに張って傷みを伴う場合があります。お腹も大きくなってきたり、胸もいつもよりも大きくなってくるので、今までの服が窮屈になってくるかもしれません。また妊婦さんの肌は非常に敏感です。今まで敏感肌でなかった人もホルモンの関係で急に乾燥肌になったり、化粧品が合わなくなったりする場合もあります。

>>妊娠初期の胸の張り|原因と痛みや痒みを感じる時の対処法

この時期から妊娠線の予防を始めておくと安心です。スキンケアの方法は以下の記事で詳しくご紹介しています。

>>妊娠線予防と対策|クリーム選びのコツとスキンケアの仕方

妊娠9週目(9w)の胎児の成長と様子

胎児になった赤ちゃんはどんどん人間らしくなり、超音波検査でもその姿が確認できます。体長は頭からお尻までが約3センチほどで、体重は3〜12グラムです。この頃の胎児の大きさはあまり個人差がないので、このころの身長や体重から妊娠週数を判定することも出来ます。

胎児は2頭身で相変わらず頭の割合が大きいですが、手足の指が形成されたり、爪などもできます。心音もはっきり確認できますし、生殖器も発達してきますが、この段階での性別はまだ判明しません。光や音に対して反応する能力が出てくるのもこの時期です。お腹に違和感を覚えるようになったお母さんにもまだ胎動は感じられません。子宮の大きさは手のひらほどになります。

妊娠9週目(9w)の日常生活での注意点

つわりがつらい時期のピークですので、もう何週も吐き気に襲われたり、食欲がないという人は心身共に疲れ切ってくる頃です。これは人それぞれ個人差があるので対処方法もまちまちですが、とにかく無理をせず、楽な気持ちで毎日を過ごすことが大切です。

栄養を摂れていなくても赤ちゃんは大丈夫です。とにかく脱水症状には気をつけて小まめに水分補給をして乗り切りましょう。フルーツなどで栄養補給するのもおすすめです。

この時期、お腹が少し膨らんできたという人は、洋服はなるべく締め付けのない、余裕のある服に替えてみましょう。まだまだ大きくお腹が出てきていませんのでマタニティーに切り替える必要もありませんが、最近のマタニティー服は時期に合わせてサイズを変化させることが可能なものもありますので、活用してみるのも良いでしょう。

>>妊娠初期の服装の選び方と気をつけるべきポイント

便秘で困っている人は食物繊維のものを摂るようにしたり、お腹をさすってマッサージしたりして便を促しましょう。あまりひどい場合は病院で処置してもらうと楽になります。早期流産は妊娠9週までに起こる場合が多いので、この時期を過ぎると流産のリスクがかなり下がります。安定期まであともう少しです。安定期に入ると少し活動範囲が広がります。旅行など計画する場合は以下の記事も参考にしましょう。