眠る新生児

妊娠したら早めに決めたい!失敗しない産院の選び方




病院を選ぶ際に、まず一番に重点に置くことは、安心して出産できること、無事出産できることでしょう。

最近では産院も年々減少しており、自分のニーズに合った病院を選択することは難しくなっています。

自分の住んでいる地域の、もしくは里帰り出産なら実家近くの病院を、早くからリサーチすることが大切です。

そこで今回は、

・出産できる病院によって何が違うの?
・産院を決めるポイントは?

といった方に、産院の種類と選び方について詳しくご紹介します。

関連記事
>>意外と高い出産費用!病院別比較と出産に伴う費用や補助制度
>>芸能人も選ぶセレブ出産!ブランド産院御三家の魅力
>>海外出産|日本人がアメリカで出産する費用やメリット

スポンサードリンク

出産できる病院

妊娠検査を行う時点から同じ病院で出産するのが理想ですが、産院には毎月検診などで訪れることとなるため、途中で自分に合っていないと感じることもあります。

もちろん途中から病院を移ることもできますが、いざ移ろうと思った病院が満床のため受け入れてもらえなかったケースも多く、いろいろな面で我慢を強いられることも少なくありません。

単に出産できる病院といっても、いろいろな施設があります。病院の特徴や設備などから、まずはどのような病院が自分に合っているかを決めていきましょう。

近頃はインターネットの普及に伴い、ほとんどの産院でホームページを持っておりますので、出産環境などを確認しながら病院を選択していきましょう。

参考記事>>はじめての妊娠検査と妊婦健診の費用と内容!持ち物や服装は?

大学病院

産科だけでなく他の科とのつながりも強いため、いざという時のことを考えると赤ちゃんもお母さんも安心できる病院といえます。何か問題が発覚したときに、他の病院から紹介を受ける病院がこの大学病院になります。

最新医療設備も充実しており、NICU(新生児集中治療室)などの環境も整っているため、どんな状況においても病院内での対応が可能となっています。

また、緊急搬送を受け入れているため、救急救命処置をしっかりおこなってもらえるという安心感もあります。

主にハイリスクを抱えている妊婦を受け入れています。

総合病院

大学病院と同じく、他の科とのつながりが強いため、赤ちゃんもお母さんも安心して利用でき、高齢出産や双子を妊娠した方などにも対応してくれる病院です。

その一方、検診に訪れるたび担当医が違っていたり、検診の度に待ち時間などが長い等、妊娠中の体にとって負担の大きい点も不満要因といえるでしょう。

ハイリスク出産を優先するため、リスク出産でない患者は受け入れてもらえない場合もあります。

産婦人科医院

病床数が少なく、検診から出産まで同じ医師が担当してくれることが多くなっています。また、看護師などとのコミュニケ—ションが取りやすいため、出産後、育児の疑問点なども相談にのってくれるアットホームな環境が魅力です。

院内で、母親学級や呼吸法教室、マタニティービスク、おっぱい教室などを開催しているところも増えてきているため、はじめての出産でも産院ひとつですべてがまかなえる点が人気となっています。

しかし、夜間や祭日などに出産を迎えると、医師との連絡にも時間がかかり、急変時には大きな病院への搬送が必要となる不安点もあります

助産院

助産師が介助し出産する施設です。自然分娩を主とし、自分らしいお産方法を選ぶことができます。

分娩方法については、あなたはどう産む?さまざまな分娩方法と分娩スタイルの記事にて詳しくご説明しています。

リスク出産などの場合は利用できないため、妊娠が順調で通常分娩での出産が予想できるケースのみ利用できます

助産院では、全く医療行為が行えないため、切開や縫合も行えません。いざという時のために、近くの産婦人科との連携がしっかりしているかどうか、確認することが必要といえるでしょう。

このように出産できる病院施設もさまざまです。

自分の健康状態や出産における希望などからどんな病院が良いのかを早い段階で決定しましょう。遅くなると分娩予約が埋まってしまい、受け入れてもらえないこともあります。

最近では産院自体の数が減少しており、特に人気の高い病院などでは、すぐに予約で埋まってしまうケースが多くなっています。

産院を決めるポイント

施設の特徴については理解できたと思いますが、実際に自分にあった病院を選ぶには順序やポイントがあります

まずは自分に必要な医療を受けられる病院かというところから判断するようにしましょう。

自分のリスクから産院を選ぶ

リスクを持っている場合、初診の時点、または早い段階から医師からの説明があります。

妊娠検査などをおこなった病院から、紹介してもらえることもありますが、医師の意見などを参考に自分のリスクに対応できる病院を探していきましょう

関連記事:高齢出産の意外なメリットとそのリスク

自宅からの距離から産院を選ぶ

検診の度に受診することになりますので、やはり自宅もしくは実家などから近いことが大切です。

また、出産時は陣痛がはじまってから出産までの時間内に、病院に向かわなくてはいけないため自宅から病院まで、車でかかる時間を基準に病院を絞っていきましょう。

初産、2回目以降の出産などで、陣痛がはじまってから出産までの時間は変わってきますので、それに応じた距離の病院を選びましょう。目安としては初産なら自宅から1時間程度までを基準として選ぶといいでしょう。2回目以降の出産は初産より出産までの時間が短いため、その半分の時間30分を目安に病院を決めていきましょう。

緊急時の対応などを考慮し産院を選ぶ

妊娠中、出産時は何かと緊急の事態が考えられるため、提携先の病院などを確認しておくことは重要です。

出産後に発覚した急を要する赤ちゃんの受け入れ状況はどうなっているのかなど、積極的に医師に確認してみましょう。

ここまでは出産にとって外すことのできない病院の条件となります。その条件を満たしている病院なら、出産について問題はありません。その上で、自分のスタイルなどを反映してもっと理想に近い病院を選択することができます。

産院と自分の相性度で判断しよう

出産費用や施設など、産院と自分の相性が合っているのかも産院選びの重要なポイントです。

出産費用を考えよう

出産する病院によって、金額は大きく異なります。もちろん、いたれり尽くせりの民間の産院ともなれば、標準的費用を大きく上回ることになります。

国立や公立といった病院では費用も抑えることができ、反対に私立などの病院は費用が高額なります

地方か都心かの違いでも費用は違ってきますし、入院する部屋の選択でも大部屋か個室かで費用は異なります。これら費用の設定は、病院によってまちまちです。

基本的に、検診や出産にかかってくる基準となる費用の取り決めはありますが、それに付加されるさまざまな費用が違ってくるため、出産費用はしっかり確認しておく必要があります

分からない費用については、病院に直接問い合わせてみましょう。

関連記事>>意外と高い出産費用!病院別比較と出産に伴う費用や補助制度

母子別室か母子同室か

母子同室は、赤ちゃんが生まれてしばらくすると、お母さんの入院している病室で一緒に過ごすという入院スタイルです。

その一方母子別室は、赤ちゃんは授乳の時間にのみお母さんの部屋を訪れ、その後は新生児室で大半の時間を過ごすスタイルになります。

完全にこのスタイルを区別して入院生活を送る産院は少なくなってきており、双方を組み合わせて入院生活を送ることが多くなってきてはいますが、母子同室になる日にちがその病院によって違っています。

出産翌日から病室を共にする産院もあれば、退院間近まで同室とならない産院までまちまちです。もちろん通常分娩であったか否かで、こうした母子同室、別室は各病院内で設定されています。

しかし、「体を十分に休めたい」「早く育児に慣れておきたい」というお母さんの意識の違いによって、満足や不満足と感じ方も違ってくるため、赤ちゃんと触れ合う時間などはどうなっているのかということは、ぜひチェックしておきたい項目です。

希望する病院を決める場合には、母子同室がどうなっているかということも選択肢に入れておきましょう

希望するバースプランで病院を選択しよう

バースプランとは「お産計画」のことです。人によって希望するバースプランはそれぞれ、一生にそう何度もあることではないので、自分の要望に近いものにしたいものです。このバースプランによって病院をより詳細に選択していきましょう。

分娩スタイルで選ぶ

バースプランの一番のメインといったら、やはり出産です。最近では、自分の好きな分娩スタイルで出産できるフリースタイル分娩、ソフロロジー式分娩、無痛分娩など、出産の方法だけでも数多くあります。

自分が希望する分娩スタイルで出産できる病院かということで、病院を決めていくのも方法の一つです。

関連記事
>>あなたはどう産む?さまざまな分娩方法と分娩スタイル
>>フリースタイル出産とは?フリースタイル出産のすべて

夫立会い出産で選ぶ

最近では、立会い出産を奨励している病院が増えてきています。ですが、安全面、衛生面という観点から実施されていない病院もあり、例え立会い出産をおこなっている病院でも、事前の両親学級への参加が必須となっている病院もあるなど、各産院によって実施環境はまちまちです。

立会い出産OKと紹介されていても、実施方法が異なるため自分の家庭状況にあった産院を選ぶようにしましょう

参考記事>>立会い出産のメリットとは?50%以上の夫婦が選ぶ立会い出産への備え

病院の指導内容で選ぶ

病院では、出産前や入院時に様々な指導をおこなっている病院があります。学級や教室を設けて積極的に指導をおこなっている病院もあり、はじめて出産する方にとっては心強いプログラムが多くなっています。

もちろんこうした指導は各地方自治体でもおこなっていますが、同じ病院で出産を迎える方との交流もでき、こうしたプログラムに着目して病院を選ぶのも方法の一つです

出産までに行われる妊婦プログラムの一例

・出産準備の母親学級(心のケア、歯の健康指導、呼吸法指導、)
・妊婦食事指導
・マタニティーヨガ
・マタニティビクス
・リスク出産指導
・両親学級
・腹帯指導
・プレママおっぱい指導

入院時の指導プログラムの一例

・沐浴指導
・育児指導
・授乳指導
・アロマトリートメントケア
・カンガルーケア

出産後の指導プログラムの一例

・母乳外来
・骨盤ケア教室
・アフタービクス
・ベビーマッサージ教室
・スリング講習会
・離乳食教室

産院の印象で決める

一生に出産する機会はそう何回もあるものではありません。

病気で入院するのと違うため、赤ちゃんとはじめて過ごすのですから、より良い環境の病院をと考える方は多くなっています。そのため各産院では、それぞれ病室の雰囲気作りや食事内容などに工夫を凝らしています。

そうした細かな部分も自分の希望するものかどうか見てみることも大切です。

産院の下見や見学にいこう!

民間の産院などでは、定期的に病院内の下見や見学を実施しています

実際にお産になってみなくては知ることのできない分娩室の様子や、入院する際に利用する部屋の様子、食事内容、出産費用などの説明があります。病院で実施されている教室やマタニティビクスなどの説明ももちろんあります。

質問事項や疑問点にも答えてくれる場も設けてくれていますので、ぜひ一度出かけてみましょう。

大まかな部分を見てみても、こんなにたくさんの選択肢があります。最近では、出産を迎える時期になるとバースプランの記入をお願いされる病院もありますが、実際に病院で実施されているところは全体の約2割程度です。

そのため、はじめの病院選びが自分のバースプランを実現できるもっともいい方法です

お住まいの地域の産院が限られている、選べる病院が少ないなどの事情はそれぞれで、こうしたバースプランも立てられない、バースプランまでも選択肢に入れられないという方もいると思いますが、病院を選択できる以上はより希望に近い病院を選びたいものです。

お母さんの体験談をもとに病院を選ぶ

病院選びは、自分の希望を反映させ選ぶことが一番ですが、いくら自分の希望に近い病院でも、その評判によっては考え直す必要がある場合もあります。

例えば、先生の印象が良くない病院であったり、出産に伴うトラブルで過去に問題があった病院であったり、一見しただけでは分からない部分が多いのも事実です。

最近では病院を選ぶにあたって、インターネットで病院のホームページを閲覧したり、大きく取り上げられている広告などを見て決めることが多くなってきてはいますが、やはりそんなところには掲載されていない、実際にその病院で出産された方の意見や評判を知ることは大切です

近所のお母さんや友人などの体験談や印象を実際に聞いてみるといいでしょう。

ネット上の口コミなどを参考にしてみるのも良い方法です。新しく迎える赤ちゃんとお母さんのための病院選びですから、いろいろな情報を集め、間違いのない、希望通りの病院選びを心がけたいものです。

出産までに揃えよう。入院準備用品と新生児用品チェックリストでは、入院前に準備しておくと良いものをご紹介しています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる